重低音 ULT POWER SOUND シリーズ海外発表 全4モデルでラインアップ

LINEで送る
Pocket

重低音 ULT POWER SOUND シリーズ海外発表 全4モデルでラインアップ

ソニーショップさとうち の 中村泰之 です。

米 Sony Electronics(ソニー・エレクトロニクス)は日本時間 2024年4月12日1時、オーディオ商品の新シリーズ「ULT POWER SOUND Series」を発表しました。

「ULT POWER SOUND Series」は、重低音再生にこだわった新たなシリーズで、Bluetoothスピーカー3機種とノイズキャンセリングヘッドフォン1機種をラインアップ。

どの商品も「ULTボタン」を押すことにより「パワフルなサウンドと強化された低域」が楽しめる仕組みとなっており、いままでの機種で言うところの「EXTRA BASS」ボタンのような役割を果たすようです。

日本国内での発表は今の時点でありませんが、「ULT FIELD」や「ULT WEAR」という商品名からもわかるとおり、いかにも世界展開していきそうな雰囲気。いまから日本国内での発表が楽しみです。

※2024年4月16日 日本国内でも発表されました。国内では発表時点で3モデル展開のようです。

ULT FIELD 1

ULT FIELD 1は、今回発表されたスピーカーのなかで、もっともコンパクトなワイヤレススピーカー。約83 × 42mm径のウーファー1基と、16mm径ツイーター×1基のドライバー構成で着脱可能なマルチウェイストラップが装着されました。

縦置き、横置きの両方に対応し、IP67防水防塵機能を搭載。約20センチの全長に650gの重さは、シーンを選ばない使い方が出来そうです。

「ULT FIELD 1」情報|Sony 公式サイト

ULT FIELD 7

ULT FIELD 7は、全長約510センチと約6.3kgの重さからわかるとおり 中型クラスのワイヤレススピーカー。

ソニーの重低音技術「X-Balanced Speaker Unit」を採用し、ウーファーとツイーターを各2基ずつ搭載。「ULTボタン」といわれるサウンドモード変更のボタンが本体上部に用意され、そのときの気分やシーンによってワンタッチで音質の変更ができるほか、ソニーのワイヤレススピーカーでお馴染みのライティング機構も用意されました。

またマイクやギター用の入力端子をはじめ、エコーやキーコントロールボタンもあるので、マイクを用意すればカラオケも楽しめる。そんな仕様になっています。

こちらも「ULT FIELD 1」同様に縦置き、横置きの両方に対応。IP67の防水防塵機能を搭載しました。

「ULT FIELD 7」情報|Sony 公式サイト

ULT TOWER 10

ULT TOWER 10は、名前からもわかるとおり「タワー」タイプの大型スピーカー。

公式サイト内で男性が、本体に用意されたキャリー(コロコロ)を使って歩いている姿が掲載されているのですが、おそらくこの手のソニー製スピーカーで質量・サイズ共に最大クラス。

バッテリーは搭載されていないため使用するシーンは限定的になりそうですが、筐体のサイズを活かした「超」パワフルなサウンドが楽しめそうです。

そのほか、ライティング機構にマイク・ギター用の入力端子、さらにワイヤレスマイクも付属しました。スピーカー・アンプとして使いたい方にもオススメ出来そうです。

※日本国内での発表はありませんでした。

「ULT TOWER 10」情報|ソニー公式サイト(海外)

ULT WEAR

ULT WEAR は「ULT POWER SOUNDシリーズ」唯一のヘッドホン。

専用に設計された40mm系のドライバーユニットに、ソニーフラッグシップライン「1000Xシリーズ」と同じ「V1プロセッサー」によるノイズキャンセリング機能、高音質化技術 DSEE を搭載しました。

本体は折りたたんでコンパクトに持ち運べる形状で重さは約255g。

ハウジング部分にULTボタンが用意され2種類のサウンドモードでリスニングが可能で、ハウジングはタッチ操作にも対応。ユーザーの装着状態を検知して音楽再生を一時停止/再開する機能も用意されました。

「ULT WEAR」情報|Sony 公式サイト


今回は日本時間 2024年4月12日1時に海外で発表されたソニーオーディオ商品の新シリーズ「ULT POWER SOUND Series」についてご案内させていただきました。

個人的にもっとも気になったのはヘッドホンタイプの「ULT WEAR」。

見た感じの雰囲気、機能面からもフラッグシップモデル「WH-1000XM5」に近そうですが、専用ドライバーユニットと「ULT POWER SOUND Series」のチューニングによってどんな音になっているのか、とっても気になるところ。

日本国内での発表を楽しみに待つとしましょう(^^)

日本国内でも発表!

2024年4月16日、日本国内でも重低音再生にこだわった新たなオーディオ商品「ULT POWER SOUND(アルトパワーサウンド)シリーズ」が発表されました。

日本国内で用意されたラインアップは次の3商品。

ULT POWER SOUND(アルトパワーサウンド)シリーズ

  • ワイヤレスポータブルスピーカー「ULT FIELD 1
  • ワイヤレスポータブルスピーカー「ULT FIELD 7
  • ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット「ULT WEAR

先に海外で発表、全4商品でのラインアップ展開となりましたが、日本国内でのマーケットでは厳しいと思ったのか、超大型スピーカータイプの「ULT TOWER 10」はラインアップから外されて、日本国内においては全3商品での展開となりました。

国内で発表された3商品につきましては個別で記事をアップしています。

ULT POWER SOUND(アルトパワーサウンド)関連記事

こちらもぜひ参考になさってください。

関連記事

ULT WEAR レビュー

ソニー ワイヤレスヘッドホン ULT WEAR は低音を増強するULTボタン(アルトボタン)により、ソニー史上最高重低音とメーカー自らが名乗るとおりの「超」パワフルな低域再生を実現!まさにアリーナ最前列にいるあの感覚を体感することができました!

ULT FIELD 7 レビュー

ソニー ULT FIELD 7(アルト フィールド セブン)は 大きな筐体サイズを活かした、パワフルサウンドを実現する Bluetooth接続対応のスピーカーユニット。ULTボタンを押すことにより体の心まで届くビートと臨場感が得られます。

ULT FIELD 1 レビュー

ULT FIELD 1 は コンパクトサイズながら迫力の重低音を再生するBluetooth対応ワイヤレススピーカー。約 20センチ、650 g の筐体にはウーファーとトゥイーターが搭載、ULT POWER SOUNDシリーズの大きな特長である「パワフルな低域再生」だけではなく「クリアな高域再生」を楽しむことができます。

スピーカー&ヘッドホン

ショップ店員による『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

目的に合わせて選ぼう!スピーカー・ヘッドホンなど、音源やプレーヤーを活かせるソニー商品を紹介します。

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 ソニーストア大阪にて鉄道をテーマにした写真展も行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師、さとうちチャンネル(You tube)にてライブ配信も。フォトマスター準1級&レトロゲーム好き

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL