シネマの印象的な映像表現を実現する映像制作用カメラ『FX6』発表!

LINEで送る
Pocket

デジタルシネマ制作で培った映像表現力と、最先端のデジタルイメージング技術を生かした映像制作用カメラ商品群Cinema Line(シネマライン)の新商品として、35mmフルサイズ裏面照射型イメージセンサー搭載のコンパクトなレンズ交換式カメラ FX6 がソニーより発表されました!

こんにちわ ソニーショップさとうち の しげ です。

2020年11月18日(水)の本日、ソニーはコンパクトな35mmフルサイズ裏面照射型イメージセンサー搭載のレンズ交換式カメラ FX6 を発表しました。

FX6 は、CineAltaカメラ『VENICE』で培ったシネマの映像表現と、映像技術にさまざまな革新をもたらしたデジタル一眼カメラ α の技術を融合した、αブランド製品初のプロフェッショナル用動画機。

小型軽量ながら高性能な動画撮影機能や被写体をとらえ続ける最新のAF性能など、動画作成を生業にされている方はもちろん、趣味として動画撮影をされているハイアマチュアな方にもオススメなカメラとなっています。

Cinema Lineとは

Cinema Lineとは、デジタルシネマ映像制作で培われたルック※2と多様なクリエイターの異なる要望に応える高い操作性と信頼性を兼ね備えた映像制作用カメラの総称です。ルックにはフィルムのような豊かな映像表現が含まれています。また、操作性・信頼性の面では、本体デザイン、耐久性、高い機能拡張性、バッテリーライフなどクリエイターの快適な映像制作を意識した使い勝手に配慮しています。同商品群には、映画制作業界で高く評価されているCineAltaカメラ『VENICE』や、昨冬発売したドキュメンタリーやドラマ制作のためのカムコーダー『FX9』が含まれます。今後、同商品群を幅広い映像クリエイターに提案していきます。

発売日は2020年12月11日(金)、ソニーの直販サイト ソニーストアでは2020年11月25日(水) 10時より予約販売開始予定となっています。

  • Cinema Line カメラ 本体のみ『ILME-FX6V』 メーカー希望小売価格:726,000円+税
  • Cinema Line カメラ レンズ SEL24105G付属『ILME-FX6VK』 メーカー希望小売価格:869,000円+税

 

FX6 フルサイズセンサー搭載 シネマ制作で培った表現力とαの技術を融合

35mmフルサイズ有効約1026万画素 裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor Rや 『α7S III』で初搭載した画像処理エンジン BIONZ XR(ビオンズエックスアール)を採用、浅い被写界深度を生かした印象的なぼけ描写を可能とします。

幅広い感度域で広いダイナミックレンジを実現しているのも大きなポイント。

最大ISO409600の高感度性能や S-Log3 撮影時には、標準の基準感度はISO800で、暗所環境用の高感度設定としてISO12800の選択も可能なうえ、15ストップを超える豊かなダイナミックレンジをもち、野外の明るい環境から夜景までさまざまなシーンで、白とびや黒つぶれの少ないなめらかな階調で映像を記録することが出来ます。

映画制作現場の知見を得て培った画作りであるS-Cinetoneを『FX9』同様に搭載、人肌の中間色の表現力を高めて、色あいはよりソフトに、ハイライトの描写は被写体を美しく際立たせる自然なトーンで撮影できます。

業務用カメラながら本体に「α」の文字があるのは、今までミラーレス一眼を使ってきた私にとってはなにかグッとくるものがありますね!

FX6 高解像度4Kハイフレームレート動画撮影など進化した動画表現

フルサイズセンサーExmor Rと最新の画像処理エンジン BIONZ XR を採用することで、従来機では実現できなかった高解像度 4K で最大120fps のハイフレームレート動画の本体内記録が可能なだけでなく、

最新の像面位相差検出AFとコントラスト検出AFを併用したファストハイブリッドAFシステムを搭載、627点の像面位相差検出AFポイントは画面の約89%をカバー、浅い被写界深度を保ちながら動きの速い被写体やリアルタイムで瞳にフォーカスを合わせ続けることも可能。

瞳AFや液晶パネルをタッチしフォーカス領域を設定するタッチフォーカスエリアにも対応しています。

また被写界深度を変えずに露出の調整が可能なな電子式可変NDフィルターも搭載しているのも大きなポイントかと思います。

FX6 小型軽量ボディで、高い機動力と高い操作性を発揮

本機の最大の魅力といっていいのが、本体質量約 0.89kg という小型軽量ボディで高い機動性を持ちながらも、筐体にはマグネシウム合金を用い、耐久性も実現しているところ。

片手での手持ち撮影で様々なアングルでの撮影に瞬時に対応できるほか、スタビライザーやドローンを使った撮影などにも対応することが出来ます。

また、撮影用途に応じて必要なパーツを組み合わせて使うことができるモジュラーデザインを採用、スマートグリップとスマートハンドルに、多彩なボタンとダイヤルが配置され、カメラを握った状態で様々な操作や設定変更ができ安定したカメラワークと操作性を実現、タッチUIを採用した取り外し可能な高解像度3.5型液晶パネル(画素数 1280×720)により、直感的な操作も可能です。

FX6 プロ用動画機としての充実の機能

多彩な記録方式や接続系統にも対応。

  • ハイダイナミックレンジ・広色域での記録が可能なS-Log3/S-Gamut3に対応
  • XAVCフォーマット、MXFラッパーでの本体内記録に対応
  • DCI4KとQFHD解像度でXAVC-I 422 10bit Class300での本体内記録も可能
  • RAW出力にSDI経由で対応
  • 1本の同軸ケーブルで4K映像を伝送する映像インターフェース「12G-SDI」に対応
  • CFexpress Type AカードとSDXCカード両方に対応したスロットを2基搭載

業務用カメラだけあって、プロ用途の動画撮影機能もしっかりサポートしているのは頼もしい限りですよね!


今回は2020年11月18日 ソニーより発表された、コンパクトな35mmフルサイズ裏面照射型イメージセンサー搭載のレンズ交換式カメラ FX6 を紹介させていただきました。

CinemaLineカメラ FX6

フルサイズイメージセンサー搭載。シネマの映像表現を実現と、デジタル一眼カメラα(TM)の技術を融合したコンパクトな映像制作用カメラ

メーカー希望小売価格:726,000円+税 ~

 2020/11/18 現在の価格

発売日は2020年12月11日(金)、ソニーの直販サイト ソニーストアでは2020年11月25日(水) 10時より予約販売開始予定となっています。

全国5店舗ある ソニーストア直営店では、本日より先行展示を開始していますが、「ソニーショールーム / ソニーストア 銀座」以外はスケジュールを組んでの展示となります。

日程の詳細は、こちらの「ソニー商品情報サイトの先行体験・展示一覧ページ」をご参照ください。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
新しいものに目がないガジェット大好き店員。おいしい物も大好きで特に唐揚げが大好物!ただメタボ対策のためなるべく食べないように・・・嘘です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL