液晶は更なる高みへ 液晶ブラビア2022モデル X95Kシリーズ 徹底解説!

LINEで送る
Pocket

まるで有機ELのような漆黒、Mini LED搭載のフラグシップ4K液晶ブラビア「X95Kシリーズ」を徹底解説。

こんにちわ ソニーショップさとうち の しげ です。

今回はいよいよ明日 8月27日(土) より85型モデルが発売となる Mini LED搭載のフラグシップ4K液晶ブラビア「X95Kシリーズ」(2022年モデル)を、同じ2022年モデルの最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。

液晶テレビとは思えない漆黒の表現が可能になった「X95Kシリーズ」のご購入を検討されている方はぜひ参考になさってください。

※商品の撮影はソニーストア大阪さんの許可を得て行っています。撮影日:2022年7月30日

4K液晶 BRAVIA X95Kシリーズ

まずは「X95Kシリーズ」の基本的な製品情報からお伝えします。

4K液晶 BRAVIA X95Kシリーズ ラインアップ

  • 85V型 XRJ-85X95K 発売日 2022年8月27日(土) ソニーストア販売価格:935,000 円(税込)
  • 75V型 XRJ-75X95K 発売日 2022年9月10日(土) ソニーストア販売価格:792,000 円(税込)
  • 65V型 XRJ-65X95K 発売日 2022年9月24日(土) ソニーストア販売価格:528,000 円(税込)

ポイント

  • BRAVIA X95Jシリーズの後継モデル
  • 液晶パネルのバックライトに Mini LED を採用

主な特長・機能

従来の LED の 1/100 サイズの Mini LED を採用したことに加え、認知特性プロセッサー「XR」とバックライト駆動技術「XR バックライト マスタードライブ」により、これまでの液晶テレビでは難しかった引き締まった黒と明るさの両立を実現したフラッグシップ4K液晶ブラビア。

自然な美しさを表現する「XR Picture(エックスアール ピクチャー)」、広視野角の「エックス ワイド アングル」と映り込みを防ぐ「エックス アンチ リフレクション」などに対応、更なる高画質を実現。

音質面でも、背面向きのサブウーファーを2機に増やすことにより、重低音のステレオ感を強化。更なる定位感の向上によって画音一体の体験を実現しています。

8Kテレビ KJ-85Z9H を除くモデルでは、液晶最高峰モデル。画質・音質ともに大幅に進化しました。

  • 従来の直下型LEDバックライトに比べて、約1/100の大きさで高密度に敷き詰められた、Mini LEDバックライトを採用。局所的に明暗の制御が可能に。
  • Mini LEDバックライトを細かく制御、輝度もコントロールすることで高コントラストを実現する「XR バックライト マスタードライブ」
  • 映像と音の信号処理をつかさどる認知特性プロセッサー「XR」
  • 人が目で感じる自然な美しさを描き出す「XR Picture」
  • 認知特性プロセッサー「XR」との組み合わせで人の目にとって自然な色を再現する「XR トリルミナス Pro」
  • 映像の暗い部分の電流を明るい部分に集中しコントラストを大きく向上、明るくつややかな輝きで映し出す「XRコントラストブースター 15」
  • 残像感を低減する倍速駆動パネル(120Hz
  • 斜めから見た場合でも鮮やかな映像を楽しむことができる「エックスワイドアングル」
  • 明るい環境下でも、映り込みを防ぐ「エックスアンチレフレクション」
  • 6つのスピーカーが生み出す、映像と音の一体感画体感可能な「アコースティック マルチ オーディオ」
  • 画面背面にサブウーファーを2基搭載することで重低音を強化
  • ソニーのサウンドバーとの接続時に、センタースピーカーとして出力できる「アコースティック センター シンク」対応
  • あらゆる音源を3次元の立体音響にアップスケールする「3D サラウンド アップスケーリング」
  • テレビ本体のスピーカーで3次元のリアルな立体音響を実現「ドルビーアトモス」対応
  • 最新のGoogle TVを搭載、視聴履歴や趣向から個人に最適化されたレコメンドコンテンツを表示
  • 音声での操作が可能なハンズフリー対応
  • 最大80Mbpsの高画質ストリーミングで新旧さまざまな名作を楽しめる、BRAVIA XR専用のコンテンツサービス「BRAVIA CORE」対応
  • ブラビアカムに対応、ジェスチャー操作や最適な視聴環境を自動補正
  • HDR調整を自動で最適化する「オートHDRトーンマッピング」などPS5連携機能を搭載。4K/120fps, VRR(可変リフレッシュレート), ALLM(自動低遅延モード切替)にも対応
  • 3チューナーを搭載、2K/4K放送を問わず、2番組同時録画と1番組の視聴が可能に
  • 映像への没入感を高めるために超狭額のデザイン「Seamless Edge(シームレス エッジ)」を採用、より画面に映る映像に集中できるデザインに
  • 設置スタイルに合わせたフレキシブルな3-Wayスタンドを採用

4K液晶BRAVIA X95Kシリーズは2022年8月27日(85型モデル)より順次発売を予定しています。

プロセッサー「XR」と「Mini LED」との組み合わせで実現した最高峰画質

ソニー直営店である「ソニーストア大阪」では、ブラビア 2022年モデルを発売前のタイミングから先行展示中。Mini LED搭載のフラグシップ4K液晶ブラビア「X95Kシリーズ」の実力をチェックしてきました。

75型モデルはソニーストア入り口の真正面、65型モデルは他の2022年モデルである液晶・有機ELモデルと一緒に横並びで展示されており、特に液晶・有機EL両フラグシップモデルである「X95Kシリーズ」「A95Kシリーズ」が2台並んで展示されているので、最高画質のブラビアの購入を比較検討される方にとっては、画質チェックをしやすく参考になるかと思います。

「X95Kシリーズ」はソニー初となる従来の直下型LEDバックライトの約1/100の大きさとなる 「Mini LEDバックライト」を採用。認知特性プロセッサー「XR」とソニーの培ってきたバックライト制御技術「バックライトマスタードライブ」によって、より緻密にバックライトのOM/OFF制御ができるだけでなく輝度(明るさ)も細かくコントロールすることが出来るようになりました。

昨年のフラグシップ液晶モデル「X95Jシリーズ」からの画質の進化も大きく、 「Mini LEDバックライト」や「バックライトマスタードライブ」による恩恵はもちろん、認知特性プロセッサー「XR」の進化や明るさの向上などにより、眩いほどの輝きと引き締まった黒を両立した圧倒的なコントラスト表現が可能になりました。「さすがはフラグシップモデル」と頷ける高画質を実現しています。

これは ソニーストア スタイリストさんによるブラビア紹介動画の一コマですが、昨年モデルとの画質の違いが分かりやすく説明されています。明るい部分の輝度の違いや黒表現の締まり具合が全然違いますね。

実機でも確認してみましたが、同じ2022年モデルで認知特性プロセッサー「XR」を搭載する液晶モデル「X90Kシリーズ」との比較では、黒の締まりや明るさ、低反射、豊富な色表現 すべてにおいて圧倒的に違います。ぱっと見でも分かるほどです。

視野角においても同様で、真横から見ても明るさや色の減退が極端に少なく広視野角であることが分かります。手前にある(視野角が広い)有機ELモデルと比較しても遜色のないレベル。

液晶テレビが得意とする高輝度な明るい表示が進化しているだけでなく、有機ELのような漆黒の表現や高視野角という特徴まで取り入れた「今までの液晶テレビとは一線を画す 高画質な液晶テレビ」だと感じました。

4基のスピーカーと2基のサブウーファーでより臨場感のあるサウンドに

「X95Kシリーズ」は音も進化。

画面上部に高音用スピーカー サウンドポジショニング トゥイーター、画面下部にミッドレンジスピーカー、背面向きのサブウーファーをそれぞれ2基搭載、定位感と重低音が向上したことで今までの液晶テレビとは違う臨場感のあるサウンドを楽しむことが出来ます。

更にいい音でテレビを楽しみたい方は、ホームシアターシステム『HT-A9』 や サウンドバー『HT-A7000』を追加することで、「X95Kシリーズ」をセンタースピーカーとしても使える「アコースティック センター シンク」により、別次元の立体音響でテレビやネット動画、ゲームを楽しむことが出来ます。

サウンドバー『HT-A7000』の詳細につきましては、別記事でも紹介させていただいております。詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

ケーブル一本でも圧倒的臨場感!ソニー サウンドバー HT-A7000 レビュー!
 width=180

ソニーのサラウンドバー HT-A7000 レビュー。単体でも圧倒的サラウンド感、システムを構築すれば更なる臨場感を体感可能!

また先日「アコースティック センター シンク」に対応した新しい サウンドバー『HT-A5000』『HT-A3000』も登場いたしました。65型より小さいモデルでのご使用や、より安価に立体音響システムを構築されたいという方にオススメの商品です。詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

圧倒的臨場感 立体音響対応のサウンドバー HT-A5000 / HT-A3000 登場!
 width=180

置くだけのかんたん設置ながら 360立体音響にも対応したサウンドバー HT-A5000 / HT-A3000 の2機種をソニーが発表!

「BRAVIA CAM(ブラビアカム)」で最適な視聴環境を実現


 ※ 写真は「A95Kシリーズ」に同梱されているブラビアカム

「X95Kシリーズ」は残念ながら新デバイス「ブラビアカム」は付属していませんが、単体で購入して使用することは可能。

「ブラビアカム」で出来ることは以下の5つ。

  • 自動画音質調整機能(A95K/A80K/A90K/X95K/X90K)
    テレビを見る人の位置や距離を検知し、画面の明るさ、音のバランス、声の大きさを最適化
  • ビデオチャット機能(A95K/A80K/A90K/X95K/X90K/X85K/X80K/X80WK)
    ビデオチャットアプリ「Google Duo」に対応。遠方の家族や友人と大画面でビデオチャットが可能に
  • ジェスチャーコントロール(A95K/A80K/A90K/X95K/X90K/X85K/X80K/X80WK)
    ブラビアカムに向かってジェスチャーをすると、音量調整や電源オフなどの操作が可能に
  • 近すぎアラート(A95K/A80K/A90K/X95K/X90K/X85K/X80K/X80WK)
    設定距離より近い位置での視聴を検知すると画面上にアラートを表示し、適切な距離での視聴をサポート
  • 自動省電力モード(A95K/A80K/A90K/X95K/X90K/X85K/X80K/X80WK)
    テレビの前に人がいない間は、画面の明るさを落として消費電力を自動抑制

認知特性プロセッサー「XR」搭載モデルと「ブラビアカム」との組み合わせでのみ使える「自動画音質調整機能」にも対応。座る位置をカメラで検出し画質や音質を自動で調整してくれます。

「ブラビアカム」については以下の動画、またははリンク先も参考になさってください。

2年間無料の BRAVIA XR 専用配信サービス「BRAVIA CORE(ブラビアコア)」

認知特性プロセッサー「XR」搭載モデル 5シリーズ(A95Kシリーズ・A90Kシリーズ・A80Kシリーズ・X95Kシリーズ・X90Kシリーズ)のみに搭載された、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの最新映画から過去の名作までを視聴することができる超高画質な配信サービス「BRAVIA CORE(ブラビアコア)」。

大きな特徴は以下の2点。

最新映画や大ヒット映画より 10作品選んで楽しめる

  • 引き換え可能数:10 作品(映画クレジット1枚につき、1作品と引き換え可能)
  • 引き換え期限:BRAVIA COREアカウント登録後、1年以内
  • 視聴期限:2028年2月23日 まで視聴可能(期限内に引き換えた作品)
  • クレジット使用後は、コンテンツごとの購入・レンタルが可能です (BRAVIA COREアプリのアップデートが必要)
     
    最大4K HDRの高画質で楽しめる豊富な映画作品の中から、お好きな映画10作品まで引き換え可能。
    選べる映画はつい最近まで映画館で上映されていた作品も可能で、「アンチャーテッド」「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」などの話題の映画も引き換え可能。

ソニー・ピクチャーズの豊富な映画作品が 2年間見放題!

  • 試聴期限:BRAVIA CORE アカウント登録後、2 年間
     
    ソニー・ピクチャーズの色褪せない名作から話題作まで、最大4K HDRの高画質で期間内ならいつでも好きなだけ楽しめます。
    「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」「スパイダーマン:ホームカミング」「ゴーストバスターズ」など話題作も見放題コンテンツとして解放されているのもうれしいところ。

そんな特徴を持つ「BRAVIA CORE」が2年間無料で楽しめます。安く見積もって 月々 1,000 円の動画サービスと仮定しても、2年間で 24,000円。そのサービスが無料なんですからおトク以外の何ものでも無いですよね。

「BRAVIA CORE」については以下の動画、またはリンク先も参考になさってください。

X95Kシリーズ 画面サイズは全部で3種類

「X95Kシリーズ」の画面サイズは全部で3種類。55型モデルの展開はなく、65型・75型・85型と大型モデルのみの展開となっています。

設置スタイルに合わせて変更可能な 3-way スタンド を採用。「サウンドバースタイル」ではサウンドバーが画面に被らないよう配慮されています。スタンドでの設置も実にスタイリッシュ。さすがはフラグシップモデルです。

スタンド設置時の違いをまとめました。こちらも参考になさってください。

  • 85V型 XRJ-85X95K 発売日 2022年8月27日(土) ソニーストア販売価格:935,000 円(税込)
  • 75V型 XRJ-75X95K 発売日 2022年9月10日(土) ソニーストア販売価格:792,000 円(税込)
  • 65V型 XRJ-65X95K 発売日 2022年9月24日(土) ソニーストア販売価格:528,000 円(税込)

販売価格帯は 528,000 円(税込)~ 935,000 円(税込)。さすがは液晶フラグシップモデルだけあって、ほかの液晶シリーズと比べると高価格帯に位置しています。

ただそれは他の液晶モデルとはまるで別次元ともいえる高画質性能があるからこそ。これまでのシリーズでもフラグシップとその1つ下のモデルとでは画質・音質含めて大きな差を感じましたが、ここまで圧倒的な差があるというのは記憶にありません。

おサイフとの絡みもあるかとは思いますが、液晶モデルで画質のいいモデルが欲しい・・という方はやっぱり最上位モデル「X95Kシリーズ」が圧倒的におススメです。


今回は 4K液晶ブラビア フラグシップモデル「X95Kシリーズ」について解説をさせていただきました。今回の記事が購入時の参考になれば幸いです。

4K液晶テレビ「X95Kシリーズ」

認知特性プロセッサー「XR」が、Mini LEDバックライトを自在に制御。眩いほどの輝きと漆黒を実現した、次世代のフラッグシップ4K液晶テレビ

ソニーストア価格:65型 528,000円(税込)~

 2022/08/26 現在の価格

 

商品の詳細につきましては、リンク先も参考になさってください。

最新ブラビア情報はここでチェック

当店のホームページではソニーのテレビ「ブラビア」最新モデルを徹底解説!シリーズごとに違いや液晶・有機などわかりやすく解説しています。ぜひ参考になさってください。

ソニーブラビア 最新モデル 徹底解説&レビュー!

ソニー テレビ ブラビア(BRAVIA)を徹底解説&レビュー! このページではソニーのテレビ ブラビア(BRAVIA)最新モデルについて、なるべくわかりやすく解説します!

 

おトクなキャンペーン実施中!

有機EL / MiniLED ブラビア購入で 最大10万円「ブラビア・ロトキャンペーン」

  • キャンペーン期間(購入期間):2022年6月24日(金) 〜 2022年9月30日(金)
  • 抽選締切:2022年9月30日(金) 23時59分59秒
  • 応募締切:2022年10月31日(月) 23時59分59秒

現在ソニーでは、最大 100,000円 キャッシュバックが受けられる 『ブラビア・ロトキャンペーン』を実施しています。LINE認証 & 友だち追加 で誰でも参加できて、運がよければ10万円、少なくとも1万円が必ずキャッシュバックされます。

今回紹介させていただいた「X95Kシリーズ」はもちろん 『ブラビア・ロトキャンペーン』対応モデル。忘れずにご参加くださいね!

詳しくはブログ記事にてご確認ください。

ブラビア・ロトキャンペーン 再び 事前抽選で最大10万円!6月24日から
 width=180

購入前に抽選結果が分かる、あの「 ブラビア・ロトキャンペーン 」が帰ってきました!最大10万円のキャッシュバック!

4Kブルーレイディスクレコーダーがおトクに購入出来るチャンス「スゴ録キャッシュバックキャンペーン」

  • キャンペーン期間(購入期間):2022年5月26日(木)~2022年9月30日(金)
  • 応募期間:2022年5月26日(木)~2022年10月31日(月)

現在ソニーでは、55V型以上の対象ブラビアをご購入またはすでにお持ちのかたが、対象の4Kブルーレイディスクレコーダーを購入することで、最大 20,000円キャッシュバックが受けられる「スゴ録キャッシュバックキャンペーン」を実施しています。

キャッシュバック額最大の 20,000円 の当選確率が非常に高いと噂のキャンペーンですので、対象のブラビアの購入を検討されている方は是非お試しください!

詳しくはブログ記事にてご確認ください。

スゴ録キャッシュバックキャンペーン 新型BRAVIA でも応募可能に!
 width=180

当選確率が異常に高いと噂の「 スゴ録キャッシュバックキャンペーン 」が新型BRAVIA購入時でもキャンペーン対象となりました。

対象ブラビアとサウンドバー・ホームシアター購入で 最大3万円「おうちエンタメを楽しもうキャンペーン!」

  • キャンペーン期間(購入期間):2022年8月23日(火)~2022年10月31日(月)
  • 応募締切:2022年11月30日(水)23時59分59秒

現在ソニーでは、最大 30,000円 キャッシュバックが受けられる 「おうちエンタメを楽しもうキャンペーン!」を実施しています。キャンペーン期間(予約・購入期間)内に対象のブラビアとサウンドバー・ホームシアターシステム、オプションスピーカーを購入することでキャッシュバック!(対象ブラビアについてはすでに購入済みでも可)

対象ブラビアを購入、または既にお持ちの方で新しくサウンドバーを追加される方は、忘れずにご応募ください!

詳細につきましてはリンク先もご確認くださいませ。

BRAVIA 2022年モデル 関連記事

液晶は更なる高みへ 液晶ブラビア2022モデル X95Kシリーズ 徹底解説!
 width=180

Mini LEDバックライトを採用した 2022年液晶ブラビアフラグシップモデル X95Kシリーズ を徹底解説。同じ2022年モデルの最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。

XR搭載のプレミアムモデル 液晶ブラビア2022モデル X90Kシリーズ 解説!
 width=180

液晶ブラビア 2022年モデル X90Kシリーズ を徹底解説。同じ2022年モデルの最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。

大画面でも格安 液晶ブラビア2022モデル X80K / X80WKシリーズを解説!
 width=180

液晶ブラビア 2022年モデル X80K / X80WKシリーズを徹底解説。同じ2022年モデルの最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。

格段の進化を遂げた 有機ELブラビア2022モデル A95Kシリーズ 解説!
 width=180

有機ELブラビア 2022年モデル A95Kシリーズ を徹底解説。同じ2022年モデルの最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。

小さいだけど高画質!有機ELブラビア2022モデル A90Kシリーズ 徹底解説!
 width=180

小型有機ELブラビア 2022年モデル A90Kシリーズ を徹底解説。同じ2022年モデルの最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。

画質はフラグシップ級!有機ELブラビア2022モデル A80Kシリーズ 解説!
 width=180

有機ELブラビア 2022年モデル A80Kシリーズ を徹底解説。同じ2022年モデルの最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。

買うならどっち?ブラビアエントリーモデル X80K / X8000H 徹底比較 !
 width=180

ブラビア最新モデル『X80Kシリーズ』と旧モデル『X8000Hシリーズ』の違いを徹底解説!さらにタイムセールで新モデルの方が安くなるという大下剋上状態!これは安い!

BRAVIA 2022 NEWモデル販売開始 気になる価格・発売日まとめました
 width=180

BRAVIA 2022 NEW モデル がいよいよ先行予約販売開始!発売日や価格が発表されるも機種が多くてわかりにくいのでまとめてみました。ぜひご購入時の参考になさってください!

パッと見てすぐわかる! BRAVIA(ブラビア)2022 NEWモデル 機種比較
 width=180

BRAVIA(ブラビア)2022 NEWモデル を徹底比較。ぜひ購入時のご参考にしてくださいね!

ソニー BRAVIA 2022年モデル 発表! ラインアップは8シリーズ全28機種!
 width=180

BRAVIA 2022年モデル 8シリーズ全28機種を発表!更に高画質に更に高音質に!シリーズ毎の特徴をピックアップしてみました。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 店頭スタッフ ガジェットへの興味が常に尽きないソニー大好き人間。店頭をはじめマンツーマンセミナーを担当。キャンプ好き。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL