α1 with 鉄道写真 2022年春 ~ 四国北西部撮影編 ~ あの名車両を求めて

LINEで送る
Pocket

更新するのがとっても遅くなってしまいました…ゴメンナサイ、四国北西部へ鉄道撮影の旅の2日目をお届けします。

こんにちわ ソニーショップさとうち の やす です。

ソニーストア大阪さんにて開催させて頂いた写真展の会期中、α1を用いた鉄道撮影旅のトークショーをさせていただきました。その内容を数回にわけてブログでも紹介させていただいております、今回は撮影旅の2日目(前回はこちら)。

撮影旅の初日、最後に撮影したのが上の写真。

予土線にはあの「団子っ鼻」と言われた「0系 新幹線を模した車両」が走っています。今回の撮影旅はテーマを3つ設けました、そのひとつが「あの懐かしい雰囲気の列車を記録しておく」。撮影旅2日目はこの車両を中心に撮影を行います。

宇和島のホテルを5時にチェックアウト、楽しい撮影旅の2日目が始まりました!

α1 with 鉄道写真 2022年春 ~四国北西部撮影編~ 2日目

前回の振り返りとなりますが・・・

今回の撮影旅は3つのテーマを用意しました。2日目は「あの懐かしい雰囲気の列車を記録しておく」がメイン。それとその車両が走っている路線が予土線ということもあるので、自ずと「これぞ、この場所!といえる鉄道写真」も同時記録が出来ます。

それを象徴するような1枚がこの日のファーストカットとなりました♪

 

残念ながらこの日は午後まで曇り気味、光線具合はイマイチながらも「あの懐かしい雰囲気の列車を記録しておく」と「これぞ、この場所!といえる鉄道写真」の同時記録が出来ました!!

「あの懐かしい雰囲気の列車を記録しておく」とは新幹線0系車両を模したホビートレイン。「これぞ、この場所!といえる鉄道写真」とは四万十川と沈下橋がある景色。四万十川といえば清流として知られてますが、それと同時に沈下橋があることも有名です。

リフレクションのおまけ付きということもあり要素を詰め込み過ぎた感もありますが、まとめて写すことが出来ましたー(やったー)。早起きしてロケハンしながら線路沿いをウロウロした甲斐がありましたよ♪

 

予土線の末端近くになると1日の列車本数は上下合わせて8本、往復って考える4本しかありません。(しかもそのうち往復1本は夜の時間帯)ホビートレインは末端区間の走行は僅かに1往復と、止まっている姿を写すのも困難です。

これは追いかけるしかない、ということでやってきたのは予土線、事実上の終点、窪川駅。そこにはホビートレインの姿が!望遠レンズの圧縮効果で、より新幹線0系車両ぽく見えてエモイです~

ささっと写して、折り返しの撮影場所を探索します!

 

季節的にも出来れば、桜と一緒に写したいものです。橋の向こうに桜の花が見えたので、ここでパチリ!光線具合が微妙ながらも、この区間で、桜の咲く季節に写せたことに価値があります。

ホビートレインを画面の右において車両を少しカットしたのは、より新幹線車両ぽく見せるため。1両編成ぽく見せないための構図だったりします。

 

わずか3カット写しただけですが、もうお昼ごはんの時間です。道の駅でお昼ごはん調達、食べたあとは列車が土佐大正駅を出て、すぐに四万十川を渡る橋を入れてのカット。山なりに咲いてる桜が美しい~

 

窪川からの折り返しも撮影~天気がどんどん良くなってきて、まるで山が笑っているようでした♪

 

予土線末端での撮影を終えて、宇和島方面へ向かう道中、またまた撮影場所探しが始まります。 面白駅名?吉野生(よしのぶ)駅近くに桜の木を発見、水が張られた田んぼもあっていかにも春らしい雰囲気です。

ちょっと間延びした構図ですが、個人的に季節感を感じられる情景は大好物。

列車が入ってくると喜んで撮影を楽しみました。そんな折・・・

軽トラで踏切待ちをする男性から声をかけられました。

あの電車、価値のあるもんなのかね?(電車ではないよ、とは言いません。)

そこで私は答えました。

ええ…こころの中でね(笑)

でも、実際にそんな気持ちでいつも撮影を楽しんでいます。

構図を考えて露出練って、列車がフレームインしたとき、なにものにも代えがたいものがあります。

 

そんな出会もあったりで、撮影はまだまだ続きます。

やはり追いかけてしまう、ホビートレイン。田畑のある景色の中を走る新幹線車両はシュールでステキの一言。陽が傾いた夕方、逆光で桜が輝くところにホビートレインが姿を現しました。

 

そして夜が訪れようとしています。

かなり分かりづらいのですが、一応これもホビートレイン。線路を照らすライトがカッコいいです♪

 

続けて写した1枚がこちら。

ほらね、ホビートレインでしょ。近づいて来るまでにカメラの設定を変更して流し撮りでパチリ。印象的なお目々をばっちり写すことが出来ました~

こんな感じで撮影旅2日はこの撮影が最後となりました。この日の宿泊地である「大洲市」目指して車を走らせることにしました。明日は撮影旅の最終日、予讃線を大洲周辺、八幡浜周辺で撮影するつもりだったのですが・・・

3日目の朝、向かったその先は・・・続きます!


今回の旅で寄った先や食べたもののレポートなんかをしてみたりして。

予土線の 打井川駅 から車で走ること10分くらい?ホビートレインをデザインした海洋堂のホビー館(四万十)があります。文中でもふれたとおり1日4往復しかない路線ですから、インターバルもたっぷり。それならば、ということでお邪魔してきました。

で、たまたまお邪魔した今回、なんとリニューアルオープンしたばかりで、近くの駐車場に車を止めたら半ば強制的(笑)にシャトルバスに連行されるような感じでホビー館に送っていただきました。

そこには海洋堂の社長さんのお姿も♪

今回撮影旅に出る前から計画してたトークショー当日のじゃんけん大会。景品はここで買うを決定しました。

 

撮影2日目のお昼ごはんは道の駅 四万十大正で購入した「うなぎのおにぎり」と「地元巻のお寿司」。携帯用の湯沸かし器を使って即席麺と一緒にいただきました。「うなぎのおにぎり」、もう一個買えばよかった。

 

大洲周辺で2日目のホテルを手配した私、ホテルに到着する20時をまわってました。お店もチェーン店しか開いておらず、仕方なくホテルから見えてた「大阪王将」へ・・・大阪人の私が大洲まできて大阪王将とか。。。なんかウケるー。

ビールをくぃーっと3杯飲んだらホテルに戻ってバタンキューなのでした。どつかれさんっ!

 

ソニーのカメラとレンズを徹底レビュー

当店でのホームページではソニー αのカメラ・レンズのレビューを掲載しています。

ぜひご購入前の参考にご活用ください。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 


ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師をつとめ、最近ではさとうちチャンネル(Youtube)でのライブ配信も始める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL