WF-1000XM3 発表!業界最高クラスのノイキャン性能完全ワイヤレス

LINEで送る
Pocket

ソニー史上最高、業界最高クラスのノイキャン性能を搭載した完全ワイヤレスヘッドホンが登場!

2019年7月5日の本日、ソニーよりケーブルレスの完全ワイヤレスヘッドホン WF-1000XM3 が発表されました。

WF-1000XM3は、防水機能こそないものの同社から販売している完全ワイヤレスヘッドホンの性能を大きく上回って登場。5つ星評価のノイズキャンセリング機能にくわえ、バッテリーも6時間、ハイレゾ相当の高音質化技術 DSEE HXを搭載。また内部のアンテナ構造の見直しやBluetooth 5.0採用で従来モデル WF-1000Xと比べて、接続性も安定しました。

発売日は2019年7月13日とわりとすぐ。

ソニーの直販サイト・ソニーストアではすでに先行予約を開始しています。

使い始めたら便利このうえない完全ワイヤレスヘッドホン。WF-1000XM3は性能・機能が素晴らしく進化しているみたいです、これはこの夏、大注目な商品となるのではないでしょうか?!

WF-1000XM3発表!業界最高クラスのノイキャン性能完全ワイヤレス

それでは WF-1000XM3 の主な機能を紹介していきましょう。

 

業界最高クラス ノイズキャンセリング性能

評価の高い、ヘッドバンド式のワイヤレスノイキャンヘッドホン WH-1000XM3に搭載されている「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」と共通の技術を使い、完全ワイヤレス向けに開発した「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」と「デュアルノイズセンサーテクノロジー」によりソニーのノイキャン性能評価、5つ星を獲得しました。

省電力ながら高性能なノイズキャンセリング処理で、さまざまな環境においてノイズを気にせず高音質に浸ることができます。

ヘッドホンの外側と内側に配置した2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化。より静かな環境で、よりクリアな音楽再生が可能となりました。

また耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャー」を採用。

高い密閉性で物理的にもノイズを防ぐことでノイズキャンセリング性能向上に寄与しました。

 

外音取り込み機能も搭載

一時的に音楽の音量を絞り、周囲の音を取り込んで聞きやすくする「クイックアテンションモード」を完全ワイヤレスで初めて搭載。また音楽を聴きながら、周囲の音も聞ける「アンビエントサウンド(外音取り込み)モード」搭載しました。

音楽を楽しみながら周囲の音に注意したいシーンでも使えます。

 

DSEE HX搭載で完全ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質

ソニーの高音質技術 DSEE HXを完全ワイヤレスで初めて搭載。ハイレゾ相当の高音質をワイヤレスでも楽しめるようになりました。

 

6時間のスタミナ性能

ソニーの完全ワイヤレス史上最高のスタミナ性能をほこる WF-1000XM3 は6時間の使用が可能。充電ケースに入れると合計3回の充電ができ、合計最長24時間のロングバッテリーライフを実現しました。

また、10分充電で90分再生可能の急速充電にも対応し、充電するの忘れてた!って、がっかりしてもケースに入れてちょっと待てば、それなりの時間、使用になれます。

 

接続安定性が大幅に向上

先代モデル WF-1000Xでは途切れがちだった接続安定性が大幅に向上。先代モデルのリレー伝送方式より、左右同時転送方式に変わりました。

左右同時伝送方式により、動画視聴の際の映像と音声のずれを前モデルから約1/4に低減。接続安定性も、代が変わり大きく進化したところと言えるのではないでしょうか?

 

タッチセンサー搭載で操作性もアップ

本体に搭載されたタッチセンサーにより、スマートフォンなどの音楽再生機の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、ノイズキャンセリング/外音取り込みの切り替え、電話の着信を受けたり終話させたりなどの操作が可能となりました。

Siri(R)やGoogle(TM)アプリといったスマートフォンの音声アシスタント機能の起動にも対応して、スマートフォンを取り出さなくても、ヘッドホン側の操作と音声操作により、電話をかけたり音楽を再生したり、天気予報など、ちょっとした調べものをすることも可能です。

 

左または右だけでの片側使用も可能

オモシロイなぁと思ったのが、左または右どちらか片方を充電ケースにしまったままでも使えるところ。片方を充電しながらもう片方で音楽を楽しんだり、ハンズフリー通話をしたりもできます。

左右同時転送方式に変わったから出来るようになったようです。

 

専用アプリ「Headphones Connect」で更に便利

スマートフォンで使うなら、入れておきたいのが専用アプリ「Headphones Connect」。WF-1000XM3を更に便利にカスタマイズして使うことができます。

例えば音質。「Relaxed」や「Bass Boost」など8種類のプリセットから選択したり、お好みのイコライザー設定にカスタマイズ可能。また、外音取り込みの効き具合をコントロールしたり、左右それぞれのタッチセンサーに割り当てる機能を選択することなどが可能です。

WF-1000XM3が届いたら、専用アプリ「Headphones Connect」はインストールしておきたいところですね。

 

WF-1000XM3 は軽量 約8.5 g

WF-1000XM3 は質量約8.5 g×2の軽量完全ワイヤレス。コードにしばられない快適さは家庭内で用事をするとき、仕事や勉強で集中したいときにも大いに立つことでしょう。


以上 完全ワイヤレスヘッドホン WF-1000XM3について紹介させていただきました。

WF-1000XM3

いい音には、静寂が要る。完全ワイヤレスに、業界最高クラスノイキャン

ソニーストア価格: 25,880円+税

 2019/07/05 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

完全ワイヤレスヘッドホンレビュー

当店のホームページではソニーのワイヤレスヘッドホンをレビュー こちらも参考にしてください。

WF-SP900 防水・防じん・メモリー搭載。シーンを選ばない左右独立ワイヤレス

WF-SP900はスマートフォンとのBluetooth接続に加え、内蔵メモリーで本体だけでも音楽を楽しめる左右独立完全ワイヤレス型のヘッドホン。海水でも使える防水・防塵(ぼうじん)性能で泳ぎながら使うなんてことも出来てしまいます。

 

WH-1000XM3 業界最高クラスのノイキャン搭載!

WH-1000XM3は、業界最高レベルと言われるノイズキャンセリング機能を搭載したソニーのオーバーヘッド型ワイヤレスヘッドホン。優れた装着性にハイレゾ音源にも対応するハイグレードモデルで、右側を手で覆うと、周囲の音を取り込む「外音取り込み機能」などのギミックも用意されました。

 

WI-1000X 高音質ノイキャンワイヤレスのイヤホンタイプ

「WI-1000X」は、ノイズからもケーブルからも解き放たれ高音質に音楽を楽しめる、使い心地の抜群のヘッドセット。周囲の音を取り込める「アンビエンスサウンド(外音取り込みモード)」も搭載し、ノイズキャンセリングの深い没入感から周囲を気にしながらまで、まさにオールラウンドな使い勝手を実現しました。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL