E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G)発表!APS-C用待望の望遠ズーム

LINEで送る
Pocket

2019年8月29日の本日、ソニーより新しいカメラ2機種、レンズ2本が同時に発表されました。

先ほどのエントリーではAPS-C用では初となるF2.8標準ズームレンズ、E 16-55mm F2.8 G(SEL1655G)を紹介させていただきましたが、最後はE 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G)を紹介していきます。

APS-Cセンサー用の望遠ズームレンズで良いのがない、って言われ続けてもう何年。ついに登場しました!!実は今回発表されたカメラ・レンズのラインアップで、個人的に最もときめいたはこのレンズでした!

全長142mm、重さ625gはこの手のレンズとしては比較的コンパクト。フィルター系も67mmとカバンにすっと収まりそう。そして何よりも望遠側が300mmではなく、350mmで35換算525mmで500超え!と、いうのがとってもイイではありませんか!!

発売されるのが今からすっごく楽しみです!!

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 発表!

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS(SEL70350G)主な仕様

  • 「G」ブランドレンズ
  • レンズ構成:13群19枚(非球面1枚、ED3枚)
  • 7枚絞り羽根 
  • XDリニアモーター搭載
  • 防塵・防水に配慮した設計
  • 最短撮影距離:1.10m
  • 最大撮影倍率:0.23倍
  • 全長:142mm
  • 最大径:77mm
  • 質量:625グラム
  • フィルター径:67mm

メーカー希望小売価格は153,000円+税。SEL1655G同様、発売は2019年10月25日を予定していて、ソニーストアや全国のソニーショップでの先行予約は9月3日午前10時から開始します。

詳細につきましてはリンク先もご覧ください。

満を持して発表されたレンズなだけに、スペックがとってもいい感じですね!2年前に発売されていたら、超高速なXDリニアモーターの採用はなかったかも知れません。

クロップ専用になってしまいますが、α7RIVなどの高画素フルサイズ機で使うのも充分ありでしょう。絞り開放からバンバン使えそうで、何よりも携帯性に優れているところに大きな魅力を感じました。

発売が本当に楽しみですね!

ズームレンズ(E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS)「SEL70350G」

350mm(35mm判換算525mm)の世界まで、Gレンズならではの高解像で切り取れるコンパクトなAPS-C超望遠ズームレンズ

ソニーストア価格: 100,833 円+税

 2019/09/03 現在の価格

レンズ長期保証を優待『αあんしんプログラム』の詳細

E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS 試し撮り!超望遠域の撮影がお手軽に!

当店恒例の開梱と、試し撮りも少しだけですが出来たので、簡単にご紹介したいと思います。

今回は4回に分けて本日発表されたカメラ・レンズを紹介させていただきました。

お付き合いありがとうございました!

α わかりやすく徹底解説

当店のホームページでは、最新αのカメラ・レンズを徹底レビューを掲載しています。

掲載している全てのレンズにおいて作例付きで紹介しています。

どうぞ参考になさってくださいませ。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
ソニーショップさとうち ストアディレクター Jリーグが開幕した1993年入社ベテラン店員。店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行うなど、セミナー講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL