実機で解説!WH-XB910N レビュー 進化したノイキャンと迫力の重低音 ワイヤレスヘッドホン

ソニー ワイヤレスヘッドホンWH-XB910N の実機を使用したレビューをお届けします。

WH-XB910N は ソニーより2021年9月29日に発表された迫力の重低音サウンドが楽しめるワイヤレスヘッドホン。従来モデルから進化したノイズキャンセリング機能と装着感の向上で音楽への没入感もアップしました。それでは WH-XB910N を紹介していきましょう。

WH-XB910Nレビュー どんな商品?

ソニー WH-XB910N はオーバーヘッドバンドタイプのワイヤレスヘッドホン。迫力の重低音が楽しめる「EXTRA BASS」サウンドを搭載した、XBシリーズのフラッグシップモデルです。

従来モデル「WH-XB900N」に搭載されたノイズキャンセリング機能は、本モデルより「デュアルノイズセンサーテクノロジー」によりさらに強力に。また立体縫製のイヤーパッドを採用することによって装着性のよさはもちろん遮音性も向上、明らかにノイズが低減され今まで以上に音楽への没入感がアップしました。

ノイキャン用マイクの性能が向上したことにより、外音取り込みの音も自然な音へと変化。このあたりの機能向上も従来モデルからの進化点を感じるところです。

WH-XB910N に用意されたボイスピックアップテクノロジーと、PC、・マホ2台の機器との同時接続ができるマルチポイント機能などはテレワーク時に使えるヘッドホンとしても優秀。またわずか10分で4.5時間も連続再生できる急速充電なども毎日使うものだけに便利です。

WH-XB910N

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット

ソニーストア価格: 26,400円(税込)

2021/10/08 現在価格

そんな WH-XB910N はブラックとブルー、2色のカラバーリエーション展開。このページでは主に「ブラック」で紹介していきます。

My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

左右独立ワイヤレスイヤホンということで気になるのが予期せぬ故障ですが、保証内容が実に手厚い。最長5年間のワイド保証にもご加入可能です。

それと直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあると思いますが、ソニーストアは新規の方に「IDを取得でオフクーポン」を発行中!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行してくれるから、新商品でもお安く購入可能です。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップ。またIDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

WH-XB910N こまかくチェック!気になる部分をレビューします!

ここからは WH-XB910N を細かくチェック!実機を使って紹介していきます。

聴いてみました!大迫力の重低音!

スマートホンとペアリングして楽曲を再生してみました。さすが XB シリーズのフラッグシップモデルだけあって「迫力の重低音」はすぐに体感することができました。

低音が響く!響く!!キレが良くて気分もついついノリノリになってしまいます。

そんなWH-XB910N の心臓部とも言える場所にはEXTRA BASS専用の40mmドライバーユニットが採用、また内蔵アンプによる重低域のブーストアップも図られているとのこと。なるほど...この迫力ある低音には納得といったところでです。

もちろんこのヘッドホンは低音の迫力があるだけではありません。中高音域もかなりクリアに表現されて、低音が強いからって肝心な部分が潰れることはありません。

ワイヤレスでもハイレゾ相当と言われるソニー独自の高音質コーデック「LDAC」に加え、低ビットレートの圧縮音源でも高音質化してくれる「DSEE(※アプリ使用で使用可能)」の効果もあってほとんどの音源がイイ音化されてお耳に届きます。さらにいま流行になりつつある「360 Reality Audio」にも対応しました。

もちろん基本は重低音ベースの設計。正直に書くと低音が苦手という方は、少し聴いただけでも結構疲れちゃうかも。スマホアプリを使えば低音の効き具合の調整もできますが、あくまで重低音重視のヘッドホンであること間違いなし。購入の際は試し聴きして検討される認識しておいたほうが良さそうです。

ノイキャン性能高し!デュアルノイズセンサーテクノロジー搭載

従来モデル WH-XB900Nと比べたら明らかに良くなったのがノイズキャンセリング性能。

ノイキャンワイヤレスの最高峰モデル WH-1000XM4と同じ「デュアルノイズセンサーテクノロジー」を搭載したのですから、この効果の高さはなるほどです。

また立体縫製イヤーパッドが耳当たりよくつけ心地も実に快適です。柔らかくもちっとしたパッドが耳を覆ってくれるので気密性も高く、これもまたノイズキャンセリング効果の高さにもつながっているようです。

ヘッドにあたる部分も肉厚なパッドがキチンと用意。この辺りもヘッドホン上位モデルらしいところです。

ノイキャンヘッドホンの副産物 外音取り込みも進化

ノイズキャンセリング用に用意されたマイクは、外の音を取り込んで周囲の音を聞くことができる役割も果たしています。まさにノイキャンヘッドホンの副産物、それが「外音取り込み機能」です。

外音取り込み機能は音楽を聴きながら常に周囲の音が聞こえる「アンビエントサウンドモード」に加え、本体側面部分を手で覆ったときだけ周囲の音を取り込みことが出来る「クイックアテンション」モードなどが用意されました。

「アンビエントサウンドモード」は音楽の音量次第で効果は薄いのですが、「クイックアテンション」モードはかなり便利。例えば、仕事中の声をかけらたときヘッドホンを外さなくても普通に会話をすることが可能。

しかもマイクの品質が従来モデルより良くなったおかげで、いかにもマイクを使って聴こえてる感は少なめ。この辺りにも最新機種らしい進化を感じるのでした。

WH-XB910N 自分好みの音質へ アプリに対応

WH-XB910N はソニーの無料スマホ専用アプリ「Headphones Connect」に対応しました。

スマートフォンにインストールすることにより、外音取り込みのコントロールや、自分の好みのサウンドを作ることが可能。中でもイコライザーはノーマルの状態ではちょっと物足りないってときの調整に便利。そもそもこのヘッドホンは低音が強いですから逆に低音を弱めることも、このアプリがあれな可能です。

またこのアプリを使えばヘッドホンのバッテリー残量が「見える化」出来て便利。WH-XB910Nを購入したらこのアプリは必ず使用するスマホにインストールしたいところです。

WH-XB910N 操作は側面のタッチ機能を使って

オーディオプレーヤーなどの操作は右側面ハウジングの使ってタッチ操作で行います。

使い始めこそ操作に慣れは必要ですが、慣れるとスイスイ操作が可能です。

WH-XB910N テレワークにも使えます

WH-XB910N にはマイクが用意されていますから、スマホやパソコンと接続すればテレワークなどで使うことができます。

ボイスピックアップテクノロジーと、PC、・マホ2台の機器との同時接続ができるマルチポイント機能を搭載。また便利なのがWindows10に用意された Swift Pair という機能に対応しているところ。この機能はヘッドホンをペアリングモードにして Windows10に近づけただけで、ペアリングのガイダンスがポップアップ出現。接続がすぐに行なえます。

ワイヤレスですから当然ケーブルレス。これは快適です。

WH-XB910N スタミナ性能は?

WH-XB910Nのバッテリー持続時間は、ノイキャンONで30時間、ノイキャンOFFで50時間のスタミナ性能。しかもわずか10分で4.5時間も再生できる「急速充電」にも対応しました。

いざ使いたいときにバッテリーがない・・・そんなときも急速充電は便利です。

WH-XB910N 気になる重さは?

WH-XB910Nの本体質量は約252g。これはソニーのワイヤレスオーバーヘッドバンド式で比べても「重め」に属しますが、従来モデルと比べるとその差はわずか2g軽くなっています。

ぱっと聞いただけだと僅か2gの軽量化か・・・と思ってしまうのですがノイキャン性能の進化を考えると軽くなるほうが驚き。もちろんパーツの素材が金属から樹脂に変更されるなど一部に軽量化のあとも見られますが、素直にこの2gの軽量は素晴らしいと思いたいのでした。

WH-XB910N 付属品をチェックしよう!

WH-XB910Nの付属品をチェックしていきましょう。

本体はじめ、キャリングケース、オーディオコード、充電用のUSBケーブル、そして写ってませんが取り扱い説明書が入っていました。

ヘッドホンには折りたたみ機構がついているのでコンパクトな形状で専用ケースに収まります。付属のオーディオコード、充電用のUSBケーブルも一緒に収めることが可能です。

オーディオコードを使えばBluetoothがない機器とも接続できます。

ヘッドホンの充電はUSBケーブルを使って行います。なお充電用のUSB対応 ACアダプターは付属していません。スマートフォンを持たれる方が多いため、ACアダプターは付属しないが最近のスタンダードです。

USB充電AC電源アダプター「AC-UD20」

スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーなど2台の機器を同時に充電可能。折りたたみ式スイングプラグ。海外でも使用可能です。

ソニーストア価格: 2,598 円(税込)

2021/10/09 現在価格

家庭用コンセントから充電する場合は上のようなアダプターが必要となります。ソニーの直販サイトでは、USBポートが2つ付いたソニー純正品を販売中です。お持ちでない方はお買い求めください。

WH-XB910N 2色のカラーバリエーション

WH-XB910Nは2色のカラーバリエーション展開。今回はブラックを中心に書かせていただきましたがブルーも用意しています。色の好き好きは人それぞれ、お好みのほうをお選びください。


このページではソニーよりソニーより2021年9月29日に発表されたワイヤレスステレオヘッドセット「WH-XB910N」のレビューを書かせて頂きました。参考にして頂けると幸いです。

WH-XB910N

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット

ソニーストア価格: 26,400円(税込)

2021/10/08 現在価格

※今回のレビュー記事は筆者個人の感想を書いております。音の感じ方に装着感などには当たり前ですが個人差があります。この商品に興味を持たれた方は一度試聴されてから購入されることをおすすめします。

My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

左右独立ワイヤレスイヤホンということで気になるのが予期せぬ故障ですが、保証内容が実に手厚い。最長5年間のワイド保証にもご加入可能です。

それと直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあると思いますが、ソニーストアは新規の方に「IDを取得でオフクーポン」を発行中!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行してくれるから、新商品でもお安く購入可能です。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップ。またIDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ