背景ノイズを自動軽減・クリアに録音 ICD-UX570Fシリーズ 発表 !

LINEで送る
Pocket

背景ノイズを軽減してクリアに録音。コンパクトながらも使い勝手の良さも実現したICレコーダーが発表!

2019年10月8日の昨日、遠くの音や小さな音もクリアに録音・再生。優れた操作性と薄型・軽量で、幅広いシーンに対応するICレコーダー ICD-UX570F シリーズがソニーより発表されました。

多彩な使い方が出来て、FMラジオやミュージックプレーヤー機能も搭載、音楽プレーヤーとしても扱えるところも魅力です。それでは紹介していきましょう。

薄型・軽量で持ち歩きやすいコンパクトサイズ

ICD-UX570F シリーズは、気軽に持ち歩いて、録りたいときにすぐに録音出来るコンパクトサイズが魅力のICレコーダー。バッグやポケットにすっきり収まる薄型・軽量設計です。

直接パソコンと接続できるスライド式nUSB端子を本体内に搭載。ケーブル不要でパソコンとダイレクトに接続可能。音声や音楽ファイル、データを手軽に転送できます。

約3分の充電で約1時間の録音が可能なリチウムイオン電池を採用しました。

パソコンもしくは別売のUSB ACアダプター経由のスマホ感覚で充電出来るところは今どきな商品って感じです。内蔵充電式電池の持続時間は最長約22時間、長時間の録音にも対応します。

こだわりの使いやすさ

ICD-UX570F シリーズは、録音操作ボタンと再生操作ボタンを分離することで、使いやすさを追求しました。またディスプレイには、文字が見やすくてわかりやすい有機ELディスプレイを採用しました。

持ち歩きに便利なキャリングケースを付属。

キレイなディスプレイをカバンの中で傷つけることなく持ち歩けるのはなんだか安心できるところです。

遠くの音や小さな音、クリア集音「Sマイク・システム」

ICD-UX570F シリーズは、遠くの音や小さな音までクリアに集音する「Sマイク・システム」を採用。高音質な生録などに最適な非圧縮「リニアPCM録音形式」にも対応しました。

おまかせボイス&おまかせミュージック

録音機能で最大にウリは、よりクリアな録音を実現する「おまかせボイス」や「おまかせミュージック」機能を搭載しているところ。

「おまかせボイス」では人の声の録音向けに入力音声レベルを機器側で判断、適切なマイク感度に自動で設定してくれます。それに加えて背景ノイズも軽減。時間と共に周波数が変化する背景ノイズを独自のアルゴリズムで常時解析し、その変化に合わせてノイズ抑圧フィルタを最適化するのだとか。これによりクリアな録音を実現します。

また「おまかせミュージック」も搭載。この「おまかせミュージック」では、歌や楽器など音楽録音に特化して録音レベルを自動で判断。聞きやすい音に調整して録音してくれるとのこと。

AIって言葉は入ってませんが、これらって限りなくAIに近いものなのかも、知れませんね。

そのほかにも多彩なシーンセレクトが用意されました。「会議」、「講演」、「ボイスメモ」、「インタビュー」、「歌・音楽」、「バンド(大音量)」、「Myシーン1」、「Myシーン2」の10種の録音設定を搭載。用途に応じて最適な録音設定ができる「シーンセレクト」で、録音がよりカンタンで手軽なものとなりそうです。

充実の再生機能

ICD-UX570F シリーズは再生機能も充実しました。

本体ボタンで素早くみつけて再生できる「タイムジャンプ」「イージーサーチ」をはじめ、小さく録れてしまった録音ファイルも聞き取りやすくなる「ノーマライズ機能」や、ノイズを抑えて聞きやすい音声で再生できる「クリアボイス機能」を搭載。語学学習などで便利な「リピート再生」にも対応しました。

録音ファイルも探しやすくなっていて、ファイル名などを見やすい文字で表示。録音日や録音シーンから、ファイルをすぐに見つけられるようになっています。

ヘッドホン以外にも、口径16mmのスピーカーを本体に搭載しました。ちょっと聴き直したいなってとき、わざわざヘッドホンを用意しなくても良いのでは便利だと思います。

音楽やラジオも、高音質で

ICD-UX570F シリーズはFMラジオとミュージックプレーヤー機能を搭載しました。

ミュージックプレーヤー機能では、MP3/WMA/AAC/WAVファイルをパソコンから転送し再生が可能です。また、MP3ファイルに記録された情報や曲名、アーティスト名なども「ID3-TAG対応」により表示することが可能となっています。曲名やアルバム名、アーティスト名からかんたんに検索、そして再生できポップス/ロック/ジャズなどの音楽に合わせて音質を変えられます。

ICレコーダーでありながら、まさにミュージックプレーヤー。そんな使い勝手を実現しています。

FMラジオ放送局は自動で登録可能。しかもプリセットリストに3つまで地域を登録することができます。受信地域が変わってもカンタンに切り替えて、その地域のラジオがすぐに聞けます。

※ FMラジオを受信する場合、ヘッドホンがFMアンテナの役割をします。ヘッドホンは付属されていませんので、別売のヘッドホンを接続してご使用ください。

microSDHC/microSDXCメモリーカード対応

別売のメモリーカードを使用すれば、内蔵16GB(ICD-UX575F)/4GB(ICD-UX570F)のメモリー拡張が可能です。

パソコン用ソフトウェア「Sound Organizer 2」付属

録音したデータをかんたんに編集・再生・管理できるソフトウェア「Sound Organizer 2」を付属しました。大切な音声データをバックアップする意味でも、本機購入の際は「Sound Organizer 2」できちんと管理したいものですね。

ICD-UX570F シリーズは2ラインアップ

ICD-UX570F シリーズはICD-UX575F(16GB)とICD-UX570F(4GB)の2ラインアップ展開。

違いは本体内蔵メモリーの容量が違うところ。

たくさんの音声データを持ち運びたい、たくさん録音したい、リニアPCM等の高音質録音がメインと使用検討されている方には ICD-UX575F (16GB)を。予算を抑えて購入したい方には ICD-UX570F(4GB) がオススメです。


今回は2019年10月8日の昨日ソニーより発表された、ICレコーダー ICD-UX570F シリーズについて紹介させていただきました。参考にして頂けると幸いです。

ICD-UX570Fシリーズ

遠くの音や小さな音もクリアに録音・再生。優れた操作性と薄型・軽量で、幅広いシーンに対応 ICD-UX570Fシリーズ

ソニーストア価格:12,000 円+税 ~

 2019/10/09 現在の価格

より詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 代表(1993年入社) 鉄道写真が趣味 2019年・2021年にはソニーストア大阪にて写真展を行う。自店イベントにおいて主にカメラセミナー講師をつとめ、さとうちチャンネル(You tube)でのライブ配信も始める。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL