α7IV ついに日本国内でも正式発表! 発売日はなんと年内 12月17日 金曜日

LINEで送る
Pocket

ついにキタキタ、ついにキター!α7IV(ILCE-7M4)が日本国内で正式発表!発売日も発表されました!

こんにちわ ソニーショップさとうち の やす です。

2021年10月21日に海外にて発表のあった α7IV(ILCE-7M4)が、ついに12月2日の本日、日本国内においても発表されました!そして気なる発売日も発表!発売日はなんと年内!2021年12月17日の金曜日!!

思ってたより早いっ! これはアツい年末になりそうですね~

α7 IV 発表・受注・発売スケジュール

  • 2021年12月2日木曜日 13:00 発表
  • 2021年12月7日火曜日 10:00 受注開始
  • 2021年12月17日金曜日  発売予定日

受注開始(先行予約開始日)は 2021年12月7日火曜日 10:00 スタート!

昨今の半導体不足を考えると、初期ロットもしくは年内に絶対欲しいという方にとっては、受注開始と同時に予約するのが間違いなく「吉」かと思われます。興味のある方は今から12月7日火曜日10:00にスケジュールをあけておきましょう!

α7IV 日本国内 正式発表!

α7IV (主な特長)

  • 新開発 約3300万画素 35mm Exmor RS CMOSセンサー× BIONZ XR
  • 最高約10コマ/秒の連写性能
  • 4K 60P (Super 35mm)動画撮影対応
  • 「鳥」にも対応したリアルタイム瞳AF
  • バリアングルモニター搭載
  • 手ブレ補正 5.5段の補正効果
  • CFexpress Type AメモリーカードとSDXCメモリーカードのデュアルスロット
  • α1・α7SIIIに近いUI採用・クリエイティブルック採用
  • USB 10Gbpsライブストリーミング対応

α7IV は 有効約3300万画素のセンサーを搭載した 35mmフルサイズ ミラーレス一眼カメラ。

本体のデザインは静止画も動画も両方こなせる、モニター&ボタンレイアウトを採用しました。バリアングルモニターや従来では C1ボタンとなる部分が録画ボタンになっているなど、一見 α7SIII に近い雰囲気となりました。

モード切替には静止画・動画・S&Qの選択ダイヤルが用意。

露出ダイヤルはカスタマイズ可能になり、従来あった露出表示が消失しました。普段マニュアルで撮影されている方にとってはこの刻印、不要ですので嬉しいかも。

ボディは防滴に配慮した設計。マグネシウム合金を採用しています。

α7IV 新型センサーに優秀な画像処理エンジン

α7IVには新開発された 3300万画素のCMOSセンサーに加え、優秀な画像処理エンジン「BIONZ XR」を採用。位相差759点AF性能は大幅にα7IIIから向上しているようで 、リアルタイムAFを始めとする α1に続く、鳥瞳AFも搭載しました。

また動画記録もSuper 35mm(APS-Cクロップ)ですが4K 60Pに対応。例えば動きものなどを記録すると、どうしても毎秒30コマ記録の30Pではカクカクしがち。でも毎秒60コマ記録の60Pなら非常に滑らか。高画質な動画記録をしたい、そんな方にとって 4K 60P搭載は非常に魅力的に感じるのではないでしょうか?

α7IV 新世代UI搭載へ

UI(ユーザーインターフェース)はα1やα7SIIIと同じ新しいものが採用され、画像スタイルも従来の「クリエイティブスタイル」から「クリエイティブルック」へと変更となりました。

従来のクリエイティブスタイルがもつ直感的なイメージと比べると、なんとなくネガなイメージが多いクリエイティブルック。しかし実際に使ってみる項目が多くてとても良いもの。もちろん慣れは必要ですが私のようなα1ユーザーをはじめ、α7S3ユーザーからは、新UIにクリエイティブルックは歓迎される要素のひとつになることでしょう。

α7IV 市場推定価格は カメラのみ 330,000円前後

気になる市場推定価格は 330,000円前後。

兄弟機 α7III が、本日時点で おおよそ253,000円税込(ソニーストア価格)ですから、価格差は77,000円と大きく開きました。もうこの価格ともなると、無印 α7シリーズの売りであるフルサイズのスタンダード機とは言えないかも知れませんが、新型センサーに優秀に画像処理エンジン搭載。より進化したAF性能に高付加価値、そして昨今の材料費の高騰化を考えると、この価格は妥当なのかなぁとも思えてきました。

α7IVには標準ズームレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」がセットになった(ILCE-7M4K ※上の画像)も用意されました。市場推定価格は350,000円前後。ただしこちらは2022年春発売予定なので、手に入れるのはずいぶん先になってしまいます。

α7IV 発売日は2021年12月17日金曜日

α7IVの発売予定日は2021年12月17日の金曜日。最初は日本国内での発表がなくヤキモキしましたが、なんと年内の発売です。冬休みに新しいカメラで・・・と思われていた方には朗報とも言えるでしょう。

α7IV 先行予約販売は12月7日10:00より

受注開始(先行予約開始日)は 2021年12月7日火曜日 10:00 から。ソニーの公式通販サイト・ソニーストアを始め全国の取扱店で開始されます。いま部品不足でカメラの生産が追いついてない状況です。初期ロットもしくは年内に絶対欲しい!という方は、受注開始と同時に予約をオススメします。


今回は12月2日の本日、ついに、ついに日本国内での発表となりました α7IV(ILCE-7M4)についてご案内させていただきました。なんども書きますが年内発売ですよ。これは激アツですね!!

カメラの詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

α7IV レビュー ホームページにて掲載中

当店のホームページにてα7IV の実機を使ったレビューページを公開しました。

α7IV レビュー 実機・作例を使って徹底解説!

デジタル一眼カメラ「α7IV(ILCE-7M4)」のレビューをお届けしています。筆者が実際に使った感想を元に書いています。

α7IVのことで興味のある方はぜひご覧くださませ。

α7IV ハンズオン! さわってわかった…

ウワサのミラーレス一眼カメラα7IV(ILCE-7M4)を触ってきましたよ~展示初日の夜、ソニーストア大阪さんを訪れて実機体験。動画時の操作性が大きく向上し、AF性能はまるでα1の弟みたい!ソニーの考えるこれからのスタンダードって、めっちゃハイレベルでした!!!

α7IV 先行予約販売開始! ソニーストアでの価格・・・

予定通り α7IV の先行予約販売が始まりました!

間違い注意! α7IV 液晶保護ガラスシートは

α7IV液晶保護ガラスシート は「PCK-LG2」ですよ!お間違いなく~

α7IV ついに日本国内でも正式発表! 発売日はなんと

ついにキタキタ、ついにキター!α7IV(ILCE-7M4)が日本国内で正式発表!

ILCE-7M4(ボディのみ)

次代の、新基準へ。有効約3300万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー、最新世代の画像処理エンジンを搭載したフルサイズ一眼

ソニーストア価格:328,900円(税込)

 2021/12/07 現在の価格

ソニーのカメラとレンズを徹底レビュー

当店でのホームページではソニー αのカメラ・レンズのレビューを掲載しています。α1やα7RIVやα7Cと言ったフルサイズ一眼、α6600やα6400などのAPS-C一眼。そしてレンズの数々をレビュー掲載中です。

ぜひご購入前の参考にご活用ください。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師をつとめ、最近ではさとうちチャンネル(Youtube)でのライブ配信も始める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL