α6100 発表!より魅力が増したAPS-C エントリーモデル

LINEで送る
Pocket

2019年8月29日の本日、ソニーより新しいカメラ2機種、レンズ2本が同時に発表されました。

先ほどのエントリーでは「α6600」を紹介させていただきましたが、今回はα6000シリーズのエントリーモデル「α6100」を紹介していきたいと思います。

α6100は長い期間、エントリーモデルとして販売されてきたα6000の後継機種にあたるカメラ。α6000があまりにも長い期間でしたから、後継機としての進化は凄まじいものがあります。

まずはAFシステム、α6400や同日に発表されたα6600同様のリアルタイム瞳AFやリアルタイムトラッキングAFと言った新世代のAFテクノロジーを搭載。

画面カバー率84%の像面&コントラスト425点センサーによるファストハイブリッドAFとAIの融合は、一眼カメラに慣れてない層の方にも、失敗の少ない写真が写せることでしょう。背面モニターはタッチパネル式で自撮りも可能です。

詳しく調べてみると中級機「α6400」との大きな差は少なく、EVFをグレードダウンしたことや動画記録におけるピクチャープロファイルなどを削っただけ。α6100は高性能でかつ装備が充実したエントリーモデルと言ったところ。とても魅力的な1台に仕上がっているようです。

α6100 発表!

α6100(ILCE-6100)主な仕様

  • α6000の後継モデル
  • 2420万画素 APS-C CMOSセンサー 
  • 0.02秒の高速AF リアルタイム瞳AF・リアルタイムトラッキングAF
  • カバー率 84% 像面&コントラスト 425点センサーによるファストハイブリッドAF
  • 最高11コマ秒の連写性能
  • 4K動画でもリアルタイムトラッキングAF使用可能
  • マイク端子・ヘッドホン端子搭載
  • Mバッテリー
  • 144万ドット ビューファインダー
  • サイズ 120.0×66.9×49.9 mm
  • 質量 396 g (メモリーカードとバッテリー含む)

推定販売価格はプレスリリースによるとボディのみで90,000円前後。発売は2019年10月25日を予定していて、ソニーストアや全国のソニーショップでの先行予約開は9月3日(火)10時から開始します。

詳細につきましてはリンク先もご覧ください。

高付加価値エントリーモデルという言葉が「α6100」にはぴったりしっくり、仕様を知るほどにそう思えてきました。α6000からの買い替えを検討するならぜひ上位モデルを言いたいところですが、後継機α6100でも充分・・・と、いうか大満足出来るのではないだろうか?と思ってしまいました。

デジタル一眼カメラ α6100

高速AFと高精度な「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」に対応した小型・軽量一眼カメラ

ソニーストア価格: 91,565 円+税~

 2019/09/03 現在の価格

次のエントリーでは同日に発表されたレンズ2本を紹介したいと思います。

α わかりやすく徹底解説

当店のホームページでは、最新αのカメラ・レンズを徹底レビューを掲載しています。

掲載している全てのレンズにおいて作例付きで紹介しています。

どうぞ参考になさってくださいませ。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL