実機で解説! WF-C500 レビュー 高い装着性とコンパクトさが良き 完全ワイヤレス

ソニー ワイヤレスヘッドホン WF-C500 の実機を使用したレビューをお届けします。

WF-C500 は ソニーより2021年9月29日発表された「完全ワイヤレス」と言われる左右独立タイプのワイヤレスヘッドホン。コンパクトな形状とつけ心地の良さ、トレンドを取り入れたカラーバリエーション、お求めやすいエントリー価格など魅力たっぷり。それでは WF-C500 を紹介していきましょう。

WF-C500 レビュー どんな商品?

ソニー WF-C500 は完全ワイヤレスと言われる左右独立したタイプのワイヤレスヘッドホン。

特長は女性の方にも嬉しいサイズ感、「軽さ」と「コンパクトサイズ」の両立と、トレンドを取り入れた4色のカラーバリエーション。そしてお求めやすい価格設定となっています。

実際に装着してみると軽くて実に快適です。また薄いデザインを採用したことで耳からの出っ張りも少なめ。見た目からもフィット感のあるものとなっていました。

カラーもトレンドを取り入れたとだけあって個性的なものが用意されました。このページで紹介している広告カラーのアイスグリーンを始めコーラルオレンジにベーシックなホワイトやブラックなど4色展開にて用意しました。

音質に関してもそこはソニーらしく抜かりなく、ソニーの音質技術「DSEE」を搭載。ネット動画などの低ビットレート音源などをCDレベルまでアップスケーリングして聴くことが出来ます。さらに無料のアプリを使えば自分好みの低音・高音・中音などカスタマイズをすることも可能です。

ワイヤレスステレオヘッドセット WF-C500

アイスグリーン/コーラルオレンジ/ホワイト/ブラック いい音を、ジブン色で。耳にフィットするコンパクトモデル

ソニーストア価格:11,000円(税込)

2021/09/29 現在の価格

ソニーの直販サイト・ソニーストアでの販売価格は2021年9月29日発表時点で 11,000円税込み と、ソニーブランドの完全ワイヤレスとしてはお求めやすい価格なのも魅力。ソニーIDを作ってクーポンをゲットすれば10,000円を割る購入価格となります。

これから完全ワイヤレスヘッドホンを始めたい、そんな方にもぴったりなヘッドホンとも言えるでしょう。

My SONY ID 取得「割引クーポン」GETしよう!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行、また My SONY IDユーザーには定期的に割引クーポンを発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップ!また、登録したIDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあってアップデートのなどのお知らせもメールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

WF-C500 こまかくチェック!気になる部分をレビューします!

ここからWF-C500を細かくチェック!実機を使って紹介していきます。

WF-C500 着け心地良き! 出っ張り控えめでデザインよし

本体の重さは約5.4g。これはソニー完全ワイヤレスの中で最も軽量。実際に手にしても軽い。装着すればなおのことこの軽さは素晴らしく、まさにエアリーな装着感!!とまでは”やや”大げさながらも、装着性の良さもあって、ずっと着けていられる心地良きものとなっていました。

よく完全ワイヤレスホンはポロリが心配だというお話を伺いますが、もう何年もソニーの完全ワイヤレスを使っている筆者からしたら、そんなことあるの?な感じです。このWF-C500にも「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」が採用されているとおり使っているときに抜け落ちる気配はほとんどありません(個人差はあると思いますが)。初めての完全ワイヤレスとしても安心してお使いいただけると思います。

ちなみに収納ケースはヘッドホン本体を充電する機能を備えています。このケースもソニー完全ワイヤレスの中で最も軽量 35g 。バッグの中にすっと収まるサイズで携帯性も実にいい感じです。

WF-C500 聴いてみました!

接続方法はBluetooth、スマートフォンとペアリングして早速聴いてみることにしました。

シンプルな表現になりますがフツーにいい音です。Bluetoothオーディオもここ数年大きく進化しました。もちろん送信側(スマホ側)のバージョン等にもよりますが、下手な有線ヘッドホンよりも「いい音」体験が出来るレベルです。このWF-C800は特に低音が強いとか高音がキレイとか、大きな特長はないのですがバランスがイイ。こもる感じもなくクリアな音は軽い装着感と相まって、聴いててキモチ良くなりました。

このWF-C500には圧縮音源の高音域をクリアに再現する「DSEE」が搭載されました。最近ではYou Tubeなどの配信動画で音楽を楽しむ方も多いのではないでしょうか?この「DESS」はそんな方に嬉しい機能で、圧縮された音源で失われがちな高音域をCD音質相当までヘッドホン内で補完してくれます。

いまや毎日の暮らしに欠かせないスマートホンにネット動画、それを楽しむためにWF-C500 というチョイスも悪くないでしょう。

WF-C500 自分好みの音質へ アプリ対応

WF-C500 はソニーの無料スマホ専用アプリ「Headphones Connect」に対応しました。

スマートフォンにインストールすることにより、自分の好みのサウンドを作ることが可能です。中でもイコライザーという機能は、ノーマルの状態では高音の伸びや、低音の迫力がちょっと物足りないってときの調整に便利です。

またこのアプリを使えばヘッドホンのバッテリー残量が「見える化」出来るのも便利。WF-C500を購入したらこのアプリは必ず使用するスマホにインストールしたいところです。

WF-C500 生活防水対応 ちょっとした運動の時にも

WF-C500はIPX4相当の生活防水機能が用意されました。これにより小雨が降っても運動による汗でも問題なく使用可能。スポーツの時も、外出の時もいつでも好きな音楽を楽しめます。

筆者も完全ワイヤレスで音楽を聴きながら「ながら用事」をすることがあるのですが、家事とか掃除とか、夏の暑い日にすると結構耳も汗をかくんです。大好きな音楽を聴きながらだと、苦手な家事も捗るのですが、汗をかくとヘッドホンが心配になったりします。そんなとき生活防水機能があると本当に安心です。

WF-C500 テレワークにも使えます

WF-C500にはマイク機能が用意されていてテレワークにも使うことができます。

便利なのがWindows10に用意された Swift Pair という機能に対応しているところ。この機能はヘッドホンをペアリングモードにして Windows10に近づけただけで、ペアリングのガイダンスがポップアップ出現。接続がすぐに行なえます。

テレワークでも便利な完全ワイヤレス。圧迫感もなくケーブルレス。これは快適です。

WF-C500 便利な物理ボタンを用意

WF-C500は左右の本体にそれぞれ操作用ボタンが用意され、スマートフォンが例えばカバンの中にあったとしても、カンタンな操作が可能となります。

実用的で使いやすい物理ボタン。ちなみにアプリを使えば他の機能に割りあてることも可能です。

WF-C500 スタミナ性能は?

WF-C500のスタミナ性能は本体で10時間、ケースで10時間、合わせて最高20時間。本体やケースが軽くなったことによりスタミナ性能に不安を感じたのですが思いのほかスタミナがあります。単純計算では片道で2時間ほど使うなら5日間充電しらずで使えます。

充電の仕方は背面にあるTypeCに接続する方法。スマートホンのアプリからバッテリー残量の確認も可能です。

また10分の充電で1時間再生が可能なクイック充電にも対応していますので、お出かけの直前に気づいても数分充電さえできれは、数分の使用が可能ですよ。

WF-C500 カラバリ4色 全てマットカラー

WF-C500は全4色のカラ-バリエーション展開。さすがファッション性のあるヘッドホンなだけに今どきとも言えるトレンドカラーをラインアップしてきました。アイスグリーン・コーラルオレンジで耳元にもオシャレを。もちろんベーシックなホワイト・ブラックも用意しました。いずれも表面はマット仕上げとなっています。

色の好みは人それぞれですがこの4色は実に絶妙。王道を行くか、ちょっと冒険してみるか・・・色選びをするだけで相当悩んでしまいそうですね。

ショップブログ:カラバリをチェック!トレンド?ベーシック? 思わず迷う色選び!

トレンドカラーが2色にベーシックなカラーが2色。うーん…これはどれを選ぶか悩んでしまいますね!

WF-C500  付属品も紹介

最後に同梱物を紹介します。本体、ケースに加えてUSB Type C ケーブル、取り扱い等の説明書が同梱してました。イヤーピースはカラバリに合わせたものがSSからLLサイズ(SS/M/LL)まで用意されています。

工場出荷の段階では標準的なMサイズのイヤーピースが装着済み。私はMサイズだ!と思い込まずに、使い始める前にしっかりフィッティングすることをオススメします。ベストなイヤーピースで快適な完全ワイヤレス生活を楽しみましょう。

【ソニーストア限定】 快適に持ち運ぶためのオリジナルケース

ソニーの直販サイト・ソニーストアでは完全ワイヤレス・ヘッドホンを快適に持ち運ぶことができるオリジナルケースを販売中です。

マジックテープで簡単開け閉め、ヘッドホンをささっと収納できて内ポケット付き。そのため本体(ケース)プラス充電ケーブルを分けて収納可能。カラビナ付きでベルトやバッグに内側に作られるから探す手間も省けます。

完全ワイヤレス型ヘッドホンオリジナルケース(Deff社製)

完全ワイヤレス型ヘッドホンを快適に持ち運ぶためのオリジナルケース ※WF-SP900、WF-SP700N、WF-1000X、Xperia Ear Duo(XEA20)などで使用可能。

ソニーストア価格: 2,728円(税込)

2021/09/30 現在価格

そんなソニーストアオリジナルケースはあったら便利な小型のケース。ぜひ参考になさってください。


今回はソニーの完全ワイヤレスヘッドホン「WF-C500」のレビューをお届けしました。

コンパクトな形状とつけ心地の良さ、トレンドを取り入れたカラーバリエーション、お求めやすいエントリー価格も魅力的。この記事がこの商品を気にされている方の参考になれば幸いです。

ワイヤレスステレオヘッドセット WF-C500

アイスグリーン/コーラルオレンジ/ホワイト/ブラック いい音を、ジブン色で。耳にフィットするコンパクトモデル

ソニーストア価格:11,000円(税込)

2021/09/29 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

なおレビューの中で紹介しています「音質」や「装着感」等は個人差が絶対にあります。購入を検討されている方はソニーのショールーム等で一度試し聴きされることをオススメします。

機種比較記事を公開

当店のブログにて機種比較記事を公開しました。

2021年秋 ソニーの完全ワイヤレスヘッドホンを徹底比較!

ソニー完全ワイヤレスヘッドホン 現行5機種を比較解説!音質・重さ・スタミナ性能・機能の有無などなど見える化しました!ぜひ参考になさってください。

ソニーはシーンに合わせて数種類の完全ワイヤレスヘッドホンを販売しています。実際に機能・性能比較を調べてみようと思ったら結構面倒だったりするもの。そんな方にオススメしたい内容で比較内容を見える化しました、どうぞ参考になさってください。

片方なくしたら・・・紛失あんしんサービス

ソニーの直販サイトソニーストアでは、片方なくしたらどうしよう? そんな不安をカバーする「紛失あんしんサービス」をご用意しました。WF-C500を購入するとき1年か2年選択することが可能です。

低価格で大きな安心、ソニーストアで購入される場合はご検討ください。

・ソニーストア 紛失あんしんサービス の詳細はこちら

My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップします。また、IDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)


関連記事

当店のホームページでは今回紹介した商品に近い機種のレビューも公開しています。そちらもご参考ください。

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ