DSC-RX100M2 レビュー『撮影しやすく・使い勝手も高めた マークツー』

このページではソニー・サイバーショット「DSC-RX100M2」のレビューをお届けします。

DSC-RX100はコンパクトデジタルカメラでは難しかったボケ味の表現が可能になる大型センサーを搭載。マークツーと呼ばれる今回紹介するDSC-RX100M2は、DSC-RX100の良いところはそのままで、さらに使いやすさと使い勝手、拡張性を高めたカメラとなっていました。

DSC-RX100M2 徹底レビュー INDEX

使いやすさが格段にアップ!DSC-RX100M2レビュー

アルミ素材の本体は、質感も高級コンパクトデジタルカメラを語るにふさわしい雰囲気をもち、シンプルで飽きの来ないこのデザインは、このRX100シリーズの個性とも言えるでしょう。

ぱっと見は兄弟機・DSC-RX100と、とっても似ています。

左・DSC-RX100 右・DSC-RX100M2。見る角度のよっては、全く同じように見えるかも?!それほどRX100M2はRX100のマークツー。あまり詳しくない方がこの写真をみたら何が違うの?と、いうことになってしまいそうですが、軍艦部と呼ばれるカメラ上部に注目です。

DSC-RX100にはなかったカメラアクセサリー用の拡張端子、マルチインターフェースシューがRX100M2には用意されていました。普段はキャップをすることで隠れているインターフェースシューもご覧のとおり、専用のものやα用として発売されているアクセサリーの装着が出来るようになっています。

アクセサリーシューが搭載されることにより出っ張りが出来ることは出来るのですが、私個人の感想としてはそれほど気にならないレベルでした。

ファインダーを付けたり、外付けのフラッシュを付けたり、リモコンを付けたりと、いろいろ拡張性を持たせたい方には嬉しい装備、この発想も高級コンデジ的で良いと思います。

DSC-RX100M2では、ローアングルやハイアングル撮影時に便利なチルト式液晶モニターが搭載されました。

こんな感じでローアングル・ハイアングルなんて思い通り。

このチルト液晶を搭載することにより、DSC-RX100と比べると若干の厚みと40gの重量増にはなってしまったのですが、今までRX100では叶わなかった撮影スタイルで、被写体に向きあうことが出来ますよ。

また三脚を使用した撮影の時にも案外便利。

低めのポジションにカメラを構えたとき、垂直だそれに合わせて体勢を作らねばなりません。これはかなりしんどいもの。こう言った時にチルト液晶があると何かと便利ですね。

また、対応機器と非接触で接続出来るNFCや、Wi-Fiなどワイヤレス機能も充実です。

これならメモリーカードを抜かずとも、PCへ転送出来ますし、撮影したその場でスマフォに転送。即SNSへアップロード出来ますね。

本体・付属品一式はご覧のとおり。

DSC-RX100M2はRX100同様、本体内充電が出来ることから充電器等は付属していません。まる1日撮影を楽しもうと思えば、バッテリーも1本では足りない感じ。

DSC-RX100M2を便利に楽しむなら、バッテリー(NP-BX1)とUSB出力が可能なバッテリーチャージャー(BC-TRX)がセットになって、とってもお買い得になっている「ACC-TRBX」をオススメしたいところです。

DSC-RX100M2

高感度性能が進化し拡張性が高まった1.0型の高画質モデル

ソニーストア価格:59,880 円

2018/12/19 現在価格

DSC-RX100M2 肝心の写りはどう?裏面照射型センサーを搭載!

ここからは撮影してきた作例を紹介したいと思います。全てJPEG撮って出し。作例は全てRX100M2で撮ったなり。こんな感じの写真が撮れるんだな、的な目線でご覧頂ければと思います。

風景撮影 広角

広角端28mmホワイトバランスを太陽光にして撮影しました。コンパクトデジタルカメラらしからぬ空気感です。

今度は望遠側を使ってやや低速シャッターで撮影してみました。

広角マクロ

ズームを使って近くのものを大きく撮るのが苦手なRX100シリーズ。広角端にして近寄って写すしかありません。チルト液晶のおかげもあって、下から寄りで写してみました。

電車の中での温度計をパチリ。さすが1インチセンサー搭載、コンパクトデジタルカメラとは思えないほど、前ボケ・後ボケが綺麗です。

ダイナミックレンジも広く、記憶に近い雰囲気

明暗差の激しい状況ですが、進化するダイナミックレンジの広さで記憶に近い雰囲気で写せました。

チルトモニターで撮影がより自由に

チルト液晶が便利過ぎるのでまたしても、腰辺りのポジション撮り。チルト液晶なし、手持ちで撮影しようものなら、列車が来る前にギブアップしそうなアングル。駅に咲いていた花と電車をパチリ。

ISO・AUTO 工場出荷で上限 3200

広角端28mm、絞り優先モードにしてF4.0、ホワイトバランスはAUTOで撮影しました。このカメラの ISO AUTO は160~3200まで※、初期の段階で設定されています。(※ISO感度、上限下限の変更は可能です。)

その上限 ISO3200 で撮影したのが上の写真。手持ちで撮影したので、若干のブレに関しては目をつむって欲しいのですがとても鮮明です。ノイズの少なさもRX100と比べたら格段の進化です。

以上、こんな感じに写せました。というのを作例として紹介させていただきました。作例からわかるとおり、街撮り中心のスナップショットだったら、もうこのカメラがあればことが足りそう。大きなセンサーに、それを活かすレンズもちゃんと仕事をしている感じ。身軽なこともあって、思わず旅に出掛けたくなることでしょう。

DSC-RX100M2

高感度性能が進化し拡張性が高まった1.0型の高画質モデル

ソニーストア価格:59,880 円

2018/12/19 現在価格

DSC-RX100M2 マルチインターフェースシュー搭載で広がる拡張性

マルチインターフェースシューは、αでも使えるアクセサリーに対応したインターフェースシュー、この機能を活用することでRX100M2の撮影にさらに幅が出る魅力的な端子です。

電子ビューファインダー「FDA-EV1MK」

「FDA-EV1MK」は有機ELを搭載した235万画素の電子ビューファインダー。背面のモニターと同じようにメニュー表示も出るので覗いての撮影でも違和感もなく撮影に集中出来るようになっています。

しかも、この電子ビューファインダーは、単に覗いて写せますよ。というところだけが優れているのではなく、アングルファインダーのように真上から覗けたり、また90度内なら自由に角度を決めたりも出来ますので、撮影時における使い勝手は抜群です。

もちろん、再生やプレビューなどの確認も出来ますので、ピントにシビアになりたい方はぜひこのファインダーをご利用ください。

ただ、お値段はいわゆるコンデジ1台分くらいの価格。そのため、なかなか手の出しづらいアクセサリーだったりもしますが、思った通りの写真が撮りたいなら絶対にオススメのアクセサリーと言えるでしょう。

想いのままに、意のままに。電子ビューファインダーキット「FDA-EV1MK」レビュー - ソニーショップさとうち

想いのままに、意のままに写真が撮れたらどれほど楽しいものでしょうか?今回は電子ビューファインダーキット・FDAーEV1MKの魅力的についてレビューしたいと思います。

電子ビューファインダーキット・FDAーEV1MK

XGA有機ELを採用した高精細な電子ビューファインダーキット

ソニーストア価格:41,380 円+税

2018/12/19 現在価格

バウンス撮影も可能な外付けフラッシュ「HVL-F20M」

HVL-F20Mは型ながらもバウンス撮影も可能な外付けフラッシュ。小型とは言っても、そもそもNα用だからDSC-RX100M2に装着すると大きな見た目になってしまうのですがバウンス撮影も出来るので、あると便利なのは間違いなしのアクセサリー

と言えるでしょう。

影を消してキレイに写そう! ソニー フラッシュ『HVL-F20M』レビュー - ソニーショップさとうち

HVL-F20Mはいろいろ発売されてるフラッシュの中でも、かなりお手軽なフラッシュです。サイズ感はもちろん単4電池2本で使えるので導入も楽々です。

フラッシュ「HVL-F20M」

簡単操作で高度なライティングを実現するスタイリッシュな小型フラッシュ

ソニーストア価格:14,880 円+税

2018/12/19 現在価格

DSC-RX100M2 おすすめのアクセサリーを紹介します!

ここからはソニーショップ店員おすすめのアクセサリーを紹介します。

セミハードタイプモニター保護シート PCK-LM15

PCK-LM15は、指紋が付きにくくモニターをキズや汚れから守る、セミハードタイプのモニター保護シート。

厚めのシートで貼り付けもカンタンに行えます。

装着後の貼った感がありません。

シートを装着しても、照度センサーには影響がなく、自動輝度設定機能は有効に作動します。

液晶保護セミハードシート PCK-LM15

セミハードタイプの保護シート

ソニーストア価格:1,500円+税

2017/02/28 現在価格


またフィルムタイプとちがって「透明な板」のようなもの。そのためタフにディスプレイ表面を保護してくれます。実際に貼ってみたレビューを書きましたので、そちらもお読みくださいませ!

液晶を保護!セミハードシートを貼ってみました。

ガリッと傷や、髪の毛傷まで、付いてしまってからではもう遅い。薄く固く透明な板状のセミハードシートで、ディスプレイを保護しましょう。

アタッチメントグリップ AG-R2

AG-R2は、RX100M2はじめRX100シリーズに装着できるアタッチメントグリップです。

装着すればRX100M2が持ちやすくなり、構えるときも安定。手にフィットする形状でホールド感を高め、落下防止対策にも役に立ちます。

装着はとても簡単なもので、シールで貼り付けるのみ。素材は、一眼カメラで使用する弾力性のあるウレタンゴム(エラストマー)素材を採用しました。

装着後見た目の印象は若干変わりますが、持った時の操作性や安心感が大きくアップします。

アタッチメントグリップ AG-R2

RX100シリーズに装着できるアタッチメントグリップ。ホールド感を高め、落下防止対策にも役に立ちます。

ソニーストア価格:1,500円+税

2017/02/28 現在価格

ソフトキャリングケース LCS-RXG

LCS-RXGは、RX100シリーズに最適な上質感のある本革を使用したデザインケースです。

カメラにアタッチメントグリップ「AG-R2」(別売)を装着した状態で収納可能で、ベルトや鞄に取り付けられるカラビナループ付き。

持ち運びに便利なショルダーストラップ付属し、2色のカラーバリエーションからお選び頂けます。

ソフトキャリングケース LCS-RXG

RX100シリーズに最適な上質感のある本革を使用したデザインケース

ソニーストア価格:12,380 円+税

2017/02/28 現在価格

充電器とバッテリーがセットでオトク!『ACC-TRBX』

DSC-RX100M2に対応する「Xバッテリー」と、充電がラクになる「バッテリーチャージャー」がセットになってバラバラに購入するより圧倒的におトク!おトクキット「ACC-TRBX」を紹介します。

バッテリーとチャージャーを別々で購入するより、かなりお安く購入可能。バッテリーチャージャーも、多くのバッテリーに対応したり、USB出力あってスマホなどの充電も可能と使い勝手の良い仕様となっています。

アクセサリーキット ACC-TRBX

バッテリー(NP-BX1)とUSB出力が可能なバッテリーチャージャー(BC-TRX)のお得なキット。単品でで買うより2,000円以上もお得!

ソニーストア価格:8,380 円+税

2017/02/28 現在価格


正直なところDSC-RX100M2を買えば、予備バッテリーが必要と考えることになると思います。

そうなると充電器が欲しくなるのも当然の流れかと。別々に購入して高くついたと後で後悔するより、先にこのおトクキットの存在を知っておけば、お財布てきにもおとくです。ぜひ!

充電器とバッテリーがセットでオトク!スマフォも充電出来ちゃう、『ACC-TRBX』レビュー - ソニーショップさとうち

バッテリーとUSB出力が可能なバッテリーチャージャーでお買い得!「ACC-TRBX」を紹介したいと思います。

DSC-RX100M2 レビューをお届けしました。

ソニーのデジタルカメラ・サイバーショット「DSC-RX100M2」のレビューをお届けしました。

画質の向上に加えファインダーなどを装着出来たりする拡張性、そしてチルト液晶搭載で撮影に自由度があがったRX100M2。写す楽しさがさらに増したとっても魅力的なカメラになっていました。

DSC-RX100M2

高感度性能が進化し拡張性が高まった1.0型の高画質モデル

ソニーストア価格:59,880 円

2018/12/19 現在価格

商品の詳細につきましては、リンク先も参考になさってください。

My SONY ID 取得で オフクーポン 発行されます。

当店では今回紹介した商品をソニー直販サイト・ソニーストアで購入されることをオススメしています。

直販サイトというと、なんとなく高価なイメージがあるのではないでしょうか?でも、ソニーストアでは新規の方にはIDを取得で「オフクーポン」を発行!また My SONY IDユーザーには定期的にクーポンも発行しています。

まだソニーストア利用したことない人は、ぜひ「MY Sony ID」作るところから初めてみましょう!利用するごとにクーポンのグレードもアップします。また、IDには商品登録も自動的にしてくれるサービスもあって、アップデートのなどのお知らせも登録メールに届いてかなり便利ですよ。

詳しくはリンク先を参考になさってください。

My Sony ID 新規登録「割引率クーポン」はこちら|ソニーストア(外部リンク)


DSC-RX1RII レビュー

DSC-RX1RII 解像力と高性能がさらに進化した究極の1台

世界中を驚かせたカメラがさらに進化して登場!手のひらサイズはそのままに解像力と高性能がさらに進化。究極のコンパクトデジタルカメラ現る!ソニーRX1シリーズのフラッグシップモデル「DSC-RX1R M2」のレビューをお届けします。

DSC-RX100M6 レビュー

DSC-RX100M6 24-200mmの焦点距離をカバー!最高の高画質おでかけカメラ

従来のRX100サイズながらも約8.3倍24-200mmの焦点距離をカバーする「DSC-RX100M6」を作例付きで徹底解説!実機を使用したレビューをお届けします。

DSC-RX100M4 レビュー

DSC-RX100M4 付加価値機能を高めたシリーズ4代目

手のひらサイズのボディに一眼画質の描写力。4K動画記録も可能になり付加価値機能を高めたRX100シリーズ4代目、「DSC-RX100M4」のレビューをお届けします。

DSC-RX1 レビュー

DSC-RX1 手のひらサイズでフルサイズ搭載を叶えたモデル

レンズ一体型だからこそ実現できる、かつてない次元の描写力。35mmフルサイズセンサーをコンパクトなボディに搭載した「DSC-RX1」を徹底レビュー。


高画質コンパクトデジタルカメラの理想型『DSC-RX100III』レビュー

欲しかった機能がほとんど搭載!従来のRX100シリーズの1.0型センサーに加え、DSC-RX100M2に近いコンパクトなボディサイズながらも、内蔵ビューファインダーに180度チルト液晶も搭載!理想的な高画質デジタルカメラここに現る!

サイバーショット DSC-RX100II レビュー

コンパクトデジタルカメラでは難しかったボケ味の表現が可能になる1.0型大型センサーを搭載したDSC-RX100M2のレビューをお届けします。


ページの上部へ