ULT FIELD 1 レビュー 小型ボディに迫力の重低音なワイヤレススピーカー

LINEで送る
Pocket

このサイズでこの重低音。耐久性も素晴らしくキャンプに持って行きたくなるスピーカーですね!

こんにちわ ソニーショップさとうち の しげ です。

2024年4月16日(火)本日、ソニーからアリーナの最前列に飛び込んだような体験をいつでも楽しむことができる商品群「ULT POWER SOUND(アルトパワーサウンド)シリーズ」3モデルが発表されました。今回はその中から片手で持ち運べるサイズ感が特長の『ULT FIELD 1(SRS-ULT10)』を実機で体験する機会をいただきましたので、商品レビューをお届けしたいと思います。

1万円台と比較的お買い求めになりやすい価格帯ながら、小型ボディらしからぬ迫力の重低音や進化した耐久性など見所が多いスピーカー、ぜひご覧ください!

ULT FIELD 1(SRS-ULT10) レビュー

『ULT FIELD 1(SRS-ULT10)』はコンパクトボディと迫力の重低音を両立したワイヤレススピーカー。

スマートフォンなどの Bluetooth対応機器と接続することで、迫力の重低音やクリアなサウンドで音楽を楽しめるワイヤレススピーカーです。

では実際に スマホ と接続し、低音を強調する「ULT POWER SOUND」を ON の状態(出荷時の状態)で聴いてみます。

・・・。

なるほど、確かにこのサイズ感のワイヤレススピーカーでは感じたことが無い程の、ダイナミックで重厚な低音でスゴい迫力です。左右側面にあるバッシブラジエーターがこれでもかというくらい震えているのも確認できます。

音圧も十分で、ボリュームをそこまで上げなくても部屋中に響くくらいの音量で出力することが出来ます。

またボーカルはクリアで鮮明に表現できているのが印象的でした。重低音重視のスピーカーにありがちな中高音がスカスカということはなく、非常にバランスの取れた音質で聴いていて本当に気持ちいいんですよね。これは想像以上です。

スピーカー構成は、低域を再生するウーファーユニット(約 83×42 mm)とデュアルバッシブラジエーターで低域を強化しながらも、中高音域を再生する トゥイーターユニット(直径約 16 mm)を独立して搭載する 2Way Speaker System。

各音域専門のユニットをしたことにより、コンパクトボディながら低域強化や音圧向上だけでなく、クリアなボーカルや中高音域まで実現しているというのも頷ける音質に仕上がっています。

次に「ULT POWER SOUND」をOFFにして聴いてみました。

今までハッキリ聞こえていたベースラインがなりを潜め、全体的に軽いと感じるほどフラットな音質になります。ロック好きな私にとっては正直「少し物足りない」そう感じるほど。

逆にいえばおとなしめの音楽や夜間に聴く場合なんかは、このモードの方が向いているといえます。うまく使い分けすることで様々な使い方ができそうです。

ただしスピーカー単体でのステレオ再生には対応していないこともあり、音の広がり感はあまり感じる事が出来ませんでした。あくまで私の感想ですので、気になる方はぜひ実機でご体感ください。
(もう1台購入して「ステレオペア」機能を使えばステレオ再生は可能)

ちなみにこのスピーカーは縦置き・横置き両方に対応。

縦置き時でも低音がうまく抜けるようダクト構造が採用されています。お風呂場などでは縦置きで使う場面も多い事を考えると、そういった細かい部分もしっかり対策しているのは好感が持てます。

今回は試すことが出来ませんでしたが、専用アプリ「Music Center」にあるイコライザー機能を使うことで「もう少し高音を抑えたい」などある程度好みの音質にすることも出来ます。物足りなさを感じた方はこちらもぜひお試しください。

『ULT FIELD 1(SRS-ULT10)』のもう一つの大きな特長であるサイズ感と質量。迫力の重低音を実現しながらも片手で持てる程の小型軽量を実現しています。

サイズ感の似た既存モデル『SRS-XB23』と比較してみました。

  ULT FIELD 1 SRS-XB23
サイズ 206 × 77 × 76 mm 218 × 76 × 76 mm
質量 650 g 580 g

両機共に 500mmのペットボトルと同じくらいのサイズ感のワイヤレススピーカーとなっています。若干ではありますが背が低く底面が大きくなったことで、縦置き時の安定感が増したように感じます。

質量は少しズッシリ感はありますが、どちらも持ち歩きに便利なコンパクトなサイズ感であるのは間違いないですね。

付属のマルチウェイストラップを使うことで、縦でも横でも自由自在にイスや棒などに引っかけて使うこともできます。アウトドアなどでは置く場所に困ることもしばしばあるので、柔軟な使い方ができるこのストラップはかなり役にたちそうです♪

『ULT FIELD 1(SRS-ULT10)』のカラーバリエーションは、ブラック・オフホワイト・フォレストグレー・オレンジの4色。

ベーシックなブラックやオフホワイトだけでなく、キャンプ映えしそうなフォレストグレーやオレンジも用意。ホワイト以外は汚れなども目立ちにくい色合いということもあり、キャンパーには人気が出そうです(オレンジだけ実機で確認できませんでした)。

個人的にはビビットカラーもラインナップに欲しかったなぁ・・。

他にもお風呂やアウトドアでも気にすることなく使える防水・防じん(IP67)+ 防錆(ぼうせい) 性能や、落下の衝撃に強い「ショックプルーフ」にも新たに対応するなど今まで以上の高い耐久性や、約12時間連続再生が可能なロングバッテリーも搭載。屋内だけでなくアウトドアなどでも使えるワイヤレススピーカーとなっています。


今回はソニーから新しく発表された ワイヤレスポータブルスピーカー 『ULT FIELD 1(SRS-ULT10)』のレビューをお届けいたしました。

小型のワイヤレススピーカーながら迫力の重低音、防水防滴落下耐性もありロングバッテリー搭載とアウトドア利用でも大活躍間違いなしのスピーカーといえそうです。

このレビューが参考になれば幸いです。

ULT FIELD 1(SRS-ULT10)

コンパクトな筐体でダイナミックな低音を楽しめるスピーカー

ソニーストア価格:19,800円 税込

 2024年4月16日 現在の価格

 

商品の詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

スピーカー・ヘッドホン レビュー

当店のホームページではソニーのスピーカーやヘッドホンのレビューを公開中です。

他の機種もたくさん紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

ショップ店員による『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー
目的に合わせて選ぼう!スピーカー・ヘッドホンなど、音源やプレーヤーを活かせるソニー商品を紹介します。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

 

LINEで送る
Pocket

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL