J開幕近し サンガスタジアム by 京セラ こけら落としゲームへ行ってきました!

LINEで送る
Pocket

2020年のJリーグも、いよいよ明日から開幕ですね!

こんにちわ、 さとうち ストアD の やす です。

2020年2月9日なので、少し前のことになるのですが、今年からJリーグ 京都サンガFCのホームスタジアムになる「サンガスタジアム by KYOCERA」に行ってきました。

この日は新スタジアムのこけら落とし、京都サンガFCとセレッソ大阪のプレシーズンマッチが行われたのですが、それはそれはとっても素晴らしいスタジアムでした!!

それでは当日の様子と、スタジアムの雰囲気とかを本日はお伝えしたいと思います。

 

サンガスタジアムby京セラ こけら落とし行ってきました!

当日の気温は最高気温で6℃くらい。なんともタイミングが悪いと言うか、この冬の中でももっとも寒い日の観戦となりました。暖パン履いて、カシミアのセーターにコートを来てカイロも貼ってレッツらGO!

自宅からはJRで亀岡駅へ向かいました。

大混雑が嫌だったので少々贅沢ながらも特急でラクラク移動。亀岡駅に近づくと見えてきましたスタジアム!!おぉ~かっこいい!!テンションあがりMAX!!

亀岡駅を降りて、流れのままにスタジアムの方向へGO!

時折ふく風、そして舞う雪・・・近くの山は雪景色!

立派なスタジアムのエクステリアに、かっこええなぁとか言いながら、スタジアムの中に到着です。

本当はビジターシートに入りたかったけど、早々にソールドアウト。(発売時間が仕事中だったからやむなし)ホームサポーター自由席の3階、限りなくビジター席に近い、みやすそうな角度の場所に座席をキープ。

それにしてもピッチが近いっ!

座席につくなり、ため息がでます・・・綺麗し・・・最高です、素晴らしい!!

しばしぼんやり、ライブとか眺めつつ時間を過ごします。

まだまだ試合まで時間があるので、もう一度場外へ、スタジアムのコンコースからみた入場待ち列はまるで「なると」みたいでした。

売店も大賑わい。

大河ドラマ館という新しい施設もスタジアムの1階部分にありました。

そしてJRの ICカードで来た人対象の「しば漬け味のぷっちょ」もゲットです。

スタジアムに戻ってくるころには散水が始まっていましたよ。

これをみるといよいよ感が増してきますね!至るところから散水できるシステムは、いかにも新しいスタジアムっぽいところ。

そして選手が入場してきました!

メンバーを確認するとセレッソはガチメン構成。リーグ戦が近いから本番を見据えてでしょう。

そんなウォーミングアップが終わると、ネーミングライツの除幕式が行われました。

お話によると「サンガスタジアム by KYOCERA」は20年間の契約なんだとか。すごい長期契約ですね、20年後のわたしの年齢って・・・いや考えるのよそう(汗)

そしていよいよ試合開始です!!

どうしても応援しているチーム目線での観戦となるので、セレッソ側しかよくわかりませんが、リーグ戦の開幕が近いことから、チームの決まりごとを最重視してプレーしている印象。最後のほうは、大怪我から復帰した都倉選手にボールを集めるのに、すごく雑なプレーが目立っていましたが・・・

結果は2-3でセレッソ大阪の勝利。試合は90分間で5つのゴールが決まる内容。

時折吹く強風と雪に体が縮こまるような状況でしたが、すごく楽しませていただきました。

で、帰り道。

↓一部拡大 通路の様子

やっぱりなぁ。だったのが亀岡駅までの歩道です。到着したときから、スタジアムへ続く通路は激混み必至思いましたが予想的中です。この日は1万7千人以上がスタジアムを訪れたので当然と言えば当然かも。

夕方4時を回って寒い中並ぶのちょっと辛いなぁ。と、思ったとき、思い出しました!

バスがあるやん!

なんとなく頭にインプットされてあった、臨時スタジアム乗り場に行くと「バス乗れますよ~座って乗れますよ~JRは座れませんよ~(!)」の笑ってしまうようなアナウンス。

バスが向かう駅は阪急 桂駅。

なんに問題もないので喜んで乗車です。

一昔まえの高速タイプのバスでしたが、補助席の使用もなくゆったり快適♪楽ちんで帰宅の途に着けました。

「サンガスタジアム by KYOCERA」は本当に素晴らしいスタジアムでした。

サンガのサポーターのみなさん、そしてAWAYサポーターのみなさんも訪問を楽しみにされているのではないでしょうか?わたしもビールが美味しい季節にまた来たいです。

京都サンガFCがJ1に「復帰」できますよう、祈っております!

撮影機材 : サイバーショット DSC-RX100VI

 

進化が止まらないサイバーショット レビュー

今回使用したカメラは「6世代モデル」でしたが、同じズーム倍率を搭載する「7世代モデル」AF性能が飛躍的に進化!!4K動画撮りにも最適です。

サッカー観戦旅にサイバーショットRXシリーズ。頼もしいですよ。

飛躍的進化したAF性能と高倍率ズームをコンパクトに凝縮!

DSC-RX100M7 はソニーデジタル一眼カメラの α9 が搭載するスピード性能をコンパクトサイズで実現したシリーズ第7世代モデル。高速オートフォーカス性能に24-200mmのズームレンズの組み合わせは多くの被写体に対応し、本格的な撮影から旅行まで1台でこなしてくれる優れモノ。動画記録をする人にとっても魅力的なものとなっていました。

 

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL