VAIO S15 レビュー 最新モデルをカスタマイズまで徹底解説!

このページではVAIO株式会社製ノートPC「VAIO S15 2022年モデル(最新モデル)」のレビューをお届けしています。

VAIO S15 レビュー 現行モデルの実機を使って徹底解説!

※この記事は常に更新しています。再訪問の際はリロードをお願いします。 最終執筆日 2022/09/02

VAIO S15 2022年モデル は携帯性に優れたスリムでフラットなデザインに第12世代 インテル Core H プロセッサー、メモリー 最大64GB、ストレージはSSDをベースにHDDも同時搭載可能とする大画面オールインワンノートパソコン。デスクトップ級のハイパフォーマンスを求める方にもおすすめ。そんな1台となっています。

2022/09/02 更新 ソニーストアキャンペーン情報

現在ソニーストアでは2022年10月4日10時までの期間限定で通常価格より最大で85,000円(税込)オトクになるキャンペーンを実施中です。ぜひこのおトクな機会にご検討ください。

VAIO S15 現行・最新モデル レビュー INDEX

VAIO S15 って、どんなパソコン?

VAIO S15 は大画面15.6型ワイドディスプレイに、テンキー、そして光学ドライブを搭載したオールインワンタイプのノートパソコン。パソコンの頭脳と言われるプロセッサーには高性能な第12世代インテル Core プロセッサーを搭載しました。

VAIO S15 最新モデル ポイント

  • 最新の第12世代インテル Core プロセッサー
  • 最大2TBの第四世代 ハイスピードSSDを選択可能
  • メインメモリーは最新規格DDR5を採用
  • 15.6型4KHDRディスプレイ・光学ドライブ・テンキー
  • 様々な拡張端子
  • スリムでフラットデザイン

基本構成のCore i3 プロセッサーは Core U セッサーとなっているものの、Core i5 以上のものにはハイパフォーマンスなCore Hプロセッサーを搭載。動画や画像編集、ゲームなどをパソコンに負荷がかかるようなシーンにおいてもパワフルにこなしてくれるものとなっています。

ストレージにはSSD 128GBを標準搭載。ソニーストアでのカスタマイズにより最大「2TB 第四世代ハイスピードSSD」の選択も可能。また「SSD」+「HDD」と言ったデュアルドライブ仕様にすることも出来るのでアプリやソフトはSSDで管理しファイル保存はHDDと行った具合に内蔵ストレージを切り分けた使い方も可能です。

メインメモリーは最新規格のDDR5を採用。標準搭載でも8GBが搭載され最大64GBまで選択可能となりました。高性能なプロセッサーとハイスピードSSD、最新規格で大容量のメインメモリーを組み合わせれば、まさにデスクトップ級のパフォーマンスが期待できます。

接続端子も豊富「Thunderbolt4」に対応した拡張性の高いUSB-TypeC を標準搭載、もちろんPower Deliveryなどの仕様に対応。また4K出力可能なHDMI端子をはじめ、未だにビジネス用途で必要なVGA端子、ネットワーク端子、USB3.0端子は左右合わせて3つ用意するなど、拡張端子の多さにも注目です。

VAIO S15

やりたいこと、全部入りオールインワンPC「VAIO S15」

ソニーストア価格: 143,800 円(税込)から ※キャンペーン適応済み価格

2022/09/02 現在価格

VAIO S15 ソニーストアでの販売価格は159,800円(税込)~から。詳細につきましてはリンク先もご確認ください。

プレミアム仕様 VAIO S15 ALL BLACK EDITION

VAIO S15 のプレミアムエディションとして用意されているのが「VAIO S15 ALL BLACK EDITION」。

ぱっとみは通常カラーとして用意されているブラック色と同じようにも見えますが、通常シルバー加飾の「VAIOロゴ」や「背面オーナメント」部分がブラック加飾となり、文字のとおりオールブラックな外装となっています。

また最もプレミアム(=特別)を感じるところは「VAIO S15 ALL BLACK EDITION」のみに用意されたプロセッサーの存在。パソコンの頭脳と言われるプロセッサーには、第12世代インテル Core Hシリーズの最上位グレード「Core i9-12900HK」が搭載されました。

この「Core i9-12900HK」搭載により、先代モデル(Core i9-9980HK (VJS154シリーズ))比較、プロセッサーでは166%のハイスピード化、グラフィックスに関してはなんと倍以上、214%のハイスピード化を実現。例えば動画編集、または高画素カメラで撮影したRAW現像なども、通常仕様と比べて快適に作業を進めることが出来ることでしょう。

VAIO S15 | ALL BLACK EDITION

特別な黒、最強のプロセッサーを標準搭載

ソニーストア価格: 262,800 円(税込) から ※キャンペーン適応済み価格

2022/09/02 現在価格

VAIO S15 につきましては当ページにレビューを掲載しています。こちらも参考になさってください。

VAIO S15 | ALL BLACK EDITION レビュー 最新モデルをカスタマイズまで徹底解説!

黒と高性能へのこだわりを極めたVAIOのスペシャルエディション「VAIO|ALL BLACK EDITION」が VAIO S15 に登場!

VAIO S15 キャンペーン情報

現在VAIO社製パソコンのカスタマイズモデルを取り扱うソニーストアにおいて期間限定でのキャンペーンを実施中です。

キャンペーン情報(本体・パーツ)

  • 本体:16,000円オフ
  • Core i7-12700H:13,000円オフ
  • Core i5-12500H:5,000円オフ
  • メモリー64GB:28,000円オフ
  • メモリー32GB:24,000円オフ
  • 第四世代ハイスピードSSD 2TB:28,000円オフ
  • 第四世代ハイスピードSSD 1TB:24,000円オフ

現在 ソニーストアでは本体価格のほか、一部のプロセッサー、メモリ、第四世代ハイスピードSSDがオトクに購入できるキャンペーンを実施中です、この機会にご検討ください。

キャンペーンの詳細についてはこちら|ソニーストア(ソニー公式サイト)

VAIO S15 を すみずみまで徹底チェック!

ここからはさらに詳しく「VAIO S15」をチェックしていきましょう!

大画面でスリム デザイン

VAIO S15のデザインはとってもスリム。大画面サイズながらもカバンに収まりやすいフラットな形状。

大きさは横幅361.4mm×奥行き26.0mm×厚み22.0mm~26.0mm、本体重量は約2.25kg。搭載するパーツによってわずかに重くはなりますが、とてもスマートに持ち運ぶことが可能です。

4Kディスプレイ選択可能 広視野角な15.6型ワイドディスプレイ搭載

VAIO S15は迫力のある大画面、15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載しました。

映り込みを大幅に低減するアンチグレア仕様で広視野角。狭額べゼルの採用で画面が浮かび上がるような感覚は作業に集中しやすく没入しやすいディスプレイとなっています。

VAIO S15 のディスプレイ解像度は標準搭載で 1920×1080ドットのフルHD。またパーツ選択においてより高精細かつ色域の広い 3840×2160のUltra HDに対応した4Kディスプレイも用意しました。この中でも4Kディスプレイでは文字がくっきり、滑らかに表現されるところに注目です。

例えば4KとフルHDを比較すれば、4Kのほうが漢字が正しく表示されるなど高解像ならではの大きなメリットも。上の画像はフルHDと4Kのディスプレイを撮影したものですがその差は明らか。特に「安曇野」の「曇」の文字の違いには注目です。

デスクトップPC級のハイスピードを実現するプロセッサーを搭載

VAIO S15 は第12世代インテル Core プロセッサーを搭載しました。

なかでもCore i5 以上の選択は高性能製品を求める方向けのHシリーズを採用。一般的なノートPCに採用しているUシリーズプロセッサーにはない圧倒的なハイパフォーマンス体験が可能です。

それらのパフォーマンスアップは普段使いから感じることができるレベル。例えばエクセルやパワーポイントなどのビジネスシーンでよく使うソフトを筆頭に画像処理や映像処理ソフト系でも「速さ」を実感。i5、i7と数字が大きくなるほどさらなるパフォーマンスを発揮します。

VAIO S15は光学ドライブを搭載

VAIO S15はDVDスーパーマルチドライブの光学ドライブを用意しました

ソニーストアモデルでは大容量なブルーレイディスクドライブにすることも可能です。VAIO S15で動画編集するなら絶対ブルーレイディスクドライブは選択したいところ。あとで交換できないパーツですので、購入の際は慎重に検討したいところです。

静音設計キーボードにはテンキーが用意

VAIO S15のキーボードは、キーひとつひとつが独立した「浮石タイプ」のアイソレーションキーボードが採用。剛性感の高いアルミパームレストによって確実なタイピングが行なえます。

キーストロークは若干浅めでタイピング感覚はとても軽快。パシャパシャ音が出にくい静音設計で、移動中や会議室、図書館、家族が寝静まった深夜などなど・・・静かにしないといけない場所でも気を使わず作業が可能です。

エクセルなど使うときにあると便利なのがテンキーも搭載。数字をすばやくタタタって入力出来て重宝します。外付けタイプのテンキーと違って「段差なく」扱えるのも嬉しいところです。

確実操作が可能 2ボタン&高精度タッチパッド

タッチパッドには確実な操作が出来る、左右2分割のクリックボタンを採用しました。

クリックボタンを2ボタンにしたことによりタッチパッドが独立。とても操作性の良いものとなっています。またタッチパッドはWindows11のジェスチャー操作にも完全対応した高精度なものとなっています。

マイク音声くっきりクリア AIノイズキャンセリング機能

VAIO S15にはオンライン会議や通話の時に便利な「AIノイズキャンセリング機能」を用意しました。

AIの機能が騒音などの環境ノイズだけを除去してくれて、聴き取りやすいクリアな音声を相手に届け、相手の声も大口径スピーカーによりクリアな音声で確認できるものとなっています。

実際に試してみると、これがかなりの高性能。

自宅勤務が増えた昨今、ときおり相手の家庭内の音が聞こえてくると、盛り上がった会議もなんとも言えない空気感。でもこの機能があれば通話に集中することができそうです。

USB Type-C搭載 充実した側面の端子類

VAIO S15は多くの拡張端子を用意しました。本体だけでほぼ完結出来るフル装備状態です。

左側面には「Thunderbolt3」に対応したUSB Type-C端子をはじめ、4K出力に対応したHDMI出力端子、VGA端子(HDMIとVGAは同時出力不可)、ネットワーク端子、給電機能付きUSB3.0端子、マイク入力、ヘッドホン出力端子が用意されました。これら豊富な端子類はクリエイティブシーンはもちろんビジネスシーンでも応えてくれます。

右側面にはUSB3.0端子×2と光学ドライブが用意されたほか、ディスプレイ上部にはチャットやオンライン会議などに便利なカメラ、パームレスト下部分にはSDメモリーカードスロット用意されています。

指紋と顔、2つの生体認証方式に対応

VAIO S15は、VAIO User Sensing を搭載。2 つの生体認証方式(指紋・顔)と新搭載の人感センサーとを組み合わせることで、ユーザーを煩わせることなく強固なセキュリティーを実現しました。

VAIO User Sensing

  • 着席オートログオン:PC の前に座るだけで、復帰・ログオンし使用可能な状態へ。
  • 離席オートロック:PC の前から離れると、PC を自動でロック状態に。
  • 在席ノーロック:PC の前に居るときは、一定時間操作がなくても、スリープやスクリーンセーバーへの移行をストップ。

デスクワークの途中、ちょっとトイレに・・・と席を外し帰ってきてパスワード打って・・・結構面倒ですよね。そんなときもカンタン離席・カンタン復帰が可能です。

VAIO S15 カラーバリエーション

VAIO S15はブラック、シルバー、ホワイトの3色カラーバリエーション展開。

どの色でもベゼルと言われる液晶まわりにはマットブラックを採用。作業に集中しやすいものとなっています。色の好みは人それぞれ、自分にあったステキな色をお選びください。

VAIO S15 安曇野フィニッシュ

VAIO S15は海外で製造されその後、日本国内安曇野市のVAIO本社にて専任の技術者が約50項目におよぶ品質チェックを行い出荷されます。

その厳しい品質チェックを通ったものだけが「安曇野FINISH」として、みなさまのお手元に届きますので、その結果、いわゆる初期不良が「ほとんど ない」のだとか。

また、買ったあとの安心も、国内メーカーならでは。例えば購入者限定、専用窓口にて徹底サポート。例えば急に文字が入力出来なくなったとか、入門者の方にありがちな、ちょっとしたことでも相談に乗ってくれます。VAIO社製のパソコンVAIOは購入直後からサポート万全。安心してお買い求めください。

アップデートプログラムはVAIO公式サイトよりダウンロード

お持ちのVAIOを、よりよい状態でお使いいただくために、VAIO社の公式ページよりアップデートプログラムが配信されています。購入後、動作が不安定に思われたらまずはアップデートプログラムを確認してみましょう。

VAIOサポートのページ (VAIO 公式WEBサイト)|外部リンク

それでも解決しない場合は商品に同梱されている電話先に問い合わせをしてみれば、スタッフの方が丁寧に解決方法を見出してくれることでしょう。

VAIO S15

やりたいこと、全部入りオールインワンPC「VAIO S15」

ソニーストア価格: 143,800 円(税込)から ※キャンペーン適応済み価格

2022/09/02 現在価格

ソニーストアでは基本スペックから高性能なCore i7プロセッサーや64GBまで増設可能なカスタマイズモデルを用意しました。

VAIO S15が気になる人は、他のVAIOも見ています。

VAIO S15を検討中の方は、近いサイズのVAIO、もしくは持ち運びのしやすいVAIOと比較することも多いようです。

VAIO Z 徹底レビュー(2021.2発表 VAIO(株)製モデル)

AIO Z はフラッグシップモバイルとして位置づけされたVAIO社のハイエンドモバイルノートパソコン。すべての面においてカーボンを採用した高剛性と軽量化、TDP35WのインテルHプロセッサーに加え、第四世代ハイスピードSSDを標準搭載、「Z」を名乗るに相応しいこだわりの数々がみられました。


VAIO SX14 徹底レビュー

「VAIO SX14」はモバイルPCとしては大きな14型ディスプレイを搭載しながらも13型「VAIO S13」と同等のサイズ、本体質量も約999gの軽量ボディが魅力のノートパソコン。モバイル環境でも大画面を実現しました。

こちらのVAIOにつきましても、当店では徹底レビューを掲載。自分にベストなパソコンはどのモデルなのか?ぜひ、こちらの記事も参考にして頂ければ幸いです。

VAIO S15 最新モデル 予算に合わせてカスタマイズしよう!

ソニーストアでは VAIO S15 のカスタマズモデルを用意しました。を予算や目的に応じてパーツを組めるカスタマイズモデルを検討中の方はこのパートもぜひ参考にしてください。

VAIO S15

やりたいこと、全部入りオールインワンPC「VAIO S15」

ソニーストア価格: 143,800 円(税込)から ※キャンペーン適応済み価格

2022/09/02 現在価格

 VAIO S15 2022年モデル 基本構成
ディスプレイ 15.6型ワイド(16:9) 1920×1080ドット
プロセッサー 第12世代 Core i3-1215U (2 P-cores/4 E-cores)
メモリー DDR5 8GB(8GB×1)
ストレージ SSD 128GB
光学ドライブ DVDスーパマルチドライブ
指紋認証+人感センサー 搭載
TPMセキュリティーチップ なし
ワープロ・表計算ソフトウェア なし

VAIO S15は基本構成でも十分快適に使うことができる高性能ノートPC。さらに「上位のプロセッサー」や「メモリーの追加」、「SSDの大容量・高速化」に「HDDの追加」などの選択ができ、使用者の目的にあったものを組めるようになっています。

どこまで求めるかは予算と目的次第。ただ最近のパソコンライフサイクルは年々長くなっていますので、予算の許す限り高性能なパーツを搭載しておくほうが、後々”良し”となることが多いように思えます。

ディスプレイ

VAIO S15 基本構成のディスプレイは15.6型ワイド(16:9) 1920×1080ドット。カスタマイズすることにより4K HDR 3840×2160ドットディスプレイの選択が可能となります。

 VAIO S15 ディスプレイ 選択
 基本構成
フルHD 1920×1080ドット
 カスタマイズ
4K HDR 3840×2160ドット
Ci5・Ci3選択時は4K HDR 3840×2160ドットの選択は不可

解像度が高くなるほど作業領域は広くなります。4Kディスプレイにしておけば写真編集や動画編集においても作業領域を広く取れる他文字なども滑らかに表現されます。また4K ディスプレイはAdobeRGB100%の高色域、HDRにも対応するなど、写真編集をはじめ高画質な動画作品を楽しみたい方にオススメです。

プロセッサー

プロセッサーは「パソコンの頭脳」と言われるところ。

 VAIO S15 プロセッサー 選択
 基本構成
第12世代 Core i3-1215U (2 P-cores/4 E-cores)
 カスタマイズ
第12世代 Core i5-12500H (4 P-cores/8 E-cores)
第12世代 Core i7-12700H (6 P-cores/8 E-cores)
Ci5・Ci3は4K HDR 3840×2160ドットの選択が不可

VAIO S15のプロセッサーは3種類。基本構成となるCore i3はUプロセッサー、Core i5から上位はTDP45Wの高性能なHプロセッサーとなっています。数字の3、5、7の並びはシンプルに数字が大きければ大きいほど高性能。Core i7-12700Hは負荷のかかる作業や、作業する時間をより速く終えたいのならオススメです。4K HDR 3840×2160ドット搭載できるのもCore i7-12700Hが選択条件となります。

追加メモリー

メモリーは「机のひろさ」に例えられるパーツ。

 VAIO S15 メモリー 選択
 基本構成
DDR5 8GB
 カスタマイズ
DDR5 16GB(8GB×2)
DDR5 32GB(16GB×2)
DDR5 64GB(8GB×2)
Ci7 i5選択時は8GB選択不可、Ci3選択時は64GB選択不可

VAIO S15 ではVAIO社で唯一となる64GBのメモリーが搭載が可能となりました。またDDR5となり従来機よりも大幅にパフォーマンスアップ。マルチタスクでも快適になりました。同時作業が多い方にこそ大容量メモリーはオススメです。

ストレージ

VAIO S15 のストレージはハイスピードタイプのSSDとスタンダードタイプの計7種類、HDDあり(1TB)・なしの2種類が用意されました。

 VAIO S15 SSDストレージ選択
 基本構成
スタンダードSSD 128GB
 カスタマイズ
スタンダードSSD 258GB
スタンダードSSD 512GB
第四世代ハイスピードSSD(PCIe)約256GB
第四世代ハイスピードSSD(PCIe)約512GB
第四世代ハイスピードSSD(PCIe)約1TB
第四世代ハイスピードSSD(PCIe)約2TB
Ci3 選択時はハイスピードSSDの選択不可

 VAIO S15 HDDストレージ選択
 基本構成
HDD なし
 カスタマイズ
HDD 約1TB

ストレージはSSD 128GBをベースに+HDDの組み合わせで搭載することも可能です。SSDはアプリやソフト用にして、HDDはファイル置き場専用にするなんて使い方も(+HDDを選択した場合の工場出荷状態)。なお「第四世代ハイスピードSSD」を選択すれば、起動からファイルの移動やコピーまでの「速さ」を体感できるスピードを手に入れることができます。待ち時間が大幅に減って普段使いのシーンでもとっても快適です。

光学ドライブ

VAIO S15はDVDスーパーマルチドライブが標準搭載。カスタマイズでBD対応ブルーレイディスクドライブが選択可能です。

 VAIO S15 光学ドライブ 選択
 基本構成
DVDスーパーマルチ
 カスタマイズ
BDドライブ
Ci3 選択時はBDドライブの選択不可

TPMセキュリティーチップ

お仕事でもプライベートでも大切な情報をより強く守りたいなら、TPMセキュリティーチップ搭載がオススメ。

 VAIO S15 TPMセキュリティーチップ 選択
 基本構成
非搭載
 カスタマイズ
搭載可能

TPMセキュリティチップとは、コンピュータのマザーボードなどに装着される、セキュリティ関連の処理機能を実装したLSIチップのことで、暗号化の鍵をストレージ内に持たないのでより安心です。

以上、このパートではパーツのことを中心にアドバイスをさせていただきました。この記事を参考に、予算や目的に合わせてカスタマイズ購入できるソニーストアで、あなたにベストなVAIOを購入していただければ幸いです。

VAIO S15 2022モデル

やりたいこと、全部入りオールインワンPC

ソニーストア価格: 143,800 円(税込)から ※キャンペーン適応済み価格

2022/09/02 現在価格

VAIO S15 ケース、ACアダプターなどアクセサリーを紹介

このパートでは「VAIO S15」に、おすすめなアクセサリーを紹介します。

VAIO S15(2019年~現行モデル)専用 ACアダプター VJ8AC19V79

VAIO S15専用のACアダプター。このACアダプターは本体に付属しているものと同じです。

ご自宅用に本体付属品をお使いでしたら、オフィスや出張専用に持たれてみてはいかがでしょう?案外便利です。

VAIO S15専用ACアダプター VJ8AC19V79

VAIO S15(2019年モデル~)専用のACアダプター

ソニーストア価格: 7,678 円(税込)

2022/04/26 現在価格

以上、VAIO S15 と一緒に使って便利なアクセサリーの紹介でした。ぜひ参考になさってください。

VAIO S15 レビュー まとめ

以上、VAIO株式会社製「VAIO S15 2022年モデル(最新・現行機種)」のレビューをお届けしました。

「VAIO S15」はご家庭やオフィスでじっくり使うのにピッタリな大画面のオールインワンノートパソコン。ベーススペックでも十分すぎるスペックながら、デスクトップマシンのような高性能仕様までカスタマイズで組むことが可能です。

このレビューを読んで頂いてあなたにベストな「VAIO S15」を購入して頂けたらと思います。

VAIO S15 2022モデル

やりたいこと、全部入りオールインワンPC

ソニーストア価格: 143,800 円(税込)から ※キャンペーン適応済み価格

2022/09/02 現在価格

VAIO S15の詳細を始め販売価格などにつきましてはリンク先も参考になさってください。

VAIO社製「VAIO」を徹底レビュー中!

当店では最新「VAIO」の徹底レビューを公開しています。

VAIO SX12 現行最新モデル 徹底レビュー

VAIO SX12 2022年モデル 徹底レビュー

VAIO SX12 徹底レビュー(現行最新モデル VAIO(株)製モデル)

VAIO SX12 はモバイルシーンで大活躍な小型・軽量モデル。キーボードはコンパクトな筐体ながらもフルピッチ(約19mm)キーボードを搭載しました。

VAIO SX12 最新モデル は軽量コンパクトなモバイルサイズでありながら場所にとらわれず実用的で扱いやすい操作性を実現しました。11型ノートPCに近い筐体サイズながらも狭額ベゼルの採用により12.5型のワイドディスプレイ、最新第12世代となるインテルCore Pプロセッサーを搭載できるなどモバイルらしからぬ性能を詰め込みました。

VAIO SX14 現行最新モデル 徹底レビュー

VAIO SX14 2022年モデル 徹底レビュー

VAIO SX14 徹底レビュー(現行最新モデル VAIO(株)製モデル)

VAIO SX14 は大きな画面にタイピングしやすいキーボードで作業効率もよく、持ち運びできるサイズ感、生産性が高まるパソコン。

VAIO SX14 最新モデル は実用的で扱いやすい操作性を保ちながらカバンにすっと収まる軽さとスリムな形状。13型ノートPCに近いサイズながらも狭額ベゼル採用により14型ワイドディスプレイを搭載。プロセッサーも最新第12世代のインテルCore Pプロセッサーを搭載可能でワンランク以上の性能を詰め込みました。

VAIO S13 現行最新モデル 徹底レビュー

VAIO S13 2022年モデル 徹底レビュー

VAIO S13 徹底レビュー(現行最新モデル VAIO(株)製モデル)

VAIO S13 はサイズ・軽さ・性能 すべてにおいてちょうど良い。13.3型ディスプレイ搭載のノートパソコン。

VAIO S13 はビジネスでもプライベートでもシーンを問わずに扱いやすい13.3型ディスプレイ搭載のノートパソコン。VAIOのパソコンらしいスマートでスリムなデザインに豊富な拡張端子。静音性の優れたキーボード。過酷な品質実験に耐える「丈夫さ」を備えました。

VAIO S15 ALL BLACK EDITION 現行モデルレビュー

VAIO S15 ALL BLACK EDITION レビュー

VAIO S15 ALL BLACK EDITION徹底レビュー(現行最新モデル VAIO(株)製モデル)

黒と高性能へのこだわりを極めたVAIOのスペシャルエディション! VAIO S15に登場!

VAIO S15|ALL BLACK EDITION は通常モデルでは設定されない第12世代インテル Core Hシリーズ プロセッサー「Core i9-12900HK」を標準搭載!14コア/20スレッド、最大5GHzという驚異的なパフォーマンスは負荷のかかる作業をより快適にこなすことができます。

VAIO Z 現行最新モデル 徹底レビュー

VAIO Z 2021年モデル 徹底レビュー

VAIO Z 徹底レビュー(現行最新モデル VAIO(株)製モデル)

VAIO Z はフラッグシップモバイルとして位置づけされたVAIO社のハイエンドモバイルノートパソコン。

VAIO Z はあらゆる面においてこだわりが強いノートパソコン。画面サイズは14型ワイドディスプレイ、クラムシェルと言われるノートパソコンお馴染みのスタイルながらも「Z」を名乗るに相応しい、VAIOの技術力がギュッとつまったものとなっていました。

VAIOをもっと便利に活用しよう!ケース&アクセサリー

VAIO アクセサリーレビュー

VAIOをもっと便利に活用しよう!ケース&アクセサリー

あるともっと便利になるのは間違いなし。VAIOに使えるケース・周辺機器・アクセサリーを紹介します!

VAIOをもっと便利に活用するための持ち運びの際に便利なケース・使い勝手が広がる周辺機器やアクセサリー。そんなあると便利なあると便利なものをまとめてみました。

以上、当店のVAIO徹底レビュー記事の紹介でした。興味のある方はこちらもぜひ一度ご覧ください。


ページの上部へ