サイズ感要注意 360 Reality Audio 対応 SRS-RA5000/RA3000 を見てきた!

LINEで送る
Pocket

音に包まれる感覚ってどんな感じ?ちょっと興味がわいたので、「360 Reality Audio」対応スピーカーを見てきましたよ!

こんにちわ ソニーショップさとうち の しげ です。

先日ソニーより発表された、スピーカー1台で部屋を高音質の音楽で満たす「360 Reality Audio」対応 ワイヤレススピーカー2機種 SRS-RA5000 と SRS-RA3000 をソニーストア大阪さんで体験してきました!

「音に包まれる感覚」を味わいたくてワクワクしてきたのですが、驚いたのは「音に包まれる感覚」では無くスピーカーのサイズ感。

設置される際に自分の環境に合っているのか、考えさえられましたよ。

※ソニーストア大阪さんでの撮影は許可を得て行っております。

SRS-RA5000/SRS-RA3000 サイズ比較

まずは 7つのスピーカーユニットから構成され水平かつ上からも包みこまれるような体験を再現する、上位モデル SRS-RA5000。

思わず口から「デカっ」って言葉が漏れてしまうほど、大きく、そして重い!

ホームページに掲載されている写真では、ここまで存在感のある商品とは思わなかったのでちょっとビックリ。

対して オムニディフューザーとビームトゥイーター搭載で、コンパクトなサイズながら音を効果的に拡散することで立体音響を作り上げる、下位モデル SRS-RA3000 は、一般的なワイヤレススピーカーより1回りくらい大きいくらいのサイズ感。

上位モデル RA5000 と RA3000 (参考までに Xperia 5も)を並べてみるとわかるように、サイズ感は全然違います。

  SRS-RA5000 SRS-RA3000
最大外形寸法(幅×高さ×奥行) 約 235mm × 約 329mm × 約 225mm 約 146mm × 約 247mm × 約 155mm
 質量 約 4,900 g 約 2,500 g

RA5000 は、ハイレゾ対応かつサブウーファー搭載で、豊かな低音と奥行きのある立体感を圧倒的な重低音を実現しているモデルで、機能的には「これ一択」と個人的には思っていたのですが、ここまで大きいとさすがに、我が家の狭いリビングで活用できるのか不安になってきます。

RA5000 は、住環境を選ぶモデルなのかな、というのがわたしの初見の印象でした。

SRS-RA5000/SRS-RA3000 聞いてみました

では気になる「音に包まれる感覚」ってどんな感じなのか、それぞ試聴してみました。

・・・が、ソニーストア大阪では、お客様が購入相談・決済をされる席の真横に設置されている関係も有り、音量をグッと上げての試聴が出来ませんでしたので、参考程度に聞いていただけると助かります。

試聴したのは、ソニーストア大阪で用意されている『360 Reality Audio』対応の音源。

まずは上位モデル RS5000。

上から見るとフィリップスのシェーバーのような見てくれですが、サブウーファー搭載で質感のある低音がしっかり出ている印象。音の広がりも感じることが出来ました。

ただ肝心の「音に包まれる」という感覚ですが、今回の試聴では残念ながらあまり感じることが出来ませんでした。

ヘッドホンで聴いた「360 Reality Audio」の感じをイメージしていたのですが、店頭という静寂とはほど遠く、しかも天上が高いこの環境では音が反響しにくく、この機種の全力を試聴するのは難しいのかもしれません。

対して RS3000 では、「音に包まれる」という感覚が少しではありますが感じることが出来ました。

ウーファーがないので RS5000 ほど低音が出るわけではないですが、その分高音がしっかり出ている印象で、目の上方で音がなっているのを感じることが出来ました。

平面方向だけで無く上下方向にも音の広がりを感じることが出来るのが、「360 Reality Audio」対応スピーカーって事なんですね。

この感覚が部屋のどこにいても均一に感じることが出来るのは、今までのスピーカーには無い特徴の1つですよね!


今回は「360 Reality Audio」対応 ワイヤレススピーカー2機種  SRS-RA5000 と SRS-RA3000 を紹介させていただきました。

上位モデル SRS-RA5000 の本来の実力を体験出来なかったのが非常に残念。

本当はもっとスゴイ臨場感のある音場を作ってくれて、「音に包まれる感覚」を味わうことが出来たんでしょうね。

 

なお当店店頭では 4月16日(金) より、SRS-RA3000 の店頭展示を開始します。
(↑ 諸事情で展示は上位機種 SRS-RA5000 となりました。 ↑)

「360 Reality Audio」は、ソニーが今最も力を入れている技術のひとつですので、まだ聞いたことがないよって方は是非店頭までおこし下さい。

一緒に音に包まれましょう!

ワイヤレススピーカー SRS-RA5000

部屋が音に包み込まれ、上質な空間へ
6.1chのスピーカーシステムが、臨場感豊かで広がりのある音場を実現

ソニーストア価格:66,000円(税込)

 2021/4/3 現在の価格

ワイヤレススピーカー SRS-RA3000

部屋が音に包み込まれ、上質な空間へ
オムニディフューザーとビームトゥイーターにより立体的な音場を実現

ソニーストア価格:36,300円(税込)

 2021/4/3 現在の価格

スピーカーの詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
新しいものに目がないガジェット大好き店員。おいしい物も大好きで特に唐揚げが大好物!ただメタボ対策のためなるべく食べないように・・・嘘です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL