全方位音響 360 Reality Audio ソニーヘッドホン WH-1000XM4 で体験しよう

LINEで送る
Pocket

全方位から音が降りそそぐ新体験、ソニーのヘッドホンで体験しませんか?

こんにちわ ソニーショップさとうち の しげ です。

年初にオンラインで開催された CES でも話題になっていた、ソニーの『360 Reality Audio』ってご存じですか?

読み方は サンロクマル・リアリティオーディオ。

音楽コンテンツ(ボーカルやコーラス、楽器など)をオブジェクト化し位置情報を付け、球状の空間へ配置することで全方位立体音響が可能となる、オーディオシステムです。

左右水平方向だけでなく上下の音も感じることが出来る、今までとは違った新しい音楽体験が可能になります。

そんな立体音響で聞く音楽ってどんな感じだろう、きっと多くの方がそう思われていると思いますが、実はすでに発売されているソニーのヘッドホンでも体験できるのをご存じでしょうか?

て事で今回は、その方法を簡単にご案内しようかと思います。

360 Reality Audio はスピーカーにも対応しています

今回はヘッドホンでご案内させていただきますが、先日発表された新しいワイヤレススピーカー SRS-RA5000 / SRS-RA3000 もこのシステムに対応しています。

ヘッドホンだけではないこともご承知おきくださいね!

全方位スピーカーシステム SRS-RA5000 /RA3000 発表!

部屋を音楽で満たす、全方位スピーカーシステム SRS-RA5000 / SRS-RA3000が登場!新しい音楽体験が始まります。

それでは本編スタートです。

Headphones Connect アプリで自分の耳型に合わせた圧倒的臨場感

まずはコンテンツの話し。当然今まで聞いてきたようなMP3等の音源は 360 Reality Audio 対応コンテンツではありません。

別途対応のコンテンツを用意する必要があります。

基本日本ではまだサービスが開始されていませんが、試聴用の 360 Reality Audio 対応コンテンツは、アプリ「Artist Connection」でいくつか用意されています。

先にこちらのアプリをインストールしておきましょう。

ヘッドホンでの 360 Reality Audio ですが、実はこのアプリのコンテンツを再生することで、どのヘッドホンでも体験することは可能です。

ただし本物の 360 Reality Audio を体験したいのならば、対応のソニーのヘッドホンと専用アプリ Headphones Connect が必要となります。

というのもアプリ内で自分の耳型を撮影することで音響特性を更に最適化することで、よりリアルで臨場感抜群の 360 Reality Audio を楽しめる作りとなっているからです。せっかくならより臨場感のある方で聴きたいですよね!

ちなみに対応のヘッドホンは、完全ワイヤレス WF-1000XM3 や 最強のノイキャンヘッドセット WH-1000XM4 など、代表的なモデル含め 22機種。

意外と対応モデルが多いのはうれしいですよね。

 ⇒ 認定ヘッドホン一覧はこちら

今回は最強のノイキャンヘッドセット WH-1000XM4 を使って体験してみたいと思います。

最適化の簡単な手順は上図の通り。

WH-1000XM4 を Headphones Connect アプリ で接続、「360 Reality Audio 設定」という項目が表示されますので、あとは指示に従って自分の耳の形を撮影するだけ。

指示通りに進めていくだけですので難しいことはなく、あっさり設定できます。

たったこれだけで自分専用の音場ができるわけです。


 ※ 詳しい設定方法はこちらの動画でご確認ください

続けて「Artist Connection」の最適化を行います。設定は上記の通り、非常にシンプル。

これで自分の耳にあった、本物の 360 Reality Audio を体験することができるようになりました。

「Artist Connection」には、360 Reality Audio を体験できるいくつかのコンテンツが用意されています。

現在はサンプル曲だけでなく、 YOASOBI「群青」 や ザラ・ラーソン の独占パフォーマンスも視聴することが出来ます。

実際に聴いてみましたが、音が上下左右、全方位から音楽に包まれる、圧倒的臨場感を体感することが出来ました。

言葉で表現するのは難しいですが、今までに体験したことのない音楽体験に感動すること間違いなしです!これはマジでスゴイ!

更に高音質に楽しみたいという方は、ウォークマン NW-A100シリーズ / NW-ZX500シリーズ でどうぞ。

カメラ機能のないウォークマンでは、個人最適化手順が少々ややこしいですがそれだけの価値はあるはず。

気になる方は是非チャレンジしてみて下さい!
 ⇒ 設定の方法はこちら


今回は、全方位立体音響(360 Reality Audio)をソニーのヘッドホン で体験する方法を紹介させていただきました。

正直難しくてよく分からない・・対応のヘッドホンがない・・ という方、さとうち店頭までおこしいただければ体験出来るよう、機器をセッティング済みで用意させていただきました。

ご自身のスマホで耳型からとりたいという方も含め、しっかりサポートさせていただきますよ♪

店頭で圧倒的臨場感を一緒に楽しみましょう!

関連商品

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM4」

ノイキャン性能の新たな到達点。研ぎ澄まされた高音質に浸る。

ソニーストア価格:44,000 円(税込)

 2021/4/7 現在の価格

ワイヤレススピーカー SRS-RA5000

部屋が音に包み込まれ、上質な空間へ
6.1chのスピーカーシステムが、臨場感豊かで広がりのある音場を実現

ソニーストア価格:66,000円(税込)

 2021/4/7 現在の価格

ワイヤレススピーカー SRS-RA3000

部屋が音に包み込まれ、上質な空間へ
オムニディフューザーとビームトゥイーターにより立体的な音場を実現

ソニーストア価格:36,300円(税込)

 2021/4/7 現在の価格

 

関連記事

2020年6月現在の現行機機種、ソニーの完全ワイヤレスヘッドホンを徹底比較! 機種ごとによる特長・機能・性能の違いを解りやすいように「見える化」致しました、ぜひ参考になさってください。

ソニー完全ワイヤレスヘッドホン徹底比較 2020モデル 5機種を比べてみた

ソニー完全ワイヤレスヘッドホンを比較解説!機種ごとによる特長・機能・性能の違い

対象ヘッドホンも多数レビュー ソニーで愉しむいい音体験 記事

当店のホームページでは、今回のキャッシュバック対象モデルを多数レビューしています。ぜひこちらも参考になさってくださいませ。

ソニーショップさとうち『ソニー オーディオ製品』レビュー

目的に合わせて選ぼう!スピーカー・ヘッドホンなど、音源やプレーヤーを活かせるソニー商品を紹介します。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
新しいものに目がないガジェット大好き店員。おいしい物も大好きで特に唐揚げが大好物!ただメタボ対策のためなるべく食べないように・・・嘘です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL