まさにプレミアム! 4K液晶 ブラビア 2020モデル X9500Hシリーズ を解説!

LINEで送る
Pocket

さすが はプレミアムと言われるだけあります!

ブラビア X9500Hシリーズ は映像美、イイ音、没入感に優れたデザイン。まさにプレミアムな 4K液晶テレビでした!

こんにちわ、ソニーショップさとうち ストア D の やす です。

今回は、ソニーの最新技術を惜しみなく投入した プレミアム4K液晶テレビ BRAVIA X9500Hシリーズ(2020年モデル)を、同時期発売の最新機種比較も交えてレビュー解説させていただきます。X9500Hシリーズを検討されている方は、どうぞ参考になさってください。

※商品の撮影はソニーストア大阪さんの許可を得て行っています。撮影日:2020年4月2日

X9500Hシリーズ を解説! まさにプレミアム4K液晶

まずは X9500Hシリーズ の基本的な製品情報からお伝えします。

液晶BRAVIA X9500Hシリーズ ラインアップ

  • 75型 KJ-75X9500H 発売予定日 2020年5月16日
  • 65型 KJ-65X9500H 発売予定日 2020年5月30日
  • 55型 KJ-55X9500H 発売予定日 2020年5月23日
  • 49型 KJ-49X9500H 発売予定日 2020年秋以降

ポイント・BRAVIA X9500Gシリーズの後継モデル

主な特長・機能

X9500Hシリーズは、有機ELテレビの2シリーズと同じ高画質プロセッサー「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」を搭載した液晶版の高画質モデル。従来モデル(X9500Gシリーズ)よりもさらに高精細、なめらかな階調表現、HDR相当の高コントラストを実現しました。

また複数個のLEDバックライトを小さなブロック単位で細やかにコントロールする直下型LED部分駆動式を採用。速い動きも明るいままくっきりと映し出す「X-Motion Clarity(エックス モーション クラリティー)」などプレミアム液晶をうたうのに相応しいテレビとなっています。

また映像から音が出ているかのような音響技術「Acoustic Multi-Audio(アコースティック マルチ オーディオ)」搭載(49V型除く)、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」にも対応しました。

  • 究極に迫る画質を実現する高画質プロセッサー「X1 Ultimate」搭載
  • 速い動きも明るいままくっきり「X-Motion Clarity」搭載
  • 倍速駆動パネル(120Hz)の搭載
  • 映像から音が出ているかのような音響技術「Acoustic Multi-Audio」搭載(49V型除く)
  • 新開発スピーカー「X-Balanced Speaker」搭載(49V型除く)
  • 最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」対応

液晶BRAVIA X9500Hシリーズ 詳細はこちら|ソニー公式サイト

以上、基本的な製品情報をお伝えしました。

続いては実機を見てきた感想を紹介していきましょう。

 

この映像美、まさにプレミアム「とにかくキレイ・美しい」

今回も製品のチェックと撮影はソニーストア大阪さんで行いました。(撮影日2020年4月2日)

X9500Hシリーズは、ほかの液晶シリーズと横並びで展示。そんなこともあって映像美がより際立ってる印象です。それもそもはず、ほかの液晶シリーズと機能比較をすると一目瞭然。「プレミアム4K液晶テレビ」とうたっているだけあって、ソニーの映像技術が満載、他のシリーズとは大きく異なるものとなっていました。

中でもこれ効いてる!と思うのが、4K液晶BRAVIAシリーズで唯一搭載されている画像処理エンジン「X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)」と、直下型LED部分駆動搭載の液晶パネルの組み合わせ。

実際、他の液晶シリーズと見比べるとわかりやすいレベルで違います。

なのですが、写真ではこれがなかなか伝わらない・・・そんなこともあり、文章で表現するしかないのですが、「とにかくきれい」。映し出される映像が『実に自然で立体的』。

液晶テレビって、低価格帯のものになるほど、のっぺりと言うか平面的な見え方になるものが多かったりしますが、X9500Hシリーズは良い意味で液晶っぽさがありません。

明暗差があるようなシーンにおいては有機ELテレビに近い印象です。

夜の街あかりやネオンなど、明暗差があるところはパキッとシャープ。しかも単純にコントラストが高いだけという訳でなく、陰影や色がとってもリアルに再現。これはX-tended Dynamic Range PRO(エクステンディッド ダイナミックレンジプロ)による効果が高そうです。

また「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル)」採用により、広い視野角を実現しているところも見逃せないところ。

75型クラスの大画面であっても、どんな角度から見てもバッチリ見えるのは、なかなか素晴らしいと思いました。(「X-Wide Angle(エックス ワイド アングル) 49型は非搭載)

と、このようにX9500Hシリーズはソニー最新の映像技術を結集したシリーズなだけあって画質は本当に素晴らしい。価格もそれなりだから、同期の液晶BRAVIAと比べると当たり前かも知れませんが、かなり画質差があると思いました。

4k液晶テレビで高画質を追求される方には、絶対X9500Hシリーズはおすすめだと思いました。

ソニー公式サイト X9500Hシリーズの特長 高画質について|外部リンク

 

独立アンプ採用で X9500Hシリーズは音もイイ!

X9500Hシリーズはテレビ単体でも音がイイというお話もさせていただきます。

X9500Hシリーズ(49型除く)は総合出力30W、トゥイーターとフルレンジスピーカーをそれぞれ別のアンプでコントロールする「アコースティック マルチ オーディオ+エックス バランスド スピーカー」を採用しました。

映像性能と同様、音に関しても他のBRAVIAより大きく勝ってます。

視聴場所が場所なだけに、細かいところまでの評価は出来ないのですが、他のシリーズのBRAVIAと比較すると明らかに音質上位。2つのアンプ効果もあってなのか、このようなショールームでも音の違いは結構わかりました。

特に座って画面を正面に見たときは、トゥイ-ターとフルレンジスピーカーの音が画面のセンターくらいで交わるので、まるで画面から音が出てくるような感覚。これは楽しい。今での液晶テレビにはない感覚です。

また耳に近い位置から聞こえる感覚は、聞き取りやすさにつながっているようにも思いました。

X9500Hシリーズは立体的な音響効果が得られるドルビーアトモスにもテレビ単体で対応、シアターシステムを組まなくても立体音響を楽しめるところも良いところ。(もちろんサウンドバーでもシアターシステムを組んだほうが迫力はあります。

ソニー公式サイト X9500Hシリーズの特長 高音質について|外部リンク

 

超狭額ベゼル採用 攻めたデザインはカッコイイの一言

X9500Hシリーズは超狭額ベゼルなうえに、画面とベゼルの段差がない「Flush Surface(フラッシュ サーフェス)」を採用。ベゼルの存在感が映像を見だすとほとんど気にならなくなるので、もの凄い没入感が得られそうです。

このあたりのデザインにも、さすが「プレミアム」をうたうだけあるなぁ。と、言った印象。他のシリーズでは「つなぎ目」があるのですが、X9500Hシリーズはつなぎ目が見当たりませんでした。

わたしは昔からBRAVIAのデザインが大好きなので、少し寄りな見解をどうしてもしちゃうのですが、それでもX9500Hシリーズは他の液晶シリーズと比べてもちょっと抜けた存在感。

実物を見ていただいたら解るのですが、本当にカッコイイ。

ちなみに足(スタンド)は上の画像のように、外に張り出したものとなっているのですが、設置の際、外側・内側どちらにすることも可能(49型除く)。幅の広いラックをお持ちでない方でも、安心して設置できるようになっています。

スタンド幅の違いは上の画像にまとめてみました、ぜひ参考になさってください。

※49型はベゼル及びスタンド等のデザインが異なります、ご注意ください。

ソニー公式サイト X9500Hシリーズの特長 デザインについて|外部リンク

 

X9500Hシリーズ 画面サイズは全部で4種類

X9500Hシリーズの画面サイズは全部で4種類。

メインストリーム(売れ線)と呼ばれている55型と65型を挟むようにして49型と75型が用意されています。

販売価格帯は400,000円から230,000円(49型は秋発売のため価格未定)。X9500Hシリーズはプレミアム4K液晶と言われるとおり最上位シリーズ。そのため、ほかの液晶シリーズと比べると高価格帯に位置します。

しかし、それは解説してきたように機能や性能、デザインも含め搭載されているものが別次元だから仕方なし。X9500Hシリーズと下位シリーズのどちらかで悩んでいるのでしたら、それならばX9500Hシリーズを強くオススメしたいところ。

もちろん、お財布の都合もあると思いますが「4K液晶BRAVIAで映像にこだわるのでしたら、ぶっちゃけ一択。」そう思うのでした。


今回は2020年モデルの4K液晶テレビ、BRAVIA X9500Hシリーズについて解説をさせていただきました。いま悩まれている方の参考になれば幸いです。

4K液晶テレビ「X9500Hシリーズ」

直下型LED部分駆動搭載。斜めから見ても圧倒的な高画質。動きの速い映像もくっきりなめらかに描く、プレミアム4K液晶テレビ

ソニーストア価格:55型 230,000円+税から

 2020/05/13 現在の価格

商品の詳細につきましては、リンク先も参考になさってください。

ブラビア・ロトキャンペーン 実施中

テレビを買う前に抽選参加!最大10万円 ブラビア・ロトキャンペーン

  • 期間 2020年4月2日(木) 〜 2020年7月28日(火)
  • 10万円/5万円/3万円/1万円 のいずれかをもれなくキャッシュバック
  • 対象モデル 55V型以上の対象ブラビア(2019年発売のGシリーズ・2020年発売のHシリーズ)

現在、ソニーでは『テレビを買う前に抽選参加!最大10万円 ブラビア・ロトキャンペーン』を実施しています。

このキャンペーンのスゴイところは、なんと言ってもキャッシュバックの額。最大で10万円のキャッシュバックが受けられるところ。購入予定の方は、参加しない手はありません。BRAVIA買う前に、ぜひ参加しておきましょう!

・テレビを買う前に抽選参加!最大10万円 ブラビア・ロトキャンペーンの詳細はこちら

 

BRAVIA 関連記事

パッと見てすぐわかる! BRAVIA2020 NEWモデル機種比較

いざ購入しようと検討をすると「機種ごとの違い」が、案外わかり辛いもの。そこで「パッと見てわかる!」をテーマに、BRAVIA(ブラビア)2020NEWモデルをカンタンに比較できるようにしてみました。

 

ソニー BRAVIA 2020年モデル 発表!

2020年4月2日の本日、ソニーよりテレビ BRAVIA の2020年モデル 6シリーズ全16モデルが発表されました!ラインアップを紹介したいと思います。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL