実機で解説! SRS-XB23 レビュー タテでもヨコでもどちらでも シーン問わないワイヤレススピーカー

このページでは、ソニーのBluetooth対応ワイヤレススピーカー「SRS-XB23」の実機を使用したレビューをお届けしています。

実機で解説! SRS-XB23 レビュー

SRS-XB23 は縦置き、横置きどちらでも使用可能なマルチレイアウト設計のワイヤレススピーカー。ソニー独自のスピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」搭載でコンパクトながらも広がりのある音を実現しました。高い防水性能でアウトドアからお風呂やキッチンまでシーンを問わず使えるところも特長です。

SRS-XB23レビュー どんな製品?

SRS-XB23 は縦置き・横置きどちらでも使用可能なBluetooth対応のワイヤレススピーカー。携帯性良さそうな細身のデザインに、思わず惹かれる方もおられるのではないでしょうか?

そんなデザインも特長的なSRS-XB23はソニーのスピーカーらしく音質にもこだわっていて、ソニー独自開発の非対称スピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」を搭載。さらに低音を強化する「EXTRA BASS」モード搭載で、広がりのある音に加え迫力の重低音を実現しました。

スマートフォンで音楽を楽しむだけでネット動画やゲームをするときにもピッタリ。当たり前かも知れませんが、スマホ内蔵スピーカーとはまるで別レベルの音。スマホで音楽・動画・ゲームがいままで以上に楽しくなります。

防水・防塵に加え、防錆(ぼうせい)仕様で、アウトドアのみならず、お風呂やキッチン、海辺での使用も可能とまさに全天候型。バッテリーは最大10時間(EXTRABASSモード時)の使用が可能で、最近のスマホですっかりお馴染みとなった USB type-Cケーブル経由で充電。もう専用のアダプターを持ち歩かなくても大丈夫です。

外装にはソニー専用のファブリックを採用。汚れはもちろん傷にも強くカラーバリエーションも5色と豊富。購入前からどの色しよう?と、悩む楽しさもあります。

ソニー SRS-XB23

スマホの音が、生まれ変わる。タテ・ヨコどちらも、高音質と重低音の広がりを

ソニーストア価格:12,000円+税

2020/06/22 現在価格

2020年6月22日現在、ソニーの直販サイト・ソニーストアでの販売価格は12,000円。様々な機能や性能がギュギュっと搭載されていることを考えると納得の価格かも。アウトドアシーンをはじめ普段はスマホ内蔵スピーカーで色々楽しんでます。って方に、オススメしたいそんなワイヤレススピーカーとなっています。

My SONY ID 取得「割引クーポン」GETしよう!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行、また My SONY IDユーザーには定期的に割引クーポンを発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップ!また、登録したIDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあってアップデートのなどのお知らせもメールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

SRS-XB23 アプリありきの使用スタイル

いつもこの手の製品は「聴いてみました!」ってところから始まるのですが、まずは「大切なお知らせ」からお伝えしたいと思います。

SRS-XB23はアプリありきの使用スタイル。まずはソニーの無料アプリ「Music Center」をダウンロードして使うことが ありき な設計になっています。と、いうのも SRS-XB23 の工場出荷時設定は縦置き使用で最適な「モノラル」設定。このスピーカーはステレオスピーカーなのですが、その切り替えはなんと本体では出来ません!アプリが必要となります。

背面には操作ボタンも用意されているので、モノ-ステの切り替えくらいできても良さそうなのですが・・・初めてこのことを知った時、どうしてこんな仕様にした?と思わず頭を抱えてしまいました。

例えばアプリを使用できる環境ではなくて、ウォークマン(アプリダウンロード可能なウォークマンA100、ZX500除く)で使おうものならずっとモノラルのまま。

アプリが使えないならせっかくのスピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」によるステレオサウンドを生涯楽しむことが出来ません。

かなり割り切った設計なので、個人的にはがっかりすると共に驚いてしまったのですが、SRS-XB23の購入を考えている方は、アプリが必要になることを念頭においてご検討ください。なお、アプリを使用すれば低音や高音などの微調整が可能なイコライザ機能をはじめ、様々な機能も使用可能です。

ただ個人的にはモノ-ステの切り替えくらい、アップデートで本体ボタンに割り振れたら良いのにな。と、思っています。

SRS-XB23 聴いてみました!

スマホありきな使用スタイルを説明するため、ようやくという感じになってしまいましたが、セットアップ(ペアリング)をすませて聴いてみることにしました。接続した機器はAndroid OS搭載のスマートフォン、個人的に聴き慣れた楽曲をいくつかを初期設定のモノラルではなくて「EXTRABASSモード・ステレオサウンド」で再生しました。

音のことなので、あくまでも個人的な感想になるのですが感じたままを書いてみたいと思います。

まず最初に感じたことは「低音の迫力が小さなボディのわりにはスゴイ!」でした。左右側面の内側にパッシブラジエーターが搭載されているのですが、これが低音に合わせて動く動く。スピーカーをアニメで表現するとドンスコ音に合わせて動く描写があったりしますが、まさにそれ。また側面に配置しているのも効果的なようで、非対称型スピーカーユニット「X-Balanced Speaker Unit」と相まって、音の広がりを感じることができました。

ボーカルもよくたっていて低音に近いボリューム。高音はあくまでも演出程度な感じですが聴こえない訳ではありません。あくまでも低音・ボーカル重視のスピーカーという印象。ただこのあたりの音の出方についてはアプリ内のイコライザ機能を使えばある程度変更が可能で、低音が極端に好きな方は「低音極振り」にするのも面白いかも。コンパクトサイズながらもよく出るなぁ。と、思わず唸っちゃうかも!

動画を見るときやゲームをするときにも、このスピーカーはちょうどいい感じ。ステレオモードで使用すればパーソナルなスペースでなかなかの迫力で楽しめます。

なおスタミナモードでの使用は、ほとんどの機能がオフになるためか音はスカスカ。EXTRABASSモードと真逆で落差が激しくて驚くほどなのですが、深夜ラジオみたいにこっそり楽しみたいときにはちょうどいい感じかも。2つのモード、シーンによって使い分けると良さそうです。

SRS-XB23 デザインと大きさ

最初発表されたときは、思わずこのデザインに惹かれてしまった方もおられるのではないでしょうか?私もふくめ、身内からも男女問わずカッコイイとなかなか評判です。

スピーカーって知ってるからスピーカーってわかりますが、知らない人がみたら「アウトドアグッズ?」とか思ってしまうかも知れませんね。外装のネット部分は耐久性の高い「ファブリック」を採用、手にしたときの馴染み具合もいい感じ。こんな雰囲気だからか、わざわざケースに入れて持ち歩こうなんて感じにもなりません。そのままでガンガン使っていこうって思ってしまいます。

350ml缶と比較するとこんな感じ。大きさは約Φ76mm×高さ218mm、質量約580g。本当なら500mlのペットボトルと比較するところかも知れませんが、たまたまなくてこうなりました。

付属ストラップも取り付けることができるので、ぶら下げて使用することも可能です。遊び後ココロありますね!

SRS-XB23 防じん・防水・防錆

SRS-XB23 はシーンを選ばず使える「防じん・防水・防錆」設計。

この手のワイヤレススピーカーって防水設計が標準的なのですが、SRS-XB23 は 防水に加え、防じん・防錆 にも対応しているから心強い。

極端な使い方になるのですが、これは海辺の砂浜でも使えるということになるので、まさにシーンを選ばずに使えるということになります。

SRS-XB23 スタミナ性能

バッテリー性能は充電4時間で最大10時間(EXTRABASSモード時)の使用が可能。視聴のところでも触れましたが、音の出方がまるで異なるのでスタミナ性能は、使用する機会が多いであろうEXTRABASSモード時を基準としたいところ。

充電はUSB type-Cケーブル(付属品)を使用しておこないます。

ACアダプターは付属してませんのでお持ちでない方は別途必要となりますが、スマートフォン用にUSB ACアダプターをお持ちの方はそちらを使用することが可能です。

カラーバリエーション 5色展開

今回はグリーン(G色)で紹介させていただきましたが、SRS-XB23は全5色のカラーバリエーション展開です。

いまはやりのニュートラルカラーのブルー・レッド・グリーンにシックなブラック、どんなシーンでも馴染みそうなベージュまで用意されました。どの色も素敵ですので、購入のときは悩んでしまいそうですね。ぜひお好みの色をお選びください。


今回はワイヤレススピーカー「SRS-XB23」のレビューをお届けしました。この記事が参考になれば幸いです。

ソニー SRS-XB23

スマホの音が、生まれ変わる。タテ・ヨコどちらも、高音質と重低音の広がりを

ソニーストア価格:12,000円+税

2020/06/22 現在価格

より詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

なお、レビューの中で紹介しています「音質」については聞こえ方に個人差があります。購入を検討されている方はソニーのショールーム等で一度試し聴きされることをオススメします。


関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ