これは楽しみ!JR西日本「新たな長距離列車を導入」というニュース!

LINEで送る
Pocket

今日は思いっきり趣味な話。

6月17日に豪華クルーズトレイン、トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)をデビューさせたJR西日本ですが、昨日の6月20日、「新たな長距離列車の導入」を発表しました!ナニコレ興奮するではないですか?!

リリースされた情報をみると、こんな感じ。

座席配置は、一人でも二人でも利用できる1+2の座席配置のグリーン車に、個室のグリーン車。ノビノビ座席に普通座席車まで用意してフリースペース車両も設定。

ぼっちからカップル、シルバー、家族まで、幅広く乗れるっていうのはイイですね。

クルーズトレインは高値の花だけど、リリース文にあるとおり、「気軽に」、「自由に」ご利用いただける「新たな長距離列車」の導入を検討とあるとおり、利用料金は普通の列車並と予想。

掲載されている車両のイメージからは117系を連想しちゃいますが、あくまでもイメージらしく「117系」のリノベーションではないみたい?車両は新規製造なのかなぁ?山陰も走るから気動車かと思うのですが、伯備線経由出雲市までなら電車でもOKですよね。

デザイナーさんは、あの、えちごトキめき鉄道「雪月花(せつげっか)」を手がけた、川西康之(かわにしやすゆき)氏。「雪月花」が超斬新なデザインなだけに、どんな車両デザインになるのかも注目です。

 

新たな長距離列車の導入ということで、運行エリアも気になるところ。

列車概要をみると、京阪神~山陰方面、京阪神~山陽方面。また注釈をみると期間を定め複数の区間を運行予定とあるように、イマイチまだよくわかりません。これから決めるのかな?って感じです。

勝手に予想してみると・・・

山陽ルートでは大阪(新大阪)~広島。

山陰ルートでは大阪(新大阪)・京都~松江・出雲市。あたりになるのではないでしょうか?

これ以上に短いと長距離列車とは語りづらそうです。

また概要には、始発駅や途中駅において美味・美酒の販売を検討と書かれてあるとおり、途中、短時間でも停車する駅が何駅かありそうなので、ゆったりと1日かけて片道の列車旅って感じになるのかなぁ。と、思っています。

今回発表された、新たな長距離列車を導入というニュース。車両デザインはじめ、列車名称もまだという状況ですが、これからはどんどん新たな情報が出て来ることでしょう。

出て来る情報を楽しみにしつつ、2020年夏の運行開始予定を今からすごく楽しみにしています!

 

 

店員shigeのつぶやき日記

ソニーショップさとうち、スタッフ「shige」のブログもよろしくお願いします。

スタッフ「shige」のブログ 『shigeのつぶやき日記』

基本ソニーの情報をお届け。ときどき趣味も発信中。

 

bloglogo_201407.jpg

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
やす
店舗とホームページ・ブログの運営管理。鉄道写真が趣味で2017年、2019年にはソニーストア大阪にて写真展とトークショーを行い、自店においてカメラセミナーの講師も務める。

この投稿へのコメント

  1. たいへー said on 2017年6月22日 at 7:49 AM

    列車の旅もいいねぇ。
    一度でいいから、アンドロメダまで行きたい。(笑

  2. あおたけ said on 2017年6月22日 at 9:50 AM

    JR西日本の新たな長距離列車、
    リーズナブルな値段で乗れるとのことで、
    これは楽しみですね〜(^^)
    どうやら車両はやはり、
    117系を改造するみたいですが、
    このあたりにもちょっと驚きました。
    どんなデザインになるのかな〜?

  3. yas said on 2017年6月22日 at 12:02 PM

    たいへーさん こんにちわ♪
    アンドロメダ・・・ちょっと遠すぎます^^;
    長距離にも程度が・・・それこそ機械の体が必要です。

  4. yas said on 2017年6月22日 at 12:05 PM

    あおたけさん こんにちわ♪
    え!?117系の改造ですか^^;
    見た目だけで判断してたのですが・・・まさかの。
    なんとなくヘッドライトが~格子窓が~とか思ってたのですが。
    ということは、非電化は入れなさそうですね・・・
    あとはどんなデザインになるのかって、楽しみなことには変わりありませんでした^^;