RX100シリーズをオシャレに持ち歩こう!ジャケットケース「LCJ-RXK」

LINEで送る
Pocket

RX100シリーズをオシャレにカジュアルに大切に持ち歩ける、そんなケースがソニーより登場。2019年8月末、RX100M7と同日発売のジャケットケース「LCJ-RXK」を紹介いたします。

ジャケットケース「LCJ-RXK」対象機種

  • DSC-RX100
  • DSC-RX100M2
  • DSC-RX100M3
  • DSC-RX100M4
  • DSC-RX100M5
  • DSC-RX100M6
  • DSC-RX100M7
  • ※DSC-RX100M2ではNFC接続できない場合があります
  • ※アタッチメントグリップAG-R2装着時には、ご使用いただけません

LCJ-RXK は、歴代のRX100シリーズすべてで使うことができるジャケットケース。

大切なカメラの保護はもちろん、ケースに装着したままで三脚に装着できたり、たすき掛けができる長さのショルダーストラップも付属するので、お気軽フォト散歩をするときにも最適です。

それでは詳しく紹介していきましょう。

ジャケットケース「LCJ-RXK」

LCJ-RXKはRX100シリーズ(DSC-RX100~RX100M7)に対応した、カメラをキズやほこりから保護する合皮素材のジャケットケース。首や肩からぶらさげて使えるショルダーストラップも付属しました。

カラバリは全部で2色、ブラックとベーシュ。今回はブラックの方で紹介していきます。

ジャケットケースは主に下側と上側を保護する、2つの分離構造。

これらはボタン1つで脱着出来るようになっています。

ストラップは「SONY」のロゴ入り。ブラックの場合ステッチも同色、これがなかなかオシャレです。

それではRX100M7に取り付けて行きましょう。

取り付けると言っても誰でもカンタン、誰でもできる、底面にあるネジで回し留めるだけ。

そしてストラップをケースの側面に取り付けました。

肩からぶらさげてみましたが、これが見た目的にもなかなかイイ感じ。

レトロっぽさも少々あって、街ぶらフォトを楽しむなら、このスタイルありでしょう!。と言ったところ。

それとこのケースを装着したことにより、RX100が随分持ちやすくなりました。

RX100っておうとつ少なく表面スベスベ。ストラップとか何も付けずの状態で持っていると、スベって落下させないかヒヤヒヤすることもあるのですが、ケースによる持ちやすさ、ショルダーストラップによる安定感、ダブルの効果で持っていての安心感が大幅にアップしました。

続いては上側のケースを取り付けてみました、これで全方位の保護が出来ました。

再び肩からぶら下げてみたのですが、一気にクラシカル感が増しました。

このケース、やっぱりオシャレだなぁ。

柔らかな合皮素材で作られていて、とっても軽いのですが、安っぽさは一切ない雰囲気です。

 

LCJ-RXK 実用的なところにも注目

このケース、実はかなり実用的。

代表的なところではケースを装着したままでも、三脚に装着できるところ。

またカメラ側面の端子類へのアクセスも、ケースを装着したままの状態で行えます。

残念ながらバッテリーBOXへのアクセスだけはケースを取り外さないと行えませんが、このようにケース装着時でも多くのカメラ機能を犠牲にしないところは、さすがメーカー純正品。そう思うところです。

なお、スピーカー部分にはこのように穴があいていて、動画などの音声はちゃんと聞こえるようになっていました。


今回はRX100シリーズをオシャレにカジュアルに大切に持ち歩けるジャケットケース「LCJ-RXK」について紹介させていただきました。RX100ユーザーの方、ケースをお探しならオススメですよ!参考にして頂ければ幸いです。

対象機種は初代RX100から、2019年8月末発売のRX100M7まで幅広くカバーしていますが、RX100M2ではNFCが使えない、アタッチメントグリップ装着時(別売り)には装着できないなどの制約もあります。

ご購入の際は、ぜひメーカーのホームページ等でご確認くださいますようよろしくお願いします。

ジャケットケース『LCJ-RXK』

カラーはブラックとベージュの2色展開。RX100シリーズ対応のジャケットケース

ソニーストア価格: 8,380 円+税

 2019/07/31 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

DSC-RX100M7 関連記事

RX100M7 (DSC-RX100M7)到着!シューティングキット開梱と試し撮り!

2019年8月30日に発売された、サイバーショット RX100M7のシューティングキット 「DSC-RX100M7G」をようやく紹介できるタイミングとなりました!

開梱編と試し撮りを紹介しています。RX100M7に興味のある方は参考になさってくださいね!

そのほかのRX100M7 関連記事

 

サイバーショット DSC-RX100VII レビュー

シューティンググリップ「GP-VPT2BT」が対応するサイバーショットを徹底レビュー!

こちらも参考になさってください。

DSC-RX100M7 レビュー 作例付きで徹底解説!

高速オートフォーカス性能に24-200mmのズームレンズの組み合わせは多くの被写体に対応し、本格的な撮影から旅行まで1台でこなしてくれる優れモノ。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL