α99II で鉄道写真 音に煙が旅情を誘う 大井川鐵道 SL かわね路号

LINEで送る
Pocket

先日の土曜日、私の撮影した鉄道写真を使ったトークショーを開催させていただきました。当日はたくさんの方にご参加いただきました、改めてましてお礼を申し上げます。

今回は制限を設けることなく自由にご参加いただきましたが、参加者のほとんどが事前に参加連絡をしてくださる「逆神対応」。感謝感謝・・・本当にありがとうございました。

内容も満足いただけたようで、SNSやメールで感想を頂いたりして本当に嬉しい限りです。

ただ、今回のイベントは土曜だけの開催でしたので、お仕事や他の行事で行くことが出来ないという意見も頂き、反省することもありました。そして参加時間の分散化もこれからの課題といったところ。

反省材料、頂いたご意見の吸い上げもしつつ、来年もこのようなイベントをどんどん行っていきます。

また告知させていただきますので、その際はぜひご参加くださいませ。

さてさて今回の写真。

トークショーの最後、音楽と共に流したスライドショーの中から1枚を紹介したいと思います。

大井川鐵道のSL列車・川根路号が「大井川第一橋梁」を渡っているときに撮影したものですが、残念ながらカレンダー候補でありながら除外させた1枚です。

テーブルに置くサイズの写真としては被写体が小さすぎます。

撮影した当時は雲が厚く、露出がほとんどない状態でしたが、カメラの設定で爽やかにユルく写してみました。やっぱりSLはイイですね。音に煙が旅情を誘ってくれます。

2018. 11. 4 大井川鐵道 大井川本線 抜里~川根温泉笹間渡

撮影機材 α99II + 70-300mm F4.5-5.6 G SSM II

「大井川第一橋梁」を渡ったSLは川根温泉笹間渡駅前のカーブを通過。

山間へと入っていきましたが煙で場所がわかります。

時折警笛を鳴らして、さらに山奥へと走り去って行くのでした。

α99II レビュー

秒12コマの連写能力に4240万画素フルサイズセンサー。鉄道撮影には最強スペック!

今回使用したα99IIのレビューをホームページで公開しています。

α99II レビュー Aマウントフラッグシップを徹底解説!
α99IIは 79点専用位相差AFセンサーと399点像面センサーのハイブリッドAFシステムに、有効画素数4240万画素という高画素でありながらも、秒12コマの連写性能。5軸の光学式手ブレ補正機能を搭載するなど、Aマウント フラッグシップモデルを謳うにふさわしいスペックで登場しました。

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』
基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

bloglogo_201407.jpg

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

  1. あおたけ said on 2018年12月20日 at 9:29 AM

    yas先生の鉄道写真トークショー、
    たくさんの方が参加されて大成功だったようですね。
    講演、おつかれさまでしたー(^^)/
    大井川鐵道のSL列車、
    川の流れを大きく配した構図は
    大井川鐵道らしい風景を切り取った感じで
    旅情が感じられるステキなショットですね♪
    列車が小さくてもオレンジの客車は存在感ありますが、
    カレンダーサイズだとSLはちょっと目立たないのかな・・・?

  2. yas said on 2018年12月21日 at 10:22 AM

    あおたけさん こんにちわ♪
    わたしのような名もない人のトークショーに来て頂いただけでも感謝ものでした~
    あおたけさんもエールありがとうございます♪
    次は4月の・・・おっと、これは内々しか今はダメなお話でした^^;
    この写真、結構お気に入りなのですが、やっぱりカレンダーのあのサイズになると存在感が・・・
    BRAVIAで見るとすごく美しいので、またなにかの機会に別のカタチでも紹介したいと思っております!