実機で解説!ソニー 重低音 ワイヤレススピーカー ULT FIELD 7(SRS-ULT70)

このページではソニー 重低音 ワイヤレススピーカー ULT FIELD 7(アルト フィールド セブン)のレビューをお届けします。

ソニー 重低音 ワイヤレススピーカー ULT FIELD 7 のレビューをお届けします。

ソニー ULT FIELD 7 って、どんな商品?

ソニー ULT FIELD 7(アルト フィールド セブン)は 大きな筐体サイズを活かしたパワフルなサウンドを実現する Bluetooth接続対応のスピーカーユニット。「ULT POWER SOUND シリーズ」の1モデルとして、2024年4月16日に発表されました。

おおよそ 51センチの横幅に 6.3kgの筐体にはX-Balanced Speaker Unitとトゥイーター、低域を強化する「デュアルパッシブラジエーター」によって、このシリーズの大きな特長である「超パワフルな低域再生」だけではなく、中高域までの広いレンジをカバーし、明瞭度の高いボーカルと、広がりのあるステレオサウンドを楽しむことができます。

ULT FIELD 7(アルト フィールド セブン) はその名称からもわかるとおり さまざまなFIELD(フィールド)で使用することが可能となる IP67 の防水・防塵(じん)性能に加え、防錆(さび)にも対応しました。

また横でも縦でも使えるマルチレイアウトデザインで、例えば使わないときなどは縦置きにすることで、スペースの確保にも貢献。本体全体の素材には、布地のファブリックが使用され、例えば海辺で使って砂がついたとしても、パパッと払い落とすことが出来ますし、汚れが目立ったときは水道水で洗い流す、なんてことも。

拡張性にも優れ背面側のふたをあければ、オーディオ入力端子をはじめキーコントロールなども用意されました。マイク/ギター端子を使えばギターアンプとして使うことができるほか、カラオケ用スピーカーとして使うことも可能です。

ただ、気をつけて欲しいのは、これから端子がある部分のふたを開けっ放しだと防水機能は無効になるということ。例えば屋外でギターアンプ代わりに使っていて、ライブ中に雨が降ってきたときは故障の原因に。そこだけは注意が必要です。

本体内には約30時間再生可能なバッテリーを搭載しているので、丸一日屋外での使用が可能。そのほかにも2台つなげてステレオ再生を楽しめる「Stereo Pair機能」まで用意されました。ULT FIELD 7 は単体でも迫力の音を出すスピーカーなのに、2台で使ったら・・・いったいどうなってしまうんでしょう...ワクワクします。

ULT FIELD 7(SRS-ULT70)

屋内からアウトドアまで、迫力の重低音とパワフルサウンド

ソニーストア価格:66,000円 税込

2024年4月26日 現在価格

My SONY ID 取得「割引クーポン」GETしよう!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行、また My SONY IDユーザーには定期的に割引クーポンを発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップ!また、登録したIDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあってアップデートのなどのお知らせもメールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

ラッキー抽選会 2024春

現在、ソニー公式サイト内において『エントリーするだけでお買い物券(ソニーストアクーポン)が貰える(当たる)「ラッキー抽選会」』を実施しています。

ログインして抽選するだけで最大10万円のソニーストアで使えるお買い物クーポンがもらえるチャンス!テレビ、ウォークマン、カメラ、ヘッドホン、スピーカー、XperiaにVAIO、PS5までお使いになれます。

しかも「もれなく」なにかの賞が当たります。

引かないのは”損”するのと同じ!

期間は2024年6月26日まで!ぜひチャレンジしてくださいね。

最大10万円分のお買い物券が当たる!ラッキー抽選会 2024春

ULT FIELD 7 圧倒的パワーサウンド 聴いてみた!

まずは通常モードで聴いてみました。さすがこのサイズのスピーカーユニットにもなると、音圧も強く、もうすでに迫力のある音を奏でてくれます。シンプルに言うとフツーにイイ音。

X-Balanced Speaker Unitとトゥイーターによる音のバランスの良さに加え、デュアルパッシブラジエーターが低域を増量してくれているのがわかります。

またこのスピーカーを支える左右の部分は、ラバー状となっており振動をきっちり抑える効果もあるみたいで、置いた場所にビタッと密着。大音量にしても、そこからノイズが発生することはありませんでした。

続いて ULT ボタンをひと押し。ULT1モードにしてみます。

おおっ!明らかな音圧アップに加え、重低音にパンチが生まれました!す、すごい!たった1段階でこの音。よく聞くと、もしかすると先ほどの ULTなし に比べると、この ULT1 モードのほうがバランスそのものが良いような・・・

さらにULT ボタンを押すとULT2モードに移行。さらに音圧アップ!重低音もさらにアップ!ドゥン、ドゥンとまさに「体に響く」を音を耳だけではなくココロにまでひびく感覚。これはスゴすぎる!!

この ULT POWER SOUND (アルト パワー サウンド)シリーズのコンセプトは「アリーナの最前列にいるような重低音を体感できる商品群」。もちろん、このスピーカーサイズでは「本物のアリーナ最前列」に敵うわけがありませんが、クラブハウスで流れているような音に近い印象。

さらに欲を言えば、2台つないでステレオペアモードで聴いてみたいかも・・・

もう一度 ULTボタンを押すと ULTなし状態に戻るのですが、もうULTモードで聴いてしまうと音がクリアすぎて物足りなさが・・・結論としては、筆者が聴いた印象では「ULT1 が ノーマルモード」常用したい音質。「ULT2 が クラブハウス」。「ULTなし が ナイトモード」と言ったところかも。

普段とかは ULT1 でこのスピーカーユニットがもつ懐の深い音で、心地よいビートを楽しみたいなぁ。と、思ったのでした。

ULT FIELD 7 なにげに楽しいライティング効果

ソニーのスピーカーは以前から採用しているので、それほど珍しい機能ではありませんが、このスピーカーのキャラに合っていて、楽しいな、と思ったのがライティング機能。

パッシブラジエーターの周りにライティングが用意されているのですが、10種類のパターンでシーンに合わせた光り方で音楽をより盛り上げてくれます。完璧!ってわけではありませんが、「え?キミ!この曲知ってるの?!」って思ってしまうほど、要所要所で点滅・点灯・色変更をしてくれるので、なんだか愛着する湧いてしまいます。

ちなみにライティングパターンの変更はMusic Centerアプリから可能。さらにFiestableアプリを使えば、手元のスマートフォンやタブレットから音楽に合わせてDJエフェクトをかけたり、ライトの色を変更して楽しむことができるので、購入後はぜひアプリを含めて楽しんで頂きたいなぁと思いました。

ULT FIELD 7 大きく重いが持ち出せる配慮も

おおよそ 51センチの横幅に 6.3kgの筐体は正直言って大きく重い。一般的なポータブルサイズのスピーカーは、片手ですっと持ち運べるサイズ感ということもあり、このサイズ感だけで購入を躊躇されている方もおられるのではないでしょうか?

そんな心配はソニーも承知みたいで、側面部分をハンドルとして使えるようになっていて、推奨は写真のように両手で持つことをオススメしますが、力のある方なら片手で持つことが可能です。

またこのスピーカー「縦」で使用することも出来ますので、使わないときは縦でしまって置くこともできます。立ててしまえばミニ扇風機くらいのサイズ感。これなら一般的なご家庭でも心配することなく扱うことが出来そうですね。


ソニー ワイヤレススピーカー ULT FIELD 7(アルト フィールド セブン)の実機を使ったレビューをお届けいたしました。この記事が参考になれば幸いです。

ULT FIELD 7(SRS-ULT70)

屋内からアウトドアまで、迫力の重低音とパワフルサウンド

ソニーストア価格:66,000円 税込

2024年4月26日 現在価格

なお、レビューの中で紹介しています「音質」については聞こえ方に個人差があります。購入を検討されている方はソニーのショールーム等で一度試し聴きされることをオススメします。


ULT POWER SOUNDシリーズ

ULT WEAR 暴れ出す重低音!ソニー史上最高の重低音ヘッドホン!

ソニー ワイヤレスヘッドホン ULT WEAR は低音を増強するULTボタン(アルトボタン)により、ソニー史上最高重低音とメーカー自らが名乗るとおりの「超」パワフルな低域再生を実現!まさにアリーナ最前列にいるあの感覚を体感することができました!

ULT FIELD 1 豊かな低域とパワフルな音体験

ULT FIELD 1 は コンパクトサイズながら迫力の重低音を再生するBluetooth対応ワイヤレススピーカー。約 20センチ、650 g の筐体にはウーファーとトゥイーターが搭載、ULT POWER SOUNDシリーズの大きな特長である「パワフルな低域再生」だけではなく「クリアな高域再生」を楽しむことができます。

関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ