業界最高クラスのノイキャン性能搭載 ヘッドバンド型 WH-1000XM5 発表

LINEで送る
Pocket

ヘッドバンド型でノイズキャンセリング性能初の五つ星評価!!

こんにちわ ソニーショップさとうち の やす です。

2022年5月13日の本日、ソニーより予定通り新しいヘッドホンが発表されました。発表されたヘッドホンはワイヤレスでも高音質と効果の高いノイズキャンセリング性能の両立を果たしたヘッドバンド型のワイヤレスヘッドホン、WH-1000Xシリーズの第5世代目モデル「WH-1000XM5」です。

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能はソニーヘッドバンド型では初となる「五つ星」評価(ソニー内評価)。

ヘッドホンの左右に4つずつ配置したセンサーで効率的にノイズを収音する「マルチノイズセンサーテクノロジー」と2つのプロセッサーを組み合わせることで、高精度にセンサーの信号を制御、高いノイズキャンセリング性能を実現したのだとか。

WH-1000XM5 発表 さらに深化したフラッグシップワイヤレス

それでは詳しく見ていきましょう。

シリーズ史上 最大の進化と深化 ノイズキャンセリング

装着した瞬間から効果を感じる1000Xシリーズのノイズキャンセリング性能がさらに進化。WH-1000XM5では左右に4つ、合計8つのセンサー(マイク)をヘッドホン本体に搭載、それを2つのプロセッサーと組み合わせることによって業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現しました。

そのノイズキャンセリング性能はヘッドバンド型では初となる「五つ星」評価。静けさで 音楽は深化すると公式サイトにも書かれているとおり、いままで以上のノイズキャンセリング体験が期待できそうです。

専用設計ドライバーユニットとウォークマン技術で高音質化

音質の核となるドライバーユニットにはカーボンファイバーコンポジット素材を採用した専用設計の30mmドライバーユニットを搭載。さらにウォークマンのハイエンドモデルで培った高音質技術、金を添加した高音質はんだをはじめ、銅メッキを施した大型の高音質抵抗を採用するなど、微細な音の再現をはじめ、広がり、定位感も向上しているのだとか。

従来モデルは40mmだったドライバーユニットは30mmに小型化してしまいましたが、WH-1000XM5は新素材にウォークマンの高音質技術が採用されるなど、高音質への追求は従来モデル以上のようです、これは期待ができそうです。

もちろんワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質体験が可能な「高音質コーデックLDAC」の採用に加え、高音質技術DSEE Extremeにも対応しました。これにより圧縮音源でも高音質にアップスケーリングしてくれるものとなっています。

AIと高性能マイクによる業界最高クラスの通話性能

WH-1000XM5は業界最高クラスの通話性能も搭載。5億サンプルを超えるAIの機械学習で構成したアルゴリズムと、口元への指向性を高めた左右2つずつのマイクによって、オンライン会議・授業など高品位な通話性能も持ち合わせました。

また風切り音を低減する構造も採用、歩きながらのシーンでの使用は頻度は少ないものと思われますが、厳しい状況の中でもクリアに通話出来る仕組みがふんだんに用意されています。

新デザイン採用 心地よい装着感と安定性

WH-1000XM5はシリーズ従来がもつデザインを大きく変更。やや細身となったヘッドバンドにサイズ調整後もデザインが変わらない「無段階スライダー」を採用してきました。

ヘッドバンド、イヤーパッド部分には柔らかく装着時の安定性に優れたソフトフィットレザーを採用し、頭部の形状に柔軟に追従するので締め付け感が少なく、高い遮音性と装着性を実現しているとのこと。

質量は250gと従来モデル WH-1000XM4からわずか4gの軽量化。

デザインは好みの分かれるところかも知れませんが、長い世代に渡り似たデザインだった1000Xシリーズなだけにそろそろイメチェンしても良いタイミングだったかも。全体的に丸みを帯びて、どこか未来的。カラーバリエーションはブラックとプラチナシルバー2色展開となっています。

3分3時間の急速充電対応 バッテリー性能

WH-1000XM5のバッテリー性能はノイズキャセリオングONで30時間、ノイズキャンセリングOFFで40時間。これは従来モデルとほぼ同等(WH-1000XM4はノイキャンオフの場合38時間)。フル充電まで3時間、3分の急速充電で3時間駆動するところは、充電し忘れのときに嬉しい性能だったりします。

専用キャリングポーチと付属品

専用のキャリングポーチが付属しました。内部にケーブルを収納できる仕組みになっているのですが、ふとここで気づきました。なんとWH-1000XM5は折りたたみ機構がなくなっているではありませんか?!携帯性を重視する人にとってはかなり残念なお知らせかも知れません。

また付属のケーブルを使用すれば有線ヘッドホンをして使用することも可能です。もうほとんどの機器でBluetoothが搭載されてますのでケーブルの必要性が問われてしまいそうですがバッテリーを必要としないところは唯一の利点。

それとヘッドホン端子しかないような古い携帯ゲーム機などで高音質体験したい方にもオススメ。高音質ヘッドホンで8bitサウンドもそれはそれで結構イイものです♪


今回は2022年5月13日の本日ティザーの予告通り発表されました、ソニーの新しいヘッドホン「WH-1000XM5」の紹介をさせていただきました。

WH-1000XM5

「新世代」の静けさで 音楽は深化する。業界最高クラスノイキャンにハイレゾ高音質

ソニーストア価格: 49,500円(税込)

 2022/05/13 現在の価格

WH-1000XM5は2022年5月27日を予定しています。詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

スピーカー・ヘッドホン レビュー

当店のホームページではソニーのスピーカーやヘッドホンのレビューを公開中です。

ぜひ参考になさってください。

ショップ店員による『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

目的に合わせて選ぼう!スピーカー・ヘッドホンなど、音源やプレーヤーを活かせるソニー商品を紹介します。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師をつとめ、最近ではさとうちチャンネル(Youtube)でのライブ配信も始める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL