RX100M7 シューティングキットはおとく?価格差を調べてみました!

LINEで送る
Pocket

小さなボディに高倍率ズームと α9の高性能を搭載、サイバーショットの新モデル「DSC-RX100M7」がついに2019年8月30日に発売されます。

1インチセンサー搭載で4K動画も高画質記録できることからRX100VIIは Video Blog(Vlog)にも好適。そんなことからRX100シリーズでは初、動画を積極的に撮って欲しい仕様の「シューティンググリップキットモデル(DSC-RX100M7G)」も用意されました。

ソニーストアでの販売価格はカメラ単体で145,000円+税、シューティンググリップキットモデルで155,000円+税と、その価格差は10,000円。今回のブログエントリーでは気になる価格差、その内訳を調べてみることにしました。

RX100M7シューティングキット は おとく?

早速ですが結果からお伝えします。

両モデルの価格差は10,000円だったのですが、ソニーで販売しているアクセサリー2点だけでも15,140円。つまり、あとで購入するよりシューティンググリップキットの方が 5,140円 オトクといったものとなっていました。

その他にもブラケットやコードクランパーなど残り4点も付属(※追記あり)。

※追記 ケーブルクランパー、ハンドストラップ、ポーチ は VCT-SGR1 の元からの付属品でした。

いるかいらないかは置いておいて、10,000円をプラスするだけで、これは随分なお得感です。

ぶっちゃけVideo Blog(Vlog)をしない方でも、シューティンググリップや、追加バッテリーは持っていても便利なアクセサリー。予算さえ許すのであれば、シューティンググリップキットモデルの方をオススメしたくなってしまいます。

DSC-RX100M7 シューティンググリップキット

本体とシューティンググリップ、ブラケット、バッテリーパックがセットになったシューティンググリップキット

ソニーストア価格:155,000円+税

 2019/07/31 現在の価格

ご購入の際は、十分にご検討くださいませ。

※表の価格は2019年8月24日現在の価格です。

 

カメラのみ or キット付き 選ばれているのは・・・

先ほどご覧いただいたように 5,000円以上のオトク差があるため、当店でのご予約状況はシューティンググリップキットが圧倒的に多く、ほぼ8:2の割合でシューティンググリップキットが選択されています。

この選択率の高さ、付属するシューティンググリップがミニ三脚としても使えると言うのが結構大きいかも。

グリップのみの棒状のままなら、選択率は下がっていたことでしょう。

あくまでも当店調べの超ローカルデータですが、当店で人気なのは圧倒的にシューティンググリップキットモデル。もしかしたら全国的にも同じ傾向だった場合、もし品切れるなら、先にシューティンググリップキットモデルの方かも知れませんね。

 

番外編 同時予約アクセサリー ベスト3

番外編となりますが、当店で本体と同時にご予約頂いている、アクセサリー ベスト3も紹介しておきましょう。

1位 液晶保護ガラス「PCK-LG1」

やっぱりというか当然の結果と言うか、液晶保護ガラス「PCK-LG1」が同時ご予約1位のアクセサリーとなっていました。大切なモニター面にガリッと傷がついたら撮影しに行くたびにテンションはダダ下がり・・・そうなる前にペタっと貼れば、安心感はグンとアップします。

モニター保護ガラスシート『PCK-LG1』

タッチ操作に対応した、保護性・信頼性が高いガラスシート

ソニーストア価格: 3,380 円+税

 2019/08/24 現在の価格

 

2位 ジャケットケース「LCJ-RXK」

2位はジャケットケース「LCJ-RXK」でした。

こちらもボディ保護関連のアクセサリー。なんと言っても、このケースに装着したままでも三脚に装着することが出来るし、歴代のRX100シリーズをすべて装着することが可能です。

たすき掛けできる長さのショルダーストラップが付属して、肩からぶら下げてフォト散歩するときにも最適。2色から選べてデザインがおしゃれな感じも人気の要素ではないでしょうか?

ジャケットケース『LCJ-RXK』

カラーはブラックとベージュの2色展開。RX100シリーズ対応のジャケットケース

ソニーストア価格: 8,380 円+税

 2019/07/31 現在の価格

RX100シリーズをオシャレに持ち歩こう!ジャケットケース「LCJ-RXK」

LCJ-RXK は、歴代のRX100シリーズすべてで使うことができるジャケットケース。大切なカメラの保護はもちろん、ケースに装着したままで三脚に装着できたり、たすき掛けができる長さのショルダーストラップも付属するので、お気軽フォト散歩をするときにも最適です。

 

3位 アクセサリーキット「ACC-TRBX」

3位はアクセサリーキット ACC-TRBX でした。

このアクセサリーキットは充電器とバッテリーがセットでお買い求めやすい価格になったものです。シューティンググリップキットには本体1本追加1本、合計2本のバッテリーが付属していますが、バッテリーは何本でも持っておきたいと言ったところなのでしょう。4K動画撮影はかなり電力消費しますので。

またバッテリーチャージャーはUSB出力も可能。なのでいざという時は、スマホの充電用に使えるところも大きなポイントです。

RX100M7にはバッテリーチャージャーがついてなく充電方法は本体内。つまり本体内充電中はカメラが使えません。ひっきりなしに使いたい方は、バッテリーがついてオトクなアクセサリーキット ACC-TRBXをお買い求めください。

アクセサリーキット『ACC-TRBX』

バッテリー(NP-BX1)とUSB出力が可能なバッテリーチャージャー(BC-TRX)のお得なキット

ソニーストア価格: 8,380 円+税

 2019/07/31 現在の価格


今回は発売開始が直前に迫ったサイバーショット「DSC-RX100M7」。カメラのみとシューティンググリップキット、2つの価格差と内訳について書かせていただきました。現在悩んでおられる方はぜひ参考にしてみてください。

デジタルスチルカメラDSC-RX100M7

圧倒的なスピード性能と高画質性能をポケットサイズに。静止画・動画の表現は次のステージへ

ソニーストア価格:145,000円+税

 2019/07/31 現在の価格

DSC-RX100M7 シューティンググリップキット

本体とシューティンググリップ、ブラケット、バッテリーパックがセットになったシューティンググリップキット

ソニーストア価格:155,000円+税

 2019/07/31 現在の価格

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

カメラをもって旅にでよう!RX100 VI レビュー

当店のホームページにて、コンパクトなサイズながらも広角24mm~望遠200mm、約8.3倍もの焦点距離をカバーするサイバーショット「DSC-RX100M6」のレビュー記事を公開しています。

DSC-RX100M6 レビュー!作例付き わかりすく実機を使って徹底解説!

従来のRX100サイズながらも約8.3倍、24-200mmの焦点距離をカバーする「DSC-RX100M6」を作例付きで徹底解説!最高の高画質おでかけカメラの実力はいかに?!実機を使用したレビューをお届けします。

ぜひ参考になさってください。

なお、このカメラをもって出かけた鉄道旅も不定期にて当ブログで公開中。

RX100M6でお気楽な鉄道撮影旅「京都丹後鉄道編」

この日訪れたのは北近畿地方を走る「京都丹後鉄道」こと「丹鉄(たんてつ)」。わたし好みの非電化区間があるローカル線で、由良川を渡る鉄道写真は全国的にも有名です。

RX100M6でお気楽な鉄道撮影旅「小湊鐵道編」

千葉県の五井から上総中野を結ぶ、小湊鐵道(こみなとてつどう)・小湊鉄道線に行ってきました。ツートンカラーはどこか国鉄時代を彷彿とさせるものがありました。

旅の思い出と言えば写真、撮影旅には軽く嬉しい コンパクト高画質 RX100シリーズを。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

  1. あき坊 said on 2019年8月26日 at 11:36 PM

    こんばんは。
    欲しい!が、お金が~~!!
    グリップ付きかぁ・・・

  2. やす
    やす said on 2019年8月27日 at 9:48 AM

    あき坊さん こんにちわ♪
    発売日が迫ったこの週末、決断された方が多いようです。
    ソニーストアでのステータスは入荷後出荷に変わってしまいましたね。
    グリップ付きは本当に人気で、記事書いてた日に購入率が9:1に変わってしまいました。
    お金は・・・ですよね。私もα、サイバーショット、勝色VAIOでプチパニックです^^;
    でも行くなら数量限定モデル・・・でしょうか?
    でもVAIO Zがまだまだ元気なんですよ~^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL