HT-A9 発表 4本のスピーカーで立体音響を実現するホームシアターシステム

LINEで送る
Pocket

ソニーから コントロールボックスと4体のスピーカーだけで立体音響を実現するホームシアターシステム「 HT-A9 」が登場!

こんにちわ、ソニーショップさとうち の しげ です。

2021年7月21日の本日、ホームシアターシステム HT-A9 が発表されました!

ホームシアターシステム「HT-A9」は、たった4本のスピーカーで全方向から音が降り注ぐ音場をつくりあげる、今までにないまったく新しいホームシアターシステム。ハイレゾや LDAC、360 Reality Audio にも対応することで、映画だけでなく音楽再生でもその恩恵を最大限引き出すことが出来ます。

それではソニーの新製品 ホームシアターシステム 「HT-A9」を紹介していきましょう!

広大な音場と臨場感を創出する「360立体音響」体験

最大の特徴は、4体のスピーカーリアルスピーカーからの音の波面を合成し、最大12個のファントムスピーカーを生成する、ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」(サンロクマル スペーシャル サウンド マッピング)を搭載している事。これにより全面から音が降り注ぐ「360立体音響」を体験することが可能になります。

今まではAVアンプに複数のスピーカー、ウーファーなどを有線で接続していたシステムが、小さな本体と無線接続対応の4本のスピーカーだけで、ドルビーアトモスのようなリビングが音で満たされるような体感が出来るようになります。スピーカーコードの取り回しという煩わしい作業から解放されるのも個人的には嬉しいところ(ただし各スピーカーの電源は有線で接続する必要あり)。

好きな場所に置くだけ、誰でもできるカンタン設定

スピーカーの置く場所や各スピーカーとの距離など、シアターシステムを構築する際に面倒なのが、最適にリスニングできる環境を構築しなくてはいけないところ。

その環境構築さえもカンタンなのも「HT-A9」の大きな特徴の1つ。

TVとHDMIで接続したコントロールボックス本体と4つのスピーカーはワイヤレスで接続、スピーカーは設置した場所を前提に「音場最適化技術」で自動で計測、ある程度自由にスピーカーを設置しても「360立体音響」をしっかり楽しめる理想的な音場空間をセッティングすることが出来ます。

またテレビとの接続もHDMIケーブル1本のカンタン設計。

本体HDMI出力とARCに対応したテレビに付属のHDMIケーブルで接続するだけ。8K HDR/4K 120/4K HDRパススルー対応のHDMI入力端子も搭載しているので、ブルーレイディスクレコーダー/プレーヤー、PS5/PS4などのゲーム機なども別途接続することが出来ます。

更に「S-センタースピーカー入力端子」搭載の XR搭載ブラビア(A90J、A80J、X95Jシリーズ)との接続では、テレビ自体をセンタースピーカーとして利用することが可能で、より定位感が向上し臨場感のある体験が可能に。有機ELブラビア(A90J、A80Jシリーズ)なら映画館さながらの音響効果を得ることが可能です。

スピーカーはウーファー、トゥイーター、イネーブルドスピーカーの3WAY構造。上部のイネーブルドスピーカーで天井の反射を利用し立体的な音場を形成、トゥイーターはハイレゾに対応しクリアなサウンドを再生、中央のウーファーは強く広がりのある低音を再生。

低音や没入感のあるサウンドを拡張可能

重低音を更に強化したい場合、別売のサブウーファーを追加することも可能。ともにワイヤレス接続対応モデルとなっているので、自由なレイアウトで配置可能。お好みでどうぞ。

商品名 型名 実用最大出力 対応機種 発売日
サブウーファー SA-SW5 300W HT-A9/HT-A7000 8月7日
サブウーファー SA-SW3 200W HT-A9/HT-A7000 8月7日
サブウーファー「SA-SW5」

深みのある圧倒的な重低音を楽しめるサブウーファー

ソニーストア価格:82,500 円(税込)

 2021/07/21 現在の価格

サブウーファー「SA-SW3」

より深みのある豊かな低音を楽しめるサブウーファー

ソニーストア価格:44,000 円(税込)

 2021/07/21 現在の価格

詳細につきましてはリンク先をご確認くださいませ。

その他機能

その他の機能は以下の通りとなっています。

  • 最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X(R)」に対応
  • あらゆるコンテンツを包み込まれるような音で楽しめる「Immersive Audio Enhancement」
  • 8K信号とHDR信号、4K120のパススルーに対応
  • 全方位から音が降りそそぐ、新たな臨場感「360 Realty Audio」に対応
  • CDを超える高音質を実現する「ハイレゾ音源」に対応
  • AI技術を組み込みあらゆる音源にハイレゾ級の臨場感をもたらす「DSEE Extreme」
  • ワイヤレス再生を手軽に実現する「Bluetooth(R)」に対応
  • ワイヤレスでもハイレゾ音質で楽しめるLDAC対応
  • iPhone、iPad、Mac等から音楽などを簡単に再生可能な Apple Airplay 2 に対応
  • インターネットラジオやミュージックサービスが楽しめる Chromecast built-in に対応
  • 音楽ストリーミングサービス Spotifyが楽しめる Spotify Connect に対応
  • スマートフォンやタブレット用の操作アプリ「Music Center」に対応

 

発売予定日は2021年8月7日、ソニーの直販サイト・ソニーストアでの販売価格は 220,000円(税込)で、すでに先行予約販売を開始しています。また本日より、全国5箇所のソニーストア実店舗での先行展示が始まっています。気になる方は是非店頭でチェックしてみては?


以上、ホームシアターシステム「HT-A9」のご案内をさせていただきました。

ホームシアターシステム「HT-A9」

リビングに圧倒的な音の広がりと臨場感を創出。ソニーが実現するサラウンドシステムの新スタイル

ソニーストア価格:220,000 円(税込)

 2021/07/21 現在の価格

コンパクトな本体と4本のスピーカーで立体音響を実現、誰でもカンタンにセッティング可能、ハイレゾ音源や 360 Reality Audio にも対応するなど音質的にも欲張ったホームシアターシステムとなっています。正直ちょっと欲しい・・。

注意点としては、写真では小ぶりに見えるスピーカーが意外に大きいところ。

うさぎ小屋のような狭い我が家のリビングではサイズ的に少々厳しいかも・・。

詳細につきましてはリンク先もご確認くださいませ。

スピーカー・ヘッドホン レビュー

当店のホームページではソニーのスピーカーやヘッドホンのレビューを公開中です。

他の機種もたくさん紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

ショップ店員による『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

目的に合わせて選ぼう!スピーカー・ヘッドホンなど、音源やプレーヤーを活かせるソニー商品を紹介します。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
新しいものに目がないガジェット大好き店員。おいしい物も大好きで特に唐揚げが大好物!ただメタボ対策のためなるべく食べないように・・・嘘です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL