そうだ!福岡に行こう!「鉄道撮影」と「ソニーストア福岡天神」訪問記 Vol.1

LINEで送る
Pocket

以前から、「今しか写せない。どうしても写しておきたい。」

そんな鉄道風景が福岡にあったので、とある日撮影に行ってきました。

そして、福岡と言えば。今年の4月11日、天神にオープンしたソニーストア福岡天神にも行ってみたいなぁ。と、思ったので、訪問の申請を打電したところ快諾!

鉄分補給に加え、ソニーストア巡りと、とっても充実した福岡訪問となりました。

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)

そんな訳で、新大阪から朝一の「みずほ号」に乗って、まずは博多で下車。そこから在来線に乗り換えて「香椎(かしい)」まで来た私。乗ってきた列車をカメラに収めると、西戸崎から宇美までをつなぐ香椎線のホームへと向かいます。

 

玄界灘と松林、鉄道のある風景を求めて

香椎線のホームには西戸崎行、真っ青な顔のキハ47形気動車がすでにスタンバイしていました。

α7R II + FE 90mm F2.8 Macro G OSS(SEL90M28G)

ディーゼル気動車独特のガランガランと言ったアイドリング音を聞くと旅に来たなぁ。と、いう思いになります。

 

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)

入ってすぐのロングシートに着席すると頭上には、国鉄「JNR」のロゴが入った扇風機。

ローカル線に乗ったら、国鉄時代のものを探して写したくなりますが、JNRロゴ入り扇風機は間違いない代表格といえるでしょう。発見した瞬間から、思わずカメラを向けてしまいます。

ちなみに、上の写真は、どうでもいいようなコダワリがあるのですが、お気づきでしょうか?

そう!右上につり革を入れているところ。(細かっ!)

空間の埋めと、撮影位置(ロングシート付近)がわかりよう、コダワッてみました♪

 

定刻通りに列車は発車。

列車に揺られ、ふた駅ほど過ぎると、BOXシートにもチラホラ空きが出始めました。

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)

せっかくの旅、乗車時間が短いとは言え、ロングシートではもったいない。

BOXシート、進行方向に腰をかけると、最近、都市部の列車では見かけなくなった、窓のつまみを発見。

どんなアングルで写せばイイのか・・・

悩みながらアレコレやっていると、列車は目的地へと到着してしまいました。

 

到着した駅は「海ノ中道駅」。

ちなみに大阪から、新幹線で博多まで乗車券をつくった場合「福岡市内」と市内表記されるのですが、この駅も市内扱いで来られる駅だったりします。博多からおおよそ40分。随分遠くまで来た印象で、なんだか得した気分です。

 

さて、ここからは駅に隣接する、国営の海の中道海浜公園に入園します。

そう!今回の撮影の目的地、実は国営公園にある展望台から行います。

 

広い園内なので、入園後すぐにレンタサイクルを借りたのですが、その際、係の人に「展望台から列車を写しに来たんですよ~」と、お話しても、??と首をかしげられてしまいました。

すこし嫌な予感・・・

まぁ、きっと知らないだけだろう。サイクリングコースを通り、その場所へと向かいます。

まだ、朝の早い時間なので、気持よく走らせていると、左手に玄界灘が見えてきました。

記念撮影に思わず途中下車。

 

誰もいないから、大声を出したらさぞかし、気持ちよさそうです(汗)。

 

出すか?出すか?

出さなかったけど、出しときゃ良かったかな・・・

 

目的地近くまで行き、駐輪スペースに自転車を停め、そこからは歩きです。

環境共生の森というところにある、展望デッキに登りました。

 

防ぎの森と名付けられた、マツで作られた防潮風林の奥にはわずかに線路が見え、玄界灘が一望。

自転車借りた時は不安だったのですが・・・絶景!ここだ!思っていたとおりだ!!

α7R II + Vario-Tessar T* FE 16-35mm(SEL1635Z)

まずは広角レンズでパチリ。松林の奥を走る列車は小さくても存在感バツグン。

でも、どうも周囲が黄砂の影響か?モヤっとしているせいで、玄界灘がスカッとしません。うーむ。

 

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)

今度は望遠レンズにして寄りで写してみました。

このアングルが個人的にはしっくり来る感じ。松のツンツン具合も自分的にはステキです。

 

でも、やっぱり奥の玄界灘があまり表現されていない。と、いうのは残念なところ。

わざわざここまで来たのですが・・・何本撮っても納得できません。

 

じゃぁ、玄界灘を切るか・・・とも思ったのですが、それでは今回の撮影目的が成立しないことになります。

これは『リベンジ』確定です。

 

ただ、見て分かる通り、松の成長次第では、この風景は過去のものとなってしまう可能性も。

今日のところは残念ですが諦めるとして、早々にリベンジの機会を伺いたいと思いました。

 

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)

それでも、今回の撮影は、JR九州色気動車のすれ違いを、信号所でこのように写せたところは収穫でした。

 

こんな感じで、海の中道海浜公園での撮影を終え、レンタサイクルを返却。

乗車予定の列車までは、駅の近くで最後の撮影を行いました。

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)

新緑のある風景の中の、低速シャッターで列車をわざと流して、イメージカット的に写してみました。

ちょっとハイキーにしすぎたか・・・

 

帰りは行きと同じルートを使います。

香椎まで戻り、乗り換えて博多まで。このあと、予定の時間まで時間があったので、博多駅にて時間調整で九州特急を中心に駅撮りを行いました。

α7R II + FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS(SEL70300G)

787系と883系の並びは、大阪人の私にとっては、やっぱり物珍しい光景です。

 

時間もほどよく過ぎ、博多からは地下鉄に乗って、天神で下車。

歩いて数分・・・次の目的地である、ソニーストア福岡天神さんに到着しました!!

周囲は交通量が多く、人もたくさん通っています。初めて見るソニーストア福岡天神さんは、全国にあるソニーの直営店の中で比べると、ソニーストア名古屋さんに近い雰囲気かも。

外見からわかるように、とても開放的で入りやすそうな雰囲気。自動ドア開くと、私の足は、自然と店内へと導かれるのでした。

さぁ、ここからソニーストア福岡天神さんを楽しむぞ!! ・・・と、いうことで、このお話の続きは次回。内容も濃い目でお届けしていきますよ。

 

ソニーストア福岡天神さんについては、リンク先も参考になさってください。

 

Eマウントフラッグシップモデル『α7R II』レビュー

今回の撮影で使用した「α7R II」のレビュー記事を公開しています。

興味のある方は当店のレビュー記事も、ぜひお目通しください。

α7R II(ILCE-7RM2) 徹底レビュー

コンパクトな本体にソニーの最先端技術を惜しみなく投入!! α7R IIは歴代最高スペックを搭載し登場。数えきれないほどの魅力が、α7R IIには詰まっています。

 

 

αフォトライフサポート 加入しやすくなりました!

ソニーストアが提案する3年間の有料サポートメニュー「αフォトライフサポート」が加入しやすくなりました!

αフォトライフサポートに加入すると・・・ソニーのレンズが通常より5%OFFで購入可能。ソニーストアセミナーやセンサークリーニングも割引優待受けられます!

カメラ同時加入なら通常より2,000円お安くご加入いただけます。内容は詳しく記事にしましたので、そちらの方もご確認ください。

レンズやセミナーが割引価格、メンテも優待「αフォトライフサポート」

αフォトライフサポートとは、有料で加入できる「ソニーストアの限定サービス」。大きな声では言えませんが、特に交換レンズを購入検討されている方はオススメで3年間は5%OFFで購入可能!これは知らねば絶対に「損」。ぜひご一読ください!!

 

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


bloglogo_201407.jpg

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

  1. あおたけ said on 2016年5月23日 at 7:03 AM

    九州遠征、香椎線とはまたシブい!
    国鉄型キハに乗ると、扇風機や気温計など、
    国鉄時代の名残りを探してしまいますよね〜(^^)
    松林を行くキハ、玄界灘は霞がちですが、
    松のツンツン具合がいいですね♪
    新緑カットも爽やか!

  2. yas said on 2016年5月25日 at 4:28 PM

    あおたけさん こんにちわ♪
    香椎線渋いでしょ~
    でも、前から行きたいなぁと、思っていたので、念願かなった感じです。
    松林をいくキハは、もしかするともう見れなくなっているかも・・・の思いで行きましたが、ちゃんと見れて良かったです。
    玄界灘の霞はこの季節特有かも知れません。
    次回のリベンジは、秋から冬に掛けて検討中です^^