VAIO SX12,SX14 スペシャル仕様のみ選択可 隠し刻印キーボードを見る!

LINEで送る
Pocket

黒のキーキャップに黒の文字を刻印したキーボードが登場。

2020年VAIO SX12 と VAIO SX14 のスペシャルエディションのみで選ぶことが出来る、特別なキーボード「隠し刻印キーボード」について今回は紹介したいと思います。

こんにちわ ソニーショップさとうち ストアD の やす です。

先日1月23日に発表されたVAIO SX12 および VAIO SX14 のスペシャルエディション、「ALL BLACK EDITION」と「RED EDITION」のキーボード選択において、特別なキーボードが選べることをご存知でしょうか?

特別なキーボード、その名も「隠し刻印キーボード」。

過去のVAIOには、キートップに刻印が一切施されていない「刻印なしキーボード」が存在しましたが、今回の「隠し刻印キーボード」は実用的かつ、カッコイイ!!

使用者からは見えるけど、少し離れてみたり、または角度によってはキートップの文字が見えない、不思議なキーボードとなっています。それでは見ていきましょう!

VAIO SX12、SX14 隠し刻印キーボードを見る

※今回のブログで紹介するVAIOはVAIO SX12 ALL BLACK EDITION 隠し刻印仕様です。

黒のキートップに黒の文字を刻印、それが「隠し刻印キーボード」。異なるブラックの組み合わせ、それはまるで文字がカモフラージをしているかのよう。

当然ながら通常の白刻印のキーボードのように、はっきりと文字が見えるものではありませんが・・・割と普通に文字を見ることができました。

しかし、角度を少し変えるとご覧のとおり、 キートップの文字が見えるような見えないような。

よ~く見ると文字は見える。

だけど、瞬間的には 「えっ?!真っ黒?!」って、思ってします。 おぉ、まさに「隠し刻印」だっ!!

正面から見るようなタイピングポジションでは、まぁまぁ見えてる。

またまた角度を変えると文字が隠れて見えにくく、さらに離れるほどの文字の存在が希薄になります。しかし、しかしですよ。文字の存在は希薄になりながらも、VAIOの存在感は今までよりも増したかも。

これは、、、とってもカッコイイ!!

特に ALL BLACK EDITION との組み合わせは、このキーボード搭載で、以前にも増してカッコ良くなった。キートップが変わるだけでも、印象ってこれだけ変わるものなんですね。

オールブラックが「真のブラック」へ・・・とは、このことを言うのでしょう。

もうひとつの「隠し刻印キーボード」が選択可能な、RED EDITIONも当然ながらカッコイイ。選ぶのは赤か黒か・・・ハッキリ言って それは個人の好みでしかなさそうです。

関連記事

う、美しい… VAIO SX12,VAIO SX14 RED EDITION 見てきました!

赤のVAIO ふたたび!2018年 VAIO S11以来の登場となった 赤のVAIOを見てきました!

 

隠し刻印と通常刻印 キーボード比較してみました

残念なことに同じ色、同じサイズのVAIOは用意できなかったのですが、隠し刻印キーボード仕様の VAIO SX12 と 通常キーボードの VAIO SX14 でキーボードの比較をしてみました。

左:通常 日本語キーボード 右:隠し刻印 日本語キーボード

見比べてみると、かなり雰囲気が違いますね。

隠し刻印キーボードは見慣れてくると、結構文字見えてるやん!って、思うこともあったのですが、やっぱり・・・と文字のパッキリ感が違います。

ちなみに当店で展示中のVAIO SX12 ブラウンとの比較はこんな感じでした。

こうやってみるとブラウンに隠し刻印キーボードが選択出来ても良いかも知れない。なんてことも思ってしまうのでした。

 

隠し刻印キーボード 追加料金発生しません

昔からVAIOのカスタマイズモデル、オーナーメードモデルのことを知っていると「特別なパーツは有料になる。」と思いがち。しかし、隠し刻印キーボードは追加料金が発生しません。

そう、ベース価格のままで選択できるようになっています!!

これは正直驚きました。なにせこのキーボード、開発するのに2年の歳月を要したらしいので。カスタマイズのページを見に行くまでは、絶対に追加料金が発生するものと思っていました。

昔からのVAIOユーザーである私は、「よっ、太っ腹っ!」声を上げてしまいたくなります。よほどのことがない限り、通常キーボードを選択することはなさそうです。

 

バックライトキーボード搭載も、キートップは光りません

この隠し刻印キーボードに残念な部分があるとしたら、それはキートップが光らないことかも。バックライト機能そのものは標準装備なこともあり用意されているのですが、塗装が通常キーとは異なるため、文字部分のみ光が透過しないようになっています。

暗いところでプレゼン機会や作業が多い方にはオススメできません、その点だけはご注意ください。


今回は、1月23日に発表されたVAIO SX12 および VAIO SX14 のスペシャルエディション、「ALL BLACK EDITION」と「RED EDITION」で選択可能な「隠し刻印キーボード」について書かせていただきました。

過去に無刻印キーボードが出てきた時は衝撃を受けつつも、自分じゃ使いこなせないと思って通常キーボードの方で購入した経緯がありますが、これがあの時出ていたら・・・

隠し刻印キーボードは実用性を残しつつデザインも重視。なかなか素晴らしいです!!

興味をお持ちの方は、ぜひ参考になさってください。

VAIO SX12 ALL BLACK EDITION ソニーストアモデル

VAIOロゴ・ヒンジ・オーナメント・パームレストetc、全てがブラックのスペシャルエディション

ソニーストア価格:219,800円+税から

 2020/01/23 現在の価格

 

VAIO SX14 ALL BLACK EDITION ソニーストアモデル

VAIOロゴ・ヒンジ・オーナメント・パームレストetc、全てがブラックのスペシャルエディション

ソニーストア価格:219,800円+税から

 2020/01/23 現在の価格

 

VAIO SX12 RED EDITION ソニーストアモデル

数量限定特別モデル

ソニーストア価格:219,800円+税から

 2020/01/23 現在の価格

 

VAIO SX14 RED EDITION ソニーストアモデル

数量限定特別モデル

ソニーストア価格:219,800円+税から

 2020/01/23 現在の価格

 

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

VAIO SX12 レビュー

VAIO SX12 レビュー 実機を使って徹底解説

VAIO SX12 は11型サイズの筐体に12.5型ディスプレイを搭載し、キーサイズ・キーピッチともにフルサイズ、メインマシンの使い勝手をモバイルサイズで実現したノートパソコン。レビューではカスタマイズまでを徹底解説!

VAIO SX14 レビュー

VAIO SX14 レビュー

高精細な4Kディスプレイを搭載できる「VAIO SX14」はサイズ感に注目。14型サイズながらも13型ノートパソコンとほぼ変わらない大きさに約999gの軽量ボディを実現!大画面モバイルノートここに誕生です!レビューではカスタマイズまでを徹底解説!

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL