ファーストクラスの感動体験 ノイキャンヘッドホン WH-1000XM3 購入!!

LINEで送る
Pocket

近くの道路を走る車のロードノイズに、エアコン、換気扇、空気清浄機などの生活ノイズとサヨナラしました!

こんにちわ ソニーショップさとうち ストアD の やすです。

ついに・・・いや、ようやくとも言うべきか、ソニーワイヤレスノイキャンヘッドホンのフラッグシップモデル WH-1000XM3を購入させていただきましたっ!

ずっと買いたかったのですが、お財布の都合でようやくの購入となりました!!

このヘッドホンについては、もうすでに当ブログ、ホームページでレビューを書かせていただきましたが、ANAの国際線 ファーストクラスで採用されているように、その使い心地の良さもまさにファーストクラス級。

購入してから自宅でじっくり使って、改めて素晴らしい!と、感動した次第です。

WH-1000XM3の詳しいことについては、当店のホームページ記事もご覧頂くとして、今回はリアルな購入者目線での感動使用体験レポートをお届けしたいと思います。

WH-1000XM3 やっぱりスゴかった!ノイキャン機能

電源を入れて装着すると、音楽をかけずとも周囲のノイズが消える・・・

ノイキャンヘッドホンだから、当たり前と言えば当たり前。なのですが、購入するまでは今まで静かと思っていた自宅の室内、実はノイズがすごく多かった。と、いうことに気づかされました。

例えばエアコンや換気扇、空気清浄機などの作動音。

もちろん、これらは風量が大きい時だけではなく、静かなアイドリングのような状況でも効果てきめん。着けた瞬間に「おっ!」と、言っちゃうほど静かになって、外した直後「ごぉ~」といった騒音が聞こえてきます。

このヘッドホンがもつ、効果の高さはいつもの室内で、すぐに実感できました。

音楽をかければ、さらに効果はあがり本当に驚くほどにノイズが激減。これは本当に素晴らしい。ノイキャンヘッドホンは他にも持っていましたが、その効果の高さは、さすがフラッグシップモデルと言うべきところ。

もちろん周囲の音が全く聞こえなくなると言う訳ではありませんが、何かに集中したいときにも凄くイイ。ノイキャン効果の高さで、音楽の音量も小さめで済むので、これなら耳を痛めることもなさそうです。

購入前から、ノイキャン効果の高さはわかっていましたが、自宅で使うとよりリアルな体験談が書けますね。そうそう、車のタイヤが道路と接地するときに発生するノードノイズなんかも、かなりカットしてくれます。

あの、しゃ~って音、ほぼ聞こえないレベル。もの凄く低減してくれましたよ。

クイックアテンションモードが最高便利!!

WH-1000XM3にはヘッドホンを外さずとも周囲の音を聞くことができる「クイックアテンションモード」が搭載。いわゆる外音取り込み機能のひとつなのですが、これが最高便利です。

右側のハウジング部に手のひらをそえれば即時に起動。その時だけかかっている音楽の音量が小さくなり、かなりハッキリとした音で、外の音を聞き取ることができます。(フツーに会話が可能)

話かけたいときは肩を叩いてもらう。など、自宅で使うなら、家の人にこの機能を理解してもらう必要はあるのですが、ヘッドバンド式のヘッドホンってぶっちゃけ着け外しが面倒くさい、本当に重宝します。

実はこの機能、購入するまではビミョーな機能だと思っていたのですは、実際につかってみると素晴らしい、もう手放せません。それほど便利な機能だと思いました。

ワイヤレスだけど音がイイ!!

ワイヤレスで音が悪いなんてもう昔話。なかでもさすがフラッグシップモデル WH-1000XM3 は更に上を行く高音質。高い解像性能とバランスの良さで、ワイヤレスでも「凄くイイ音」を楽しめます。

購入した直後は、パーツが馴染んでいないのか、どこかキレがなく解像感に乏しいそんな音だったのですが、エージングも含め50時間を超えた辺りから音が凄く良くなってきました。

100時間超えたあたりからは安定したみたいで、今ではいつでもイイ音で楽しめます。

ちなみに音楽再生機は新しい機器ほど、いい音で楽しめるみたい。

わたしの場合、ウォークマンとつないで音楽を楽しむことが多いのですが、先代モデル(ZX300)よりも現行モデル(ZX507)、先々代モデル(ZX100)よりも先代モデル(ZX300)と、ハッキリわかるレベルで新しいウォークマンの方が音がいい。ワイヤレス技術が新しいものほど進化しているのでしょう。

ZX507 >>>>> ZX300 >> ZX100 ←こんな感じ

もちろん新しい方がより良い結果というのは、私が持っているウォークマンでの比較です。もし、複数台再生機をお持ちの方はぜひ色々試して欲しいと思いました。

その他にも、良いと思えるところ多数アリ

ノイキャン性能、クイックアテンションモード、ワイヤレスだけど音がイイ!など、WH-1000XM3でお気に入りのところを紹介させていただきましたが、その他にも良いところは多数あります。

装着性の良さに、意外とコンパクトなところとか、ホント多数。

ただ、これから季節が進み徐々に暑くなってくると、密閉型なので出番は減ってしまうかも。そんなときはイヤホンタイプ、中でも WI-1000XM2 はやっぱり最強!ってなるかも知れませんが、私の中では大満足なヘッドホンであること間違いなし。

WH-1000XM3、本当に買ってよかったです ^^


今回はソニーワイヤレスノイキャンヘッドホンのフラッグシップモデル WH-1000XM3 の体験レポートを書かせていただきました。ファーストクラスの感動を・・・興味がある方はぜひ参考になさってくださいね。

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン「WH-1000XM3」

ノイキャン性能の新たな到達点。研ぎ澄まされた高音質に浸る。

ソニーストア価格:39,980 円+税

 2020/03/28 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

WH-1000XM3 レビュー

当店のホームページにて今回紹介したヘッドホンを詳しくレビュー!

こちらも、ぜひ参考になさってください。

実機で解説! WH-1000XM3レビュー

WH-1000XM3は、業界最高レベルと言われるノイズキャンセリング機能を搭載したソニーのオーバーヘッド型ワイヤレスヘッドホン。優れた装着性にハイレゾ音源にも対応するハイグレードモデルで、右側を手で覆うと、周囲の音を取り込む「外音取り込み機能」などのギミックも用意されました。

 

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL