α7C キットレンズ FE 28-60mm F4-5.6(SEL2860)の実力は?!試し撮り!

LINEで送る
Pocket

軽い・小さいだけではない!結構写るぞこのレンズ!

こんばんわ、ソニーショップさとうち の やす です。

今回ブログで紹介させて頂くのは、ソニーのEマウントレンズ SEL2860 こと、FE 28-60mm F4-5.6。このレンズはα7Cと同時に発表、そしてα7Cのレンズキット(ILCE-7CL)で採用されています。

本体とレンズキット、ソニーストアでの販売価格差は30,000円(2020年11月現在)※追記 +18,000円(2020年12月18日現在)レンズ単体でのメーカー希望小売価格が60,000円ということもあり、カメラと同時に購入するとおおよそ半値近くになるものですから、同時購入しようか?悩まれている方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなお悩みをもつ方にもぜひ読んで頂きたい、使ってみた&試し撮りしてみた感想を書いてみたいと思います。

とにかく軽い・コンパクト FE 28-60mm F4-5.6

コンパクトなα7Cなだけに、レンズも軽くてコンパクトなものを選びたくなります。

そういう意味でも FE 28-60mm F4-5.6 は本当に軽くてコンパクト、α7Cにピッタリです。重さはたった167g しかありません。これでフルサイズ対応とは・・・よくある缶コーヒーよりも軽い!いまだかつてない軽さはさすが世界最小・最軽量!激軽です!!

そしてめちゃめちゃ小さい。カバンの中にすこっと収まるサイズ感は最高です。毎日、一眼カメラを持ち歩きたい方にとっても、この組み合わせは「最強」と言えるでしょう。

レンズの作りとしては質感こそ劣るものの、このクラスでありながら「防塵・防滴」に配慮した設計だと言うのだから驚きです。突然の雨だけではなく、砂埃舞うような運動会などでも安心して使えると言うのは、なんとも心強いですね。

 

肝心の写りは・・・悪くない、むしろこのクラスなら良好!

先日お店の方で「α7Cデビューでレビュー トークショー」をさせて頂きました。

そのときにも使用した作例にプラスして今回は紹介させていただきます。

α7C FE 28-60mm F4-5.6 SS1/640 F5.6 ISO 100

 

α7C FE 28-60mm F4-5.6 SS1/320 F5.6 ISO 100

 

α7C FE 28-60mm F4-5.6 SS1/640 F5.6 ISO 100

 

α7C FE 28-60mm F4-5.6 SS1/640 F4 ISO 100

 

α7C FE 28-60mm F4-5.6 SS1/160 F5.6 ISO 500

いかがでしょうか?個人的には悪くない。。。いや、たいへん失礼ながらそもそも使う前は、どこか期待してないところもあったのですが「なかなかどうしてよく写っている。」むしろ価格や携帯性の良さを考えると、非常に良くできている。と、思いました。

風景撮影的に写すと周辺もカリっと出てますし、ボケもまずまずイイ感じ。

なによりも使っていて思ったのは「撮影してて楽しい」!! おそらくそれは軽さから来る機動力の高さかも。そう、とっても疲れにくいんです。それとシステムが小さいから、町中でも気兼ねなしに写せる感じ。

「あら写真撮ってるわね・・・」、「え?何を撮ってるのかしら・・・?」、α7Cとこのレンズの組み合わせなら、どちらの印象かといえば前者の方。だから妙な緊張感もなく、プレッシャーも感じることなく撮影できます。

これは気が楽だわ~

と、なんだかんだで1日中撮影を楽しんだのですが、やっぱり軽ささと小ささは正義。翌日、疲労感なく会社へ向かえるのでした!ホントこれ大事ですね!!

 

F4で写せるのは広角端付近のみ

FE 28-60mm F4-5.6について、絶賛し過ぎている印象を受けるかも知れませんが、本当にそう思っているからでウソではありません。もう町中をプラプラと気楽に撮影を楽しむだけなら、このシステムで良いかなぁと思ったりもするくらい。

ただちょっと気になった点も挙げておきたいと思います。

それがこのF値変動。

このレンズはF4-F5.6、ズーム域によって開放F値が異なるのですが、F4で撮影できるのはたったの28-29mmの間だけ。しかも29mmも半ばくらいからF4.5へと変化します。

そもそも暗いレンズですので、それが気になる方は購入する気すら起きないのかも知れませんが、さすがに1mmの焦点距離だけF4と言うのは、ちょっとなぁ~と、思った次第。

まぁ、それも小さい軽い、価格、実際に写りを考えると充分に許してしまうのですが(笑)

 

このレンズは買いか?

※2020年12月18日 発売日決定のお知らせと共にソニーストアでの販売価格が発表されました。想像以上にお求めやすい価格設定となりましたので記事内容を当初にものより変更しています。

このレンズ、メーカー希望小売価格は60,000円+税。

実際に購入できる価格はもう少しお安くなると思ったのですが、想像以上にお求めやすい販売価格が設定されました。

2020年12月18日発表時点での販売価格は48,000円です。

一方α7CのレンズキットILCE-7CLで購入するなら、カメラのみとの差額、18,000円で購入することが可能です。(2020.12.18 現在のソニーストア価格)

これらを踏まえて、このレンズは買いか?と、いう質問があったとしたら・・・

レンズキットなら「迷わず買い」。

レンズ単体なら「買っても損なし、このサイズ感他に皆無」と、言ったところでしょう。(あくまでも私の個人見解)

少々暗いものの、コンパクトかつ軽量なズームレンズで携帯性バツグン。しかも防塵防滴に配慮した設計というのですからレンズ単体で48,000円というのはコスパがイイ。

写りも悪くなく、持ち疲れも少ないし、携帯性もバツグン。いいレンズだと思いますよ。

「とにかく軽くて小さい、私はそんな便利ズームレンズが欲しいんやぁ~」って、おっしゃる方には、ぜひぜひオススメしたいところでしょう。


今回はα7C キットレンズ FE 28-60mm F4-5.6(SEL2860)の実力は?!をテーマに書かせて頂きました。諸々、この記事が参考になれば幸いです。

ズームレンズ(FE 28-60mm F4-5.6)

テキスト・特長

ソニーストア価格:48,000円+税

 2020/12/18 現在の価格

ソニー 一眼カメラ α7C (ILCE-7CL)[ズームレンズキット]

世界最小・最軽量フルサイズミラーレス一眼カメラ

ソニーストア価格:239,000円 + 税から

 2020/11/22 現在の価格

レンズ長期保証を優待『αあんしんプログラム』の詳細

なおレンズ単体の発売は2021年の春頃の予定、しばらくはこのレンズα7Cのズームレンズキットでしか手に入らないものとなっています。商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

α7C 関連記事

α7C 到着!開梱&試し撮り!フルサイズでこのサイズ感は最高です!

今回のブログでは恒例の開梱から、試し撮りして使ってみた感想なんかを書いてみたいと思います。

α7C 購入でプリセット付きのAdobeソフトが使えるキャンペーン!

世界最小・最軽量システムを実現した フルサイズミラーレス一眼カメラ α7C に、Adobe社の現像ソフトや動画編集ソフトが3ヶ月無料となるキャンペーンが用意されました!

α7C 見てきました! 想像どおりのコンパクトさ! おでかけフォトに最高最適!

α7C 実機レビュー。想像通りのコンパクトさで、おでかけには最高・最適のカメラといえるでしょう!

 

ソニーのカメラとレンズを徹底レビュー

当店でのホームページではソニー αのカメラ・レンズを徹底レビュー!

α7RIVやα9と言ったフルサイズ一眼、α6600やα6400などのAPS-C一眼、そしてレンズの数々をレビュー掲載中です。ぜひご購入前の参考にご活用ください。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師をつとめ、最近ではさとうちチャンネル(Youtube)でのライブ配信も始める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL