XPERIA PRO I レビュー やっぱりカメラはセンサーありき!納得の高画質

LINEで送る
Pocket

この薄さの中にサイバーショット RX100シリーズのセンサーが搭載!?これは興奮する要素しかないっ!

こんにちわ ソニーショップさとうち の やす です。

2021年12月15日の本日、発売を迎えたソニーのSIMフリー スマートフォン「XPERIA PRO I」。

ソニーのフラッグシップスマートフォン XPERIA I III に近いハイスペック仕様にプラスして、サイバーショット RX100シリーズに搭載される1.0型センサーが搭載されたというのですから、ガジェッターの方はもちろん、カメラ好きの方も「XPERIA PRO I」に興味をもたれている方は多いのではないでしょうか?

そんな「XPERIA PRO I」を今回はレビュー!

特徴的な外観から、使ってみての感想までをご紹介したいと思います。

XPERIA PRO I レビュー

XPERIA PRO I の読み方は「エクスペリア プロ アイ」。

ソニーのことをよく知る方なら「I(アイ)」とは呼ばず、思わず「I(イチ)」と読んでしまいそうです。だって XPERIA I IIIは「エクスペリア ワン スリー」と言ったり、α7 IIを「アルファ セブン ツー」とか言うのですから当然かも。

と、いきなりケチを付けるような始まり方となってしまいましたが、この「XPERIA PRO I」、なかなか興奮するスペックの持ち主です。スマートフォンとしては現時点でのフラッグシップモデル「XPERIA I III」とほとんど差のない性能を持ち合わせ、カメラ部分にはサイバーショット RX100シリーズが採用する大きな1インチセンサーを搭載しました。

これにより、いままでのスマートフォンにはなかった高画質撮影を実現します。

XPERIA PRO I 主な仕様

  • 約6.5インチ/有機EL シネマワイド ディスプレイ/4K/HDR対応
  • Qualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platform
  • メモリ 内蔵(RAM/ROM) 12GB/512GB 外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
  • カラー フロストブラック
  • サイズ 約72mm×約166mm×約8.9mm
  • 重量 約211g
  • バッテリー容量 4500mAh(内蔵電池)
  • カメラ(メイン) 
       16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
       24mm(広角):有効画素数約1220万画素/1.0型 Exmor RS CMOSセンサー/F値2.0・4.0
       50mm(標準):有効画素数約1220万画素/F値2.4
       3D iToFセンサー
  • カメラ(フロント
       有効画素数約800万画素/F値2.0
  • 防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
  • おサイフケータイ/NFC 搭載
  • 生体認証 〇(指紋)
  • 3.5mmオーディオジャック 搭載(4極ヘッドセット(CTIA規格準拠)対応)
  • ※フルセグ/ワンセグ 非搭載
  • ※ワイヤレス充電 非搭載

サイズは同じ画面サイズをもつフラッグシップモデル「XPERIA I III」よりもほんの僅かに大きい程度。

カラーはシックな「フロストブラック」のみ、金属の質感を感じられるものとなっています。指紋もそれほど目立ちません。またカメラを意識した外周のデザインは「RX0シリーズ」を連想させ、最近のスマートフォンとしては珍しいストラップホールも用意しました。さすがカメラに振ってるスマートフォンですね。

背面部分に目をやると、そこには存在感のあるカメラが並んでいます。

左から順に16mm相当の超広角カメラ、真ん中に24mm相当の広角カメラ、右に50mm相当の中望遠カメラ。この中から真ん中のカメラに「1.0型イメージセンサー」が採用されています。

え?1インチセンサーって全カメラではないの?

そう思われるかも知れませんが、そーなんです。残念ながら真ん中の広角レンズ 24mmの1つだけ。でもワタクシ的にはこのスマートフォンの薄さの中に1.0型センサーが搭載されているだけで感動ものなのですが。

ただしこの薄さがアダと言うか、フランジバック(レンズ面と撮影素子までの距離)がないに等しいせいなのか、残念ながらセンサー部分の真ん中しか使えない構造。そのため画素数は1220万画素にとどまっています。

それでも画素ピッチは2.4μmと1.0型センサーならではの大きな画素ピッチ。画素ピッチが大きくなると、多くの光を捉えられるので画質的に有利。しかもこのレンズには F2.0と F4.0の絞りが2段階で調整できるギミックも用意されました。

絞り値を切り替えてみるとご覧のとおり、開けている・絞っているの様子を見ることができます。

それではさっそくカメラ機能をつかってみましょう。

XPERIA PRO I カメラ機能を使ってみました

カメラアプリは「Photography Pro」。XPERIA PRO Iにプリインされた静止画撮影用のアプリは、ソニーのデジタル一眼カメラやRXシリーズを使われたことがある方なら、どこかでみたようなことがあるようなインターフェース。

実にカメラしているアプリです。

このアプリには、シンプルな操作感の「BASICモード」をはじめ、シャッターや絞りの設定などを自ら調整できる「マニュアルモード」までを用意。いわゆるスマホカメラな使い方から、こだわり撮影までスマホ1台で出来るなんて思わず嬉しくなってしまいます。

また構えたとき、上部位置する部分にはシャッターボタンが用意されました。

このシャッターボタン、節度感がそれほどないため、気がついたら押してたことが何度かありました。ただ、ボタンそのものの表面処理や全体の質感はかなり高くて好み。

このボタンを使って撮影すれば、撮っているぞ!感が非常に高まりましたよ。

さて肝心の写りですが、いままでのスマホにはなかった高画質っぷり。「さすが」1.0型センサーです。

いままでのスマホカメラならこのような表現力はなかったでしょう。

 

高精細な中にも立体的です。大きなセンサーであることの特長がよく出ています。

 

夕方の色合いも美しいものがあります。ひんやりした冬の空気感まで伝わってきます。

 

夜の撮影はあまり…どうなんでしょう?ややノイズが多い傾向で塗り絵っぽくなります。

 

お料理の場合、撮影者の腕次第かも知れません(笑)ただ白エビ天丼は美味♪

と、こんな感じで、、、うん,良いですねぇ~

一眼もコンデジも持たず、家からぷらっとコンビニとかに買い物行ったとき、たまたまキレイな光景に出くわして、なんでカメラ持ってなかったんだろう・・・って、後悔することは時々ありました。

でも、スマホは必ず携帯するもの。

そんなときにXPERIA PRO Iがあれば、なんて想像してしまいます。

AFも他のXPERIAよりも断然に早いし、人でも動物でもリアルタイム瞳認識で目を追い続けてくれます。それら以外も画面にタップすれば「リアルタイムトラッキングAF」で被写体を追従してくれました。

そんなXPERIA PRO Iのソニーストアでの販売価格は 198,000円税込みとそれなりに高価格。

Xperiaスマートフォン SIMフリー対応モデル『Xperia PRO-I(XQ-BE42)』

カメラ、極まる
1.0型センサーを搭載した 5Gスマートフォン

ソニーストア価格:159,500 円(税込)

 2022/08/02 現在の価格

でもそれは考え方次第かも。

ソニーの最新スマホ+RX100シリーズのセンサーが一緒に入ったと思えば結構納得な価格設定なのかも。もちろん価値観は人それぞれ、実機を使ってみて私はこの価格でも十分アリなのでは?と、思ってしまいました。

ちなみに超広角と中望遠の画質は、XPERIA I IIIと同じスマホ画質。それでもアプリは同じものが使えるの嬉しいところかも。

XPERIA PRO I 動画機能も使ってみました

静止画の撮影において想像どおりに良いものでしたが、動画の撮影機能もたいへん充実しているのが「XPERIA PRO I」。Xperiaとして初めて 動画撮影時の「瞳AF/オブジェクトトラッキング」にも対応しました。

またVLOG用とも言える自撮り専用のアクセサリーが販売されていることを考えると、むしろ動画撮影のほうが本命なのかも知れません。そんなXPERIA PRO I には動画専用アプリ「Videography Pro」がプリインストールされています。

この「Videography Pro」、動画入門者の方でもすぐに使えそうなシンプル仕様ながらも、ホワイトバランスや露出などの変更も可能と実に奥が深いものとなっています。最初はフルオートで撮影して、興味が湧いてきたら色々と設定を変更しながら、動画の世界にどっぷりと入っていくことができそうです。

上の画像は自撮り用「Vlog Monitor」+シューティンググリップ「GP-VPT2BT」の組み合わせ。

アプリ「Videography Pro」を使うことにより、モニター側のスイッチ操作ひとつでカンタンに自撮りモードになってくれます。これから自撮りを含めた動画配信などを検討されている方には、このセット+マイクで十分に用をこなしてくれるのではないでしょうか?

Vlog Monitor『XQZ-IV01』

大型の1.0型イメージセンサーでの自撮り撮影可能なXperia PRO-I専用のVlog Monitor

ソニーストア価格:24,200 円 (税込)

 2021/10/27 現在の価格

シューティンググリップ GP-VPT2BT

ワイヤレスリモートコマンダー機能付き

ソニーストア価格:12,901 円(税込)

 2021/10/27 現在の価格

もうひとつの動画専用アプリ「Cinematography Pro」は先にお伝えしたアプリ「Videography Pro」よりも本格的な映像を撮影されたい方にオススメです。

シネマ表現ができるんので作品作り向きと言えばわかりやすいでしょうか?

私は昔それほど動画には関心がなかったのですが、ここ最近α1で動画を撮り始め、動画の楽しみさにハマりかけています。そんなときに「XPERIA PRO I」が登場とは・・・これは非常にささりましたよ(笑)。

「XPERIA PRO I」は、このようにアプリが充実しているのもイイですね。

垂直にカメラを構えたとき操作がし辛いのは、スマホならではとも言える欠点でもあるのですが、常に携帯ところと、速写性にも優れているところはスマホの利点。

これはササるなぁ(何回言うねん・笑)。そんな「XPERIA PRO I」は、私にとってなんとも魅力的な存在。お金が無限に使えるなら絶対に欲しい。。。って、お金が無限にあったら、悩まずに買えちゃいますね(汗)


今回は2021年12月15日に発売を迎えたソニーのSIMフリー スマートフォン「XPERIA PRO I」のレビューをお届けさせていただきました。わたしの書いた記事が参考になれば嬉しいです♪

Xperia PRO-I(XQ-BE42)

本物のカメラをスマートフォンに SIMフリースマートフォンXPERIA PRO

ソニーストア価格:159,500 円(税込)

 2022/08/02 現在の価格

詳細につきましてはリンク先も参考になさってくださいね。

Xperia スマートフォン レビュー

Xperia スマートフォン ソニーストアSIMフリーモデルを徹底解説!

当店のホームページではソニーのSIMフリースマートフォンのレビューを公開中です。

Xperia スマートフォン ソニーストアSIMフリーモデルを徹底解説!

ソニーの直販サイト・ソニーストアで取り扱う xperia(エクスペリア)スマートフォン を徹底解説! SIMフリーモデルって何?デュアルSIMって何?そんな疑問もわかりやすく解説します。

他の機種も紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表(1993年入社) 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいて主にカメラセミナー講師をつとめ、さとうちチャンネル(You tube)でのライブ配信も始める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL