省スペースでこれまでにない音楽体験を スピーカー SA-Z1 ついに発表!

LINEで送る
Pocket

IFA 2019で発表された ニアフィールドパワードスピーカー 「SA-Z1」がついに日本国内でも発表!

こんにちわ ソニーショップさとうち ストアD の やす です。

2020年5月28日の昨日、ソニーはウォークマン WM1Zやヘッドホン MDR-Z1Rなどで知られる ソニーオーディオ技術の結集「Signature Series(シグネチャー シリーズ)」の新製品として、 ニアフィールドパワードスピーカー 「SA-Z1」を発表しました。

本機はパソコンやウォークマンなどのポータブルオーディオプレーヤーと組み合わせて使用。いままでなら機器が大きく設置が困難、リスニングポイントもある程度取らなければいけない環境を作ることが叶わなかった方でも、小さなお部屋で「音が直接耳に届くヘッドホンのような高い解像度とスピーカーならではの広い音場と言った、これまでにない音楽体験」が出来るものとなっています。

価格は「Signature Series(シグネチャー シリーズ)」だけあって 780,000円+税 と、誰しもが購入できるものではありません。しかし、設置しやすいサイズ感で最高品位の音が楽しめると考えると、むしろ・・・と、お考えの方もおられるはず。特にマンション住まいなどスペースに制約がある方には、願ったり叶ったりなハイエンドオーディオかも?!

そんな「SA-Z1」の発売日は2020年6月20日、ソニーの直販サイト・ソニーストアでは先行予約を開始しました。

SA-Z1 ニアフィールドパワードスピーカー

演奏が始まる瞬間や演奏が終わった後の静寂に至るまでの微小音がもたらす繊細な空気感、ニュアンス、そして大音量時のスケール感やステージ感、躍動感など、音楽が持つダイナミズムをコンパクトサイズで再現すると言われる、ニアフィールドパワードスピーカー 「SA-Z1」。

先行展示のお知らせ・ソニーショールーム発売前先行展示情報|ソニー公式サイト

ソニーのショールームでは本日5月29日より展示開始。気になる方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

ニアフィールドパワードスピーカー 「SA-Z1」

テキスト・特長

ソニーストア価格:780,000円+税

 2020/05/29 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

Signature Series レビュー

当店のホームページでは、ソニー高音質技術の結晶「Signature Series」のレビューを掲載しています。

かつてない音の広がりと分離が愉しめる究極のインイヤー

「IER-Z1R」はウォークマンの最高峰「NW-WM1Z」やヘッドホン「MDR-Z1R」などの高音質技術を結集したSignature Series(シグネチャーシリーズ)に位置づけられたインイヤータイプのヘッドホン。聴けばすぐわかる、かつてない音の広がりと分離を愉しむことができました。

幸せになれる究極 ヘッドホン

ソニーの最新技術を惜しみなく投入した高音質フラッグシップモデルの総称「シグネチャーシリーズ」である「MDR-Z1R」は心地よい装着感と共に「音楽を聴く幸せ」を感じさせてくれる、そんなヘッドホンとなっていました。

NW-WM1Zレビュー 実機を使って徹底解説

ウォークマン WMシリーズは、ソニーが培ってきた高音質技術を、ポータブルサイズの筐体に詰め込んだポータブルオーディオプレーヤー。

こちらも参考になさってください。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL