RX100VII 発表!RXシリーズ最速性能!α9の高性能を手に入れた!

LINEで送る
Pocket

2019年7月26日の昨日、サイバーショット RX100シリーズの第7世代モデルとなる「RX100VII (DSC-RX100M7)」が発表されました!昨年、RX100VIを購入した身としては、あまりにも速い新モデルの登場なだけになんだか悔しい感じもしますが、今回はさらに素晴らしい性能を搭載しているらしいです!

WEBサイト情報どおりの内容となりますが、それでは紹介していきましょう。

RX100VII 発表!RXシリーズ最速性能!α9の高性能を手に入れた!

サイバーショット RX100VIIを一言でまとめるなら「RX100VIにα9の性能を搭載した進化版」と言ったところ。1秒間の連写枚数こそ減ったものの、α9同様の最高20コマ/秒の連写性能にブラックアウトフリー連続撮影、最新のαで搭載するAIによる動体を高精度に追従し続けるリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AF(動物対応含む)に対応しました。

また、動画撮影においても大きく進化。動画撮影時でもリアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFが有効。より強力になった4Kアクティブ手ブレ補正を搭載。本体にマイク端子を用意するなど、動画撮りクリエイターの要望にも応える高い動画撮影性能を備えています。

そんな、優れた動画撮影機能をぜひ使ってと言わんばかりの、シューティンググリップキット「DSC-RX100M7G」も同時に用意されるなど、動画撮りにも注力していることがわかります。

冒頭にも書きました、RX100VIユーザーのわたしが超羨ましくなる内容で登場したRX100VII。特にブラックアウトフリーにリアルタイムトラッキングの素晴らしさを知っているだけに今回の発表は思わず唸ってしまうのでした・・・

 

高速・高精度・高追従AF

フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』同等、連続撮影中に最大60回/秒でAF/AE演算処理を実現。動きやスピードに緩急のある動体に対しても、高い精度でのAF/AE追従が可能です。

世界最多9357点の像面位相差検出AFと、425点のコントラスト検出AFだけでなく、世界最速 0.02秒の高速AFにより、ピント合わせが難しいシーンでも被写体を高精度にとらえます。

 

リアルタイムトラッキングとリアルタイム瞳AF

AI を用いて色や模様(輝度)、被写体距離(奥行)からなる空間情報をリアルタイムに高速処理し、動体を高精度に追従し続けるリアルタイムトラッキング機能を搭載しました。

被写体が人物の場合にはリアルタイムに顔/瞳情報を検出し続けることで、高い精度で被写体を追従。さらに即時に瞳情報を検出しフォーカスを合わせ続ける、リアルタイム瞳AFにも対応。

またリアルタイム瞳AFは人物だけでなく、新たに犬や猫などの動物にも対応しました。加えて、被写体をモニター上でタッチすることで自動でフォーカス追従するタッチトラッキングにも対応しています。

 

ブラックアウトフリー連続撮影

新開発のイメージセンサーは、『α9』同等の最大60回のAF/AE追従の最高20コマ/秒のブラックアウトフリー連続撮影を実現しました。像を喪失しないブラックアウトフリー連続撮影は動体撮影時においてかなり有用。

被写体の動きが早く不規則なスポーツ撮影や表情の変化を一瞬でも見逃したくないポートレート撮影などの本格的な撮影現場において効果を発揮します。

 

最高90コマ/秒のワンショット連続撮影

RX100VIIはワンショット連続撮影機能をシリーズで初めて搭載しました。

ワンショット連続撮影機能は1回のシャッターレリーズで90コマ/秒・60コマ/秒・30コマ/秒のいずれかの速度で7枚の静止画を連続撮影することができる機能。まさに一瞬を切り取る機能、これにより取り逃しは激減します。

 

24-200mmレンズと新開発のイメージセンサー搭載

RX100VIと同様、広角から望遠まで24-200mmをカバーする高倍率ズームレンズを搭載しました。

有効画素数は約2010万画素、また常用ISO感度は100~12800(拡張ISO感度は64/80)の幅広い感度域に対応。イメージセンサー上のカラーフィルターを刷新することで色再現性が高まり、人物撮影における肌色や、鮮やかな花などを自然な印象で忠実に描写します。

 

多彩な動画機能を搭載

画素加算のない全画素読み出しによる高解像度4K動画に対応した動画撮影機能は従来機種に比べてAFの速度・精度・追従性が大幅に向上。像面位相差AFや、RXシリーズで初となるリアルタイムトラッキングとリアルタイム瞳AFでシーンチェンジの多い動画撮影においても被写体を追従し続けます。

4K動画撮影時において従来比最大約8倍と言われるアクティブモードの手ブレ補正にも対応。歩きながらでもブレの少ない撮影を可能としました。

またマイク端子を搭載したことにより外付けマイクの使用が可能に。より音質にこだわった動画制作を実現します。

 

シューティンググリップキット(DSC-RX100M7G) を用意

RX100VIIは本体のみのモデルに加えてシューティンググリップキット(DSC-RX100M7G) も用意しました。 キットの内容はRX100VII本体とシューティンググリップ(VCT-SGR1)、マイクなどのアクセサリーを装着することができるアクセサリーシュー対応のブラケットとバッテリーパックがセットになっています。

動画撮りメインの方はシューティンググリップキット(DSC-RX100M7G) の購入をオススメします。

 

先行予約開始しました

ソニーストアをはじめ取り扱い店舗での先行予約受付は2019年7月31日(水) 10時より始まりました。

デジタルスチルカメラDSC-RX100M7

圧倒的なスピード性能と高画質性能をポケットサイズに。静止画・動画の表現は次のステージへ

ソニーストア価格:145,000円+税

 2019/07/31 現在の価格

DSC-RX100M7 シューティンググリップキット

本体とシューティンググリップ、ブラケット、バッテリーパックがセットになったシューティンググリップキット

ソニーストア価格:155,000円+税

 2019/07/31 現在の価格

販売価格はRX100VII「DSC-RX100M7」本体で145,000円+税、シューティンググリップキット「DSC-RX100M7G」で155,000円+税。共に発売予定日は2019年8月30日となっています。

 

ジャケットケース『LCJ-RXK』も発表!

対象機種

  • RX100 ~ RX100 VII
  • 発売日 2019年8月30日

装着時も各種端子を使用可能な、RX100シリーズ対応のジャケットケース『LCJ-RXK』を発売します。ケースをカメラ本体に装着した状態で、チルト液晶の角度を変えたり、三脚が使用できる他、充電やマイク端子への接続、Wi-Fi/NFCを使用したデータ転送も。

ジャケットケース『LCJ-RXK』

カラーはブラックとベージュの2色展開。RX100シリーズ対応のジャケットケース

ソニーストア価格: 8,380 円+税

 2019/07/31 現在の価格

カラーはブラックとベージュの2色展開。お好みのカラーをお選びください。

ジャケットケース『LCJ-RXK』 の詳細はこちら

 

2019年7月27日開始 先行展示のお知らせ

7月27日(土)より、ソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌、ソニーストア 名古屋、ソニーストア 大阪、ソニーストア 福岡天神にて展示を開始します。

気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか

ソニーショールーム発売前先行展示情報


今回は昨日、2019年7月27日発表されたサイバーショット RX100VIIの紹介をさせていただきました。商品の詳細につきましてはリンク先もご確認ください。

カメラをもって旅にでよう!RX100 VI レビュー

当店のホームページにて、コンパクトなサイズながらも広角24mm~望遠200mm、約8.3倍もの焦点距離をカバーするサイバーショット「DSC-RX100M6」のレビュー記事を公開しています。

DSC-RX100M6 レビュー!作例付き わかりすく実機を使って徹底解説!

従来のRX100サイズながらも約8.3倍、24-200mmの焦点距離をカバーする「DSC-RX100M6」を作例付きで徹底解説!最高の高画質おでかけカメラの実力はいかに?!実機を使用したレビューをお届けします。

ぜひ参考になさってください。

なお、このカメラをもって出かけた鉄道旅も不定期にて当ブログで公開中。

RX100M6でお気楽な鉄道撮影旅「京都丹後鉄道編」

この日訪れたのは北近畿地方を走る「京都丹後鉄道」こと「丹鉄(たんてつ)」。わたし好みの非電化区間があるローカル線で、由良川を渡る鉄道写真は全国的にも有名です。

RX100M6でお気楽な鉄道撮影旅「小湊鐵道編」

千葉県の五井から上総中野を結ぶ、小湊鐵道(こみなとてつどう)・小湊鉄道線に行ってきました。ツートンカラーはどこか国鉄時代を彷彿とさせるものがありました。

夏と言えば旅、旅の思い出と言えば写真、撮影には夏場に嬉しい軽くてコンパクトなRX100M6を。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL