実機で解説!WF-SP900 レビュー 防水・防じん・メモリー搭載。シーンを選ばない左右独立ワイヤレス

このページでは ソニー ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-SP900」のレビューをお届けしています。

ソニー「WF-SP900」はスマートフォンとのBluetooth接続に加え、内蔵メモリーで本体だけでも音楽を楽しめる左右独立完全ワイヤレス型のヘッドホン。海水でも使える防水・防塵(ぼうじん)性能で泳ぎながら使うなんてことも出来てしまいます。

※2018年11月16日更新ソニーストアでの販売価格が値下げとなりました。29,880円+税 → 26,880円+税

ワイヤレスステレオヘッドセット「WF-SP900」ってどんな商品?

「WF-SP900」は2018年10月に発売を開始した左右独立型の「ワイヤレスステレオヘッドセット」。

海水でも使える防水(IPX5/8)は、例えば海で泳ぎながら使うなんてことも可能。また高い防塵性能(IP6X)に-5℃までの耐寒性能は使うシーンを選ばないものと言えるでしょう。

左右独立型の完全ワイヤレスでありながら本体内には4GBのメモリーを内蔵しました。スマートフォンなどとBluetooth接続して使えることに加えヘッドホンだけでも音楽再生が可能なので、例えばスポーツ中で音楽プレーヤーを持ち運びたくない時など便利です。

サイズも小さく装着したときも目立ちにくく、約7.3gと軽量で装着感も上々。アークサポーターの形状が良くできていて落とす心配なんて実機を使用した感じでは殆どありません。防水・防塵って聴くとスポーツモデルな印象が強いのですが、デザインをみてもわかるとおり普段遣いがフツーにできそう。

ノイズキャンセリング機能がないのが若干残念な感じですが、ハードな運動と日常、両方を1台でこなすなら「音もイイ」この「WF-SP900」はオススメのヘッドセットと言えそうです。

WF-SP900

スマートフォンとのBluetooth接続に加え、内蔵メモリーで本体だけでも自由に音楽を楽しめる。海水でも使える完全ワイヤレス型ヘッドホン

ソニーストア価格:26,880円+税

2018/11/16 現在価格

カラーバリエーションは、イエローからシックなブラックまで全3色を用意しました。好みに応じて選べるようになっています。

装着性の良さ抜群!独立型ワイヤレスの不安を払拭!

装着してみてすぐにわかるのが「軽さと装着性」の良さ。

WF-SP900の片方の重さは約7.3g。手にするともちろん軽いのですが耳に装着するとさらに軽さを実感します。私は約6.8gの「WF-1000X」という同じソニーの左右独立型ワイヤレスヘッドホンを使用しているのですが、わずか0.5のg重量増ながら防水・防塵・メモリー内蔵って付加機能がついていることに驚きました。

装着性の良さはすこぶる良く、首を振ったくらいではびくともしません。これは2段階の高さから調整が可能なイヤーピースの装着位置と、3種類からのサイズから選べる新開発のアークサポーターの組み合わせで完璧なジャストフィットが得られるからでしょう。

ちなみに水中で使用する場合、左右の本体をつなぐ付属のリーシュコードを使用すれば安心度はさらにアップ。水泳用にも専用の専用イヤーピースが用意されました。

シーンに応じて付け替えたりする必要はありますが独立型ワイヤレスの心配点、紛失する恐れ対策に対して万全なのも「WF-SP900」の良さと言えるでしょう。

クリアな音質が魅力!音も結構イイ!

小型・防水を実現しつつ、長時間聴いていても聴き疲れしないクリアで自然な音の出方は、音質にこだわるソニーだからかも知れません。

そんなWF-SP900には新しく開発されたBAドライバーが採用されました。

完全ワイヤレスイヤホンならではの、動きながら聴くシチュエーションを考慮した音質は、ボーカル帯域中心のチューニングされたとのこと。実際に聴いてみると「WF-SP900」のキャラクターにあったものとなっていました。

オーディオ機器って考えると実にスポーティーな外観です。

こんな見た目だからって別に期待してなかったわけではありませんが、ワイヤレスってことを考えたら、結構音イイなぁって思えるレベルでお馴染みの楽曲たちを楽しむことが出来ました。

内蔵メモリー搭載ってすごく便利

この手のヘッドホンってBluetoothなどを使ってスマートフォンやオーディオプレーヤーからワイヤレスで音を飛ばして聴くって方法が一般的。もちろんWF-SP900は、その方法でも可能ですが、ヘッドホン本体内に内蔵メモリーを用意。機器をつなげることなくそのまま楽しむことが出来てしまいます。

例えばランニングのときとかスマートフォンのサイズでも荷物になると言うか邪魔になりがち。そういったBluetooth接続あるあるの悩みを解決してくれます。

実際に使うとこれがものすごく楽ちん。運動のときとか問わずものすごく自由な気分になります。例えば車を洗うときとか、台所で用事をするとか、お風呂を洗ったりするときとかでも電波が途切れることなく使えます。

メモリー容量は4GBと少々少ないながらも、MP3(128kbps)1曲4分の場合の目安で約920曲も収録可能。これだけ収録したら、案外聴きたい曲を探すのが大変。お気に入りの曲を200曲程度入れてループで聴くのが良いでしょう。

最大6時間の連続音楽再生が可能

WF-SP900はBluetooth OFF、内蔵メモリー使用のプレーヤーモードで最大6時間の連続再生。Bluetooth ONのヘッドホンモードで最大3時間の連続音楽再生が可能です。

充電も可能な専用ケースが付属して、プレーヤーモード使用後は最大2.5回分、ヘッドホンモード使用後で最大3回分の充電が可能となっています。

ぱっとみはガチャガチャの容器みたいですが、コンパクトで持ち運びは苦にならないハズ。ちなみにNFCはフタを開けた内側のところに用意されていました。

ヘッドホンで操作出来ること多し!ただし慣れは必要

小さな本体に小さなボタン。しかもタッチセンサーまでついてます。サクサク操作には慣れが必要です。

本体のボタンにより「再生・一時停止」「曲送り・曲戻し」「電話の受話・終話」のほか、「外音取り込みのオン・オフ」、「クイックサウンドセッティングのオン・オフ」、「プレーヤーモード・ヘッドホンモード切り替え」などの操作が可能です。

また左右それぞれのタップセンサーを2回タップすることで音量の調整も可能と、この大きさの本体によくぞこれだけ操作できるようにしたものだと関心しきり。ユーザーになったら頑張ってマスターし使いこなしたいものですね。


今回はワイヤレスステレオヘッドセット「WF-SP900」のレビューを書かせて頂きました。個人的にはソニーの独立型ワイヤレスヘッドホンのラインアップ(2018年10月現在)の中で唯一のメモリー内蔵がもっともお気に入りのポイント。

装着しながら運動はしないし、別にプールで泳ぐわけでもありませんが、濡れ手でも堂々と触れるところもイイですね。シーンを選ばない使い勝手の良い左右独立ワイヤレスイヤホンを探しているって方には、とってもおすすめなモデルだと思いました。

WF-SP900

スマートフォンとのBluetooth接続に加え、内蔵メモリーで本体だけでも自由に音楽を楽しめる。海水でも使える完全ワイヤレス型ヘッドホン

ソニーストア価格:26,880 円+税

2018/11/16 現在価格

※今回のレビュー記事は店員個人の感想を書いております。音や装着感など感じ方には個人差があります。興味を持たれた方は一度聴かれることをおすすめします。

My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

左右独立ワイヤレスイヤホンということで気になるのが予期せぬ故障ですが、保証内容が実に手厚い。最長5年間のワイド保証にもご加入可能です。

それと直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあると思いますが、ソニーストアは新規の方に「IDを取得でオフクーポン」を発行中!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行してくれるから、新商品でもお安く購入可能です。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップ。またIDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ