VAIO SX12,VAIO SX14 モデルチェンジ 第10世代 Uプロセッサー搭載!

LINEで送る
Pocket

ワンランク上のモバイルノートPC「VAIO SX12」と「VAIO SX14」がモデルチェンジ!

おはようございます、 ソニーショップさとうち ストアD の やす です。

2020年1月23日の本日、VAIO社のモバイルノートパソコン「VAIO SX12」と「VAIO SX14」の2機種がモデルチェンジを行いました。筐体など主なデザインは従来そのままなので「マイナーチェンジ」と表現する方が正解かも知れませんが、プロセッサーが第10世代のインテル Uプロセッサーに変更されたのは大きな注目点です。

しかもカスタマイズ最上位のプロセッサーには、VAIOのモバイルPCでは初となる「6コア/12スレッド」の「Core i7-10710U」が選択可能に。VAIO社のプロセッサーチューニング技術「VAIO TruePerformance」の適用により、今までのモバイルVAIOにはなかったハイパフォーマンス体験が可能となりそうです。

また特別モデルとして、おなじみの「ALL BLACK EDITION」も用意されているほか、以前も数量限定だった美しい赤が魅力の「RED EDITION」も登場。しかもその特別モデルでは「キーボード 隠し刻印」も選択可能となっています。

それでは詳しく紹介していきましょう。

 

第10世代 インテル Uプロセッサー搭載 SX12,SX14 共通

今回のモデルチェンジでもっとも注目したいのはプロセッサーの変更。

従来モデルでは第8世代のインテル Uプロセッサーラインが搭載されていましたが、このたびのモデルチェンジで第10世代の インテル Uプロセッサーラインが搭載されました。

NEW VAIO SX12、SX14 搭載プロセッサー (2020.1.24発表モデル)

  • Celeron 5205U 1.90GHz 2コア/2スレッド(ベーススペック)
  • Core i3-10110U  2.1GHz(最大4.10GHz)2コア/4スレッド
  • Core i5-10210U 1.6GHz(最大4.20GHz)4コア/8スレッド
  • Core i7-10710U 1.1GHz(最大4.70GHz)6コア/12スレッド
  • ※ Core i5およびCore i7にはVAIO TruePerformanceが適用されます

従来モデルより好評だった、VAIO社のプロセッサーチューニング技術「VAIO TruePerformance」は今回もCore i5およびCore i7に適用されます。これによりチューニングが施されてない状態の各プロッサーよりもパフォーマンスが向上します。

そして今回 VAIO社のモバイルパソコンでは初なる 6コア/12スレッドのCore i7-10710Uが最上位プロセッサーとして採用されました。

VAIO TruePerformance はコア数が多いほど、プロセッサーの持ってるパフォーマンスをより多く引き上げることができるらしいのですが、この6コア/12スレッドのCore i7-10710Uプロッサー搭載により、最大パフォーマンスが大幅にアップ。なんと従来モデルより40%近くも性能がアップしているとのこと。

プロセッサーの選択において、今まで Core i5とCore i7の違いって、どこか明らかに違いを感じるところがなかったように思えるのですが、今回からは実にわかりやすくなりました。

高性能プロセッサー搭載と言えば気になるのが排熱処理ですが、これに関してはVAIO社のパソコンらしく良く考えられているようで、世代に応じたヒートシンクの見直しなどで熱対策も万全のようです。

最上位プロセッサーなだけに選択すると高額になりがち。しかし、新しいVAIO SX12,SX14ならば、あえてCore i7を最初から狙いたくなりますね。

ストレージ選択において2TBが登場 SX12,SX14 共通

モバイルでも、もっと大容量ストレージを!!そんな声に応えてカスタマイズモデルのストレージ選択において第三世代ハイスピードSSD(PCIe) 約2TBが登場しました。

4K動画やハイレゾ音源など、なんだかんだで大容量ファイルが増えてきた昨今。カスタマイズするには、それなりに高額になりますが外部ストレージに頼らずともイイっていうのは心強いですね。

フルHDモデルは最大20.5時間のスタミナ性能 SX14のみ

カスタマイズモデルなら4KとフルHDが選択できるVAIO SX14のディスプレイ。このたびのフルHDモデルでは省電力液晶を搭載。バッテリー駆動時間を大幅にアップすることができ、最大約20.5時間のスタミナ性能を実現しました。(JETA 2.0)

従来モデル比較

  • 新 VAIO SX14 フルHD 最大約20.5時間
  • 旧 VAIO SX14 フルHD 最大約11.0時間

現行モデル(2020.1.23発表) スタミナ性能比較

  • VAIO SX14 フルHD 最大約20.5時間
  • VAIO SX14 4K 最大約8.5時間
  • VAIO SX12 フルHD 最大約14.5時間

バッテリー駆動により持続時間は正味半分くらいって、ことをよく表現しますがそれでも10時間超。個人的にディスプレイは4Kがオススメですが、このスタミナ性能はかなり魅力的。

最近ではどこでも充電が可能になってきたとは言え、バッテリーだけで使える時間が長いってことは、心にも余裕が生まれそうです。

第10世代CPU搭載でもベース価格据え置き SX12,SX14 共通

気になる販売価格ですが、ベース価格比較では価格は据え置き、ソニーストアで取り扱う「VAIO オーナーメードモデル」では119,800円+税から用意されました。※ベーススペック「Celeron搭載モデル」発売は2020年2月21日(金)予定で、現在はCore i3モデルがベースになっているため+20,000円高となっています。

VAIO SX12 ソニーストアモデル

新スタンダードモバイル「しっかり使える12.5型ディスプレイをミニマムサイズに」

ソニーストア価格:119,800円+税から ※ベーススペック「Celeron搭載モデル」発売は2020年2月21日(金)発売予定

 2020/01/23 現在の価格

VAIO SX14 ソニーストアモデル

大画面モバイル「13.3型サイズをほとんど変えることなく、14.0型ディスプレイを搭載」 

ソニーストア価格:119,800円+税から ※ベーススペック「Celeron搭載モデル」発売は2020年2月21日(金)発売予定

 2020/01/23 現在の価格

現在、VAIO社ではキャッシュバックキャンペーンも行われています。

数量限定 RED EDITION 登場 SX12,SX14共通

以前にも数量限定で販売されすぐに完売してしまった、美しい赤が魅力の「RED EDITON」が今モデルでも数量限定で登場しました。

赤と黒のツートンカラーはスポーティーな雰囲気です。つやつやの天面に、パームレストはアルミヘアライン加工。指紋センサーまで赤に染め上げられました。

ベースモデルに高性能パーツが採用されていますので高額となっていますが、それだけ所有者を選ぶということ。興味のある方はぜひ狙ってみてください。

VAIO SX12 RED EDITION ソニーストアモデル

数量限定特別モデル

ソニーストア価格:219,800円+税から

 2020/01/23 現在の価格

VAIO SX14 RED EDITION ソニーストアモデル

数量限定特別モデル

ソニーストア価格:219,800円+税から

 2020/01/23 現在の価格

関連記事

う、美しい… VAIO SX12,VAIO SX14 RED EDITION 見てきました!

赤のVAIO ふたたび!2018年 VAIO S11以来の登場となった 赤のVAIOを見てきました!

特別モデルのみ選択可能 隠し刻印キーボード SX12,SX14共通

VAIO SX12とVAIO SX14 の特別モデルは2種類。数量限定の「RED EDITION」と黒で統一された「ALL BLACK EDITION」があるのですが、この特別モデルのみ選べるカスタマイズ項目があります。

それが「隠し刻印キーボード」。

特別な塗装で、限りなく無刻印にちかいキートップ。タイピング姿勢ではそれなりに文字が見えるのですが、角度によってはキートップの文字があるようなないような・・・そんな微妙なデザインのキーボードです。

はっきり言って「遊びゴコロ」で選ぶものなのですが、以前販売された「無刻印」とは異なり、どなたでも使えます。特別モデルを選択するなら選んでみたくなりそうです。

ちなみにキートップの文字は光りません。その点だけは気をつけたいところですね。

関連記事

VAIO SX12,SX14 スペシャル仕様のみ選択可 隠し刻印キーボードを見る!

黒のキーキャップに黒の文字を刻印したキーボードが登場。特別なキーボード「隠し刻印キーボード」について紹介します。


2020年1月23日の本日、VAIO社のモバイルノートパソコン「VAIO SX12」と「VAIO SX14」の2機種がモデルチェンジ、カンタンではありますが紹介させていただきました。

詳細につきましては各リンク先も参考になさってください。

VAIO 最新モデル 全機種ラインアップ確認はこちら|ソニーストア(ソニー公式サイト)

 

VAIO SX12 レビュー

VAIO SX12 レビュー 実機を使って徹底解説

VAIO SX12 は11型サイズの筐体に12.5型ディスプレイを搭載し、キーサイズ・キーピッチともにフルサイズ、メインマシンの使い勝手をモバイルサイズで実現したノートパソコン。レビューではカスタマイズまでを徹底解説!

VAIO SX14 レビュー

VAIO SX14 レビュー

高精細な4Kディスプレイを搭載できる「VAIO SX14」はサイズ感に注目。14型サイズながらも13型ノートパソコンとほぼ変わらない大きさに約999gの軽量ボディを実現!大画面モバイルノートここに誕生です!レビューではカスタマイズまでを徹底解説!

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL