実機で解説! WF-SP800N レビュー ノイキャン・防水 内容充実ワイヤレス

このページでは、ソニーのワイヤレスヘッドホン「WF-SP800N」の実機を使用したレビューをお届けしています。

実機で解説! WF-SP800N レビュー

WF-SP800N は完全ワイヤレスと言われる左右独立タイプのワイヤレスヘッドホン。アークサポーターに防水性能など、スポーツ向けに特化している印象を受けますが、迫力のある重低音が楽しめる「EXTRA BASS (エクストラベース)」にノイズキャンセリング機能を搭載するなど実は「多機能モデル」。シーンを選ばない使い方ができる完全ワイヤレスとなっていました。

※キャンペーン情報 2020年6月3日更新

  • 最大1万円のキャッシュバック! スマホで今すぐ音ロトチャレンジ 2020年6月5日~7月27日

ソニーでは「最大1万円のキャッシュバック!スマホで今すぐ音ロトチャレンジ」を期間限定で実施します。スマホでサイトにアクセスしてロトを回せば当選金額が確定!最大10,000円のキャッシュバックが対象商品購入後、申し込むと適用されます!購入前にまずはロトチャレンジ!2020年6月5日~7月27日の期間限定です!

最大1万円 スマホで今すぐ音ロトチャレンジ 2020年6月5日~7月27日|キャンペーン 詳細はこちら

WF-SP800Nレビュー どんな商品?

WF-SP800N は 汗をかくようなシーンでも安心して使える「防水・防塵性能」に加え、激しい運動の中でも外れにくい高い装着性を実現したスポーツモデルの完全ワイヤレスヘッドホン。

デザイン的にもスポーツ仕様で、いかにもスポーツするときに向いている印象を受けますが、ノイズキャンセリング機能に迫力の重低音が楽しめるEXTRA BASS (エクストラベース)を搭載。音楽を楽しむための機能も実は充実していて、さまざまなシーンにぴて快適に音を楽しめるモデルとも言えそうです。

バッテリー性能も優秀でノイズキャンセリング機能を使用した場合でも最大9時間の使用可能。ケースと合わせると最大計18時間の高いスタミナ設計。接続が安定する左右同時伝送方式を採用し、iPhoneでもAndroid、どちらでも使えると言った接続機器を選ばないところも大きな魅力です。

全体的には厚いデザインも耳に装着するとスッキリとした印象へと変わりスタイリッシュ。4色の個性的なカラーバリーエーションはアクティブなスポーツシーンで映えるものから、シックなブラックやホワイトまでユーザーが好みに合わせて購入できるよう用意されました。

ソニー完全ワイヤレスヘッドホン WF-SP800N

ノイキャンも重低音もあきらめない。防水対応スポーツモデル

ソニーストア価格:24,000円+税

2020/06/18 現在価格

防水性能に装着性高さでスポーツ向きな印象を受けながらも、ノイズキャンセリング機能や重低音サウンド機能を搭載する WF-SP800N は機能充実。実はシーンを選ばないオールラウンダーモデルと言えそうです。いわば、なんでもありな贅沢な仕様。あらゆるシーンで使える完全ワイヤレスが欲しい!と、おっしゃる方にオススメの機種と言えそうです。

買うなら今!キャンペーン情報

ここではオトクに購入できる現在のキャンペーン情報をまとめています。

キャンペーン情報

  • 最大1万円のキャッシュバック! スマホで今すぐ音ロトチャレンジ 2020年6月5日~7月27日

ソニーでは「最大1万円のキャッシュバック!スマホで今すぐ音ロトチャレンジ」を期間限定で実施します。スマホでサイトにアクセスしてロトを回せば当選金額が確定!最大10,000円のキャッシュバックが対象商品購入後、申し込むと適用されます!

購入前にまずはロトチャレンジ!2020年6月5日~7月27日の期間限定です!

最大1万円 スマホで今すぐ音ロトチャレンジ 2020年6月5日~7月27日|キャンペーン 詳細についてはこちら

My SONY ID 取得「割引クーポン」GETしよう!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行、また My SONY IDユーザーには定期的に割引クーポンを発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップ!また、登録したIDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあってアップデートのなどのお知らせもメールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

WF-SP800N レビュー 実機を使ってチェックしてみました!

今回紹介するスポーツモデル「WF-SP800N」。実際に使ってみるとどんな感じなのでしょうか?実機を使って確かめてみました。

WF-SP800N 聴いてみました!

セットアップ(ペアリング)をすませて早速聴いてみることにしました。接続した機器はAndroid OS搭載のスマートフォン、個人的に聴き慣れた楽曲をいくつか再生してみました。音のことなので、あくまでも個人的な感想になるのですが感じたままを書いてみたいと思います。

聴いてまず思ったのはウリの一つである「EXTRA BASS (エクストラベース)」といわれる重低音の機能。この効果の高さはすぐに感じられるもので、今までのソニー完全ワイヤレスヘッドホンにはなかった、そんな迫力のある低音をヒシヒシと感じることができました。

同じ世代の WF-XB700 にも「EXTRA BASS」を搭載したものがありますがそれよりもより強い印象。とは言え、それほど聴き疲れするような低音ではありません。楽曲によっては時折大げさな感じもしますが、心地のよい重低音です。ただ低音が強い割には中高音は濁ることがなく聴こえるので、重低音を感じながらも全体はスッキリとして見晴らしがいい感じ。「低音は強め。だけど万人受けする」そんなセッティングとなっているようです。

キレがイイのでダンスミュージックを再生すればノリの良さはバツグンです。例えばスポーツクラブでランニングマシーンやエアロバイクなど単調なトレーニングシーンでは相性抜群ではないでしょうか?これがあればトレーニングをノリノリで楽しい時間として過ごすことが出来そうです。

WF-SP800N ノイキャン&外音取り込みモード搭載

WF-SP800N にはノイズキャンセリング機能が搭載されています。性能の高さはソニー基準でいうところの「3つ星」。完全ワイヤレスのフラッグシップモデル「WF-1000XM3」が「5つ星」なので比べると少々劣るものの、装着すれば効果の程はすぐにわかるものとなっていました。

ノイズキャンセリング機能の素晴らしい点は、機能をオンにすると外からの雑音が減って、小さな音量でもかかっている音楽を没入感高く楽しめるというところ。音量が小さくて済むから耳にも優しいし、仕事や勉強などのデスクワーク作業で集中したいときにも有効です。

また外音取り込みモードも用意されていて、外の音を取り込みこみながら音楽を聴くことも出来たり、クイックアテンションモードと言って外の音を一時的に取り込む機能も用意。これら機能は音楽を聴きながらランニングしたい、けど音楽しか聴こえないのは不安だという方にピッタリな機能となっています。

スポーツシーン・汗かくときでも安心 防水性能

WF-SP800N は汗や雨にぬれても安心なJIS保護等級IP55相当の防水・防じん性能を搭載しました。

ケースは防水対応していませんが、本体は運動後に軽く水洗いすることも可能で、汗をかいても水洗いすることにより、いつでも清潔さを保つことができます。

激しく動いても外れにくい設計は、まさにスポーツ向き

WF-SP800N は 激しい運動をしても外れにくくするアークサポーターを採用しました。

柔らかな素材の巻き貝のような形状のものがアークサポーター。こんな見た目だから、なんとなく装着時に手間がかかりそうな印象を受けますが、実際はそんなことはなく、他のソニー完全ワイヤレスヘッドホン同様に回し着けるだけで装着完了、手間はありません。装着後はしっかりサポートしてくれるので、かるく走る程度ではズレるなんてことはありませんでした。

ただこのWF-SP800N、本体質量が片方約9.8gと現在販売中のソニー完全ワイヤレスの中でも最も重い機種ということもあって長時間の使用で耳が疲れてくる・・・なんて印象を受けました。あくまでもそれは個人的な体調を含めての感想なのですが、完全ワイヤレスは軽いほうが圧倒的に楽。

関連記事:2020モデル 5機種を比べてみた!

今回のブログ記事は2020年6月現在の現行機種、ソニー完全ワイヤレスヘッドホンを比較解説!機種ごとによる特長・機能・性能の違いを解りやすいように「見える化」致しました、ぜひ参考になさってください。

ソニーの中で軽い部類のWF-H800(片方 約7.6g)を一度使ってしまうと重たく感じます。WF-H800にはノイキャンもないし防水機能もないので、単純比較はできないのですが、長時間で疲れにくいものをお探しなら WF-H800の方がオススメです。

ちなみにアークサポーターとイヤーピースは工場出荷時に予め装着されているいるのですが、耳のサイズに合わせて装着できるよう共に異なるサイズが用意されています。よりイイ音、よりフィット感を高めるため、到着後は少々面倒でも自分に合ったアークサポーターとイヤーピースをチョイスしたいところです。

操作はタッチパネル スマホアプリで様々なコントロールも対応

本体には左右それぞれタッチセンサーが用意されていて、曲送りやノイキャン・外音取り込みなどの操作が可能です。

なお、こちらの操作は専用スマホアプリ(無料)で変更可能なほか、その専用アプリを使用すればイコライザー、ノイキャンや外音の取り込み量のレベル調整も可能。WF-SP800Nを使用する際は専用アプリをダウンロードすることをオススメします。

ノイキャン使用で最大9時間のスタミナ性能

WF-SP800Nのバッテリー持続時間はノイキャン使用で最大9時間、ノイキャンオフで最大13時間。ノイキャン使用で通勤1時間なら4日くらいは充電なしでも使える計算です。ケースにも本体同様、9時間の充電が可能なので、合わせると18時間のスタミナ性能です。

充電時間10分で約60分使用可能なクイック充電にも対応していて、いざという時でも安心。少し時間で使用時間が得られます。

ケースの充電はUSB typeC を使用します。ケーブルは付属していますがACアダプターは別売りです。本体はスリムですがケースはやや大きめ。もう少し小さければと思うのは筆者だけではないはず。それとこの大きさであれば、いっそことケースも水洗いできたら良かったのになぁ。なんて思ってしまうのでした。

いろんな機器とつながる 安定接続性

WF-SP800Nはソニーの完全ワイヤレスフラッグシップモデルWF-1000XM3と同様の左右同時伝送方式を採用しました。接続機器に左右されない安定した接続が可能です。

また新世代機らしく電波が強く混線にも強くなった印象です。初代のWF-1000Xでなんども電波障害を感じる通勤道で試したところ、どうしてもダメな医療ビルの横以外、わずかな電波障害を感じるだけにとどまりました。このあたりはさすが新型と言ったところです。

カラーバリエーション 2色展開

今回はブルー色(L色)で紹介させていただきましたが、WF-SP800Nは全4色のカラーバリエーションを展開です。

スポーティな印象をもつブルー、オレンジ、ホワイト。そしてシックなブラック。お好みのものをお選びください。

WF-SP800N 付属品を紹介

最後に同梱物を紹介します。WF-SP800Nには本体、充電ケースに加えてUSB Type C ケーブル、イヤーピース、アークサポーター、取り扱い等の説明書が同梱されていました。

【ソニーストア限定】 快適に持ち運ぶためのオリジナルケース

ソニーの直販サイト・ソニーストアでは完全ワイヤレス・ヘッドホンを快適に持ち運ぶことができるオリジナルケースを販売中です。

マジックテープで簡単開け閉め、ヘッドホンをささっと収納できて内ポケット付き。そのため本体(ケース)プラス充電ケーブルを分けて収納可能。カラビナ付きでベルトやバッグに内側に作られるから探す手間も省けます。

完全ワイヤレス型ヘッドホンオリジナルケース(Deff社製)

完全ワイヤレス型ヘッドホンを快適に持ち運ぶためのオリジナルケース ※WF-SP900、WF-SP700N、WF-1000X、Xperia Ear Duo(XEA20)などで使用可能。

ソニーストア価格:2,480円+税 ~

2019/05/25 現在価格

ソニーストアオリジナルケースはあったら便利な携帯する時に便利なケース。ついでにいかがでしょうか?


今回は完全ワイヤレスヘッドホン「WF-SP800N」のレビューをお届けしました。この記事が参考になれば幸いです。

WF-SP800N はスポーツを意識したモデルながらも、ソニーの完全ワイヤレスの中でもノイズキャンセリングや防水対応など多く機能を搭載した多機能モデルでシーンを選ばない使い方が出来そうです。現在、数多くの種類が発売されている完全ワイヤレスヘッドホン、多機能を求める方にはこの「WF-SP800N」はオススメと言えるでしょう。やっぱりノイキャン搭載はあらゆるシーンでイイですね!

ソニー完全ワイヤレスヘッドホン WF-SP800N

ノイキャンも重低音もあきらめない。防水対応スポーツモデル

ソニーストア価格:24,000円+税

2020/06/18 現在価格

より詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

なお、レビューの中で紹介しています「音質」については聞こえ方に個人差があります。購入を検討されている方は、良く聴く楽曲をいれたスマホやオーディオ機器を持ち込んでソニーのショールームなどで一度試し聴きされることをオススメします。

機種比較記事を公開

当店のブログにて機種比較記事を公開しました。

2020年6月現在 ソニーの完全ワイヤレスヘッドホンを徹底比較!

ソニー完全ワイヤレスヘッドホン 現行5機種を比較解説!音質・重さ・スタミナ性能・機能の有無などなど見える化しました!ぜひ参考になさってください。

ソニーはシーンに合わせて数種類の完全ワイヤレスヘッドホンを販売しています。実際に機能・性能比較を調べてみようと思ったら結構面倒だったりするもの。そんな方にオススメしたい内容で比較内容を見える化しました、どうぞ参考になさってください。

ソニーストア 紛失あんしんサービスのご案内

ソニーストアでは 追加1,000円を商品購入時に支払うことにより、左右独立型ワイヤレスヘッドホンの片方のヘッドセットをなくしてしまっても、なくした部分を5,000円+税で新品に交換するサービスをWF-H800でも開始しました。

ポッケからポロッと落として紛失してしまうことがあるかも?そう思われた方はぜひご加入ください。

My SONY ID 取得「割引クーポン」GET!

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップします。また、IDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)

関連商品

当店のホームページでは今回紹介した商品に近い機種のレビューも公開しています。そちらもご参考ください。

WF-1000XM3レビュー

WF-1000XM3レビュー 業界最高クラスのノイキャン搭載ワイヤレスヘッドセット

WF-1000XM3 は左右独立タイプの完全ワイヤレスヘッドセットとして業界最高クラスのノイズキャンセリング性能、ハイレゾ相当の高音質化技術 DSEE HX、最長6時間のスタミナ性能を備えるなど、防水機能こそ用意していないものの、同社から数種類販売している完全ワイヤレスヘッドホンを大きく上回る性能で登場しました。


WF-H800 レビュー

WF-H800 軽快なつけ心地と高音質が魅力 ワイヤレスヘッドホン

WF-H800 は 左右独立タイプのワイヤレスヘッドホン。ソニーの高音質技術を採用しワイヤレスながらもハイレゾ級の高音質を実現。ファッショナブルで小型・軽量設計、着け疲れの少ない「軽快」な装着感も魅力です。


こちらもぜひ参考になさってください。


関連記事

目的に合わせて選ぼう!『スピーカー・ヘッドホン・アンプ』レビュー

当店では今回紹介した商品以外のレビュー記事も公開しています。ぜひ参考になさってください。


ページの上部へ