とことんα7R5ブログ 商品到着!開梱から付属品をチェックしてみました

LINEで送る
Pocket

ソニーミラーレス一眼カメラの高解像度モデルも第5世代に突入!使いまくってとことん当ブログで紹介します!

ソニーショップさとうち の 中村泰之 です。

α7R5が発売されてから早くも1週間近くが過ぎてしまいました(汗)。

この手の紹介記事を書いてるブログの中ではかなり遅い方だと思うのですが、こうなったら開き直って、α7RVをとことん細かなところまで当ブログで紹介していきたいと思います(笑)。

初回となる今回は開梱編。

もうすでにα7R5を手に入れた方には、ぶっちゃけどうでもイイと思われる内容かも知れませんが、やはり開梱編は書かない訳にはいきません。何故ならばソニーの公式サイトは不思議なことが多く、なんと付属品が掲載されてなかったりするんですよね(おかしくない?)。

ここからはじまる α7R5 とことんブログ。不定期更新にはなりますが、どうぞよろしくお願いします。

とことんα7R5ブログ 商品到着!開梱から付属品チェック

それでは開梱していきましょう。

つやつやテカテカ黒光りの梱包を開けると、すぐに現れたのはなんとケーブルプロテクターでした。

このケーブルプロテクターはカメラの本体側面に装着し、接続ケーブルが抜けるのを防止するためのアクセサリー。写真を基本にカメラを楽しむ方にとっては、あまり馴染みのないパーツ。開けた瞬間まず目に飛び込んでくるアクセサリーに、思わずなんだろう?と思われる方、多そうです。

さらに開けて行くと充電器用の電源コード。そして保証書などの紙類が入っていました。

このα7R5には紙の説明書が付属していません。いわゆるWEB取説スタイル、スタートガイドに記載されてあるQRコードおよび、URLにアクセスして閲覧する方法となっています。

ことカメラに関しては、できれば説明書は冊子で欲しい。と、要望する声が多いのですが、アップデートなどで機能追加されるとWEB説明書だったら、そのあたりもフォローされたりするので、前向きに捉えたいところです。

そしていよいよ本丸の突入にしますよー

奥の階層に進みました、もうカメラ本体は見えてますが、まずは付属品から攻めていきましょう。

ストラップはα7R5専用のものが用意されています。

Rの部分がRを象徴する色、オレンジ(朱?)が採用されています。うん、カッコイイですね!でも、カッコイイのですが機種名がモロわかりですので、治安の悪いとされる場所では、ちょっと控えたいところかも(汗)

あ、あいつ「α7R5」もってんじゃね?なんてなったら・・・まぁ、考えすぎですかね?

私は以前、専用ストラップカッコイイ!と思っていたのですが、機種名がα1とかα7SIIIモロわかりなので、一切使わず別のストラップに変更してたりします。

関連記事:幅広タイプで肩にフィットするストラップ

「STP-SS5」はシンプルなデザインながらも、すべり止め加工された生地裏でフィット感よく、幅広なことから重たいレンズを装着したときの安心感も高いのが特長。ソニーのショルダーストラップ「STP-SS5」を紹介していきましょう。

このストラップなんかは無難なデザインですが、幅広で薄手。なのでカメラバックへの収まりも良し、肩にもしっくりフイット。結構お気に入りだったりします。

そしてバッテリー。バッテリーは通称Zバッテリーと呼ばれるもの、もう今のαでは一般的なバッテリーです。ほかの機種との共存もしやすいので良いですよね。

バッテリーチャージャーも付属しています。

電源ケーブルを必要とするタイプ、先に紹介した電源ケーブルを使って使用します。

冒頭にも書きましたが、ソニー公式サイトは間が抜けているというか、買う人のことを考えてないというか、時々信じられないことをするのですが、なんとα7R5の付属品が掲載されていません(執筆時点)。

私は販売するにあたって問い合わせしたから知ることが出来たのですが、常識的に考えて付属品を記載しないというのはどうかと思います。充電器あるかないかで、準備するお金も変わって来るわけですから。

せめてソニーストア(ソニー公式WEBサイト)で予約を開始する前までには、買う側の立場にたって記載するべきだと思うのでした。

で、最後の紹介するアクセサリ-がUSBケーブルです。

USB Type-A - USB Type-C の両端が異なるもので、パソコンにα7R5を直接つなぐことを想定としているもののようです。データの転送およびアプリ使用時、本体内バッテリー充電用などと言ったところでしょう。

そしていよいよ本体の登場です!!

α7R5 、その名のとおり7Rシリーズの第5世代となるモデル。

従来のデザインを引き継いでいますので、見た目の新しさはそれほどありませんが最新の画像処理エンジンにAI搭載のAF性能、4軸マルチアングルモニター、8段分の手ブレ補正機能を搭載するなど、ワクワクが相当詰まっています。

最後はα7R5本体と付属品一式を並べてみました。

  • カメラ本体
  • バッテリーチャージャー
  • バッテリーチャージャー用ACケーブル
  • Zバッテリー(NP-FZ100)
  • ケーブルプロテクター
  • カメラストラップ
  • ボディキャップ(本体装着済み)
  • 紙類

こちらが同梱物となります。

α7R5 の付属品がわからないで当ブログにたどり着かれた方、どうぞ参考になさってくださいね。

ちなみにケーブルプロテクターは・・・

装着するとこんな感じ。ありゃ真横からは少々分かりづらいですね(汗)。まぁ、こんな感じです。


α7R5 とことんブログ 初回の今回は開梱して付属品をチェックするをお届けしました。次回はα7RVをとことん眺めてみるをお届けします。当カメラが気になる方の参考になれば幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。

ILCE-7RM5

デジタル一眼カメラ α7R V ボディ

ソニーストア価格: 555,500 円(税込)

 2022年11月1日 現在の価格

カメラの詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

α7RV 関連記事

到着後じっくり眺めてみた! α7R4 との外装比較も!

α7R5を、じっくり眺めて徹底解説。後半ではα7R4との比較写真も用意しました。

α7RV アプデしときたいレンズ4本!

α7RV を購入される方なら必ずしておきたいレンズのアップデートプログラムが配信開始!

発売日が待ちきれない…そんな気持ちに!

いま大注目のソニー デジタル一眼カメラ α7RV を見てきましたよ!あくまでショールーム内でのレポとなりますが、ご案内させていただきますね。

純正モニター保護ガラスの型番は PCK-LG3

買い間違いに注意です! α7RV(A7RV) 用純正モニター保護ガラスは新型番『PCK-LG3』です!

α7RV 先行予約販売開始!

α7RV の先行予約販売が始まりました!α7RV の発売日は2022年11月25日の金曜日。晩秋をすぎ冬を迎える日本列島を新しいαで美しく切り取りたいですね!

α7RV 発表! 注目はAI搭載のAF性能!

これは…は、はやく使いたいっ! AIによる列車認識AF搭載とか?! α7RVが発表されました!2022年10月26日の昨晩遅く、ソニーよりデジタル一眼カメラ α7RV(ILCE-7RM5)が発表されました。

新型α発表!ウワサのフルサイズ高画素機?それとも?

またしても安定の夜襲!w 昨日は本日の出張のため、早めのアルコールかつ完全に寝てました(笑)2022年10月26日水曜日23時の発表を待ちましょー!

 

ソニーのカメラとレンズを徹底レビュー

当店でのホームページではソニー αのカメラ・レンズのレビューを掲載しています。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。

こちらも参考になさってください。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 ソニーストア大阪にて鉄道をテーマにした写真展も行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師、さとうちチャンネル(You tube)にてライブ配信も。フォトマスター準1級&レトロゲーム好き

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL