α7RV 先行予約販売開始! 7Rシリーズ第五世代 先進のAFシステムを搭載

LINEで送る
Pocket

α7RV の先行予約販売が始まりました!

ソニーショップさとうち の 中村泰之 です。

2022年11月1日の本日、ソニーの直販サイト・ソニーストアにてデジタル一眼カメラ α7RV(ILCE-7RM5)の先行予約販売を開始しました。α7RVは7Rシリーズの5世代目となるカメラで、高解像を重視するRシリーズらしく今モデルでも6100万画素の高画素記録が出来るほか、AI技術を用いた最新のAFシステムを搭載。ほかのαには搭載していない機能も用意され、まさに最新のカメラらしいスペックとなっています。

ソニーの直販サイト・ソニーストアでの販売価格は555,500円(税込)。ソニーストアではID登録で10%オフとなり、3年間のメーカー保証が無償提供。落下などの故障でも無償修理となるワイド保証も提供されています。

α7RV の発売日は2022年11月25日の金曜日。晩秋をすぎ冬を迎える日本列島を新しいαで美しく切り取りたいですね!

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

α7RV 先行予約販売開始!

『α7R V』は高い解像性能を誇る α7Rシリーズの第5世代モデル。従来モデル(α7RIV)同様クラス最高、有効約6100万画素の解像度で、35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー搭載と最新世代の画像処理エンジンの組み合わせは、圧倒的な解像表現を実現します。

AIプロセッシングユニット搭載

『α7R V』はAIプロセッシングユニットを搭載、これにより被写体の認識性能が著しく向上、新次元のAF性能を実現しました。

人物の瞳の認識精度が α7R IV 比で60%も向上。瞳だけではなく、人間の胴体・頭部の位置をより高精度に認識。例えば後ろ向きの人物を捉えるシーンなどでも人物の頭部を認識し続けます。

また従来の人物、動物に加え、α7Rシリーズとしては初めて鳥も認識。さらに他のαには搭載されていない昆虫、車/列車、飛行機にも対応しました。しかもこれらは静止画、動画を問わずに機能してくるというのですから、これらを被写体に撮影をする人にとってはもう喜びしかないのではないでしょうか?

とくにワタシ的には列車認識AFが非常に気になるところです。これは使ってみたい!!

連写性能は先代モデル同様、最高約10コマ/秒のAF/AE追従連続撮影が可能。AIが常に演算しながら、有効約6100万画素の膨大なデータ量を記録すると考えたら、十分過ぎるほどの連写性能と言えるでしょう。

新開発4軸マルチアングル液晶モニター搭載

『α7R V』は4軸マルチアングル液晶モニターを搭載しました!これはかなりのトピックです。

従来のチルト液晶モニターと横開きバリアングル液晶モニターの利便性を兼ね備え、横位置でも縦位置でも見やすい位置に自在に角度を調整できますから、従来のモニターでは限界があった撮影シーンにおいて広がりが増えたと言っても過言ではないでしょう。

ヒンジ部は厚みを抑えながらも堅牢性を確保。このあたりにもソニーの技術が惜しみなく投入さている感じですね。

クラス最高の高解像の広視野、電子ビューファインダー

『α7R V』はクラス最高解像度の約944万ドットというものすごく高精細な有機ELパネルを採用しました。

従来比約1.6倍の高解像度化、世界最大0.90倍のファインダー倍率、撮影画像の対角視野角約41度で25mmのハイアイポイントと周辺までの歪み低減により、快適な撮影を実現しています。

α1やα7SIIIに搭載されているものと同等仕様の美しさは、撮影がものすごく楽しくなるだけでなく、細かな気づきも発見できます。このファインダーだけでも相当な価値があると思っています。

α史上最高の8段 手ブレ補正効果

従来のαでは約5.5段分の手ブレ補正効果が最高でしたが、α7RVは8段の手ブレ補正効果を実現しました。夜景撮影などのスローシャッターでの手持ち撮影、影感度を上げたくない室内などで効果を発揮。

。また電源オン直後や構図変化時の補正レスポンスがさらに向上するなど、使い勝手も向上しているのだとか。うーむ、素晴らしい!!

進化したピクセルシフトマルチ撮影

ボディ内手ブレ補正機構を高精度に制御しながら、複数画像を撮影、その後PCで合成することで高い解像感を持つ画像を生成するピクセルシフトマルチ撮影がさらに進化しました。

計16枚の画像の持つ約9億6320万画素分の情報から、約2億4080万画素(19008×12672)の画像生成が可能。

またこれまで、撮影中に人物や木の葉などの被写体の動きが発生した場合、正しく合成されないこともありましたが、最新の「Imaging Edge Desktop」PCアプリでは、合成時に画像に含まれる人物や木の葉などの数ピクセル単位のわずかな動きを自動検出し補正。これにより静止物に加え、屋外での撮影でも活用可能となります。

ほとんど屋内で撮影しない私にとって、はっきり言ってピクセルシフトマルチ撮影は無用に近かった機能ですが、屋外でも使えるとなったら話は別。到着後試してみたい機能です。

全画素読み出し8K 24pの高精細動画

圧倒的な解像感の8K動画を内部記録。4K動画記録時は60Pに対応。用途に合わせてフルサイズとSuper 35mmから選択可能。また最大120pのハイフレームレート動画記録にも対応しました。

フルサイズ4K60Pと言えばα1もしくはα7SIIIしか、α機では選択がなかったのですがα7RVでも可能となりました。(画角は約1.2倍になるそうですが)また先程も書きましたが、人物、動物、鳥、昆虫、車/列車、飛行機についてもAFが追従してくれます。対象物は限定されますが、α7RVは最高の動画撮りカメラとも言えそうです。

放熱設計と高い堅牢性

本体内で発生した熱を効果的に分散し放熱させるため放熱経路を見直すことで、小型軽量ボディを維持しながら温度上昇を抑制。フラッグシップモデル『α1』と同等の高い堅牢性。防塵防滴に配慮した設計で筐体にはマグネシウム合金のふんだんに採用しました。

新モニター保護ガラスシート

モニター保護ガラスシートはモニター部分の刷新で新しいものとなりました。型番は『PCK-LG3』。従来品はお使いになれませんので購入の際には注意が必要です。

PCK-LG3

タッチ操作に対応した、保護性・信頼性が高いガラスシート

ソニーストア価格:3,720 円(税込)

 2022年11月1日 現在の価格

発売日と販売価格、予約開始日は?

『α7R V』は2022年11月25日金曜日の発売を予定。ソニー公式の直販サイト・ソニーストアでは555,500円(税込)で販売を開始しました。ソニーストアでの予約開始は2022年11月1日火曜日 午前10時より開始しました。

ILCE-7RM5

デジタル一眼カメラ α7R V ボディ

ソニーストア価格: 555,500 円(税込)

 2022年11月1日 現在の価格

ソニーストアではID登録で10%オフとなり、3年間のメーカー保証が無償提供。落下などの故障でも無償修理となるワイド保証も提供されています。

α7RV 関連記事

発売日が待ちきれない…そんな気持ちに!

いま大注目のソニー デジタル一眼カメラ α7RV を見てきましたよ!あくまでショールーム内でのレポとなりますが、ご案内させていただきますね。

α7RV純正モニター保護ガラスの型番は PCK-LG3

買い間違いに注意です! α7RV(A7RV) 用純正モニター保護ガラスは新型番『PCK-LG3』です!

α7RV 先行予約販売開始!

α7RV の先行予約販売が始まりました!α7RV の発売日は2022年11月25日の金曜日。晩秋をすぎ冬を迎える日本列島を新しいαで美しく切り取りたいですね!

α7RV 発表! 注目はAI搭載のAF性能!

これは…は、はやく使いたいっ! AIによる列車認識AF搭載とか?! α7RVが発表されました!2022年10月26日の昨晩遅く、ソニーよりデジタル一眼カメラ α7RV(ILCE-7RM5)が発表されました。

新型α発表!ウワサのフルサイズ高画素機?それとも?

またしても安定の夜襲!w 昨日は本日の出張のため、早めのアルコールかつ完全に寝てました(笑)2022年10月26日水曜日23時の発表を待ちましょー!

 

ソニーのカメラとレンズを徹底レビュー

当店でのホームページではソニー αのカメラ・レンズのレビューを掲載しています。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。

こちらも参考になさってください。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 ソニーストア大阪にて鉄道をテーマにした写真展も行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師、さとうちチャンネル(You tube)にてライブ配信も。フォトマスター準1級&レトロゲーム好き

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL