Xperia 5 V レビュー SIMフリーモデル 実機を使って詳しく解説!

Xperia 5 V レビュー SIMフリーモデル 実機を使って詳しく解説!をお届けします。

Xperia 5 V レビュー SIMフリーモデル 実機を使って詳しく解説! トップ画像

Xperia 5V どんなスマートフォン?

ソニーストアで取り扱う Xperia 5 V (XQ-DE44) はハイエンドコンパクトモデル「5リーズ」の最新機種にあたるモデル。2023年10月27日に発売を開始しました。

最新の高性能プロセッサーに、カメラ性能、有機ELディスプレイ、高音質スピーカーなどなど、ハイエンドモデルの最新機種を語るにふさわしい機能を用意しました。

大きさや重さは従来モデル(Xperia 5 IV 約172g)と比べて約10gの重量増。「最小・最軽量」そんな言葉が大好きなソニーにしては珍しく、手にするとたしかにズシッと直感的に重たくなった感がなきにしもあらず。

ただ、これは熱対策として「熱拡散シートを従来品と比べ 40%も増量」していることもあるので仕方なし。実際に使うときのことを考えると、この重量増は「前向き」に捉えたいところです。

そんなXperia 5V の外装には、Corning製強化ガラス「Gorilla Glass Victus」の採用と、光沢感を抑えたフロスト加工によって質感は非常に高く、フラッグシップモデル Xperia 1V の質感が気に入らないという方にも、納得頂けるようなものとなっていました。

Xperia 5 V (XQ-DE44)) に搭載されたディスプレイは約6.1インチ。

アスペクト比は Xperiaらしく横長の21:9。リフレッシュレート最大120Hz、HDR表示に対応した フルHD+(1,080×2,520ドット)。 フラッグシップモデル Xperia 1 V 同様の、HDR10に加えHLG(ハイブリッド・ログ・ガンマ)にも対応し、 発色も良く、十分満足できる画質と言えるでしょう。

Xperia 5 V のカメラ機能も今回の注目ポイント。

従来モデルでは3つ用意されたカメラが2つになって、一見残念感があるのですが、24mm側のカメラには「新規開発の2層トランジスタ画素積層型CMOSイメージセンサー」を搭載。従来モデル(Xperia 5 IV)より、面積が約1.7倍も大きいため暗所でのノイズを大幅に低減。また光学ズーム相当の高画質な記録もしてくれます。

上の画像は同じセンサーを搭載する Xperia 1V でのものですが、X大きなセンサーを搭載する Xperia PRO-Iと比較してもご覧のとおり。画質 肌・髪・服 などの質感描写は見て分かるとおりで、非常に立体的かつ精細感があります。

最初からインストールされている ソニーのカメラアプリを使えば、露出変更やホワイトバランス、ルックなど、いわゆるデジタルカメラを扱っているように使うことができます。

シャッターボタンが独立しているのもソニー Xperiaスマートフォン共通機能。もちろんXperia 5Vにも用意されています。

オーディオ機能の充実さも従来モデルより引き継いでおり、3.5mmオーディオジャック搭載で有線ヘッドホンが使えるほか、Bluetooth接続によるワイヤレスでもハイレゾ級の高音質体験が可能です。もちろん「360 Reality Audio」にも対応し、対応したヘッドホンを使用すれば臨場感抜群な立体サウンドも楽しめます。

スピーカーの音も良く、もう下手にスピーカーを買ってきて聞くよりかは 当機種の方が音が良いのでは?と思ってもらえるレベルでしょう。

そんな Xperia 5 V のCPU には評判の良い Qualcomm(クアルコム)社製「Snapdragon(R)8 Gen 2 Mobile Platform」を搭載。それに加えて8GBのRAM、256GBの大容量メモリー、バッテリーは 5000mAhながらも独自技術による省電力化とQualcomm社との協業によって「約20%」の消費電力の削減に成功しました。

公式サイトによると 朝から夜まで使ってもバッテリー残は50%を実現しているのだとか。

またバッテリーは3年間劣化しにくい仕様となっており、30分間で約50%の容量を充電できる急速充電に加え、ワイヤレス充電やおすそわけ充電機能などにも対応しました。

このページで紹介している 「Xperia 5 V SIMフリーモデル」は。nano SIM + e SIM のデュアルSIM採用により、個人と会社といった具合に、回線を使い分けることもできるので非常に便利。

e SIM は、海外に行かれる方に重宝されるもの言えるでしょう。個人的には nano SIMをメインで e SIMをサブって使い方がオススメです。

カラーは全部で3色展開。今回はプラチナシルバーで紹介させていただきましたが無難なブラック、そしてブルーは流行りのニュートラルカラーでこちらも注目を集めそうです。ぜひお好みのカラーをお選びください。

Xperia 5 V(XQ-DE44)

Xperia 5シリーズ最新世代 ダブルレンズでも新型センサー搭載カメラで納得の高画質

ソニーストア価格:129,800円 (税込)

2024年1月31日 現在価格

Xperia 5V 価格調査・値下げ情報

ソニーストアで取り扱う Xperia 5V 「XQ-DE44」の価格情報をご案内します。

2024年6月20日、Xperia 5 V(XQ-DE44)SIMフリーモデルは発売後、初めてとなる価格変更・値下げを行いました。

ソニーストアでの発売日は 2023年10月27日でしたので、値下げまでの期間は おおよそ 8ヶ月。半年くらいで最初の値下げが来るのでは?と予想していましたが、当モデルの場合は人気が高いこともあり、結構時間がかかった印象です。

おおよそ10,000円のお値下げでお求めやすくなりました。ハイエンドの最新モデルを、この機会に検討されてみてはいかがでしょうか?

Xperia 5 V(XQ-DE44)

Xperia 5シリーズ最新世代 ダブルレンズでも新型センサー搭載カメラで納得の高画質

ソニーストア価格:129,800円 (税込)

2024年1月31日 現在価格

関連記事 ソニーストアでの値下げ情報

SIMフリー Xperiaスマホの価格調査 ソニーストアでの値下げ情報を紹介 します。

Xperia 5V アクセサリー紹介

ここからは Xperia 5V 用のアクセサリー紹介をさせていただきます。

Style Cover with Stand for Xperia 5 V

Style Cover with Stand for Xperia 5 V は『Xperia 5 V 専用設計』の保護カバー。

動画視聴に便利なスタンド搭載し、表面がさらさらっとしながらも、しっかり握れる安心感。本体の形状にぴったりフィットするところは、さすが純正カバーと、言って良いでしょう。

カドの部分をしっかりガードしつつ、スイッチやボタンの操作性は、カバーなしの時と、遜色なしの使い心地を実現しています。

カラーはSIMフリーモデルやキャリアモデルでの基本色となる全3色で用意しました。本体と同一色でコーデするも良し。異なる色の組み合わせにしてみるのも面白いかも知れませんね。

Style Cover with Stand for Xperia 5 V『XQZ-CBDE』

縦置き横置き両対応の開閉式スタンド機構を搭載。閉じればカバーと一体化するスリム構造。

ソニーストア価格: 4,730円(税込)

2023年10月26日 現在の価格

Xperia の充電におすすめ! 急速充電対応ACアダプター

Xperia 5Vの充電におすすめ! 急速充電対応ACアダプターがソニーから販売されています。

XQZ-UC1は急速充電に対応しつつ、4G・5Gなどの電波試験に加え、熱保護機能付きUSBケーブルを同梱するなど安全に配慮されたACアダプター。持ち運びやすいコンパクトサイズで外出先での充電にも便利。安定・安心してXperia 5Vを使いたい方にオススメのACアダプターです。

急速充電対応ACアダプター

XQZ-UC1(熱保護機能付きUSBケーブル同梱)

ソニーストア価格: 5,480円(税込)

2023年5月25日 現在価格

自撮りに!シューティンググリップ&モニター

SIMフリー Xperia スマートフォンを使ってクリエイティブな暮らし初めてみませんか? ソニーはメーカー純正品アクセサリーとして「シューティンググリップ GP-VPT2BT」と「モニター XQZ-IV01を販売しています。

この2つを組みわせることによって高画質な背面カメラを使った自撮りが可能になるほか、シューティンググリップは対応したα・サイバーショット・ブイログカムで使用することも可能。

接続もBluetooth対応でケーブル不要、自由度の高い撮影を実現しているほかミニ三脚としても使えるのであると、非常に便利です。

GP-VPT2BT

ケーブル不要で自由度の高い撮影を実現した、Bluetooth対応・三脚機能付シューティンググリップ

ソニーストア価格:14,300円税込み

2023年5月25日 現在価格

XQZ-IV01

同梱の接続ケーブルで繋ぐことで撮影画面を表示することができます。

ソニーストア価格:24,200円税込み

2023年5月25日 現在価格

Xperia スマートフォンにおすすめ ヘッドホン 厳選3選

ソニーではXperia 5V で音楽や動画をイイ音で楽しむことができるワイヤレスヘッドホンを販売しています。ここでは筆者がオススメしたい厳選3選のヘッドホンをご紹介したいと思います。

WF-1000XM5 完全ワイヤレス フラッグシップモデル

WF-1000XM5 はソニー完全ワイヤレス型のフラッグシップモデル。高いノイズキャンセリング性能に加え高音質。軽量かつコンパクトで高い付加価値を詰め込みました。

Xperiaスマホと一緒に使うにあたり注目したいのはハイレゾの高音質を楽しめる「LDAC」に対応したところ。大好きな音楽を感動するほどの高音質で楽しむことができます。

また通話品質においても、ソニー完全ワイヤレス史上最高の品質。風切り音低減構造も採用され、歩きながらでも高品質な通話が可能です。

WF-1000XM5

世界最高ノイキャンと高い装着性を実現 小型設計の新・ハイレゾ音質完全ワイヤレス

ソニーストア価格: 41,800 円(税込)

2023年7月25日 現在価格

商品の詳細につきましては、当店のレビュー記事も参考になさってください。

WF-1000XM5 最新ソニー完全ワイヤレス フラッグシップモデルを徹底解説!

WF-1000XM5 は世界最高クラスのノイズキャンセリング性能に加え、ハイレゾ再生の高音質をコンパクトかつ軽量な本体に詰め込んだソニー完全ワイヤレスのフラッグシップモデル。。通話品質も向上するなど最上位を語るにふさわしいものとなっていました。


LinkBuds S ながら聴きで音もキレイ 完全ワイヤレス

LinkBuds S(リンクバッズS)WF-LS900N はとても軽い本体に優れた外音取り込み機能による「ながら聴き」と、ノイズキャンセリング機能による「しっかり聴き」を両立したソニーの完全ワイヤレスヘッドホン。

常時装着が基本としている「LinkBuds」コンセプトのとおり着け心地はとても快適。約4.8gの本体質量はノイズキャンセリングとハイレゾ対応モデルとして世界最小最軽量となっています。

音質やノイキャン性能では「WF-1000XM4」では劣りますが、なんと言っても軽いからすごく快適。お仕事でイヤホンを常時つけながら作業されるような方にオススメの1台と言えるでしょう。

LinkBuds S(WF-LS900N)

ながら聴きも、ハマり聴きも、思うがまま。

ソニーストア価格:26,400 円(税込)

2022年5月24日 現在の価格

ながら聴きとちゃんと聴きを両立した完全ワイヤレス

とても軽い本体に優れた外音取り込み機能を搭載、「ながら聴き」と「しっかり聴き」を両立したソニーの完全ワイヤレスヘッドホン。

WH-1000XM5 ヘッドバンド型フラッグシップ

WH-1000XM5 はソニーヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンとしては初となる「5つ星」となるノイズキャンセリング機能を搭載し、音質にも磨きがかかり、中でも長い歳月を費やした新型ドライバーユニットに加え、ウォークマンの技術を用いたことにより今までで以上の高音質化を果たしました。

ヘッドバンド部分やイヤーパッド部分にソフトフィットレザーを採用するなど装着感もさらに向上。頭にセットしただけでポジションが決まるシームレスに可変するバンド機構は、よりストレスなく扱えるものへと貢献しています。

完全ワイヤレスのように春夏秋冬オールシーズン使えるものではありませんがヘッドバンド型だけあって音質は素晴らしいものがあります。

もちろん音声通話にも対応。5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成したアルゴリズムと、口元への指向性を高めた左右2つずつのマイクによって、オンライン会議・授業など質の高い通話が可能になっています。

WH-1000XM5

「新世代」の静けさで 音楽は深化する。業界最高クラスノイキャンにハイレゾ高音質

ソニーストア価格: 49,500円(税込)

2022/05/18 現在価格

デザイン刷新!進化したフラッグシップを徹底解説!

WH-1000XM5 は業界最高クラスのノイズキャンセリング性能に加え、新型ドライバー搭載により高音質化、デザインも従来より大きく刷新され、快適な装着性も実現しました。

ソニーストア SIMフリーモデルに用意された 様々な保証内容

ソニーストアでは安心してお使いいただけるように様々な保証をご用意しました。

屋外で使用する機会の多いスマートフォンなだけにソニーストアで購入される方は、次に紹介する『Xperia ケアプラン』への加入がオススメ。サービス内容を考えると結構リーズナブルなものとなっています。

あんしんをお届け Xperia ケアプラン

自然故障 破損・全損 水没など、思わぬトラブルが発生したとき、「交換」と「修理」の2つのサービスであんしんをお届け。高額で購入したスマホの「もしものとき」の補償としてソニーストアでは『Xperia ケアプラン』をご用意しました。

Xperia ケアプラン 利用料

  • 年払い 5,500円(税込)
  • 月払い 550円(税込)
  • ※クレジットカード利用者限定

加入後→ 故障発生 → 5,500円(定額)で修理代をカバー(ご利用回数 何度でも)

利用料はクレカ支払いのみで、利用料は年払い5,500円(税込)、月払い550円(税込)の2つのコースから選択。加入しておけば落下破損によるディスプレイ交換など、高額な修理でも上限額5,000円(通常修理のおおよそ10~20%程度)で、修理可なので加入しているだけでなかなかの安心感です。

また、故障機を同等機種と有償で交換する「交換サービス」も行っています。

Xperia ケアプラン 交換サービス (ご利用回数 1年間に2回まで)

  • Xperia PRO-I 22,000円(税込)
  • Xperia 1 V / Xperia 5 V 20,000円(税込)
  • Xperia 1 IV / Xperia 5 IV 18,000円(税込)
  • Xperia 1 III 16,500円(税込)
  • Xperia 1 II / Xperia 5 II / Xperia 5 III 11,000円(税込)

「Xperia ケアプラン 交換サービス」は機種ごとに価格が変わるのですが、1年間に2回まで交換対応すてくれるサービスです。修理では直せない(直してくれない)、例えば小さなキズがたくさん入ってしまって、どうしても精神的に気になるって方は、わずかな金額で新品と交換してくれるというもの。先行投資になりますが、購入の際はぜひ検討したいところです。

・加入者専用 Xperia ケアプランお問い合わせ窓口はこちら|ソニーストア

残価設定クレジット

新しいXperiaスマートフォンを2年毎に買い替えたい方にオススメの支払い方法があります。

ソニーストア 残価設定クレジットはご購入された商品返却時の買取予定価格を残価額とし、残価額を差し引いた代金を24カ月の分割で支払いできる支払い方法。最終回にあたる25カ月目のお支払方法はお客様のご要望に応じて選べます。

残価率は常に変動しています。詳細につきましてはリンク先を参考になさってください。

分割手数料無料キャンペーン

現在ソニーストアでは分割払い手数料が 0円で利用できるキャンペーンを実施しています。手数料0円・・・つまりは一括で買うのと同じです。一度の支出を減らしたい方、手数料0円ですのでぜひご利用ください。


このページでは ソニーストアで取り扱っている「Xperia 5V SIMフリーモデル(XQ-DE44) 」 のレビューをお届けさせていただきました。参考にしていただければ幸いです。

Xperia 5 V(XQ-DE44)

Xperia 5シリーズ最新世代 ダブルレンズでも新型センサー搭載カメラで納得の高画質

ソニーストア価格:129,800円 (税込)

2024年1月31日 現在価格

最新の販売価格、商品の詳細につきましてはメーカー公式サイトもぜひご確認ください。

SIMフリー ソニー Xperia(エクスペリア)スマートフォン 徹底解説!

SIMフリー ソニー Xperia(エクスペリア)スマートフォン を徹底解説!当ホームページではソニーストアで取り扱う SIMフリー Xperia スマートフォン 現行モデルのレビューを掲載しています。他の機種にも興味をお持ちの方はこちらも参考のなさってください。

関連記事 SIMフリー ソニー Xperia スマートフォン 徹底解説!

ソニーストアで取り扱う SIMフリー Xperia スマートフォン をわかりやすく解説します!

ページの上部へ