IER-Z1R 発表!ソニー高音質技術「シグネチャーシリーズ」のインイヤーヘッドホン

LINEで送る
Pocket

2019年3月5日の本日、ソニーよりステレオヘッドホン「IER-Z1R」が発表されました。

「IER-Z1R」は、3つの異なるドライバーの長所を組み合わせた新しいHDハイブリッドドライバーシステムを搭載し100kHzの超高音域再生を実現したインイヤータイプのステレオヘッドホン。

ウォークマン「WM-1Z」やヘッドホン「MDR-Z1R」と同様、高音質技術を結集したSignature Series(シグネチャーシリーズ)に位置づけられ、従来のインイヤー型では感じることが難しかった広大な音場と臨場感を実現したとのこと。

 

シグネチャーシリーズ「IER-Z1R」発表!

「IER-Z1R」は、高音質技術を結集したSignature Series(シグネチャーシリーズ)に位置する、インイヤータイプのステレオヘッドホンとして発表されました。

大きな特長は、新開発された低音域から中高音域、高音域、超高音域と、帯域の異なる3つのドライバーユニットを組み合わせた「HDハイブリッドドライバーシステム」の搭載。

これによりハイレゾ音源の魅力を余すところなく引き出す、広い音場感を実現したのだとか。

それら3つのドライバーユニットはマグネシウム合金を採用した1つのインナーハウジングに搭載され、徹底的に振動を抑えられたことによるクリアな音質に、今までにないような音の分離感も実現してるとのこと。

広い音場に、今までにない音の分離、さらにはクリアな音質と、カタログを読んだだけでも、このインイヤーはSignature Series(シグネチャーシリーズ)らしいこだわりある製品、いかにもスゴそうなところがわかります。

個人的には「IER-M9」を聴いて、震えるような感動を覚えたわけですが、このイヤホンなら一体どうなってしまうのか・・・想像を遥かに超える「超高音質」体験、速くして聴いてみたいです!!

 

ハウジングにジルコニウム合金

ハウジング部分には高い硬度と耐食性を持つ「ジルコニウム合金」が採用されました。

傷つきにくくさびにも強い耐久性を実現しているほか、地金に研磨で繊細なうろこ模様を施すペルラージュ加工により見た目がキラキラしていて高級感に溢れ個性的です。

ケーブルにはタッチノイズを軽減するシルク編組採用し、非磁性体のメッキを施したプラグを採用。電流の流れを阻害しにくいため、よりクリアな音質を実現したのだとか。

このクラスになるとケーブルやプラグにこだわるのは当たり前と言えば当たり前。耳慣れない素材のハウジングからプラグまで徹底したこだわりは、まさにSignature Series(シグネチャーシリーズ)らしいところと言えそうです。

 

さまざまな機器と接続して高音質を楽しめる

IER-Z1RにはΦ3.5mmのステレオミニプラグに加え、Φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルが付属。ウォークマンやヘッドホンアンプなど、さまざまな機器と接続できます。

また、合計13種類のイヤーピースに、持ち運び時の衝撃からヘッドホンを守る専用のハードケースを付属しました。

 

ソニーストアでの販売価格は199,880円+税

ソニーの高音質技術を結集した「Signature Series(シグネチャーシリーズ)」だけあって、IER-Z1Rのソニーストアでの販売価格は199,880円+税。ソニーのイヤホンの中でも最も高額なイヤホンとなっています。

ステレオヘッドホン「IER-Z1R」

空気感までも描き尽くす高音質。ソニー最高峰インイヤー

ソニーストア価格:199,880 円+税

 2019/03/05 現在の価格

発売日は2019年3月23日発売予定しています。


以上、2019年3月5日の本日、ソニーより発表されたステレオヘッドホン「IER-Z1R」のご案内をさせていただきました。ハッキリ言って、この手の製品は聴いてナンボなところがあると思います。カタログで書いてある難しい単語を並べるよりも、まずは実際に聴いて素直に感動してみたい!と思いました。

製品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

NW-WM1A,NW-WM1Zレビュー

ウォークマン「NW-WM1シリーズ」のレビューを公開しています。

WM1シリーズに興味をお持ちの方はぜひ参考になさってください。

徹底解説!ウォークマン WM1シリーズ レビュー

ウォークマン WMシリーズは、ソニーが培ってきた高音質技術を、ポータブルサイズの筐体に詰め込んだポータブルオーディオプレーヤー。大幅進化したフルデジタルアンプ「S-Master HX」を搭載し約4倍の高出力を実現。DSDネイティブ再生が可能になり、バランスとアンバランス、両ヘッドホン出力も搭載しました。

また、当ブログでは関連アクセサリー記事も掲載しています。こちらもぜひ参考になさってくださいね。

質感高くて実用的!ウォークマン WM1用ケース「CKL-NWWMA1」レビュー

ウォークマン WM1シリーズ専用ケースとしてソニーから販売している「CKL-NWWMA1」のレビューをお届けします。

 
あったら便利!リモコン「RMT-NWS20」レビュー

操作はシンプルで、再生・停止・音量などの基本的なことしかできませんが、使ってみるとこのリモコン案外便利なものとなっていましたよ。

 

 

ソニー最高音質ヘッドホン MDR-Z1R

シグネチャーシリーズヘッドホン「MDR-Z1R」のレビューも公開しています。

こちらもぜひ参考になさってください。

MDR-Z1R レビュー「幸せになれる究極のヘッドホン」

このページで紹介する「MDR-Z1R」は、ソニー渾身。と言っても過言ではないくらいの高音質と、心地よい装着感と共に「音楽を聴く幸せ」を感じさせてくれる、そんなヘッドホンとなっていました。

 

 

 

bloglogo_201407.jpg

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表(1993年入社) 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいて主にカメラセミナー講師をつとめ、さとうちチャンネル(You tube)でのライブ配信も始める。