ウワサのウォークマン A100シリーズを試し聴き!高音質化と遊びゴコロ

LINEで送る
Pocket

2019年10月16日に発表された、うわさのソニーのオーディオプレイヤー「ウォークマン A100シリーズ」。Android OS 9.0 搭載で大きな注目を集めていますが、個人的には音質も気になるところ。

そこで本日のブログエントリーは、ウォークマン A100シリーズの音についてチェック。従来モデルと聴き比べとかを中心に、遊びゴコロ溢れる機能まで紹介していきたいと思います。

ウォークマン A100シリーズ 試し聴き!

聞き慣れた楽曲をウォークマン A100シリーズに保存して早速聴いてみます。

おぉ~!!やっぱりウォークマンはエントリークラスでも音がイイなぁ。解像度の高さや音の分離具合、クリアで伸びやなかところは、まさにハイレゾオーディオそのものです。

A50シリーズから随分進化を・・・って、あれ?!A50シリーズって、どんな音だったっけ?どうやら私、A50シリーズの音をすっかり忘れているようです。

と、いうのも音楽はいつもZX300(バランス接続 イヤホンはIER-M7)で聴いてます。お店にA50が展示してあっても、圧倒的にZX300で聴く時間が長いため、すっかり忘れているようでした。

そこでA50を持ってきて聴き比べ開始!

正直なところ、筐体の大きさがほぼ変わらないので、そこまでの進化には期待してなかったのですが、なかなかどうして、とっても良くなっている!進化しているではありませんかっ?!

音のことなので語るのは非常に難しいのですが、A50シリーズと比べて、低音から高音までが「より鮮明」に。例えば弦を弾く音のさり際とかはワンランク上の質感。濁りや雑味が抑えられている感じ。

そのあたりが全体に影響しているようで、結果大きな鮮明感へとつながっているみたいです。

また低音もかなり力強くなった印象で、キレがとっても良いんです。

A100シリーズになってWM1やZX300と言った上位モデルの高音質パーツを使っていると言うのは、こういう効果があるんだなぁ。と、思いました。これならばA50シリーズからの買い替えも充分あり。いや、でもやっぱりA50ユーザーならばZX500の方をオススメしたくなるかも。

ZX500のことはまた後日書きますが、さらにスゴイ進化を遂げてます。ちょっと高いけど。

でも、スマートフォンユーザーが聴いたら、このA100シリーズの音でもかなり驚くでしょうね。

やっぱり音楽聴くのは音楽専用機が最適。

いや、A100シリーズはAndroid OS搭載なので専用機と今となっては言えませんが、音楽専用機育ちのエリートなのは間違いない。アーティストが伝えたいことを、しっかり聴きたいなら、やっぱり音楽専用機。そう改めて思うのでした。

 

ストリーミングも楽しんでみました!

Android OS 9.0 搭載で、Wi-Fi環境さえあればネットに繋がるA100シリーズ。

通話機能やカメラ機能はありませんが、最新のスマートフォンのように扱えるので、当然ですがGoogle Play ストアより様々なアプリのダウンロードが可能。SpotifyやYouTube、Apple Musicなどのストリーミングサービスも楽しむことができます。

ちなみに、ストリーミングサービスの音質は一般的なものでだいたい最大320kbps程度。

CD音源で「1411kbps」なので、音の濃さは1/4くらい、明らかに音質低め。

しかし、ウォークマン A100シリーズには音楽コンテンツを高音質にしてくれる、フルデジタルアンプ「s-master HX」と、圧縮音源でもアップスケーリングしてくれる「DSEE HX」で、ハイレゾ級の高音質で楽しむことができるんです。

こちらは自分のスマートフォンと聴き比べてみたのですが、その差は断然です!ウォークマン A100ではクリアに聴こえている音が、スマートフォンで聴くとなんだかスカッと届かない・・・そんな感じです。

これはもう戻れません。普段からスマートフォンで聴いてたら「こんなもの」と、思ってしまったものが、聴き比べてしまうとダメ、違います。

現在、ストリーミングサービスでは一生かけても聴ききれないほどの膨大な楽曲を配信してますが、音質に関してはやはり低め。でもウォークマンがあれば、あくまでも擬似的ではありますが、高音質で楽しめることが良~くわかりました。

ちなみに音質が元から悪すぎる分(特にYoutubeなどの古い音楽映像など)に関しては、ウォークマンをもってしても効果薄。なんでも良くなるってものではありません、ある程度の下地がないとダメみたい。

それとストリーミング中は大丈夫だったのですが、スマホ感覚でネットで楽しんでいると本体が熱くなることも。この手の症状はスマートフォンと同じかも知れませんが、歴代のAシリーズにはないところだったので、ちょっと気になるところでした。

 

テープが再生画面で出現!遊びゴコロもある

ウォークマン A100シリーズには遊びゴコロが用意されました。それは再生画面にテープを表示させる機能。

懐かしい!!と喜ぶのは、ある一定の層からかも知れませんが、まさに私もその世代、ジャストミート!ジャストミート福沢です!!その昔、メタルだハイポジだと高価なテープほどお気に入りランク上位のアーティストのアルバムを録音したものです。

ハブ(でしたっけ?)のところがくるくる回るところが健気でカワイイ・・・

音もなく回るところに高級感を感じます(笑)。

まぁ、いまどきの若者に言っても、テープ??マスキングっすか?!なんて言われてしまいそうですが。

しかもこの遊びゴコロ、ソニーさんはかなり本気。

なんと再生する音源によってデザインが変化します。ざっくりわけて「CDクオリティ未満」「CDクオリティ」「ハイレゾ」。全部でなんと9種類も用意されています。思わず頑張って音源集めをしてしまいそうです。

ちなみに、昨日ブログで書いたウォークマン40周年記念モデルなら、初代風ケースの窓部分からラベルと回っているさまを覗くことができます・・・うーん、遊び心が素敵すぎる!

ウォークマン40周年記念モデル を詳しく見る!ネタバレ注意!!

2019年12月15日までの期間限定で現在予約受付中のウォークマン40周年記念モデル。 本日のブログエントリーではウワサのウォークマン40周年記念モデルを詳しく紹介したいと思います。


今回はウォークマン A100シリーズの試し聴きプラスアルファな内容でお届けをさせていただきました。この記事が参考になれば幸いです(^^)

ウォークマン A100 シリーズ

ストリーミングも、ハイレゾ級高音質で。ストリーミングWALKMAN

ソニーストア価格:32,000円+税~

 2019/10/16 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

ウォークマン A100シリーズ レビュー

ウォークマン A100シリーズ レビュー

ウォークマン A100シリーズはあらゆる音楽コンテンツを高音質で楽しめるハイレゾオーディオプレーヤー。Android OS搭載でネット配信によるストリーミングも可能。より高音質化するための技術をコンパクトなボディに詰め込みました。

当店のホームページにてウォークマン A100シリーズのレビューを公開しました。こちもぜひ参考になさってください。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL