VAIO S15 レビュー『最新モデル』 実機を使って徹底解説!

VAIO株式会社製ノートPC「VAIO S15 (現行モデル)」のレビューをお届けしています。

※この記事は常に更新しています。再訪問の際は「リロード」をお願いします。

※2016年11月15日更新 2016年11月15日よりSSD搭載モデルのカラーバリエーションが4色となりました。ただし、タッチパネルを選択した場合はブラックのみとなります。

「VAIO S15」は、見やすい広視野角15.5型ディスプレイにテンキーや光学ドライブを搭載した、オールインワンタイプのノートパソコン。ご家庭をはじめオフィスなど、決まった場所で使うのに最適ですが、スリムでフラットなデザインのため、カバンにスッと収まるから時には外で持ちだして使うことも可能です。

パソコンの頭脳と呼ばれるプロセッサーには、最新の第6世代 Core プロセッサーを搭載。中でも、Core i5 以上を選択するとTDP45Wのクアッドコアプロセッサーが搭載され、日常使いから動画や画像の編集までを快適にこなしてくれることでしょう

それではVAIO社製ノートパソコン「VAIO S15」のレビューをお届けしていきましょう!

VAIO S15 レビュー INDEX

VAIO S15レビュー ”どんなパソコン?”

「VAIO S15」は視野角が広く見やすい15型ディスプレイに、数字の入力時に便利なテンキー、そして光学ドライブなどを搭載した「オールインワン」タイプのノートパソコンです。

大画面でありながらもデザインはとってもスリム。カバンなどにもすっと収まりやすくなっています。

本体質量は約2.5kg(タッチパネルなしモデル)ほどありますが、例えば月曜から職場で使って週末は家に持って帰る。とか、学生さんなら基本家で使っていて、時々学校に持っていく。って、使い方くらいなら大丈夫かも。意外と持ち運びのしやすい、そんなデザインと言えるでしょう。

パソコンの頭脳と言われるプロセッサーには、最新の第6世代インテル Core プロセッサーを標準搭載。しかも、モバイルPCなどでよく使用されている TDP 15Wのものでなく、標準仕様でも「TDP 35W」といったパワフルなものを搭載しました。

さらにカスタマズモデルではTDP45Wクアッドコアプロセッサーを選択することも可能。動画編集や画像編集など、15Wプロセッサー搭載のノートパソコンとは比較にならないほど、重く重たいアプリもVAIO S15なら軽快に動かしてくれることでしょう。

記憶装置と言われるストレージには標準でHDD500GBを搭載しました。カスタマイズモデルではさらなる大容量や「ハイブリッドHDD」、「SSD」も用意しました。「SSDモデル」を選択すれば同時にHDDも搭載でき、ダブルストレージ仕様にすることも可能です。

メモリーも最大16GB。VAIO S15はカスタマイズ次第でデスクワークマシン並みのとても高性能なノートパソコンに仕上げることもできます。

側面に用意された端子類の豊富さも注目ポイント。4K出力可能なHDMI端子を始め、ビジネス用途にも応えてくれる、VGA端子、ネットワーク端子、そしてUSB3.0端子も左右合わせて3つ用意しました。

ビジネス&クリエイション オールインワン VAIO S15

スリム&コンパクトなA4サイズにその機能を凝縮。ビジネスでも、プライベートでも、あなたのクリエイションをしっかりサポートしてくれる大画面オールインワンPC

ソニーストア価格:89,800 円+税 〜

2016/01/27 現在価格

このように「VAIO S15」は低予算な仕様でもハイレベルな内容のノートパソコンとして仕上がっていますが、ソニーストアなら予算や目的にあわせてさらに高性能にカスタマイズすることも可能です。速さを求める方は「SSD搭載モデル」が、かなりおすすめです。

新生活応援キャッシュバックキャンペーン

現在2017年4月26日までの期間限定で、もれなく10,000円。学生の方はさらに2,000円がプラスされる『新生活応援キャッシュバックキャンペーン』が行われています。

VAIO 新生活応援キャッシュバックキャンペーン

  • 対象機種 VAIO S11,VAIO S13,VAIO S15,VAIO Z
  • 期間 2017年3月1日~2017年4月26日
  • 個人お客様限定で、もれなく10,000円。学生の方ならさらに2,000円
  • キャッシュバックはVAIOオリジナルデザインプリペードカード

VAIOはモデルサイクルも長く、無駄なアプリも入ってないので動作も快適。新生活を始める方はもちろん、春を迎えて新しいパソコンが欲しいなぁ。という方もこの機会狙ってみてはいかがでしょうか?

なお、お支払い方法はプリペードカードとなっているのですが、これがなかなか魅力的!なんとVAIOのオリジナルデザインと言うのだから、VAIOファンにはたまりませんね!詳細につきましてはリンク先をご覧ください。

VAIO S15 を 徹底チェック!

「VAIO S15」それでは、より詳しくみていきましょう。

VAIO S15 は、大画面サイズだけどスリム。

デザインもスリムで大画面サイズながらもカバンに収まりやすいフラットな形状。本体重量は約2.5kg(タッチパネルなしモデル)ほどありますが、スマートに持ち運ぶことが可能です。

VAIO S15 大きさ・重さ

  • 約 幅380.3 mm x 高さ25.1 mm x 奥行260.8 mm
  • 約2.5 kg (バッテリー込み)

15.5型ワイドデイスプレイを搭載

「VAIO S15」は、見やすい大きさの15.5型ワイドディスプレイを搭載しました。解像度は2種類から選択出来て、なんと言っても店員のオススメは「フルハイビジョン解像度」の方です。

VAIO S15のディスプレイは2種類から選択可能

  • 「高輝度」解像度1366×768 ドット 基本構成
  • 「高輝度・高視野角」解像度1920X1080ドット Core i5モデルより選択可能

両方とも「高輝度タイプ」で明るく発色にも優れたものとなっているのですが、フルハイビジョン解像度の方は加えて「高視野角タイプ」となっており、角度を変えても見やすいディスプレイとなっています。

使い出すと「ラクさ」は別次元。Core i5プロセッサー以上で搭載可能となります。

VAIO S15は光学ドライブを搭載

ソフトウエアのインストールを始め、DVD-RやCD-Rなどへ書き込み。CD音楽の取り込み、DVDの動画鑑賞などの時に便利な光学ドライブを本体に用意しました。カスタマイズすることによりブルーレイディスクドライブにすることも可能です。VAIO S15で動画編集するなら絶対ブルーレイディスクドライブは選択したいところです。

音にこだわり・フロントステレオスピーカー+ウーファー

大型のBOXスピーカーを耳に近い位置としてパームレストの下に用意しました。そして本体底面にはウーファーも用意。これは一般的なノートパソコンと比べると比較できない音質体験が可能です。

映像はキレイなのに、音が・・・なんてノートパソコンあるあるも、VAIO S15 なら解消です!

タイピングしやすいキーボードとテンキー

標準的なキーボードとテンキーが用意されていて実用的。幅広なパームレストとの組合わせでタイピングも楽々に行えるのがVAIO S15のキーボードです。

若干浅めながらもトコトコ軽快に入力ができるタイピング感覚。パシャパシャ音が出にくい設計(出ないわけではありません。)もあって、移動中や会議室、図書館など・・・静かにしないといけない、そんな場所でも迷惑がられることも少ないでしょう。

エクセルなどを使うときにあるとやっぱり便利なのがテンキー。数字をすばやくタタタって入力出来ます。お仕事はもちろん、プライベートでも大活躍してくれることでしょう。

清潔さを保てるキーボードウエアもおすすめ!

VAIO S15には専用のキーボードカバーが用意されています。キーボードウエア「CC-JNKBV17」は、シリコン素材を採用したキーボードにフィットし洗うこともできる優れたアクセサリーです。

いつまでも気持ちの良いパソコンに保ちたい、そんな方にはぜひ装着をオススメします。キーボードトップのタイピングによる劣化も防げますよ。

CC-JNKBV17/KI、CC-JNKBV17/WH

キーボードウエアでいつも清潔「VAIO C15」に最適です。なお本体同時購入で1,000円引き!

ソニーストア価格:3,980円+税

2017/02/07 現在価格

なお、VAIO S15同時購入でなんと1,000円引き!商品の詳細につきましてはリンク先もご確認ください。

広いタッチパッド 様々な使い方も可能

広いタッチパッドでスクロールやズームイン/ズームアウト、ページ送り/戻り等の操作もスムーズに行えます。

充実の端子類とカメラを搭載

「VAIO S15」は端子類も充実しています。

左側面

  • VGA端子
  • HDMI出力端子(4K対応)
  • ※映像出力端子の同時使用は出来ません。
  • ネットワーク(LAN)コネクター
  • USB 3.0 端子(給電機能付き)x 1
  • マイク入力
  • ヘッドホン出力

左側面にはHDMI端子を始め、VGA端子、ネットワーク端子を搭載したりとビジネス用途にも使える実用的な装備が搭載。またこの面にあるUSB端子はUSB3.0に対応し、電源オフ時でもスマートフォンなどの充電に使える給電機能付きです。

右側面

  • USB 3.0 端子 x 2
  • 光学ドライブ

「VAIO S15」のUSB端子は合計3つ。全てUSB3.0端子が用意されています。

正面・カメラ

ディスプレイ上部にはチャットやオンライン会議などに便利なカメラが用意が用意されました。パームレスト下部分にはSDメモリーカードスロットが用意されています。

TPMセキュリティチップ

主にビジネス用途として、TPMセキュリティチップがカスタマイズモデルでは装着可能です。

TPMセキュリティチップは、OSや他のハードウェアから独立して機能するため、外部からの攻撃にも強いのが特長。従来はHDDに格納していた認証に用いるパスワードなどの情報を安全に格納・管理することが可能です。

まとめ 「VAIO S15」ってどんなパソコン?

「VAIO S15」は、パッみではなんてことない、どこにでもあるような家庭用ホームノートPCに見えてしまいますが、実は『基本性能がとても高いノートパソコン』です。使い出すと案外、その性能の良さに気づき辛いこともあるかもしれませんが、よくある低価格帯の15型パソコンと比べると、快適さがまるで違います。

デスクワークのスペックを持ったノートパソコンをお探しならこの「VAIO S15」はかなりオススメ。カスタマイズでSSD搭載モデルを選べば、さらに快適に楽しめることでしょう。サクサク動きますよ。

後ほど紹介しますが、国内メーカーならではのサポートも充実。入門者の方が買っても安心。「VAIO S15」は長い期間安心して使えるパソコンと言えるでしょう。

ビジネス&クリエイション オールインワン VAIO S15

スリム&コンパクトなA4サイズにその機能を凝縮。ビジネスでも、プライベートでも、あなたのクリエイションをしっかりサポートしてくれる大画面オールインワンPC

ソニーストア価格:89,800 円+税 〜

2016/01/27 現在価格

商品の詳細及び最新の販売価格などにつきましては、リンク先も参考になさってください。

Disneyキャラクター デザインモデルが登場!

ソニーストアでは、VAIO S15「Disneyキャラクターデザインモデル」の受注が始まりました!

「ミッキー&ミニー」をはじめ「不思議の国のアリス」、「トイストーリー」など用意されたデザインは全部で3種類。大きなイラストはダイナミックで遊び心がいっぱい。また、このディズニーキャラクターデザインVAIOには一緒にコーディネートされた「刻印マウス」もセットで用意されました。ディズニー好きにはたまりませんね。

Mickey & Minnie Set

ミッキーとミニーがあなたを応援しているようなデザイン。

Alice in Wonderland Set

『不思議の国のアリス』のストーリーが辿れるデザイン。アリスと一緒に不思議の国を旅しましょう!

Toy Story 20th Aniversary Set

ずっと、ともだち。世界初の長編フルCGアニメーション映画『トイ・ストーリー』が公開されてから20年! 人気キャラクター大集合のデザインです。

ディズニーキャラクター刻印モデルの詳細につきましては、リンク先もご確認ください。

VAIO S15 は、国内工場・安曇野フィニッシュ!3年保証で高い安心!

このパートでは「VAIO S15」の製造過程、購入後の保証・サポートまでを紹介します。

国内工場での品質チェック、安心のサポート体制

「VAIO S15」は国内設計海外製造。海外で作られ注文されたお客様の手元に届くその前に、まずは長野県安曇野にある通称「VAIOの里」に到着します。(写真は筆者が訪問した時に撮影した安曇野VAIO工場の外観)

到着してから出荷されるまでの期間、この安曇野工場において専任の技術者が約50項目におよぶ品質チェックを行います。その厳しい品質チェックを通ったものだけが「安曇野FINISH」として、みなさまのお手元に届きますので、いわゆる初期不良は「ほとんど ない」のだとか。

実際に当店で購入して頂いたお客様からも悪い声は一切聞こえてきません。

また、買ったあとの安心も、国内メーカーならではです。

例えば購入者限定、専用窓口にて徹底サポートしてくれます。例えば急に文字が入力出来なくなったとか、入門者の方にありがちな、ちょっとしたことでも相談に乗ってくれます。

また、販売元であるソニーストアでは、メーカー保証を3年間とする「3年保証ベーシック」を無償添付。この3年間は使用時間に関係なく、品質を保証してくれます。

VAIO社製のパソコンVAIOは、このように購入直後からサポート万全。安心してお買い求めください。

アップデートプログラムはVAIO公式サイトよりダウンロード

お持ちのVAIOを、よりよい状態でお使いいただくために、VAIO社の公式ページよりアップデートプログラムが配信されています。購入後、動作が不安定に思われたらまずはアップデートプログラムを確認してみましょう。

VAIOサポートのページ (VAIO 公式WEBサイト)|外部リンク

そして、それでも解決しない場合は商品に同梱されている電話先に問い合わせをすれば、スタッフの方が丁寧に解決方法を見出してくれることでしょう。

VAIO S15 レビュー 予算に合わせてカスタマイズしよう!

ソニーストアで取り扱う「VAIO S15」は予算や目的に合わせてパーツをカスタマイズして購入することができます。このパートではそのあたりを詳しく紹介したいと思います。

ビジネス&クリエイション オールインワン VAIO S15

スリム&コンパクトなA4サイズにその機能を凝縮。ビジネスでも、プライベートでも、あなたのクリエイションをしっかりサポートしてくれる大画面オールインワンPC

ソニーストア価格:89,800 円+税 〜

2016/01/27 現在価格

VAIO S15は、Core i3 や Core i5など、プロセッサーごとに基本構成が別れており、そこからカスタマイズしていく感じで販売されています。

低予算で組みたいならCore i3モデルを選択してカスタマイズ。いやいや、予算はあるから高性能で組みたい。ということならCore i7 SSDモデルを選択し、そこからより高性能にするならパーツを追加し、カスタマイズしていく。と、言った具合です。

VAIO S15の購入はプロセッサー選びから

それではVAIO S15選びの基準となる「プロセッサー」のことについて紹介させていただきたい思います。

車のエンジンに例えてみました

プロセッサーはパソコンの頭脳と言われるところ。自動車で言えばエンジンです。平坦な道路を淡々と走るなら、エンジンの性能差はあまり感じないのと一緒で、ネットやメールをするくらいなら、Core i3でもCore i7でも同じということ。ただし、高速道路や山坂道ではどうでしょう。排気量の多いエンジンの方が”楽”ですよね。しかも、大きなエンジンの方がより速いです。プロセッサーにもその状況がピッタリと当てはまり、重たいアプリやソフトを軽快に動かしたいなら性能の高いプロセッサーがより有利と言う訳です。

ただ、問題は性能が上がるほど高価になります。まさに乗用車の買い物と一緒ですね。

VAIO S15搭載 Core プロセッサーなにが違うの?

VAIO S15に搭載されているプロセッサーは全部で3種類あります。Core i7 、i5、i3 。それぞれ数字が大きくなるほど性能は高くなります。また、TDPと言われる最大放熱量はCore i3の35Wに対して、Core i7、i5は45W。Core i7,i5の方がより高性能となっています。

さらに、Core i7、i5にはターボ・ブースト機能が搭載。

ここぞって時の瞬発力勝負でもCore i7、i5に分があり、同時に様々なソフトを起動した時に生じるモタモタ感を、鋭い瞬発力で解消。負荷のかかる動画作業を軽快にかつ速く終わらせるなどはもちろん、日常使いのExcelやPowerPoitなどで、資料を作成するときにも快適さを提供してくれます。

以上がプロセッサーについてのお話でしたが、いかがでしたでしょうか?そんなことを踏まえて、最適なVAIO S15を選んで頂ければと思います。

続いては、VAIO S15のラインアップ紹介と、カスタマイズ出来る項目を表にしてみました。

VAIO S15 Corei3 モデル TDP35W

VAIO S15 Corei3 モデル TDP35W
  カラー 解像度 タッチ メモリー ドライブ ストレージ
基本構成 ブラック 1366 x 768 なし 4GB DVD HDD 約500GB
ホワイト
シルバー
ピンク
追加可能パーツ
メモリー : 4GB追加 or 8GB追加
ストレージ : HDD 1TB or ハイブリッド HDD1TB
ドライブ : ブルーレイディスクドライブ ※Windows10のみ選択可能

特長

VAIO S15 はCore i3モデルから基本性能が高く、ネットやメールなど普通に使う分には十分過ぎるほどの性能を持っています。「少し良いパソコンを探している。」と、いうことなら、このCore i3モデルでも十分に満足出来ることでしょう。

Core iファミリー全3種類あるプロセッサーの中で唯一ターボブースト機能を搭載しないのが、このCore i3プロセッサー。i7やi5など、上位2モデルが負荷のかかる作業を得意とするのならば、どちらかと言えば苦手な方です。

自動車に例えるなら、坂道をスイスイ登っていくターボブーストモデルに対し、ちょっとしんどそうなのがCore i3プロセッサー。基本的にはお手軽価格でCore iブランドパソコンを、楽しんでみたい方向けです。

ただし、タッチパネルも選べず、液晶ディスプレイの解像度が「1366×768ドット」と高解像度でないところが少々ネック。特に解像度の高いディスプレイの方が効率よいため表計算ソフト・Excelや、画質を求めるハイビジョン動画編集などをされる方にはあまりオススメ出来ません。

Core i3 モデル 短評 こんな方にオススメ

  • 基本的にはネット、メールなどが中心。デジタルカメラの写真・動画管理など。
  • お手頃価格でCore i ブランドのパソコンを持ちたい方。
  • 高速起動・大量保存。ノートパソコン内で何かと完結させたい方
  • 動画や写真などの負荷のかかる編集を求める方
VAIO S15

Core i3 モデル

ソニーストア価格:89,800 円+税~

2017/02/09 現在価格

VAIO S15 Corei5 モデル TDP45W

VAIO S15 Corei5 モデル TDP45W
  カラー 解像度 タッチ メモリー ドライブ ストレージ
基本構成 ブラック 1920 x 1080 なし 4GB DVD HDD 約500GB
ホワイト
シルバー
ピンク
追加可能パーツ
タッチパネル : 2017.1 完売 選択不可となりました。
メモリー : 4GB追加 or 8GB追加
ストレージ : HDD 1TB or ハイブリッド HDD1TB
ドライブ : ブルーレイディスクドライブ ※Windows10のみ選択可能
TPMセキュリティーチップ
※カラー ブラック 解像度WXGA(1366 x 768)も用意しています。

特長

VAIO S15 はCore i3モデルから比較して、グーンと性能アップするのがこの「Core i5」モデルです。普段使いから写真や動画などの編集もスイスイこなしてくれることでしょう。

ディスプレイにはフルハイビジョン(1920×1080ドット)の高解像度タイプが採用され、タッチパネルも選択可能。Core i5の高性能で、性能面での妥協もなく後で後悔することもない。性能と価格が両立したソニーショップ店員的『ベストバイモデル』だと思っています。

Core i5モデル 短評 こんな方にオススメ

  • 動画編集や画像編集など負荷のかかる作業を必要としている方
  • 表計算ソフトなど、一画面で多く表示できることを望まれる方
  • パソコンは常に使うもの、快適に使うならある程度の予算は仕方ないとお考えの方
  • 高速起動・大量保存。ノートパソコン内で何かと完結させたい方
  • 動画や写真などの負荷のかかる編集を求める方
VAIO S15

Core i5 モデル

ソニーストア価格:99,800 円+税 〜

2017/02/09 現在価格

2017年4月26日までのキャンペーンでCore i5搭載モデルがオトク!

当店調べ、「VAIO S15」でもっとも選ばれている「Core i5プロセッサーモデル」が、通常より5,000円お安くお求められるようになっています。Core i3からのグレードアップ、Core i7までは要らないよね・・・って、考えておられる方は今がチャンス!

VAIO S15 Corei7 モデル TDP45W

VAIO S15 Corei7 モデル TDP45W
  カラー 解像度 タッチ メモリー ドライブ ストレージ
基本構成 ブラック 1920x 1080 なし 8GB DVD HDD 約500GB
ホワイト
シルバー
ピンク
追加可能パーツ
タッチパネル :2017.1 完売 選択不可となりました
メモリー : 4GB追加 or 8GB追加
ストレージ : HDD 1TB or ハイブリッド HDD1TB
ドライブ : ブルーレイディスクドライブ ※Windows10のみ選択可能
TPMセキュリティーチップ
※カラー ブラック 解像度WXGA(1366 x 768)も用意。タッチパネルの搭載不可。

特長

VAIO S15で、プロセッサーの最上位を搭載するのがこの「Core i7」モデル。Core i5で標準搭載になったフルハイビジョンディスプレイに加え、メモリーも標準で8GBとなり、カスタマイズすることで最大16GBのメモリー搭載も可能になります。一般的なノートパソコンと比べてもかなり高性能、あのときCore i7を選択したほうが良かったかも・・・と、あとで後悔したくない方向けのモデルでもあります。

Core i7モデル 短評 こんな方にオススメ

  • 動画編集や画像編集など負荷のかかる作業を常に必要としている方
  • 表計算ソフトなど、一画面で多く表示できることを望まれる方
  • 最上位モデルなので、これ以上に上はなし。後で後悔したくない方
  • 高速起動・大量保存。ノートパソコン内で何かと完結させたい方
  • 動画や写真などの負荷のかかる編集を求める方
VAIO S15

Core i7 モデル

ソニーストア価格:124,800 円+税 〜

2017/02/09 現在価格

VAIO S15 Corei7 SSD搭載モデル TDP45W

VAIO S15 Corei7 SSD搭載モデル TDP45W
  カラー 解像度 タッチ メモリー ドライブ ストレージ
基本構成 ブラック 1920x 1080 なし 8GB DVD SSD128GB
ホワイト
シルバー
ピンク
追加可能パーツ
タッチパネル ※タッチパネルは「ブラック」のみ搭載可能
メモリー : 4GB追加 or 8GB追加
ストレージ : 追加HDD 500GB or HDD 1TB or ハイブリッド HDD1TB
ドライブ : ブルーレイディスクドライブ ※Windows10のみ選択可能
TPMセキュリティーチップ

特長

プロセッサーの最上位を搭載した「Core i7」モデルに、高速な読み書きが出来る「SSD 128GB」を標準搭載したのがこのモデルの特長です。速さが欲しいならこのモデルがおすすめです。また、このSSDモデルはHDDを別に搭載する「ダブルストレージ」も可能。高い性能に加え、SSDならではの高速さと、多くのファイルをHDDに保存し1台での完結を求めるなら、このSSD搭載モデルはオススメであり魅力的です。

Core i7 SSDモデル 短評 こんな方にオススメ

  • 高速起動・大量保存。ノートパソコン内で何かと完結させたい方
  • 動画や写真などの負荷のかかる編集を求める方
VAIO S15

Core i7 SSD モデル

ソニーストア価格:135,800 円+税 〜

2017/02/09 現在価格

詳しくはリンク先でご確認ください。

VAIO S15 ケース、ACアダプターなどアクセサリーを紹介

VAIO S15 にぴったり!そんな、おすすめのケースやアクセサリーを紹介します。

PORTERオリジナルバッグ「CC-PTR/BG/B」

PORTERオリジナルバッグ「CC-PTR/BG/B」は、15型サイズ(VAIO社製VAIO C15同等クラス)のノートパソコンと、アクセサリーやスマートホンなど、普段の持ち回り品までもたっぷり収納出来る3WAY式のバッグです。

見た目も、とてもスッキリとして、この手のバッグにありがちないかにも保護をしてますよ。と、言った野暮ったい印象もありません。これなら日常から使えそう。毎日の通勤から、出張まで活躍してくれそうです。

VAIO の持ち運びに最適なバッグ「PORTERオリジナルバッグ」レビュー

PORTERオリジナルバッグ「CC-PTR/BG/B」は、15型までのパソコンに、関連アクセサリーなども、たっぷり収納出来るビジネスシーンにピッタリなバッグです。


PORTERオリジナルPCバッグ

15型クラスのノートパソコンまで対応するPCバッグ

ソニーストア価格:28,381円+税

2017/02/06現在価格

キーボードウエア

専用設計なのでジャストフィット!キーボードウェアで、キーボードをホコリや汚れから守りましょう。

ホコリや汚れから守るキーボードカバーこと「キーボードウェア」がソニーストアから限定販売中。カラーやデザインの異なる数種類が現在は用意されています。

キーボードウエア「勝ち色」

VAIO社のイメージカラー。紫と青の中間のような微妙な淡めの色使いです。

キーボードウエア「ホワイト」

オーソドックスなホワイトです。

紹介させていただきました、キーボードウェアは購入直後からの装着で、キーボード周りを中心にパソコンを清潔なままお使いいただけます。お早めの装着、何よりも「おすすめ」ですよ。

CC-JNKBV17/KI、CC-JNKBV17/WH

キーボードウエアでいつも清潔「VAIO S15」に最適です。本体同時購入で1,000円引き!

ソニーストア価格:3,980円+税

2017/02/07 現在価格

詳しくは各キーボードウエアのリンク先でご確認ください。

新バックアップSDカード・ソニー「SN-BAシリーズ」

PCデータを自動でバックアップしてくる、SDカードってご存じですか?

バックアップってしなくちゃいけないのはわかっているけど、毎日となるとおっくうだ。

そんな方にピッタリなSDカードです。

データを自動でバックアップ!バックアップSDカード・ソニー「SN-BAシリーズ」

ファイル更新のたびに自動でバックアップ!新しくなったソニーのバックアップSDカードがさらに進化!今度の「SN-BAシリーズ」はメールのバックアップ機能も搭載しました!


3ステップの簡単セットアップだけを済ませてしまえば、あとはSDカードにスロットインをしておくだけ。お手軽なバックアップSDカードで、あなたの大切なPCデータを守ってみてはいかがでしょうか?

バックアップSDカード SN-BA F

あなたの大切なデータを守ります。パソコンに挿しっぱなしでデータの自動バックアップに加え、メールデータの定期バックアップにも対応しました!

ソニーストア価格:3,880円+税 から選べます

2017/02/06 現在価格

スリムでスタイリッシュ「POCKET BIT USM-W3シリーズ」

スリムでスタイリッシュ。その上、高速転送可能なUSBメモリーを紹介します。

アルミ素材を使用した、この外観だけ私は気に入ってしまったのですが、スリムで重さ「約4グラム」の軽量なところも、このUSBメモリーの大きな特長。持っているだけでも満足度の高いものとなっていました。

また、8GBモデルだけを除いて、読み出し最大値が160MB/sと高速なデータ転送を可能としています。安価なUSBメモリーとは、全然違う速度(=快適さ)を味わうことができますよ。

USM-W3シリーズ

160MB/sの高速データ転送、コンパクトメタルボディのUSBメモリー

ソニーストア価格:1,580円+税から

2016/06/07 現在価格


上のテーブルでは、8GBモデルでの価格を表示していますが、160MB/sの高速転送をお求めなら16GB以上をお求めくださいますよう、お願い致します。

スタイリッシュで速いUSBメモリー「POCKET BIT USM-W3シリーズ」買ってみた!

スリムでスタイリッシュ。その上、高速転送可能なUSBメモリーをソニーで発見!「POCKET BIT USM-W3シリーズ」を買ってみました!という、お話です。


ACアダプター VJ8AC19V77

※こちらのACアダプターは本体に付属しているものと同じです。

ご自宅用に本体付属品をお使いでしたら、オフィスや出張専用に持たれてみてはいかがでしょう?案外便利です。

ACアダプター VJ8AC19V77

VAIO株式会社製VAIO S15(VJS1511)、VAIO Fit 15E(VJF1511/VJF1521)、VAIO Z Canvas(VJZ12A1)用のACアダプター

ソニーストア価格:6,980円+税

2017/02/06 現在価格

VAIO S15 レビュー まとめ

VAIO株式会社製「VAIO S15」のレビューをお届けしました。

「VAIO S15」はご家庭やオフィスでじっくり使うのにピッタリな大画面のオールインワンノートパソコン。カスタマイズモデルでは、低価格からまるでデスクトップのような高性能仕様まで組めるので、このレビューをよく読んで頂いて、あなたにベストな「VAIO S15」を購入していただけたらと思います。

ビジネス&クリエイション オールインワン VAIO S15

スリム&コンパクトなA4サイズにその機能を凝縮。ビジネスでも、プライベートでも、あなたのクリエイションをしっかりサポートしてくれる大画面オールインワンPC

ソニーストア価格:89,800 円+税 〜

2016/01/27 現在価格

VAIO S15の詳細、販売価格などにつきましてはリンク先も参考になさってください。

ソニーストアでは 速配モデルを用意!

VAIO が最短当日出荷!お手元にすぐ届く速配仕様がソニーストアでは用意されています。

好きなパーツを組み合わせて購入可能なカスタマイズモデルの通常納期は2周間程度。速配モデルはスペックが固定されているものの最短当日出荷が魅力です。お急ぎの方は速配モデルにもご注目ください。

なお、ソニーストアでは在庫がなくなったらまた補充。と、いう販売スタイルを取っているだけに、見に行くタイミング次第では品切れ中(品切れ中の場合は表示されない)の可能性もあります。

現在用意されている速配モデルのラインアップはリンク先で確認出来ます。気になる方はチェックしましょう

新生活応援キャッシュバックキャンペーン

現在2017年4月26日までの期間限定で、もれなく10,000円。学生の方はさらに2,000円がプラスされる『新生活応援キャッシュバックキャンペーン』が行われています。

VAIO 新生活応援キャッシュバックキャンペーン

  • 対象機種 VAIO S11,VAIO S13,VAIO S15,VAIO Z
  • 期間 2017年3月1日~2017年4月26日
  • 個人お客様限定で、もれなく10,000円。学生の方ならさらに2,000円
  • キャッシュバックはVAIOオリジナルデザインプリペードカード

VAIOはモデルサイクルも長く、無駄なアプリも入ってないので動作も快適。新生活を始める方はもちろん、春を迎えて新しいパソコンが欲しいなぁ。という方もこの機会狙ってみてはいかがでしょうか?

なお、お支払い方法はプリペードカードとなっているのですが、これがなかなか魅力的!なんとVAIOのオリジナルデザインと言うのだから、VAIOファンにはたまりませんね!詳細につきましてはリンク先をご覧ください。

VAIO社製「VAIO」を徹底レビュー中!

当店では最新「VAIO」の徹底レビューを公開しています。

VAIO Z 徹底レビュー

VAIO Z 徹底レビュー(2016.1発表 VAIO(株)製モデル)

VAIO Z はフラッグシップモデルらしいプレミアム感満載な「ワンランク上をいくノートパソコン」。2016年1月にはタブレットPCになる「フリップモデル」とスタミナ重視の「クラムシェルモデル」が登場しました!


「VAIO Z」は Made In Japan の高いクオリティを詰め込んだハイスペックなノートパソコン。通常のノートパソコンスタイルの「クラムシェルタイプ」と、タブレットPCの用に変化する「フリップタイプ」の2種類から選べるようになりました。そんな魅力的なVAIO Zを徹底レビューします!

VAIO S13 徹底レビュー

VAIO S13 徹底レビュー

VAIO S13 徹底レビュー(2016.1発表 VAIO(株)製モデル)

VAIOらしいスリムなデザインはそのままに堅牢性アップでよりタフに。側面に用意された充実装備は、様々なシーンにおいて使いやすくなりました。質感を高める細かな設計でこだわりぬいたクラムシェルタイプのパソコンが登場です!

「VAIO S13」はビジネスでもプライベートでもシーンを問わず扱いやすい、13型ディスプレイを搭載したノートパソコン。スリムなデザインからは想像出来ないほ ど、側面には豊富な拡張端子を用意し、モバイルの時に重要な要素となるタフさも兼備。そして心地よいタイピングで作業効率もあがる静音タイプのキーボード も搭載しました!

VAIO S11 徹底レビュー

VAIO S11 徹底レビュー

VAIO S11 徹底レビュー

「VAIO S11」は11.6型フルHDディスプレイ搭載したノートパソコン。VAIO社のパソコンらしくスタイリッシュな外観に、快適に使える性能をコンパクトな本体に詰め込みました。

「VAIO S11」はVAIO社のパソコンらしくスリムな外観に、快適に使える性能を詰め込んだモバイルパソコン。拡張性の高さに加え高い堅牢性とスタミナ性能、SIMフリーのLTEモデルも用意しました。

どこでも快適そんなノートパソコンとなっていました。

VAIO S15 徹底レビュー

VAIO S15 徹底レビュー

VAIO S15 徹底レビュー(2016.1発表 VAIO(株)製モデル)

VAIOらしいスリムなデザインはそのままに堅牢性アップでよりタフに。側面に用意された充実装備は、様々なシーンにおいて使いやすくなりました。質感を高める細かな設計でこだわりぬいたクラムシェルタイプのパソコンが登場です!

「VAIO S15」は、15.5型ディスプレイにテンキー、光学ドライブを搭載したオールインワンタイプの大画面ノートパソコン。標準搭載のインテルCore プロセッサーが35Wと基本性能が高く、ノートパソコンで動画や画像の編集を快適にしたい方にもオススメです。

VAIO C15 徹底レビュー

VAIO C15 徹底レビュー

VAIO C15 徹底レビュー

「VAIO S11」は15.6型ディスプレイ、テンキー、DVDドライブを搭載したオールインワンノートパソコン。VAIO社のパソコンらしくスタイリッシュでデザインも個性的。カジュアルにPCを楽しみたい方におすすめです。

「VAIO C15」は15.5型ワイドディスプレイに、光学ドライブ、テンキーなどを搭載した『オールインワン』タイプのノートパソコンです。目を引く個性的なデザインにお求めやすい価格と、魅力的な1台です。

VAIOをもっと便利に活用しよう!ケース&アクセサリー

VAIO アクセサリーレビュー

VAIOをもっと便利に活用しよう!ケース&アクセサリー

あるともっと便利になるのは間違いなし。VAIOに使えるケース・周辺機器・アクセサリーを紹介します!

VAIOをもっと便利に活用するための持ち運びの際に便利なケース・使い勝手が広がる周辺機器やアクセサリー。そんなあると便利なあると便利なものをまとめてみました。

以上、当店のVAIO徹底レビュー記事の紹介でした。興味のある方はこちらもぜひ一度ご覧ください。


ページの上部へ