α1 で写した 2021年の桜 「ソメイヨシノのある風景 & 鉄道風景写真」

LINEで送る
Pocket

今年もソメイヨシノさんにはお世話になりました! α1 と撮り歩いた時間は短かったですが幸せでした!

こんにちわ ソニーショップさとうち の やす です。

α1 が手元に届いてからはたいへん充実した日々を過ごさせて頂いています。基本毎日持ち歩いて、お休みの日には線路際をウロウロと。3月末になってからは、ソメイヨシノをメインに撮影を楽しんでいました。

そんなソメイヨシノさんも、大阪市内ではもうほとんどが葉桜に・・・

ご近所ではツツジが咲き始めました。って、ちょっ、ツツジ早くないですか?!

と、言うわけで今回は、この春 α1 で写した桜と鉄道風景多めで紹介したいと思います。来年の参考にどうぞ^^

α1 で写した桜 ソメイヨシノと鉄道風景

α1 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS JR西日本 因美線 美作滝尾駅 2021年3月28日

 

α1 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS JR西日本 因美線 美作滝尾駅 2021年3月28日

手に入れたばかりのα1をもって、3月は2週連続で中国地方に鉄道撮影旅へ出かけてきました。先の週はまだ咲き始めでしたが、翌週には満開に。上の2枚の写真はどちらも2週目の日曜日、3月28日に写したものです。

津山側から因美線沿いに車で北上し、最初の盆地に到達すると左に見えてくる美作滝尾駅。見晴らし良く広大な風景をバックに、線路も少し高い位置にあることから、古い駅舎の外観と相まって遠目からでもよく目立ちます。

桜の咲く季節なら尚の事。思わず「はっとする」、そんな景観です。

 

α1 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS JR西日本 姫新線 古見~久世 2021年3月28日

美作滝尾駅を訪れた同日、桜と一緒に写せる鉄道シーンはないものかと車を姫新線沿いに車を走らせていると、小さな菜の花畑と、奥に2本の桜の木を発見しました。

まずは安全なところに車を止めて、撮影させて頂くことにしました。

生憎、このときは土砂降りの雨。その強い雨脚の影響からか近くの情景でも霞むほどでした。

しかし、それが功を奏したのか土砂降りの雨が、まさかソフトフィルターのような効果に。GMレンズならではの美しいぼけ味と相まって、どこか柔らかな、春の雨の日を表現してくれました。

 

α1 + FE 35mm F1.4 GM 帰り道の桜(大阪市都島区) 2021年3月26日

この季節はついつい家に帰るのが遅くなりがち、良さげなソメイヨシノを見つけると、夜桜撮影を楽しんでしまいます。この日は月が出ていましたので、真上にカメラ、バンザイスタイルで写してみました。

明るいレンズはこういう時、ホント良いですね!

風もなく暖か、思わず「静かな春」をイメージ。ホワイトバランスの設定でブルーとシアンをちょい足ししてみましたよ。

 

α1 +FE 24-105mm F4 G OSS JR西日本 河内堅上駅 2021年3月29日

 

α1 +FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS JR西日本 河内堅上駅 2021年3月29日

関西本線の河内堅上駅の桜は鉄道ファンにすっかり有名、お休みの日にもなると多くの撮影者が訪れます。この日は平日だったのですが、春休みの学生さんがカメラをもつ姿が目立っていました。

下の写真は車両前ボケにするか、桜を後ボケにするか悩んだのですが、前者を選択。定番の構図は過去になんども写してますので、今回はちょっと違った雰囲気で写してみました。

 

α1 +FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 近鉄橿原線 近鉄郡山~九条 2021年3月29日

河内堅上駅での撮影を終え次に向かったのは、大和郡山城跡のお堀と近鉄電車が写せる場所。この時間になって黄砂が広がり、晴れてるけど空は白くなっていました。

それならばと。言うことで悪条件を逆手にとってクリエイティブルックの設定をポートレートモードへ、そこからコントラストも調整し全体的に柔らかな雰囲気に。さらにはホワイトバランス設定でブルーをちょい足してパチリ。

・・・するとどうしたことでしょう、にっくき黄砂がステキは春霞に変わりました(笑)

ただ残念だったのは、この日は風がそれなりに吹いていて、昨年から狙っていたリフレクション(水面の反射)は来年へと持ち越しすることとなりました。

 

 

α1 +FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS 近鉄生駒ケーブル 鳥居前 ~ 宝山寺 2021年3月29日

この日の撮影最後は、犬と猫のキャラクタートレインでお馴染みの生駒ケーブルにやってきました。

まずは乗車して、宝山寺駅から起点の鳥居前駅までの駅間で、桜のある景色を求めて歩き写したのですが、線路沿いの道が急坂過ぎてビックリ!体を横にしたらクルクル回転しながら坂を下れるのでは?と思うほどでした。

実は前日までの3日間、車で1700キロほど走行したのですが、この日の下り坂だけで、それを軽く超える披露が足に蓄積。ふくらはぎがヤバいことになっちゃいました。ご当地の方の健脚ぶりには恐れいった次第です。

そんなふくらはぎを心配しつつ写した夕暮れ時の1枚は、周囲が夕陽に包まれている中で。犬猫のキャラクタートレインということで「お散歩」をイメージしてみましたよ。

 

α1 + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 滋賀県大津市 2021年4月4日

 

α1 + FE 100mm F2.8 STF GM OSS 滋賀県大津市 2021年4月4日

散り始めたソメイヨシノの花びらが風にのってヒラヒラと。

そしてピンクのお花と緑の木々、季節のバトンタッチ。そんな写真も写してみました。

使用したレンズはEマウントのSTFこと「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」。久々に使ったのですが、このレンズがもつぼけ味、改めてキレイだなぁ~と、実感しました。ほんと絶品級です!!

レンズ内にある「アポタイゼーションフィルター」の効果と相まってぼけが実に柔らかい。玉ボケじゃないんだからね!って言ってるみたい(誰が?)。それでいてピントがあったところは実にシャープな解像感。

お花を写すならSTF素晴らしく良いのではないでしょうか?!

 

α1 + FE 70-200mm F2.8 GM OSS JR西日本 姫新線 新見~岩山 2021年3月28日

今年、桜と鉄道の組み合わせでもっともお気に入りのカットとなったのがこちらの1枚。注目は後ろにある雲(キリ)。1日中降り続いた雨が、日没近くになって、ようやく上がり、実に印象的な景色を生み出してました。

岡山県新見市の城山公園の桜はちょうど見頃。1日7往復しかない姫新線(そのうち日没後が3往復)と一緒にこの条件で撮影できたのは、本当に嬉しかったです。

少し気が早いですが、来年4月のお店のカレンダーはこれで決まりっ!(笑)


今回はα1 で写した 2021年の桜 「ソメイヨシノのある風景 & 鉄道風景写真」を紹介させていただきました。この模様の一部は当店の「さとうちチャンネル(YouTube)」でもライブ配信をしました。

そちらも見ていただければと嬉しく思います。

ソニーショップさとうち チャンネル(YouTube)

なおライブ配信開始直後、音声トラブルがあったため冒頭部分をカットしています。そのため「変な入り方しています(笑)」。予めご承知おきください。

α1 関連記事

当Blogで書いた α1 の関連記事です。

α1購入 しました!

ご報告です! α1 購入致しました~! ご報告が遅くなりました~

α1 を体感!シンプルに申し上げると、それはもう「最強カメラ」でした。

少しさわっただけでも「凄い」を実感!α1 をハンズオン!!

α1シャッター音をチェック! メカシャッターと電子シャッターの音質は?

α1のメカシャッター音 個人的には好みです!

新しい α発表! 型番は「α1」( ILCE-1) 発売は2021年3月19日予定!

2021年1月26日24時 予告通り 新しいα が発表されました!

 

ソニーのカメラとレンズを徹底レビュー

当店でのホームページではソニー αのカメラ・レンズのレビューを掲載しています。

α7RIVやα9と言ったフルサイズ一眼、α6600やα6400などのAPS-C一眼。そしてレンズの数々をレビュー掲載中です。ぜひご購入前の参考にご活用ください。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師をつとめ、最近ではさとうちチャンネル(Youtube)でのライブ配信も始める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL