α6000 レビュー実機を使って徹底解説!

このページではソニーのデジタル一眼カメラ「α6000(ILCE-6000)」のレビューをお届けしています。

α6000はソニー Eマウントのミラーレス一眼カメラ。コンパクトで軽量ながらもさくさくピントが合うオートフォーカス性能に最高「秒11コマ」の連写性能を搭載。また便利なファインダーやチルトディスプレイなども搭載し、エントリー機なみのお求めやすい価格ながらも、装備が充実した内容のカメラとなっています。

α6000ってどんなカメラ?

α6000はお求めやすいエントリー価格ながらも、機能がとても充実したソニーのミラーレス一眼カメラ。

コンパクトデジタルカメラとは明らかに「描写力の差」を感じる、大きな「APS-Cセンサー」を搭載。一眼ならでは「おおきなボケ味」の写真が写せたり、素早いピント合わせと最高11コマの連写性能でスポーツシーンの撮影も十分にこなす、そんなカメラとなっています。

また機能面でも、屋外など明るい場所で撮影しやすいよう電子ビューファインダーを搭載。さらに低い位置からや、高い位置からの撮影が可能になるチルトディスプレイも搭載しました。

持ち運びのとき「おっくう」になることもなく、いつでも持ち出せる『サイズ感』もまた魅力のひとつ。

α6000は小さて軽い本体に、たくさんの機能を詰め込んだ「ソニーの主力機種」。日常から旅行、スポーツなどのイベント撮影、もちろん作品作りもこれ1台で叶えてくれるカメラです。

ソニーデジタル一眼カメラ「α6000」

高速AFと高画質を両立した小型・軽量デジタル一眼カメラ

ソニーストア価格:59,880円+税 ~

2017/02/21 現在価格

測距点が179点 広い範囲でサクサク合ってくれるAF性能

少し前の世代のデジタル一眼カメラから買い替えたら、思わず衝撃を受けるかも?

α6000はとにかくピント合わせが速い。作動してから最速約0.06秒でピントが合うファストハイブリッドオートフォーカスシステムは被写体を素早く捉えシャッターチャンスを確実なものとしてくれます。

ちなみに「ファストハイブリッドオートフォーカスシステム」とは、像面位相差と言われるセンサー上にある測距点179点のオートフォーカスと、25点のコントラストオートフォーカスの合せ技によるオートフォーカスシステム。これが速さと精度に加え、画面の広い範囲でのピント合わせを実現しています。

だから瞬間的な光景に出会って、あ!この写したい!って思ったとき。サクッとあってバッチリ写せると言うわけ。案外慌てるときほど、ピントが合わなかったりするものですが、α6000ならサクサク合焦してくれる可能性大。撮り逃しすることも、かなり減ることでしょう。

最高秒11コマの連写性能 ベストショットが写せるカメラ

α6000は最高 秒11コマの連写性能も大きな魅力です。

一瞬の表情を捉えるのって普通のカメラでは難しいことですが、α6000ならすごくカンタン。ここぞってところでシャッターを押しっぱなしすると高速連写を開始!あとは良いカットを選ぶだけです。AFも追従してくれるので、ベストショット率も当然アップしてくれます。

必要十分な約2430万画素の描写力

α6000は約2430万画素のCMOSセンサーを搭載しました。

一部を拡大しても十分すぎるくらいの解像感。最近ではスマートフォンも高画素化が進んでいますが、数値だけでは大きなAPS-Cセンサーには敵いません。いわゆる一眼ならではの高い描写力が味わえます。

扱いやすいサイズ感 とってもコンパクト!

α6000はとってもコンパクト。カバンの中にすっと収まるサイズ感。男性・女性問わず持ち出しやすい、持ち疲れしにくい本体質量も魅力です。

横幅は約12センチ。質量は本体のみなら約285g(バッテリーメディア込みで約344g)程度なので、シーンを問わず気楽に扱うことが可能です。

画作りに最適!電子ファインダー&チルトディスプレイ

α6000は、日中でも見やすい有機ELパネルの電子ファインダーを搭載しました。

電子ファインダーならではの、明るさ・暗さ・色合いなどの設定が見たまま反映されるので画作りには最適。もちろん再生時にもピントが正しく合っているかなどの確認もカンタンに出来ちゃいます。

そして背面側には見やすい「92万ドット」のチルトディスプレイを搭載。

地面すれすれや、子供目線で写すローポジションからの撮影をはじめ、高いところから撮影するハイポジション撮影もこのモニターなら可能にしてくれます。α6000は電子ファインダーとチルトディスプレイで様々な画作りを可能にしてくれることでしょう。

扱いやすいボタン・ダイヤル配置に加え、握りやすいグリップ採用

α6000はコンパクトながらも扱いやすいボタン配置に、握りやすいグリップを採用しました。

この手のカメラが初めてって方なら、ボタンの多さに少々戸惑うことがあるかも知れませんが、そこはカメラです。基本は電源とシャッターボタンの扱い方さえ覚えればOK。慣れない人ならオートでもキレイに写せます。

ただ、このカメラの良いところは操作に慣れた方が、自分が思うとおりの設定して写せるというところ。

いわゆる撮影する楽しみが知れば知るほど加わるわけですが、さらに深く撮影を楽しめる「ボタンカスタマイズ機能」というものも用意されています。

この機能をあのボタンに割り振りたい。なんて自分流のカスタマイズも出来るようになっています。もちろん全ての機能が割り振れるというわけではありませんが、自分流の撮影スタイルを確率すれば、この機能はとっても扱いやすい機能と言えるでしょう。

カメラに詳しいお父さんにカメラにあまり詳しくなお母さん。どなたでも扱えてα6000見た目もスマートなことから、旅先などで記念写真をお願いしても受けた方も困らない。

α6000は一眼カメラなんだけど、使う人を選ばないカメラとも言えそうです。

フルハイビジョン動画記録が可能

α6000は本体にある録画ボタンをポチっと押すだけで、APS-Cセンサー搭載一眼カメラならではの、高画質なフルハイビジョン動画がカンタンに映せてしまいます。扱いやすさはハンディカム並みと言えるでしょう。

選べるカラーバリエーション4色

2016年11月25日にはマットでシックでかっこいい「グラファイトグレー」も登場し、α6000のカラーバリエーションは全部で4色展開となりました。

α6000は発表されて1~2年くらいでモデルチェンジしそうなイメージがありましたが、なんだかんだでロングライフ商品。グラファイトグレーの追加でまだまだ現役で行く!そんな意思すら感じることが出来ました。

お求めやすい価格も魅力 α6000

APS-Cセンサー搭載で高速AF・秒11コマの連射性能。そう聞くと、いかにも「お高そう」な印象ですが、しかしボディだけなら「50,000円台※」で購入可能と、実にお求めやすい価格となっています。

ソニーデジタル一眼カメラ「α6000」

高速AFと高画質を両立した小型・軽量デジタル一眼カメラ

ソニーストア価格:59,880円+税

2017/04/07 現在価格

α6000「ILCE-6000L」

デジタル一眼カメラ「ILCE-6000L」パワーズームレンズキット

ソニーストア価格:69,880円+税

2017/04/07 現在価格

α6000「ILCE-6000Y」

デジタル一眼カメラ「ILCE-6000Y」ダブルズームレンズキット

ソニーストア価格:89,880円+税

2017/04/07 現在価格

ラインアップは価格的にもダブルズームレンズキットから、ボディ単体までの3種類。カラーバリエーションも全4色と豊富なので好みの色から選んでも良いでしょう。これから一眼カメラを始めたいって人にも、おすすめ出来るカメラです。

10%OFF!メーカー直販でも安く買える!クーポン配布中!

ソニーからの特典がいっぱい。「My SONY ID」を新規取得すると、ソニーの直販サイト・ソニーストアにて10%OFFで購入可能な「Welcomクーポン」がもらえます!しかもソニーストアなら3年間の保証付き!!まだ「My SONY ID」をお持ちでない方はこれを機会に取得してみてはいかがでしょうか?ID取得後、製品登録するとアップデートなどのお知らせや、新商品情報もメールで届きます。これはなかなか便利ですよ!

すでに会員になっている方には「定期割引クーポン」が届いているかも?!確認は下のリンク先で行えますので、このレンズがお安く買えるのかチェックしておきましょう。

キャッシュバックキャンペーン 2017年7月31日まで

現在、このカメラを対象としたキャッシュバックキャンペーンが行われています。

2017夏のスタートα キャッシュバックキャンペーン

  • 期間:2017年4月28日(金)~2017年7月31日(月)
  • 最大10,000円のキャッシュバック
  • WEB申込み手続き締切:2017年8月17日(木)10時00分00
  • WEB申込み手続き締切:2017年8月17日(木)当日消印有効秒

α6000キャッシュバック額は最大10,000円となっております。ぜひこの期間内にお買い求めください。詳細につきましてはリンク先を参考になさってください。

店員おすすめ!α6000 で組み合わせたいレンズ

α6000はカメラ本体のみや、標準ズームレンズがセットになったもの、さらに望遠ズームレンズが追加セットになったものが用意されています。

普段使いするなら、標準ズームレンズのセットで事足りるかも知れませんが、レンズ交換することで印象的や作品的なものまで写すことが可能になるといった写すことの楽しさを味わうことが出来るようになります。

ここからは写す楽しみが広がる、店員おすすめ「交換レンズ」を紹介していきたいと思います。

マクロレンズ E30mm F3.5 Macro「SEL30M35」

「SEL30M35」は、小さなものを大きく写せるマクロレンズ。被写体にググッと近寄って、普段は見えない普通のレンズでは写せない「ミクロの世界」を大きく写すことができます。

作例付き 実機を使ったレンズレビュー 「SEL30M35」

被写体にググっと近づいて撮影するマクロ撮影からテーブルフォト、または街中でのスナップ撮影までオールマイティーにこなすマクロレンズ。

Eマウントレンズ SEL30m35 [30mm F3.5 Macro]

手軽に持ち歩ける Eマウントのマクロレンズは、テーブルフォトからスナップまでこなす、オールマイティなレンズです。

ソニーストア価格:24,000円+税

2017/02/10 現在価格

被写体に近づいて写せるのでテーブルフォトなどにも最適です。また、レンズそのものが138gと、とっても軽い持ち疲れすることも少ないでしょう。お値段もお手頃価格かのも良いんです。

ポートレート撮影にも最適!E 50mmF1.8 OSS「SEL50F18」

「SEL50F18」は、大きく美しいぼけ表現が楽しめる単焦点レンズ。「一部を切り取る」写し方が得意で、人物をはじめ、お花や街角スナップにも最適。単焦点レンズならではの解像感で風景撮影にも使えます。

作例付き 実機を使ったレンズレビュー 「SEL50F18」

ポートレートからスナップまで「抜き」で写すには丁度良い「中望遠域」の焦点距離が魅力のこのレンズ。単焦点レンズならではの高画質な描写力に加え、ピタリと止まる手ブレ補正機能によって暗所での撮影も可能です。

SEL50F18 [E 50mm F1.8 OSS]

ポートレートに適した75mm相当の中望遠レンズです。開放F値1.8の明るさと新光学系による美しいぼけ味を生かした撮影が可能です。

ソニーストア価格: 28,000円+税

2017/02/10 現在価格

開放絞り値がF1.8と明るく手ぶれ補正も搭載。室内などの暗いシーンでの撮影にも便利。またレンズそのものが軽いため、標準ズームレンズと一緒に持ち歩いても、持ち疲れの少ないサイズ感もセールスポイントです。

標準から望遠までこれ1本 E 18-200mm F3.5-6.3 OSS LE

「SEL18200LE」は広角27mmから望遠域は300mm相当までの焦点距離を1本でカバーする便利なズームレンズ。旅行などのなるべく荷物を減らしたい、そんな時にとても役に立つレンズです。

作例付き 実機を使ったレンズレビュー「SEL18200LE」

「これ1本でこと足りるズームレンズ」がスリムなデザインで登場しました。ズーム倍率に直すと約11倍。このレンズがあれば、ほとんどの被写体に対応出来ますよ。

Eマウント交換レンズ 「SEL18200LE」

広角27mmから望遠300mm相当まで幅広い撮影領域をカバーする、光学約11倍のEマウント専用高倍率ズームレンズ。

ソニーストア価格:71,238 円+税

2017/02/10 現在価格

幅広い撮影シーンにおいて活躍してくれることでしょう。

ワンランク以上の描写力 Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS

「SEL1670Z」はコンパクトで持ち運びがしやすいサイズながらも、ツアイスレンズらしい抜けの良い、高い描写力の標準ズームレンズ。キットレンズに物足りなさを感じたら、次にオススメできるレンズです。

作例付き 実機を使ったレンズレビュー「SEL1670Z

「SEL1670Z」はコンパクトで持ち運びがしやすいサイズながらも、ツアイスレンズらしい抜けの良い、高い描写力が手に入る標準ズームレンズ。レンズキットの画質に物足りなさを感じたり、まずは最初に購入したいレンズとも言えるでしょう。

Eマウント交換レンズ 「SEL1670Z」

高コントラストで抜けの良い優れた描写性能を維持しながら小型化を実現した、待望のカールツァイス標準ズームレンズ

ソニーストア価格: 89,333 円+税

2016/12/09 現在の価格

手ブレ補正もよく効いて、暗所での撮影成功率がさらに確実なものになりそうです。

以上が店員おすすめの交換レンズ・厳選4本でした。詳しいことはリンク先でチェックしてみてくださいね。

店員おすすめ!α6000 アクセサリー

店員がこれはおすすめ!と、いうものをピックアップしてみました。

モニター保護セミハードシート PCK-LM17

モニター保護のためのセミハードシートです。フィルムタイプのものと違って、ポリカーボネートという素材で出来た板状タイプで厚みがあり、フィルムタイプのものより保護機能も高そうです。

専用設計なだけあって、ディスプレイ部分全体をカバー。液晶面だけ透明で、周囲は黒で縁取られています。ソニーのロゴ入りというのがいかにも純正ぽいですね。

モニター保護セミハードシート・PCL-LM17

α6000、α6300 に使用出来る、モニター保護のための純正品アクセサリー「モニター保護セミハードシート・PCL-LM17」

ソニーストア価格:1,500円+税

2017/02/21 現在価格

α6000にですが、実際に貼ってみた様子を記事にしました。こちらもぜひ参考になさってくださいね。

α6000 レビュー「セミハードシート・PCL-LM17」貼ってみました!

α6000 に使用出来る液晶保護のための純正品アクセサリー「モニター保護セミハードシート・PCL-LM17」を実際に貼ってみました。

ストラップ STP-XH1

ストラップ「STP-XH1」は、ボディケース、レンズジャケットとカラーコーディネートできる長さ約85cm仕様のカメラをななめ掛けできるストラップ。全5色用意されたカラーバリエーションでカメラとお出かけするのがより楽しくなるアクセサリーとも言えるでしょう。

ショルダーストラップ STP-XH1

ボディケース、レンズジャケットとカラーコーディネートできるストラップ。

ソニーストア価格:3,500円+税

2017/02/20 現在価格

専用本格的ボディスーツ「LCS-EBG」とコーディネートすれば、思わず外に出かけたくなりそうです。

リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50

あると便利。いや予備バッテリーは1つでも余分にある方が絶対に良いと思います。

α6300はものすごい多機能。しかしバッテリーが小さいためすぐに消耗してしまいます。1日撮影に出かけるなら2~3本程度は持って出かけたいところ。

特に冬場は消費・消耗が速いのでストレスなく撮影を楽しむためには多い目のご用意がおすすめ。わざわざ撮影に行った先でバッテリーアウトは残念すぎです。

リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50

持ち歩きに便利な小型・軽量タイプ

ソニーストア価格:7,200円+税

2017/02/20 現在価格

さらに、Wバッテリーとチャージャーをセットにした「アクセサリーキット・ACC-TRW」もソニーでは用意しています。チャージャーとバッテリーそれぞれ単品購入するよりお買い得ですよ。

アクセサリーキット ACC-TRW

チャージャーとバッテリーをセットにしたお得なキット。

ソニーストア価格:9,880円+税

2017/02/20 現在価格

プレミアムシステムケース LCS-PSC7

男性が持ち歩くには丁度良い大きさながらも、カメラ本体に大きめレンズが数本収まって、ポケット多くて実用的。個人的にもこのケース愛用しています。インナーボックスを外せば普段使いも出来ますし、スマホやタブレットも入れて持ち運ぶことも可能です。バック1つで済ませたい。そんな方にもオススメですよ。

プレミアムシステムケース LCS-PSC7

コンパクトでスリムながら、収納力に優れたシステムケース。

ソニーストア価格:16,500円+税

2017/02/20 現在価格

デザイン良し!ホンモノ志向のカメラバック「LCS-PSC7」レビュー

レンズが数本収まってデザインもイイ!α7シリーズを持ち歩くときに便利なショルダータイプのカメラバックで普段使いも出来てしまう。プレミアムシステムケース・LCS-PSC7のレビューをお届けします。

キャリングケース LCS-BBK

見た目にもかわいいキャリングケース・LCS-BBKは、ストラップを付ければ「ショルダーバッグ」、またバッグの中にも収めて使える「バッグインバッグ」としても扱えます。

ミラーレス一眼買ったけど、ほどよいサイズのケースってなかなかないんですよねぇ。って声、最近よく聞かれるようになりました。そんな方に今回紹介するキャリングケース LCS-BBK はオススメ。

ソフトキャリングケース「LCS-BBK」

バッグインバッグとして使えるオシャレなソフトキャリングケース・LCS-BBK。

ソニーストア価格:3,500円+税

2017/02/20 現在価格

カメラとレンズ、コンパクトに収納できるキャリングケース『LCS-BBK』レビュー

見た目にもかわいいキャリングケース・LCS-BBKは、ストラップを付ければ「ショルダーバッグ」、またバッグの中にも収めて使える「バッグインバッグ」としても扱えます。それでは、早速レビューしていきましょう

レリーズリモコン RM-VPR1

ケーブル長80センチのRM-VPR1は使い勝手の良いリモコンです。

本格的に風景撮影される方や夜景撮影には、他言無用の”マストアイテム”とも言えるかも。三脚に載せて正しくするなら欲しいレリーズアクセサリー「RM-VPR1」

リモートコマンダー RM-VPR1

マルチ端子搭載のリモートコマンダー、シャッターロック、動画撮影、ズームが可能。同梱クリップにより三脚に取り付けも可能です

ソニーストア価格:5,886円+税

2017/02/20 現在価格

あったら便利!「レリーズリモコン・RM-VPR1」を使ってみました!

バルブ撮影など、スローシャッター撮影の時に便利なレリーズリモコン・RM-VPR1をα7・α7Rで使ってみました。と、言うのが今回のお話です。

シューキャップ「FA-SHC1M」

接続端子を保護するためのシューキャップがα6000には付属していません。気になる方はぜひお求めください。

シューキャップ FA-SHC1M

マルチインターフェースシュー搭載カメラ専用のシューキャップ

ソニーストア価格:950円+税

2017/02/21 現在価格

以上、店員オススメの「α6000」に使えるアクセサリー紹介でした。

また、当店ではお持ちの「α」に合わせたソニー純正アクセリーのレビュー記事を公開しています。興味のある方は、リンク先も参考になさってくださいね。

α がより便利になる アクセサリー レビュー

アクセサリーをプラスするとαがもっと楽しくなる!写真がもっと楽しくなる!そんなアクセサリーを大特集!

α6500は 3年保証付き ソニーストアでの購入がオススメ!

α6000をどこで購入しようか、迷われている方も多いのではないでしょうか?

それもそのハズ。α6000は高額な部類のカメラ。不良、故障などはないと信じたいですが、商品である以上何があるかはわかりません。その後のサポートを考えると、購入するお店も信頼のおけるところにしたいですよね。そんな訳で当店ではソニーの直販サイト・ソニーストアでの購入をオススメしています。

ソニーストアなら3年メーカー保証 無償添付

ソニーストアで購入すると「3年間」のワイド保証が無償で添付されます。実はコレ、なにげにスゴイのです!

通常のメーカー保証なら落下での故障の場合、保証期間内でも有償になるのが当たり前。でもこのワイド保証なら落下故障でも無償で対応してくれます。しかもそれがなんと「無料」で付いてくるというのだから、これは大きなメリットといえるのではないでしょうか?

ソニーストアの長期保証<プレミアムサービス>について|ソニーストア(外部リンク)

10%OFF!メーカー直販でも安く買える!クーポン配布中!

ソニーからの特典がいっぱい。「My SONY ID」を新規取得すると、ソニーの直販サイト・ソニーストアにて10%OFFで購入可能な「Welcomクーポン」がもらえます!しかもソニーストアなら3年間の保証付き!!まだ「My SONY ID」をお持ちでない方はこれを機会に取得してみてはいかがでしょうか?ID取得後、製品登録するとアップデートなどのお知らせや、新商品情報もメールで届きます。これはなかなか便利ですよ!

すでに会員になっている方には「定期割引クーポン」が届いているかも?!確認は下のリンク先で行えますので、このレンズがお安く買えるのかチェックしておきましょう。

金利0%特別クレジット 2017年5月31日(水)11時まで

現在、ソニーストアではオトクなキャンペーンをいくつか用意しています。なかでも分割金利0%のキャンペーンは「α6500」の導入を楽にさせてくれるキャンペーンのひとつと言えるでしょう。

ソニーデジタル一眼カメラ「α6000」

高速AFと高画質を両立した小型・軽量デジタル一眼カメラ

ソニーストア価格:59,880円+税 ~

2017/02/21 現在価格

金利0%で手数料不要は2017年5月31日(水)11時まで!購入するなら「今かも!」、また残価設定クレジットも行っています!詳しくは各リンク先を参考になさってください!

α6000は 3年保証付き ソニーストアでの購入がオススメ!

以上、α6000のレビューをお届けしました。

α6000はソニー Eマウントのミラーレス一眼カメラ。コンパクトで軽量ながらもさくさくピントが合うオートフォーカス性能に最高「秒11コマ」の連写性能を搭載。また便利なファインダーやチルトディスプレイなども搭載し、エントリー機なみのお求めやすい価格ながらも、装備が充実した内容のカメラとなっていました。皆様の参考にしていただけたら幸いです。

ソニーデジタル一眼カメラ「α6000」

高速AFと高画質を両立した小型・軽量デジタル一眼カメラ

ソニーストア価格:59,880円+税 ~

2017/02/21 現在価格

キャッシュバックキャンペーン 2017年5月7日まで

現在、このカメラを対象としたキャッシュバックキャンペーンが行われています。

カメラグランプリ2016大賞受賞記念第II弾 αウェルカムキャンペーン

  • 期間:2017年2月3日(金)~2017年5月7日(日)
  • 最大10,000円のキャッシュバック
  • WEB申込み手続き締切:2017年5月22日(月)午前10時00分00秒
  • 専用応募封筒締切:2017年5月22日(月)当日消印有効

α6000キャッシュバック額は最大10,000円となっております。ぜひこの期間内にお買い求めください。詳細につきましてはリンク先を参考になさってください。


ソニー Eマウントカメラ 実機を使用したレビュー

α9 レビュー

最高秒20コマの連写性能に、隅々まで配置された「693点」像面位相差AF、α史上最高画質の有機EL電子ビューファインダーを搭載するなど、ソニーの最新技術を詰め込んだ、まさに『新次元』なカメラとなっていました。

α7RII レビュー

コンパクトな本体にソニーの最先端技術を惜しみなく投入された「α7R II」はシリーズの高画質モデル。しかも数えきれないほどの魅力が詰まっていました。有効画素数は約4240万画素。世界最多・最大となる399点像面位相差AFセンサーなどの魅力をあますところなく、レビューでお伝えします。

α7II レビュー

α7 IIの大きな特長は、なんと言ってもフルサイズセンサーで5軸ボディ内手ぶれ補正機能を搭載したということ!暗所などの低速シャッター時における写真撮影を強力にサポート!撮影フィールドが一気に広がります!

α6500 レビュー

扱いやすいサイズ感はそのままに、APS-Cセンサー搭載機としては初となるボディ内手ブレ補正や、シリーズでは初となるピント位置を素早く指定できるタッチパネルを搭載。APS-C Eマウントのフラッグシップモデル「α6500」のレビューをお届けします。

α6300 レビュー

高速AF・秒11コマの高速連写・4K動画記録に対応した、ソニー Eマウント ASP-Cフォーマット デジタル一眼カメラ α6300 「ILCE-6300」の実機を使用したレビューをお届けします。

α6000 レビュー

お求めやすい価格ながらもコンパクトなボディに秒間11コマの連写が可能。ファストハイブリッドAF搭載でピントもサクサク合焦する、ミラーレス一眼カメラの人気モデル「α6000」のレビューをお届けします。

α5100 レビュー

とにかく”軽快!”α5100にはそんな言葉がまさにピッタリ。ディスプレイにタッチするだけでシャッターが切れる「タッチシャッター」機能に、最高6コマ/秒の高速連写機能でパシャパシャと心地よく写せます。

Eマウントレンズレビュー公開中!

作例付きで公開中「Eマウントレンズレビュー」

当店では今回紹介したEマウントレンズ以外のレビューも公開しています。ぜひ合わせてご覧ください。


ページの上部へ