VAIO F14 2023年モデル 紹介 いたってフツー THE・スタンダードノート

LINEで送る
Pocket

2023年モデルのノートPC「VAIO F14」について紹介させていただきます。

ソニーショップさとうち の 中村泰之 です。

VAIO F14 2023年モデル は VAIO株式会社が作った、至って普通、色んな意味において「ちょうど良い」ノートパソコン。VAIO「F Line」と呼ばれるシリーズの14型ディスプレイを搭載したモデルとして2023年にデビューをしました。

その特長は基本性能がしっかりしつつ持ち運びやすいサイズ感。家庭から外出先でも使える実用的なところに、お求めやすさも備えました。

それでは「VAIO F14 2023年モデル」をご紹介していきましょう。

VAIO F14 2023年モデル

VAIO F14 はその型名からもわかるとおり、画面サイズ14型ワイドの大画面を搭載したノートパソコン。

解像度は1920×1080ドット。

必要以下でもなく、必要以上でもない、とても扱いやすい解像度をもったものとなっています。

画面を180°開いて共有できる機能も用意しました。

専用のショートカットキーを使うと卓上にてプレゼンテーションを行うことができるといった面白いギミックに「思わずこれ使う?」って言ってしまいそうですが、私自身ちょくちょく使うことがあったりして、あったら便利を感じる、そんな機能だったりします。

プロセッサーには最新世代の第13世代のインテル Core U プロセッサーを搭載しました。

VAIO F14は予算に合わせてパーツをカスタマイズできるのですが、ベーススペックで「Core i3-1315U (1.20GHz) + メモリー 8GB +スタンダードSSD(暗号化機能付) 256GB」の構成で販売。

あくまで使う人次第ですが、この構成ならパーツをアップグレードする必要はないかも知れません。

普通に快適です。

特に数世代前のパソコンから乗り換えた人にとっては、その軽快さはハッキリと解るレベルでしょう。

VAIO F14 のキーボードは、心地よい打鍵感が得られるショートストロークタイプ。VAIO社のコダワリもあって、手首の置く角度が良好。タイピングの姿勢も自然と決まるものとなっていました。

DVDドライブなどの光学ドライブを搭載してないこともあり形状はとってもスリム。

そのためカバンの中にも収まりやすく、14型サイズではあるのですがサッと持ち運べます。

本体の多くの部分はプラスチックの樹脂で構成されていますが、キーボード周りのパームレストにはアルミ素材が採用され、アルミ素材独特ヘアラインと言われるものは、美しさに質感の高さを感じるところ。

拡張端子の多いところも、このVAIO F14の大きな特長です。

Type-C端子をはじめ、Type-A端子は左右合わせて3つ用意され、さらには有線LAN端子なども用意しました。

またVAIO F14には、オンライン通話などでクリアに会話できる「AIノイズキャンセリング機能」に、チャットやオンライン会議などでのカメラ映りを最適化する機能なども用意。

さらにセキュリティーでは顔と指紋のダブル生体認証「VAIO User Sensing」も採用。

これらの付加価値はVAIO社のパソコン、オリジナルの機能。こういう付加価値って最近のパソコンでは少なくなって来てるので、嬉しいところだと思います。

VAIO F14のカラーバリエーションはカラフルな3色展開。

インテリアにも映える「遊び心」も感じられるものとなっていますね。

ただ個人的な意見としては、キーボード部分が明るいものの場合、照明の当たり具合で作業がし辛いことも。(反射で眩しいと感じるときがある。)なので、今回紹介させていただいている「ネイビーブルー」がオススメだったりします。

ちなみに同じVAIO社から VAIO F14と同じ色のマウスが販売されています。(写真はネイビー)

いつでも購入可能ですが、VAIO F14と同時に購入すると割引価格が適用されます。

ワイヤレスマウス VJ8MS1A

手になじみながらも携行しやすいよう考えられた形状。接続方式は計3系統で接続可能。落下試験を実施するなどして耐久性にも配慮しました。

ソニーストア価格:3,850 円(税込)

 2023年11月28日 現在の価格

Bluetoothとワイヤレス両方に対応してますので結構便利。一緒に検討されてみてはいかがでしょう?

さて、ここまで紹介してきましたVAIO F14ですが、販売価格はソニーの直販サイト・ソニーストアでの基本価格は 131,800円 税込みから。ただ時期によってお求めやすくなるキャンペーンが行われ、その時によって格は結構変動します。

VAIO F14 2023モデル

スタンダードな大画面モバイルを求める人へ。

通常販売価格 131,800円(税込) から

 2023年11月25日 現在の価格

現在キャンペーンが行われているのか?その確認につきましては上記リンク先でご確認ください。

VAIO キャンペーン情報 一覧|ソニーストア

キャンペーンで思ったりよりオトクかも?そう直感的に思ったときが案外買いどきだったりします。

VAIO F14 位置づけは?

VAIOのパソコン、2023年11月28日現在のラインアップは以下のとおり。

VAIO F14 はスタンダードモデル「F Line」として、持ち運びのしやすくお求めやすい価格帯のノートパソコンとして位置づけられています。もう一台の「F Line」には VAIO F16 というシリーズがありますが、そちらは大画面が特長です。

VAIO F14 の近いサイズ感としては 「VAIO SX14」 が存在しますが、こちらはカーボンを採用していたり、上位クラスのモバイルプロセッサーを搭載できるなど、高性能高価格帯のモデルとなっておりキャラクターが全く異なる感じ。

無理矢理ですが、より携帯しやすいって意味では「VAIO S13」。

まぁでも、画面サイズが結構違うから・・・現状 VAIO F14 に近いものはないかも知れませんね。

VAIO 唯一の光学ドライブ搭載ノート VAIO S13 | 詳細はこちら

それでも携帯性をより携帯性を求めたいって方には VAIO S13 もチェックしてみるといいでしょう。

ちなみに・・・

ソニーストアで取り扱う パソコン VAIO はすべての機種においてパーツをアップグレードすることが可能です。VAIO F14 も、プロセッサーを高性能なものにしたり、メモリーを大容量のものにすると、パソコン作業はよりはかどるものとなります。

ストレージの容量を大きくしておけばアプリをはじめ、動画や音楽、写真などといったデータも余裕をもって取り込んでいけます。あくまで予算や何をするか次第ではありますが、個人的な意見として快適に長い期間使いたいと思われるのでしたらプロセッサーとメモリーをワンランク上にした組み合わせ「Core i5」「メモリ16GB」「SSD256GB」がおすすめです。

VAIO F14 2023年モデル カスタマイズ編

今回は VAIO F14 のカスタマイズモデルについて取り上げます。

VAIO F14 の購入に悩んでいる…そんな方の参考になると幸いです。

あらかじめ高性能な方にしておいたほうが費用対効果は高め。ぜひ参考になさってくださいね。

VAIO F14 2023モデル

スタンダードな大画面モバイルを求める人へ。

通常販売価格 131,800円(税込) から

 2023年11月25日 現在の価格


今回は2023年モデル「VAIO F14」について紹介させていただきました。

2023年モデル「VAIO F14」に興味をお持ちのかたの参考になれば幸いです。

詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

VAIO F14 キャンペーン情報

キャンペーン情報

  • 対象モデル:VAIO F14
  • 期間:2023年12月21日(木)10:00まで

本体価格 15%OFF

  • ソニーストア内に用意されているクーポン番号取得で15%OFF!

VAIO F14 は現在期間限定で15%OFF。絶対にオトクなこのタイミングお見逃しなく!

VAIO F14 最新モデルをカスタマイズまで徹底解説!

VAIO F14 はご家庭からお仕事、学校まで、使う場所を選ばず、色んな意味において「ちょうど良い」そんなノートパソコンに仕上がっていました。

VAIO F14 2023モデル

スタンダードな大画面モバイルを求める人へ。

通常販売価格 131,800円(税込) から

 2023年11月25日 現在の価格

VAIO レビュー

当店のホームページでは話題のVAIOを徹底レビュー。

当店のホームページでは最新のVAIOを使ったレビューを掲載中!ぜひ参考になさってください!

VAIOレビュー 専門店が詳しく紹介!

当店では最新のVAIO株式会社製、パソコン「VAIO」の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。ソニーストアで購入可能な「カスタマイズモデル(VAIO オーナーメードモデル)」を始め、ケース・アクセサリーなども徹底レビュー

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表 鉄道写真が趣味 ソニーストア大阪にて鉄道をテーマにした写真展も行う。自店イベントにおいては主にカメラセミナー講師、さとうちチャンネル(You tube)にてライブ配信も。フォトマスター準1級&レトロゲーム好き

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL