HDR明暗表現を高めた4KプロジェクターVPL-VW875 VPL-VW275 発表

LINEで送る
Pocket

ソニーより新型 4K プロジェクター 2機種 VPL-VW875、VPL-VW275 が発表されました!

こんにちわ ソニーショップさとうち の しげ です。

ソニーより 2021年4月16日(金)、めりはりのある明暗差を再現する 4K HDRホームシアタープロジェクター 2機種 VPL-VW875、VPL-VW275 が発表されました!

高輝度2,200ルーメンの4K HDRレーザー光源モデル VPL-VW875

コンパクトながらもARC-F(オールレンジ クリスプフォーカス)レンズを搭載。高輝度2,200ルーメンの4K HDRレーザー光源モデル のフラグシップモデル VPL-VW875。

力強い映像表現と純度の高い色再現が可能なレーザー光源(Z-Phosphor)を採用することで、全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで黒つぶれや白とびすることなく細部まできれいに描きだします。

また 約20,000時間と長時間使用可能で、従来のランプ光源の寿命よりも長いのも大きな特徴。

ソニー独自のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」と「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。像に合わせた最適な超解像処理を可能にし、きめ細やかで高品位な4K映像の生成を実現しています。

4Kデジタルシネマの技術を生かした4K解像度専用設計「ARC-F」レンズ搭載。

画面の中心部から周辺部、また、近距離投写時から遠距離投写時まで安定した結像性能を実現、レンズ素材には、緑/青/赤の屈折率の違いを考慮した特殊低分散ガラスを使用することで、色にじみの少ない鮮明な結像が得られ、投写画面のすみずみまで高品位な映像を再現します。

フレームごとにダイナミックレンジを調整し、明るいところは明るく輝かせ、暗部はアイリスや光源の制御を連動させる「ダイナミックHDRエンハンサー」を搭載。

黒をより沈みこませることにより、従来機に比べHDRコンテンツに対して最適なコントラストの提供が可能になりました。

その他の機能

  • SDRコンテンツに対して映像シーンに応じた最適コントラストを自動調整する「コントラストエンハンサー」
  • 「立体感」、「奥行き感」、「精細感」が増し、リアリティーが飛躍的に向上する、HDR(High Dynamic Range)対応
  • BT.709やBT.2020規格のカラースペースモードを搭載
  • 毎秒24フレームで作成されたムービーなどの画像の動きを滑らかにする「モーションフロー」を4K映像にも適用
  • 色彩豊かな映像を再現する「トリルミナスディスプレイ」
  • 明るくクロストークの少ない4K画質の3D映像を実現
  • 2D/3D専用の設定がおこなえる「9種類のピクチャープリセット」
  • 色バランスのズレを自動で補正する「オートキャリブレーション」機能
  • 4K放送に対応するためのHDCP2.2 & 18Gbpsの入力信号(伝送帯域)に対応したHDMI入力端子を2系統装備
  • 低遅延でストレスなくゲームを楽しめる「遅延低減モード」
  • 消費電力 最大:約490W
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 560.0×223.0×510.5 (レンズ含む。突起部含まず)
  • 質量 約22kg

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

ビデオプロジェクター VPL-VW875

コンパクトながらもARC-F(オールレンジ クリスプフォーカス)レンズを搭載。

高輝度2,200ルーメンの4K HDRレーザー光源モデル

ソニーストア価格:3,300,000円(税込)

 2021/4/20 現在の価格

ネイティブ4K HDR高圧水銀ランプモデル VPL-VW275

輝きのあるリアルな映像を堪能できる ネイティブ4K HDR高圧水銀ランプモデル VPL-VW275。

全体の明暗の差が大きい映像でも細部まできれいに表現が可能になり、よりリアルな映像が楽しめる HDR に対応。

4Kブルーレイディスクに採用されているHDR10方式や、放送で採用されるHLG(Hybrid Log Gamma)方式にもしっかり対応しています。

ソニー独自のネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」と「データベース型超解像処理LSI(リアリティークリエーション)」を搭載。像に合わせた最適な超解像処理を可能にし、きめ細やかで高品位な4K映像の生成を実現しています。

上位機種にも搭載されている、フレームごとにダイナミックレンジを調整し、従来機に比べHDRコンテンツに対して最適なコントラストを提供する「ダイナミックHDRエンハンサー」を搭載(主に明部)。

SDRコンテンツにおいても最適な階調、コントラストが得られるよう、映像の明るい部分・暗い部分のレベルを自動的に補正する「コントラストエンハンサー」を搭載。階調表現を向上させることで、メリハリのある、躍動感にあふれた映像を再現しています。

その他の機能

  • 高い光の利用効率を誇る「4K SXRD」や225W高圧水銀ランプの採用により、1,500lm(ルーメン)という高輝度を実現
  • BT.709やBT.2020規格のカラースペースモードを搭載
  • 毎秒24フレームで作成されたムービーなどの画像の動きを滑らかにする「モーションフロー」を4K映像にも適用
  • 色彩豊かな映像を再現する「トリルミナスディスプレイ」
  • 明るくクロストークの少ない4K画質の3D映像を実現
  • 2D/3D専用の設定がおこなえる「9種類のピクチャープリセット」
  • 4K放送に対応するためのHDCP2.2 & 18Gbpsの入力信号(伝送帯域)に対応したHDMI入力端子を2系統装備
  • 低遅延でストレスなくゲームを楽しめる「遅延低減モード」
  • 消費電力 最大:約390W
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行mm) 495.6×205.3×463.6 (突起部含まず)
  • 質量 約14kg

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

ビデオプロジェクター VPL-VW275

18Gbps対応、輝きのあるリアルな映像を堪能できるネイティブ4K HDR高圧水銀ランプモデル

ソニーストア価格:605,000円(税込)

 2021/4/20 現在の価格


今回は、ソニーより新しく発表された 4K プロジェクター 2機種 VPL-VW875、VPL-VW275 を紹介させていただきました。

男のロマンとしていつか自宅にプロジェクターを置きたいという願望はありますが、設置場所と軍資金の問題もありなかなか実現できていません。宝くじでも当たればいのいちばんに購入するんですけどね。

プロジェクターの詳細につきましてはリンク先も参考になさって下さい。

ソニー公式サイト
ソニー 4K HDR ホームプロジェクター ラインナップ 詳細はこちら

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
新しいものに目がないガジェット大好き店員。おいしい物も大好きで特に唐揚げが大好物!ただメタボ対策のためなるべく食べないように・・・嘘です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL