α7C リーク画像が大放出!コンパクトフルサイズって考えると魅力的!

LINEで送る
Pocket

リーク画像がどんどん出てきますね!でも、これは魅力的です!!

発表まであと3日(9月15日(火)午前10時)と迫った、新コンセプトのソニー一眼カメラ「NEW αシリーズ」。

いわゆるな情報系サイトでは、現在リーク画像が絶賛大放出中!もう、ここまで画像も精巧だと外装およびナンバリングもこのまんまな雰囲気となってきました。いつもこの手のことは書かないのですが、ここまでリーク画像が出揃うと、もう無視するわけにはいきません。

スペックも徐々にリークされており、このままでは発表日前日までにすべての情報が出揃っているのでは?なん~てことも思ったりします(笑)。

α7C ?(あくまでもウワサ情報のスペックまとめ 2020年9月12日11時現在)

  • 2420万画素裏面照射型CMOSセンサー
  • ISO100-51200(拡張:50-204800)
  • 最大5.0段ボディ内手ブレ補正
  • 最高約10コマ/秒の連写性能
  • 3.0型タッチパネル式バリアングル液晶
  • NP-FZ100バッテリー
  • 124mmx71.1mmx59.7mm
  • 重さ509g

このスペックも本当だとしたら、もう個人的にもこれはめちゃめちゃ魅力的。だってこのサイズでフルサイズセンサー搭載なんでしょ。もう撮る乗り鉄にはたまらない、最強の旅カメラやん!!って思ってしまう訳です。あ~果たしてここまま来るのか?そして発売日がいつになるのか?ものスゴく楽しみになってきました!!

・2020年9月15日 正式に発表されました → 製品ページはこちら|ソニー公式サイト

α7C リーク画像

本体を小さくしたからか、カスタムボタンは1つ。

本気撮りするならα7R4があるので問題ないけど唯一ココだけが気になるとところ。あとAF-ONボタンがジョイスティックだったら最高だったんですけど、AF枠の移動だけなら、モニターをグリグリするタッチパッド操作できるから、まぁいいか。

重さは509g、バッテリー別なら、バッテリー装着で600g弱。

α7IIIより50gほど軽い・・・高さも2.5センチ近く小さくなります。軽さ・小ささでトレードオフなところは当然あるのですが、ホントに魅力的。これは結構売れそうな予感がするなぁ。

カラバリの1色シルバーの質感も気になるところ。

樹脂塗装のシルバーでなく金属だったら・・・私はこっちを選びそうです。


あくまでもウワササイトに踊らされる毎日となっていますが、いよいよあと3日で全貌が明らかに。2020年9月15日(火)午前10時、いまから本当に楽しみです!!

α7R IV作例付きレビュー

新しいコンセントのαもいいけど、α史上最高画質も最高にイイ!

そんなα7R IVのレビューを当店のホームページでは作例付きでお届けしてます!

α7R IV レビュー 作例付き・わかりやすく実機を使って徹底解説!

2019年9月16日に発売された「α7R IV」はソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラの高画素モデル「α7Rシリーズ」の4世代目で、フルサイズとして世界初となる有効画素数6100万画素の裏面照射型CMOSセンサーを搭載しての登場となりました。

ソニー 一眼カメラ α7RIV (ILCE-7RM4)

第4世代の革新が、ここから始まる 世界初 有効約6100万画素 α7RIV

ソニーストア価格:399,000円+税

 2019/09/09 現在の価格

 

α6600 作例付きレビュー

APS-Cフラッグシップカメラが注目の1台。

代を重ね、さらに魅力を増したα6600のレビューもどうぞ参考になさってください。

α6600 レビュー 作例付き・実機を使って徹底解説!

APS-Cセンサーを搭載するソニーミラーレス一眼カメラのフラッグシップモデル α6600 を徹底レビュー。

デジタル一眼カメラ α6600

光学式ボディ内手ブレ補正と業界最大バッテリーライフを小型ボディに凝縮。静止画・動画性能を極めたオールラウンド一眼

ソニーストア価格:159,900 円+税

 2020/09/02 現在の価格

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL