αで写した鉄道写真 当店オリジナルカレンダー 2020年7月分を解説

LINEで送る
Pocket

7月に入って下旬を迎えてしまいましたが、月に一度の恒例記事、ソニーショップさとうち オリジナルカレンダー 2020年に使用した写真を先月に引き続き、紹介させて頂きたいと思います。

αで写した鉄道写真 当店オリジナルカレンダー 2020年7月

※このブログエントリーは7月6日午後に自動投稿を行いましたが、当日、当路線が大雨により被害を受けたことを知り、投稿後2時間で取り下げました。改めて再公開させていただきます。

こんにちわ ソニーショップさとうち の やす です。

今年7月のカレンダーに使用した写真は、昨年の秋 2019年10月に撮影したもの。青い海に青い列車がなんとなく夏っぽい雰囲気であることから、海開きがある、7月の写真として採用させていただきました。

撮影場所は、長崎線の大村湾沿いを南北に走るJR九州 大村線の千綿駅。新型車両の導入で引退が迫っているキハ66型車両の「SEA SIDE LINER」を、いかにも大村線らしいそんな構図で撮影してみました。

そうそう、この千綿駅の駅舎にはレストラン「千綿食堂」が併設。

開店準備中の食堂からは調理中のなんともいい香りが漂っていました。

この日は早朝から撮影していたので、朝ごはんを食べそびれてた私にとって周囲に漂うこの香りは、言わば「飯テロ」状態。お腹をぐぅぐぅ鳴らしながら構図を練っていたのはココだけの話です。

話は変わりますが先日、久しぶりに紙の時刻表を購入しました。いつもは電子版を購入しているのですが、違う目的で書店に行って手に取ると、なんだか急に欲しくなってしまいました。

路線図を見ながらページをめくる。ページをまたぐ列車を追っかけて大阪から東へ西へ。あーこれはこれで楽しいす(笑)。途中下車なんかも取り入れてながら1日旅行も考えたりするのもまた楽しい。あくまでも脳内旅行ではありますが、久々に時刻表で楽しんだ気がします。

※令和2年7月豪雨によって被害を受けられた皆さまへ、心よりお見舞い申し上げます。

α7R IV作例付きレビュー

α至上最高画質のカメラが登場!今回の撮影ではこのカメラを使用しました。

当店のホームページにてα7R IVのレビューをお届けします!

α7R IV レビュー 作例付き・わかりやすく実機を使って徹底解説!

2019年9月16日に発売された「α7R IV」はソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラの高画素モデル「α7Rシリーズ」の4世代目で、フルサイズとして世界初となる有効画素数6100万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載しての登場となりました。

 

ソニー 一眼カメラ α7RIV (ILCE-7RM4)

第4世代の革新が、ここから始まる 世界初 有効約6100万画素 α7RIV

ソニーストア価格:399,000円+税

 2019/09/09 現在の価格

 

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL