HT-G700 発表! 400W出力 3.1chで立体的音響効果が楽しめるサウンドバー

LINEで送る
Pocket

実用最大出力400W、3.1chのサウンドバー HT-G700 が発表されました!

こんにちわ、ソニーショップさとうち ストアD の やす です。

2020年5月12日の本日、ソニーよりサウンドバー HT-G700 が発表されました。 HT-G700は、迫力の400Wと最新のバーチャルサラウンド技術の採用により、かんたんセットアップで臨場感たっぷりに楽しめるホームシアターシステム。サブウーファーもワイヤレスなので、レイアウトフリーなところも大きなポイントです。

大きなテレビ買ったのは良いけれど、そのテレビのスピーカーがショボすぎる、なんとかしたい!・・・そんな方にもオススメです。

発売日は2020年6月13日、ソニーの直販サイト ソニーストアにて先行予約を受付中です。

HT-G700 没入感のある立体音響を再現するサウンドバー

テレビの前に置いてHDMIケーブルでつなげればセットアップは完了。サウンドバー HT-G700はかんたんセットアップで迫力のあるサウンドや、左右の広がりをはじめ、高さ方向の音響も表現するホームシアターシステム。

年々、高画質化と大画面化が進むテレビ事情を考慮して、従来モデルに比べ、よりサラウンド音場を拡大したものになっているところも大きな特長です。

これら立体音、サラウンド効果は、映画やライブ映像などの「Dolby Atmos(R)」や「DTS:X(R)」対応のコンテンツと言った特定のものだけでなく、2chコンテンツと言われるTV番組などでも、リモコンの「Immersive(イマーシヴ) AE」ボタンひとつで3次元の立体音響を楽しめるようになっているのだとか、これは普段遣いからも楽しみですね。

サブウーファーもケーブル不要で、途切れにくい2.4GHz帯のワイヤレス接続のものを採用。レイアウトフリーながらも、実用最大出力100Wで迫力のある重低音が楽しめます。

人の声も明瞭にセンタースピーカー搭載

このサウンドバーはサラウンド効果を推していますが、バースピーカー中央にはセンタースピーカーが搭載。セリフや人の声が聞き取りやすくなっています。映画やライブ、スポーツは迫力のある音で、ニュースでは人の声がハッキリと。シーンに応じた使い方が可能です。

スマホの音楽をBluetoothで再生可能

HT-G700は Bluetoothに対応しました。スマートフォンなどのBluetoothオーディオ機器と接続可能で、ワイヤレススピーカー感覚で音楽を高音質で楽しむこともできます。

テレビを使ってないときは、スマホと接続して音楽を楽しむのもイイですね。

HT-G700 さまざまなサウンドモードなどを搭載

HT-G700には高音質をより楽しむための数々のサウンドモード、テレビと接続した際に便利な機能などを搭載しました。その他の機能として紹介させていただきます。

HT-G700 そのほかの機能紹介

  • 動作状態などを表示する「OLEDディスプレイ」搭載
  • テレビのリモコン信号をパススルーする「IRリピーター機能」
  • おすすめのサウンドに自動切り替えする「オートサウンド」
  • コンテンツやお好みに合わせて選択「サウンドモード」
  • 人の声やセリフをアップし、聞き取りやすくする「ボイスモード」
  • 深夜の小音量時でも明瞭感のあるサウンドを実現する「ナイトモード」
  • 低音を調整できる「サブウーファーボリューム」

接続例 HT-G700

4K HDR対応のHDMIの入力を1系統搭載しました。またHDMIの新機能「eARC(Enhanced Audio Return Channel)」にも対応し、従来のARCでは伝送できなかったリニアPCM 5.1chや7.1ch、Dolby TrueHDやDTS-HD Master Audioといったロスレスの音声フォーマットの伝送が可能になります。


今回は2020年5月12日の本日、ソニーより発表されたサウンドバー HT-G700 を紹介させていただきました。

サウンドバー HT-G700

大画面テレビに合わせてサラウンド音場を拡大。「Dolby Atmos(R)」「DTS:X(R)」対応サウンドバー

ソニーストア価格:60,000円+税

 2020/05/12 現在の価格

サウンドバー HT-G700の発売予定日は2020年6月3日を予定しています。商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

HT-X8500 レビュー

サウンドバー HT-X8500 は1本で3次元の立体音響を臨場感あるサウンドが楽しめるデュアルサブウーファー内蔵サウンドバー。人気のサウンドバーを当店のホームページにて詳しく紹介しています。

HT-X8500 3次元の立体音響 スリムタイプのサウンドバー

ソニーのサウンドバー HT-X8500 は1本で3次元の立体音響を臨場感あるサウンドが楽しめるデュアルサブウーファー内蔵サウンドバー。三次元立体音響効果の「Dolby Atmos」や「DTS:X」に加えて「DTS Virtual:X」などにもお求めやすい価格ながらも対応しました。

こちらもぜひ参考になさってくださいませ。

SRS-WS1レビュー

以前、人気のバラエティ番組「アメトーーク」でも紹介されたことから、空前(納期最大4ヶ月待ち)の大ヒットモデルとなったソニー製品で、とにかく音が良いし低音ブルブルも面白い。そんなSRS-WS1をレビュー!!

ホームシアター導入が何かと難しい方にオススメの製品です!!

SRS-WS1 包まれるような音と振動体験!

カンタン接続で映画やライブ、ゲームなどテレビの音が大迫力で楽しめ、声をかけられてもヘッドホンと違い会話もできる!住環境によりシアターシステムが組めない方にもオススメです。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL