望遠光学ズーム搭載 Xperia 1 IV SIMフリーモデル ソニーストアに登場!

LINEで送る
Pocket

世界初となる望遠光学ズームレンズを搭載した 5G対応 Xperia 1 IV にSIMフリーモデルが登場!

こんにちわ ソニーショップさとうち の しげ です。

2022年9月12日(月)、ソニーストアより 最新の Xperiaフラグシップ機「Xperia 1 IV」の SIMフリー対応モデル 『Xperia 1 IV(XQ-CT44)』が発表されました。

発売日は2022年9月16日(金)で、ソニーストアではすでに先行予約販売を開始しています。

『Xperia 1 IV(XQ-CT44)』 基本性能

まずは『Xperia 1 IV』の基本性能の紹介。

  • カラー ブラック、アイスホワイト、パープル
  • サイズ(幅×高さ×厚さ) 約71mm×約165mm×約8.2mm
  • 重量 約185g
  • バッテリー容量 5000mAh(内蔵電池)
  • CPU Snapdragon® 8 Gen 1 Mobile Platform
  • メモリ 内蔵(RAM/ROM) 16GB/512GB 外部 microSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)
  • ディスプレイ  約6.5インチ/有機EL 21:9ワイドディスプレイ/4K/HDR対応/最大120Hz駆動
  • カメラ(メイン) 
     16mm(超広角):有効画素数約1220万画素/F値2.2
     24mm(広角):有効画素数約1220万画素/F値1.7
     85mm-125mm(望遠):有効画素数約1220万画素/F値2.3-2.8
  • カメラ(フロント)
     有効画素数約1220万画素/F値2.0
  • 防水/防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
  • おサイフケータイ / NFC 搭載 / 搭載
  • 生体認証 指紋認証搭載
  • 3.5mmオーディオジャック 搭載(4極ヘッドセット(CTIA規格準拠)対応)
  • フルセグ/ワンセグ 非搭載
  • ワイヤレス充電 搭載
  • デュアルSIM 対応(nanoSIM/eSIM)
  • 対応バンド
    5G:n3, n28, n41, n77, n78, n79
    4G(LTE):Band 1, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 18, 19, 21, 26, 28, 38, 39, 40, 41, 42
    3G:Band 1, 5, 6, 8, 19
    GSM:850MHz/900MHz/1.8GHz/1.9GHz

『Xperia 1 IV』は、大きさ・重量ほぼ変わることなく世界初の望遠光学ズームなどの新機能を多数搭載した 最新の Xperiaフラッグシップモデル。

チップセットは最新の「Snapdragon 8 Gen1 Mobile Platform」を採用し基本性能が大幅向上しているだけでなく、画面の輝度が50%向上していたりバッテリー容量が増量していたりと、使い勝手の部分についてもしっかり改善されていて、更に完成度の高いスマートフォンとなりました。

世界初 望遠光学ズームと α 譲りのAF性能

『Xperia 1 IV』のリアカメラには、超広角レンズ(16mm / F2.2 )・広角レンズ(24mm / F1.7 )に加え、スマートフォンにおいて世界初となる (85mm / F2.3 〜 125mm / F2.8)の望遠光学ズームレンズを搭載。85~125mm の画角全域で解像度やAF性能の劣化なく動画や静止画の撮影が可能になりました。また、光学手ブレ補正も搭載しているので、遠景の撮影時もブレずに撮影できるのもうれしいところ。

さらに全てのリアカメラに120fpsの高速読み出しに対応した有効画素数1220万画素のイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載したことで、動画・静止画撮影時の高速・高精度なAF / 被写体追尾が可能になりました。

もちろん暗所の撮影でも役立つ 3D iToFセンサー も引き続き搭載しています。

フロントカメラも前モデルから大型化した有効画素数1220万画素の「Exmor RS for mobile」イメージセンサーを搭載することで、4K HDR 対応の自撮り撮影にも対応。自撮りでもキレイな動画撮影が可能となりました。

【ソニーの技術をもっと詳しく】表現力を追求したXperiaの新しいカメラ

Xperia PRO-I のみに搭載されていた動画撮影アプリ「Videography Pro」をプリインストール。

撮影環境に応じて、フォーカスや露出、ホワイトバランスなどの設定を、素早く直感的に、かつ正確に調整できるだけでなく、被写体を追従し続ける「瞳AF」と「オブジェクトトラッキング」にも対応し、背景の移り変わりなどの多い場面でもしっかりと被写体にフォーカスが合った動画撮影が可能に。

またズームに関しても動画撮影を止めることなく超広角カメラから望遠ズームレンズまでシームレスなズーミングが可能になのも大きなポイント。

さらに全てのリアカメラでの 4K 120fpsのハイフレームレート撮影と最大5倍のスローモーション撮影にも対応、FlawlessEye対応のハイブリッド手ブレ補正(広角レンズ・望遠ズームレンズのみ)や動画録画中に複数枚重ね合わせることで、解像感を維持しながらより広いダイナミックレンジを実現する「ダイナミックレンズモード」にも対応するなど、様々な焦点距離での撮影、映像表現が可能となりました。

別売のVlog Monitor『XQZ-IV01』や Bluetooth対応の三脚機能付シューティンググリップ『GP-VPT2BT』の装着にも新たに対応しているので、高画質なメインカメラを使ったVlog撮影もラクラクです。

Vlog Monitor『XQZ-IV01』

大型の1.0型イメージセンサーでの自撮り撮影可能なXperia PRO-I専用のVlog Monitor

ソニーストア価格:24,200 円 (税込)

 2022/09/13 現在の価格

シューティンググリップ GP-VPT2BT

ワイヤレスリモートコマンダー機能付き

ソニーストア価格:12,901 円(税込)

 2022/09/13 現在の価格

他にも Xperia単体で YouTube ライブ配信が出来たり、外部モニター機能を使って α を使った高画質なライブ配信にも対応しています。

カメラ用アプリは「Photography Pro」に写真撮影機能を集約。

アプリ内で、今までの操作感に似た使いなれたUIの【BASICモード】と、α から継承されたUIによって、シャッタースピード、ISO感度、ホワイトバランスなどさまざまなマニュアル設定が可能で、RAW ファイルにも対応。【AUTO/P/S/M/MRモード】とモードを切り替えながら撮影することができます。

動画撮影機能についても、ソニーの映画撮影用カメラ開発チームが監修したシネマ撮影専用機能を搭載。

4K HDR動画撮影やなめらかな色階調表現を実現する10bit記録、「CineAlta」で培ったノウハウを色相・画作りとして反映したLook、ドラマティックな表現を可能にする、4K HDR 120コマ/秒のスローモーション撮影など、旅先での一コマや友人とのパーティー、家族と過ごすいつもの風景も、今までとはひと味もふた味も違う雰囲気の動画を撮影することが出来そうですね。

【ソニーの技術をもっと詳しく】映像クオリティの動画が撮れる「Cinematography Pro」

120Hz対応有機ELディスプレイで心惹き付けられる映像体験

ディスプレイには映画とほぼ同じアスペクト比 21:9のシネマワイド画角に、6.1インチ、リフレッシュレート120Hz駆動、4K、HDR対応の有機ELディスプレイ(3840×1644ピクセル)を搭載。さらに最大輝度が50%向上したことで、直射日光下においても映像をより認識しやすくなっています。

映画を大迫力のフル画面で楽しめるほか、ブラビアの技術が生んだ高画質化エンジン「X1 for mobile」や リフレッシュレート120Hz駆動により残像が少ないなめらかな画面表示で映像の世界に入り込んだような映像体験を楽しむことが出来ます。

標準規格(SDR)の映像をHDR相当の美しさに変換してくれる「HDRリマスター」も搭載するので、様々な映像を高画質で楽しめそうです。

【ソニーの技術をもっと詳しく】映画のような迫力に引き込まれる 21:9 シネマワイドディスプレイ

Xperia だけの特典である、ソニー・ピクチャーズの名作や話題作が1年間見放題に加え、最新作などを5作品まで引き換えできるクレジット特典が付いている「BRAVIA CORE for XPERIA」ももちろん対応!リマスターされたIMAX(R)映像とDTSサウンドにより、IMAX(R)シアターのような映画体験を21:9のフルスクリーンでお楽しみいただけます。

音にもこだわり!ハイレゾだけでなく 360 Reality Audio にも対応!!

 

左右均等にフロント配置されたステレオスピーカーにより、立体感のある音場を実現。ソニー・ミュージックエンタテインメント や ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント と協業してチューニングすることで、音楽や映画のステージ、シーンが目の前に再現されるような臨場感を実現。音質自体もドライバーとエンクロージャーによって、ベースやバスドラムなど低音域の音圧を20-50% 向上。最大音圧レベルも10%向上し、より迫力が増した音楽がスピーカーで楽しめます。

有線でも無線でも音楽CDの約3~6倍の情報量を誇るハイレゾ音源の再生に対応。ソニー独自のAI解析で MP3 や YouTubeなどのストリーミング音源に対してもソニー独自のAIが解析、ハイレゾ相当の高音質にアップスケーリングする「DSEE Ultimate」を搭載。

あらゆる音源をハイレゾクオリティーで楽しむことが出来ます。

またソニーの360立体音響技術を使った新たな音楽体験「360 Reality Audio」にも対応。生演奏に囲まれているかのような没入感のある、豊かな音場をお気に入りのヘッドホンで楽しむことや、Spotify などのストリーミングサービスの音源を立体的なサウンドに変換する「360 Spatial Sound」も搭載。アーティストの目の前で演奏を聴いている臨場感でいつもの音楽を楽しむこともできるようになりました。

3.5mmオーディオジャックもしっかり搭載しているので、お持ちの有線ヘッドホンを変換ケーブルなしで利用可能。

新たな試みとして、クラウド処理による高音質化でプロレベルの録音を実現する音楽録音機能「Music Pro」を新搭載。

収録した音をクラウドにアップロードすることで、音源分離技術を用いたノイズの除去を行ない、ソニーの高性能な真空管マイクの周波数特性およびスタジオ録音機材がもつ繊細で良質な響きまでを再現。より高音質でプロレベルの録音体験が可能となります。弾き語りなどをSNS等で公開されている方にぜひ使っていただきたい新機能となっています。

※初回100MB以上のStudio tuning機能の利用には月々580円(税込)のサービス加入が必要

映像だけでなく音のこだわりもハンパではありません。

【ソニーの技術をもっと詳しく】臨場感溢れる音楽体験を実現する オーディオテクノロジー

【Xperia スペシャルインタビュー】灰野 一平 | Xperia 1 IV は音楽作成の可能性を革命的に広げる

120Hzディスプレイによる高いパフォーマンスやアシスト機能で 勝てるゲーム体験

ターゲットを正確に狙える表示領域が大きい21:9のワイド画面を搭載しているだけでなく、すばやい動きもくっきり映す 120Hz 駆動ディスプレイと最大 240Hz の高速タッチ検出、加えて進化したゲームエンハンサーで、より快適なゲーム体験を実現。

暗いシーンを意図的に明るく表示し、隠れている敵や障害物の視認性を高める機能や、敵の足音や銃声など必要な音を強調し不必要な衝撃音などを小さく抑制する機能、通知、着信の非表示に加え、アプリの固定、ナビゲーションバーの非表示などゲーム以外の機能を完璧にロックしゲームに没入できる環境を構築するなど、プレイに集中できる機能を多数搭載しています。

高負荷の状態でもより快適にゲームをプレイ出来る優れた放熱設計だけでなく、スマホ充電中でもゲーム時に使用される電力のみバッテリーを介さず給電、充電による熱発生を抑制する「HSパワーコントロール」も搭載。高負荷なゲームだけでなく、充電しながら使うことの多い「Pokemon GO」 や 「ドラゴンクエストウォーク」 などの位置ゲープレイ時にも有効な機能といえそうです。

【ソニーの技術をもっと詳しく】ゲームを勝ちに導く多彩な機能 ゲームエクスペリエンス

より本格的なゲームプレイを望まれる方には、『Xperia 1 IV』の性能を最大限まで引き出す多機能ゲーミングギア『Xperia 1 IV Gaming Edition』も新しく登場。スマートフォンに最高クラスの性能を求めるゲームプレーヤーのために、ゲーム実況配信を高品質で行いたいストリーマーのために、冷却機能と配信機能を備えたゲーミングギアとなっています。

詳細については以下のリンク先も参考になさってください。

プレイも配信も快適に ゲーミングギア Xperia Stream(XQZ-GG01)登場!
 width=180

Xperia 1 IV 専用ゲーミングギア「Xperia Stream for Xperia 1 IV」登場!熱対策用の冷却機能を搭載していたり配信用に各種ケーブルを接続出来たりします。

効果抜群!ゲーミングギア「Xperia Stream(XQZ-GG01)」実機レビュー
 width=180

ソニーの多機能ゲーミングギア『 Xperia Stream for Xperia 1 IV(XQZ-GG01)』レビュー。ベンチマークアプリでその実力をチェック!

ゲーミングギア『Xperia Stream for Xperia 1 IV(XQZ-GG01)』

Xperiaで限界を超えていけ

ソニーストア価格:23,100 円 (税込)

 2022/09/13 現在の価格

『Xperia 1 IV(XQ-CT44)』とセットになった、『Xperia 1 IV Gaming Edition(XQ-CT44-KIT) 』も発売決定!単体でそれぞれ購入されるよりも 8,800円(税込)お安く購入いただけます。ただし共に発売日は2022年10月14日(金)となります点、ご注意下さい。

Xperiaスマートフォン『Xperia 1 IV Gaming Edition(XQ-CT44-KIT)』

Xperia 1 IV SIMフリーモデルと
全方向の冷却性能や各種ポートを備えた
ゲーミングギアがセットになった
スペシャルエディション

ソニーストア価格:189,200 円 (税込)

 2022/09/13 現在の価格

 

『Xperia Stream for Xperia 1 IV(XQZ-GG01)』の詳しい仕様についてはリンク先も参考になさってください。

洗練を極めた高品位フラットデザイン フロスト仕上げの背面ガラス

スリムボディをフラットなフレームで囲んだスタイリッシュなデザインで、背面ガラスには溶け込む光によって表情を美しく変えるフロスト仕上げ。高耐久ガラス Corning Gorilla Glass Victus を採用。上質さとタフネスを両立しています。

カラーバリエーションはブラック、アイスホワイト、パープルの3色。

モダンかつ都会的なブラック。高級感がありながらも、落ち着いた雰囲気を醸し出すブラック。

天然の氷を幾重にも重ねたような魅惑的なアイスホワイト。

Xperiaを象徴するシンボリックなパープル。

今回はSIMフリー専用の特別限定モデルはない模様。

『Xperia 1 IV』SIMフリーモデルとキャリアモデルの違い

ドコモなどキャリアから発売されている『Xperia 1 IV』と、今回ソニーストアで発売される SIMfフリーモデル『Xpeira 1 IV(XQ-CT44)』との違いは以下の6点。

  1. SIMフリー対応
  2. メモリー容量 12GB ⇒ 16GB に増量
  3. ストレージ容量  256GB ⇒ 512GB に倍増
  4. FMラジオ非対応
  5. ミリ波非対応
  6. 対応バンド

SIMフリーに対応。『Xperia 1 IV』からはキャリアモデルにおいても「Dual SIM(nano SIM + eSIM)」に対応していて「SIMフリーモデル」の優位性が1つ減ったとも言えますが、より幅広い周波数(バンド)に対応しているので回線プラン選択においては(キャリアモデルとでは)自由度はあるかと思います。

他にも、メモリー容量増量で安定した動作性を確保していることや、ストレージ容量が倍増することで写真や動画を多く保存出来るという点は、SIMフリーモデルの大きな魅力といえそうですね。

SIMフリーモデル『Xperia 1 IV』『Xperia 1 III』の違い

ソニーストアから発売されている同じSIMフリーモデル『Xperia 1 IV』『Xperia 1 III』の違いは以下のとおり。

  Xperia 1 IV Xperia 1 III
サイズ/重量 約71mm×約165mm×約8.2mm
185g
約71mm×約165mm×約8.2mm
186g
CPU

Snapdragon 8 Gen 1
Mobile Platform

Qualcomm® Snapdragon888 5G
Mobile Platform

RAM/ROM 16GB RAM / 512GB ROM 12GB RAM / 512GB ROM
カメラ 超広角(16mm): 12MP 120fps読み出し
標準(24mm): 12MP 120fps読み出し
望遠(85-125mm光学ズーム):12MP 120fps読み出し
全レンズリアルタイム瞳AF /リアルタイムトラッキング
全レンズ最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写
全レンズ4K120fpsハイフレ/スロモ動画撮影
シームレスズーム
ライブ配信機能
超広角(16mm): 12MP
標準(24mm): 12MP 120fs読み出し
望遠(70, 105mm可変式): 12MP
リアルタイム瞳AF /リアルタイムトラッキング
最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写
ディスプレイ 約6.5インチ/有機EL シネマワイドディスプレイ/
4K/HDR対応/120Hz駆動  
約50% 輝度向上
約6.5インチ/有機EL シネマワイドディスプレイ/
4K/HDR対応/120Hz駆動  
オーディオ ステレオスピーカー 低域向上 ステレオスピーカー
バッテリー 5000mAh

4500mAh

SIM Dual SIM (nano SIM + eSIM)

Dual SIM (nano SIM + nano SIM)

対応バンド(5G) ローカル5G(n41)にも対応 ローカル5G非対応

カメラ機能が劇的な進化を遂げている以外にも、基本スペックとして CPU やメモリー容量、バッテリー容量、ディスプレイの輝度など、普段の使い勝手にも大きく左右するところも軒並み向上。さらに完成度の高いモデルになったといえます。

関連アクセサリー

ソニー純正 Xperia 1 IV 専用カバー

  • 対象機種 Xperia 1 IV
  • 動画視聴などに便利な、開閉式のスタンド機構を搭載
  • スタンドを閉じればカバーと一体化するスリム構造
  • Xperia本体とマッチする純正カバーならではのデザイン
  • 落下時の強度試験、環境試験など、ソニー基準の品質基準をクリア
  • ブドウ球菌など特定の細菌の増殖を最大99.9%抑制
  • 『Xperia 1 IV』のハンドフィットデザインを最大限に生かす、握り心地のよい素材を追求した専用背面カバー
  • Xperia 本体と合わせたカラーバリエーション
  • IPX5/8 相当の防水性能
  • 外形寸法 約74.5mm × 約168mm × 約13mm
  • 質量 約 37 g
  • カラー Black(ブラック) / Gray(グレー) / Purple(パープル)
  • 材質 ポリカーボネート(カバー底表面、カメラ窓枠) / ポリウレタンレザー(カバー底内面) 

動画などをスマホで見るときに便利な、開閉式のスタンド機構を搭載した純正のカバー。純正だけあって、スマホ本体とのフィット感はピカイチ。

防水にも対応しているのも有り難いですよね!

写真では、カラー:グレーが「グレー」っぽく見えませんが、実際に見ると違うのかな?

Xperia 1 IV Style Cover with Stand・XQZ-CBCT

動画視聴に便利なスタンド搭載

ソニーストア価格:3,830円 (税込)

 2022/09/13 現在の価格

Xperia View(XQZ-VG01A)

型番が変更になり末尾に「A」が付いていますが、仕様上違いは見当たりません。スマホ本体を格納するカバー部品が『Xperia IV』用に変更になっているだけ・・かな?

ちなみに既に『Xperia View』を購入されている方で『Xperia IV』でも利用したいという方は、カバーを新たにお買い求めいただく必要があるとのこと。詳しくはこちらのサポートページでご確認下さい。

ビジュアルヘッドセット Xperia View『XQZ-VG01A』

見るものすべてを、体験に変えていく。

ソニーストア価格:29,700円 (税込)

 2022/09/13 現在の価格

『Xperia View』については、実機を使った使用感をレポートしています。

気になる方はぜひご覧ください。

Xperia View (XQZ-VG01) レビュー 8K VR で見るVRは想像以上の破壊力!
 width=180

8K HDR映像を対角120度の広視野角でVR視聴可能な Xperia View をレビュー。思った以上の高画質に興奮間違いなし!!?


今回は ソニーストアにて新しく登場した、SIMフリー対応Xperia フラグシップモデル 『Xperia 1 IV(XQ-CT44)』を紹介させていただきました。

価格は 174,900円(税込)と、ドコモなどキャリアモデルと比較してもかなり安価な価格帯での登場とあって、今から『Xperia 1 IV』を購入するなら「SIMフリーモデルが絶対おトク!」な状態となっています。

  Xperia 1 IV
(SIMフリー)
Xperia 1 IV
(ドコモ)
Xperia 1 IV
(au)
Xperia 1 IV
(ソフトバンク)
販売価格 174,900 円(税込) 190,872 円(税込) 192,930 円(税込) 204,480 円(税込)

価格だけでなく性能に関しても、SIMフリーモデルは保存できる容量やメモリー容量が大きいという特徴もあるので、SIMフリーモデルを選択した方が絶対に幸せになれます。

加えて今なら「Xperia 1 IV SIMフリーモデル発売記念」として、15,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施中、実質 159,900円(税込)で購入可能!ソニーストアでの購入なら「お買い物券」や「提携カード決済 3%OFF」でさらにおトクにご購入いただくことも!

いつもは登場が遅いSIMフリーモデルも今回はキャリアモデルから半年も待たずして登場してくれたのも有り難いところ。『Xperia 1 IV』購入は、ソニーストアのSIMフリーモデルが絶対おトクですよ!

【2022/11/16 14:47 更新】

キャッシュバックキャンペーン期間延長!11月30日(水)までだった購入対象期間が 2023年1月31日(火)までに!

Xperiaスマートフォン SIMフリー対応モデル『Xperia 1 IV(XQ-CT44)』

あなたのクリエイティビティを解き放つ、フラッグシップXperia

ソニーストア価格:174,900 円 (税込)

 2022/09/13 現在の価格

『Xperia 1 IV(XQ-CT44)』の詳しい仕様についてはリンク先も参考になさってください。

Xperia スマートフォン レビュー

当店のホームページでは最新のSIMフリーXperiaスマートフォンを紹介する以外にも、これからSIMフリーXperiaを始めるひとにも役立つ情報を掲載しています。

Xperia スマートフォン ソニーストアSIMフリーモデルを徹底解説!

このページではソニーの直販サイト・ソニーストアで取り扱う xperia(エクスペリア)スマートフォン を徹底解説! SIMフリーモデルって何?デュアルSIMって何?そんな疑問もわかりやすく解説します。

Xperia SIMフリーモデル 関連動画

Xperia SIMフリーモデル 関連記事

ついに発売された SIMフリー対応 Xperia 1 IV(XQ-CT44) 外観レビュー
 width=180

待望のSIMフリー対応のフラグシップXperia Xperia 1 IV レビュー。まずはパッケージを含めた外観からご紹介!

ここがいい!ソニーストア Xperia SIMフリーモデル おススメポイント5選
 width=180

ソニーストアで発売されている Xperia SIMフリーモデル のいいところ、まとめてみました。キャリアモデルと比較すると使い勝手に大きく差がありますね。

買うならどっち?SIMフリー対応 Xperia 1 III / Xperia 5 III 徹底比較!
 width=180

Xperia 1 III Xperia 5 III 比較レビュー 違いを徹底的に解説。ご購入時の参考にしてください。

SIMフリー対応Xperia 1 III「ahamo / povo2.0」デュアルSIM レポート
 width=180

Xperia 1 III(XQ-BC42)実機で「ahamo」「povo2.0」2つの回線を使った デュアルSIM の使用感をレポート!

買うならどっち?てのひらスマホ Xperia 5 III / Xperia 5 II 徹底比較!
 width=180

Xperia 5 III Xperia 5 II 比較レビュー!違いを徹底的に解説したいと思います。

Xperia 5 III レビュー てのひらサイズのコンパクトボディながら機能充実!
 width=180

てのひらサイズのコンパクトボディに充実の性能、『Xperia 5 III(XQ-BQ42)』実機レビューをお届け!

実機レビュー SIMフリー対応 Xperia 5 II デュアルSIM 使用感レポート
 width=180

Xperia 5 II(XQ-AS42) 実機を使った ahamo・楽天モバイル 2つの回線での デュアルSIM 環境での使用感をレポート!ドコモなどのキャリアモデルでは出来ない、素晴らしい機能ですね!

 

こちらもぜひ参考になさってくださいね!

ソニーショップさとうち ホームページへ

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
ソニーショップさとうち 店頭スタッフ ガジェットへの興味が常に尽きないソニー大好き人間。スマホに詳しくマンツーマンセミナー担当。キャンプ好き。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL